無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区|パミール屋根からの雨漏り原因を葺き替え工事で解明

葛飾区|パミール屋根からの雨漏り原因を葺き替え工事で解明

更新日:2018年3月24日

葛飾区パミール雨漏り葺き替え大001

コロニアルなどとも言われる化粧スレート屋根材の下がどのようになっているか見たことがありますでしょうか?

三階建て木造住宅にお住いの葛飾区のお客様は、二階部分での雨漏りにお悩みで、一度改修工事を行ったそうですが雨漏りが止まらずにお悩みでした。改修工事は主に、屋根外壁の塗装を行ったそうですが・・・。

何故雨漏りが止まらなかったのでしょうか?それは、原因箇所を見誤っていたからなのです。二階の雨漏部分は丁度三階のベランダの直下であるため、ベランダ防水工事は行ったようです。しかし、そこは雨漏りの入り口では無く、出口だったようです。

私も、まずはベランダを疑いました。そこで気が付いたのは、お客様の一言とベランダの壁に立ち上がっている部分の「膨れ」だったのです。

お客様の一言とは、ベランダの防水立上りのコーキングに切れ目を入れたら、水が出てきた、と言う事でした。これの意味するところは、防水立上り面より上側から漏水しているという事にほかなりません。

そこで、屋根裏(小屋裏)を確認させていただいた所、小屋裏の中の軒先側が、水分を含んでかなり真っ黒になっておりました。これは、屋根からに間違いない!と断定したわけです。

葛飾区パミール雨漏り葺き替え002 葛飾区パミール雨漏り葺き替え001

ではなぜ屋根から?という疑問が出るのですが、今や常識である、屋根塗装後の縁切りタスペーサーの設置ミス、施工ミスやそもそもの屋根葺きに問題が有ったと考えられました。

実際に屋根にのぼらせていただいての調査では、まず屋根材が「パミール」であるのに塗装をしてあったこと(弊社ではパミールに塗装は行いません、層間剥離で耐久性が期待できない=工事をするお金がもったいないから)、タスペーサーの設置状況もちぐはぐであたったこと、縁切りがあまり出来ていない事、がわかりました。ただし、それだけでは雨漏りを起こした理由には不可解な部分もありました。

そこで新築時の施工不良も疑ってみたのです。ただし、施工時の施工不良を確認するためには屋根材を剥がして見なければわからないため、今回の屋根葺き替え工事を実施することになりました。

葛飾区パミール雨漏り葺き替え003 葛飾区パミール雨漏り葺き替え004

案の定、通常は唐草という金属水切りが屋根の防水紙の下側に入り込んでいなければいけないものが、逆になっておりました。これでは防水紙の上を伝ってきた水が唐草の下側に入り込んでしまいます。

さらに、軒先の出がほぼ無い屋根の形状をしていたため、入り込んだ水が破風板と外壁の間から浸水してしまったようでした。その確認も含めて外壁サイディングを剥がしてみると、通風透湿シートの裏側に水が入りこんでいてシミを作っているのと、触った感じもシットリとしておりました。

これらの事から、まずは構造的なミスが有ったところに、塗装の際の縁切り不足が雨漏りを加速させてしまった可能性が考えられました。雨漏りはなかなか難しいですね。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの解決策をご紹介

ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの解決策をご紹介

 屋根材が何層にも渡って剥離し、ミルフィーユのようになってしまい、最終的には剥がれて崩れ落ちていく… そんな悪夢のような光景を各地で起こしているのがニチハの屋根材「パミール」です。普通のスレート屋根材よりもはるかに短い時間で屋根材としての機能を喪失してしまう「パミール」のメンテナンス方法をご紹介しま…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

杉並区永福で割れたスレートの差し替えと税込み6,050円/m~で棟板金交換工事

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

墨田区立花にて瓦屋根の棟の崩れを未然に防ぐために漆喰詰め直し工事を実施、袖瓦の交換も実施致しました

【施工内容】

漆喰詰め直し

江戸川区西瑞江にて雨漏りを未然に防ぐために漆喰が剥がれている瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事を実施

【施工内容】

漆喰詰め直し

墨田区本所で雨漏りのご相談からアールロックの屋根のカバー工事(料金目安:60㎡で税込767,800円~)を施工

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る