無題ドキュメント

HOME > ブログ > 西東京市南町にて、築50年が経過したセメント瓦屋根から雨漏り.....

西東京市南町にて、築50年が経過したセメント瓦屋根から雨漏りが発生!瓦と防水紙の傷みから、屋根葺き替え工事が必要な状態でした。

更新日:2022年11月28日

 西東京市南町にお住まいのお客様より、雨漏りのご相談がございました。以前より雨漏りが発生してしまっていたが、軽微であったために自分たちで簡単な補修をして誤魔化してきた。先日の雨の際、いよいよ本格的に居室内に雨漏りしだすようになってしまったため、修理を依頼したいとのことでした。

 雨漏りの被害状況を確認させていただくため、さっそく現地へお伺いしてきました。

築50年が経過したセメント瓦の屋根

居室内の雨漏りの様子

廻り縁付近にできた雨染みの様子
雨漏り養生として天井に貼られたガムテープ

 2階居室内の周り縁付近に雨染みが確認できました。また、天井にはガムテープ貼られている部分があり、お客様の手で養生された様子が伺えましたが、雨漏りの出口を塞いでも入口を塞がなければ雨漏りは解消できません。見える部分だけ塞いでも、見えない部分では雨漏りが進行し続けてしまいます。

屋根に上がって、雨漏りの原因を探ります

塗装が剥がれてしまっているセメント瓦の様子
破れてしまっている防水紙の様子

 屋根に上がると、葺かれている屋根材が塗装の剥がれたセメント瓦であることがわかりました。セメント瓦は表面の塗装によって防水性能を発揮する瓦で定期的なメンテナンスが必要になります。お住まいを建てられてからの50年間、特に手入れらしい手入れはされてこなかったとのことで、経年劣化以上に傷みが生じてしまっているようです。
 試しに瓦を何枚かめくってみると、防水紙(ルーフィング)が劣化で破れてしまっており、中の垂木などが隙間から見えてしまっているような状態でした。これでは瓦からしみ込んだ水は全て建物内へ侵入してしまうでしょう。
 また、瓦を固定する桟木も腐食し、固定力が低下してしまっているため、強風や台風などの際、瓦が飛散してしまう可能性が考えられました。

 調査を終え、屋根の状態をお客様へご説明しました。屋根材や防水紙の劣化が激しく、軽微な補修では雨漏りの解消が難しい状態であったため、今回は「屋根葺き替え工事」をご提案させていただきました。

 私たち「街の屋根やさん」では、税込み987,800円から「屋根葺き替え工事」を承っております。屋根の長さや勾配などによって費用が変わってまいりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。お客様にご安心してお問い合わせいただけるよう、「マスク着用」「手指アルコール消毒」「ソーシャルディスタンスの確保」などの新型コロナウイルス対策も徹底しておりますので、ご安心ください。

 記事内に記載されている金額は2023年01月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

  早速ですが、皆さんのお住まいはなぜ雨漏りをしないのでしょうか?そして何がきっかけで雨漏りを起こさなかった住宅で雨漏りを起こすようになるのでしょうか? メンテナンス?屋根は屋根材の種類にかかわらず築10年程度で点検・メンテナンスが推奨されています。そして2回目以降は以前実施したメンテナンス内容に…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

目黒区緑が丘で雨漏りしているルーフバルコニーの防水工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

豊島区西池袋にて瓦屋根から金属屋根材のスーパーガルテクト(Sシェイドブラック)へ屋根葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

葛飾区東金町にて雹被害でスレート屋根の破損、火災保険を使用しスーパーガルテクト(Sシェイドモスグリーン)への屋根葺き替え工事を実施

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

武蔵野市吉祥寺本町にてスレートからスーパーガルテクトへの屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

【施工内容】

スレート屋根工事

練馬区上石神井にて、経年劣化による反りや剥がれが生じたパミール屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

東久留米市下里にて瓦屋根からローマンへの葺き替え工事を行わせていただきました

【施工内容】

瓦屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る