無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区戸越で隅棟の板金の外れ、塗膜が捲れたスレートには苔も!.....

品川区戸越で隅棟の板金の外れ、塗膜が捲れたスレートには苔も!

更新日:2019年7月31日

品川区戸越のお宅から棟板金が外れたとのご連絡をうけ、現場調査です。
現場に到着後、屋根を見上げると確かに隅棟の板金が外れています。
しかし、それよりも目をひいたのはスレート屋根の塗膜の剥がれが随所見られた点でした。

外れた隅棟の棟板金 浮きかけた大棟の棟板金

屋根の頂点にあたる水平の部位を大棟と呼びます。そこから軒先まで伸びている箇所を隅棟といいますが、その一部の板金が外れて、下にある貫板が露出したままになっています。

またその貫板は木材なのですが、かなり変色して黒ずんでいます。相当な年数、雨水の浸透したと思われるほど腐食していて、こちらも元の位置からズレています。
おそらく棟板金が外れた要因も貫板の腐食にあると思われます。

棟板金と貫板とは釘によって固定されているのですが、貫板が腐食し釘が浮いてしまったのでしょう。そこへ強風などの力が加わり、外れてしまったのでしょう。
落下などの二次災害にならなくて本当に良かったと思います。

しかし、他の部位もよく見てみると大棟の一部も板金が浮きかけています。このままではここの板金も外れてしまう可能性もあります。

棟板金の破損は非常に問題です。
屋根と屋根の繋ぎ目、ここからの雨水を防ぐための板金ですから、このままでは雨漏りに繋がってしまいます。
早急に対処が必要です。

塗膜の剥がれたスレート

棟板金の破損も問題ですが、それよりも目をひいたのはスレート屋根の方でした。
相当に劣化が進んでいて塗膜がボロボロです。

スレートは近年、多くのご家庭で利用されている屋根材で、その商品名であるコロニアル、カラーベストとも呼ばれます。
セメントに繊維をまぜ薄く板状に伸ばした屋根材で、お手頃な値段で加工もしやすく、瓦よりも軽いため家屋の負担を軽減するなど耐震性も高いのが特徴です。

しかし、主成分であるセメントには防水性がなく塗料による保護が必要で、塗膜が劣化すると防水性がなくなるため、定期的なメンテナンスが重要となります。
天候や設置状況にもよりますが、10年を目安に再塗料するのがよいとされていますが、こちらのお宅ではすでに15年は経っているとのお話。それにしてもひどい状況です。
まるで溶けたように塗膜がめくれていて、境目には苔も生えています。

塗膜が剥がれ割れてしまったスレート 腐食し剥がれた軒天

ここまで塗膜の剥がれている場合、要因としては以下の点が考えられます。

  • 前回の塗装時に洗浄などの下地処理がしっかりと行われていなかった
  • 前回の塗装時に下地と塗料の接着力を高める下塗りが正確に行われなかった
  • 下地にあわせた適切な塗料で塗られていな

いずれにせよ、前回の塗装業者による不備も考えられます。
こうした穴が開いたような箇所が無数にあり、よく見てみると塗膜の剥がれたスレートが割れている箇所もありました。

先の棟板金とあわせ、屋根の上には雨漏りへと直結する要因が無数に存在します。
そのせいかでしょうか。軒天をみると、屋根からの雨水のせいで木部が腐食し剥がれてしまっています。当然ながら、こちらも補修しなくてはなりません。

かなりの部分で劣化が激しく、また放置したことで家屋を傷めている結果となっています。スレートの下には防水シート(ルーフィング)が敷いてあるのですが、こちらも劣化している可能性が高いです。その下地まで傷んでいるとなると屋根の葺き替え、もしくはカバー工法などの工事をしなくてはなりません。

家主さんに画像とともに現状をご説明し、後日、複数のご提案をさせていただくことになりました。

軽微な補修も街の屋根やさんにおまかせください!

棟板金の外れ以外の破損箇所は、以前より確認できていたと思われます。
その時点でご相談いただけていたら、ここまでの被害とならなかったかもしれません。破損箇所を目にしたら、素人判断はせずにプロにご確認ください。

大きな破損となる前に、まずは軽微な補修であってもお気軽にご相談ください!

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?

屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?

 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。「スレート屋…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

府中市北山町にてスレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行いました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え

大田区東糀谷で強風で一枚剥がれたスレート屋根は火災保険を適用して復旧工事します

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え

狛江市東和泉でセキスイかわらUを撤去した後、スーパーガルテクトで葺き替え工事いたしました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え、屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

大田区本羽田にて台風によって飛散したパラペットの笠木の交換工事を火災保険を適応し行いました

【施工内容】

その他の工事

品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

【施工内容】

雨漏り修理

江東区塩浜でベランダの防水工事、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください 台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る