無題ドキュメント

HOME > ブログ > 昭島市拝島町にてスレートの点検、ノンアスベストスレートのグリ.....

昭島市拝島町にてスレートの点検、ノンアスベストスレートのグリシェイドNEOが使われておりました

更新日:2021年6月17日

 昭島市拝島町にお住いのお客様より、屋根の塗装をご検討中のお客様よりお問い合わせいただきまして調査してまいりました。

 スレートの主成分はセメントでもともと水を吸う素材なので塗装によるメンテナンスを必要とします。使用する塗料にもよりますが、一般的には10年スパンで塗装を行うことが理想とされております。ご自宅の屋根がスレート葺きのお客様は10年を越えた辺りで一度点検を行うことをオススメいたします。

塗装をお勧めできないスレートでした

 屋根に登って調査をすると、使用されていたのはノンアスベストスレートのグリシェイドNEOでした。グリシェイドNEOは2001年に旧クボタ(現ケイミュー)より販売されていたノンアスベストスレートです。2000年初期に製造されたノンアスベストスレートは耐久性に大きな問題を抱えております。ノンアスベストスレート製造のノウハウがまだ拙く、既存のスレートからアスベストを抜いただけの製品が多く作られたので、使用当時は問題なかったのですが、10年程経過してからひび割れや欠けなどの症状が多く報告されてきました。その当時に製造されたスレートの多くが今や廃盤になっております。

グリシェイドNEO ノンアスベストスレート

 このスレートの問題なのは、表面の塗膜が劣化してくるのではなく、スレート本体が劣化してきてひび割れが生じるということにあります。たとえ塗装を行ったとしてもスレート自体がひび割れてきてしまい、断面から水が回ってしまうので塗装が意味を成しません。そのため塗装によるメンテナンスはオススメできないのです。

多数のひび割れ

 今回調査させていただいたお宅でもひび割れの症状が多くできておりました。このことをお客様にお話させていただき、屋根のカバー工法と、葺き替え工事をご提案させていただきました。塗装を専門に行っている業者の中には、屋根材の知識があまりなく、そのまま塗装してしまう方もいますのでいろいろな業者に意見を聞くことが大切かと思います。

棟板金の経年劣化について

 屋根の調査を行う際は、様々な部分の確認をいたします。中でも棟板金は経年劣化が現れやすい部分になるので浮きがないかの確認を行います。棟板金が浮いてきているという謳い文句で訪問してくる業者も多数おります。確かに棟板金の多くが貫板と呼ばれる板(基本は木材が使用されて多ります。)に釘で固定しておりますので、経年劣化で貫板が痩せてくると釘の浮きなどが生じてきます。しかしながら、釘が浮いてきているからと言ってすぐに棟板金が浮いてくるわけではないのです。1本抜けていてもそのほかの部分がしっかり固定されていればそう簡単に飛散したりは致しません。今回も釘の浮きはありましたが貫板はまだしっかりしており釘も利いておりましたので問題ないかと思います。

換気棟 棟板金のくぎ抜け

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染防止対策として、マスクの着用を徹底しております。何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

 戸建て住宅などの建築において最後にアスベスト入りの屋根材、スレート(カラーベスト・コロニアル)が使われてから十数年が経過しようとしています。屋根葺き替え・屋根カバー工法などの大規模な屋根リフォームをそろそろ検討しなければならない時期に来ていると言っていいでしょう。有害と言われるアスベスト、それが含…続きを読む
アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

目次【非表示表示】 ●そもそもアスベストって何なのでしょうか? ●アスベストって何が問題なの? ●アスベストのことをもっと知りたい!お客様とのQA ●私たちがお客様へお伝えしたいこと ●建物でアスベスト含有の建材が使われている可能性がある部位一覧 ●アスベストが使用されている撤去や解体も…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

稲城市坂浜にてヒランビーで屋根のカバー工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事、スレート屋根カバー工事

町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根カバー工法、スレート屋根カバー工事、金属屋根カバー工事

その他の施工事例一覧→

昭島市と近隣地区の施工事例のご紹介

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る