無題ドキュメント

HOME > ブログ > 町田市にて陸屋根のリフォーム点検、防水劣化の判別方法と屋根新.....

町田市にて陸屋根のリフォーム点検、防水劣化の判別方法と屋根新設を行う際の注意点をご紹介

更新日:2018年11月21日

町田市にて陸屋根の防水リフォームに関してのご相談を頂きました。陸屋根と呼ばれる平坦な屋根は、洗濯物干しやガーデニングにも活用できるスペースですが、傾斜(勾配)がほとんどなく排水性能に心配が残ります。少しの経年劣化によって雨漏りを起こしてしまうこともありますので、定期的に補修をしていくよう心がけましょう。今回のご相談は既存防水層の補修もしくはこの上に勾配のある屋根材を葺きたいという事でしたので、防水の経年劣化の判別方法と屋根材の新設を行う場合の注意点をご紹介したいと思います。

【陸屋根のメンテナンス方法】

町田市にて屋根点検 ひび割れ

陸屋根は傾斜が無い為出入りすることが出来ればご自身で点検も可能ですが、経年劣化を判断するのは難しいですよね?まず初めに考えられる事は築年数と雨漏りの有無です。防水層はおよそ12~15年程度での補修が推奨されていますので、住宅塗装とともに補修が必要になります。築年数が経過していても天井に雨染みが見られない、カビやクロスの剥がれが見られないようであれば一先ず安心でしょう。続いては防水の状況です。陸屋根はウレタン塗膜防水、シート防水、アスファルト防水で施工しているケースが多いのですが、防水の種類が分からない方でも表面の経年劣化をみれば補修の必要性が分かります。

【見てわかる防水劣化の判別方法】

塗膜のひび割れ

塗膜防水は表層をトップコートで保護されていますが、大きな亀裂が見られる場合はトップコート保護が機能しておらず防水層が傷んでしまっていると考えられます。シート防水は伸縮性に優れているためひび割れは起きにくいのですが、捲れやシートの剥がれが見られるため目視確認が可能です。写真のようなひび割れがある場合、防水性能は間違いなく低下していますので補修が必要になります。アスファルト防水は防水層を保護する為に「押えコンクリート」が施工されている可能性が高いですが、防水層が見えなくなってしまうため経年劣化の判断は非常に難しくなります。築年数を参考にするとともに、伸縮目地の劣化や排水ドレンの腐食を見て経年劣化を判断しましょう。

ドレンの腐食 温水器

排水ドレンは陸屋根に溜まった水を地上に流す場所ですので劣化しやすい箇所です。新築時には鉄製鋳物が使用されている事が多い為、錆びにくいですが徐々に錆や腐食を起こし、雨漏りの原因にもなりかねません。錆が酷い、ゴミが詰まっている場合は交換を行っていく必要があります。既存ドレンの上から被せる【改修用ドレン】は防水面を傷めることなく取り付けることが出来ますので、防水工事に合わせて補修しましょう。

防水工事を行う際には陸屋根に設置されている設備を今後どうするかも考えましょう。こちらのお住まいにはアンテナと温水器が設置されていましたが、既に使用していない場合はメンテナンス時に撤去してしまいましょう。防水工事後はもちろん設置し直すことも可能ですが、屋根の新設を行う場合は勾配に合わせて架台を見直す必要もありますのでご注意ください。

下地処理 ウレタン塗膜防水工事

現在雨漏りも起こしていませんので下地補修と防水層の再形成で防水工事は簡単です。築年数の経過が著しい場合は絶縁工法をご提案致しますが、こちらも難しくはありません。但し屋根の新設を行う場合は話が別です。

陸屋根に屋根を新設する場合の工事は?

まず屋根に傾斜をつける為に土台をアンカーで設置、小屋を組み傾斜に合わせて防水紙と屋根材を葺く必要があります。新たに雨樋を取り付けて屋根からの排水にも対応しなければなりません。陸屋根の傾斜に大きな問題もなく、防水層の形成で雨漏りを防ぐことが出来るのであればウレタン塗膜防水での補修をお勧めいたします。勾配を取り直さなければ防水補修が出来ない、下地の経年劣化が著しく目立つといった場合には、軽量なガルバリウム鋼板で屋根を新設されるのも良いかもしれません。

適切な補修方法が分からない、施工費用が気になる、とりあえず雨漏りを補修してほしい等、お住まいによってお悩みは違うかと思います。街の屋根やさんでは無料点検を行った上で、お客様のご希望とお住まいの状況に合わせて最適なメンテナンス方法をご提案致します。お見積りも無料ですので気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 陸屋根とは勾配のない(実際には排水のため勾配が設けられています)、平らな屋根の形状を言います。一般的に家屋の「屋根」というと本を逆さで閉じたような三角形の形をしていたり、単純な三角形ではなくとも勾配がある屋根が多いですよね。それと比較すると陸屋根は感じるほどの勾配がなく、ビルの屋上やマンションの屋…続きを読む
屋根リフォーム会社を選ぶ6つのポイント

屋根リフォーム会社を選ぶ6つのポイント

「新築から10年が経過したからそろそろ塗装を考えなきゃ」「雨漏りが急に始まってしまったから修理してほしい」「地震が心配だから屋根を軽くしたいな」など屋根リフォームや屋根工事を考えるきっかけは築年数やお住まいの状況によってそのタイミングはそれぞれです。共通しているのはお住まいを末永く維持していくために…続きを読む
リフォーム中や工事中の職人さんへの不安、マイスター制度によって全て解消致します

リフォーム中や工事中の職人さんへの不安、マイスター制度によって全て解消致します

 これから外装リフォームを行うというお客様、職人さん達に対してさまざまな不安を抱えていませんか。『休憩時のお茶のこと』、『工事中、不在にしてしまうこと』、『喫煙のこと』、さまざまなことが気になるでしょうし、お客様のご希望もあるでしょう。こうしたお悩みに対してお客様のご負担を減らすのがマイス…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束

お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束

 街の屋根やさんではお客様に対して私達の基本姿勢を表明するために10のお約束を定めています。このお約束はお客様が私達に対して安心して工事を頼めることと満足度の向上を目指して策定いたしました。 また、工事中、お気遣いなく普段通り過ごせるようにマイスター制度も実施しております。 【…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

江東区塩浜でベランダの防水工事、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

狛江市岩戸南で雨漏りしているバルコニーを防水工事で直します

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事

町田市西成瀬で強風の被害を受けた瓦屋根をアスファルトシングルへ葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください 台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る