無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換.....

世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 世田谷区北沢にお住いのお客様より雨漏りの調査のご依頼を頂きましたことが工事のきっかけでした。

 風を伴う強い雨が降った際にじんわりと染み出してくるとのことで、当初入っていた内装業者からの指摘で気が付かれたそうです。調査の際にはいくつか原因箇所になりえる箇所のお話をさせていただき、散水試験のご提案をさせていただきましたが、どうせ足場を組むなら外壁塗装も考えていたし、いっそのこと雨漏りの原因になりそうな部分はすべて潰してほしいとのことでしたので、外壁塗装を含めて防水工事、笠木の交換工事のご提案をおこないました。

 笠木は特に雨漏りの原因箇所になりやすい部分になります。古い住宅などでは笠木の下地に防水紙を巻かずにそのまま板金をかぶせている場合もあり、板金をとめている釘穴から雨水が侵入して雨漏りを引き起こしている場合がございます。

 既存の笠木板金を剥がしてみると、一部分下地が腐食している状態になってしまっておりました。雨漏り箇所はこの直下だったのでこの部分が雨漏りの原因箇所で間違いありません。

 笠木の交換を行った後、ゲリラ豪雨が降りましたが雨漏りを起こすことはありませんでしたので、一安心です。
 世田谷区北沢にお住いのお客様より雨漏りの調査のご依頼を頂きましたことが工事のきっかけでした。

 風を伴う強い雨が降った際にじんわりと染み出してくるとのことで、当初入っていた内装業者からの指摘で気が付かれたそうです。調査の際にはいくつか原因箇所になりえる箇所のお話をさせていただき、散水試験のご提案をさせていただきましたが、どうせ足場を組むなら外壁塗装も考えていたし、いっそのこと雨漏りの原因になりそうな部分はすべて潰してほしいとのことでしたので、外壁塗装を含めて防水工事、笠木の交換工事のご提案をおこないました。

 笠木は特に雨漏りの原因箇所になりやすい部分になります。古い住宅などでは笠木の下地に防水紙を巻かずにそのまま板金をかぶせている場合もあり、板金をとめている釘穴から雨水が侵入して雨漏りを引き起こしている場合がございます。

 既存の笠木板金を剥がしてみると、一部分下地が腐食している状態になってしまっておりました。雨漏り箇所はこの直下だったのでこの部分が雨漏りの原因箇所で間違いありません。

 笠木の交換を行った後、ゲリラ豪雨が降りましたが雨漏りを起こすことはありませんでしたので、一安心です。


担当:木下


【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
GL板金、天板(野地板12mm)、防水紙(田島ルーフィング ニューライナールーフ)
施工期間
1日間(足場の仮設除く)
築年数
築20年以上
平米数
5.3m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
GL板金、天板(野地板12mm)、防水紙(田島ルーフィング ニューライナールーフ)
施工期間
1日間(足場の仮設除く)
築年数
築20年以上
平米数
5.3m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
雨漏り修

室内で雨漏りが発生したとのことでした

 世田谷区北沢にお住いのお客様よりお問い合わせいただきまして、雨漏り調査を行ったことが工事のきっかけでした。内装工事に入っていた業者から窓廻りで雨漏りしているみたいだよと指摘を受けたことで気が付いたとのことで、その後確認してみると強い風が伴う雨が降った際に雨漏りが発生することが分かったとのことでした。

 既存の外壁はタイル張りでしたので、浮きや目地の剥離が起きていないかの確認をいたしました。現状では問題になっているような箇所は発見できませんでしたので、徐々に上にシフトしていきます。

雨漏り発生個所 サッシ廻り

 続いて確認したのはルーフバルコニーの笠木部分でした。笠木部分は雨漏りを発生させやすい箇所としての認識が広まってきております。笠木部分は錆が広がってきており、しばらくの間メンテナンスがされていなかったのだと思います。

笠木 錆が広がった笠木

 笠木の内部に入った雨水をしっかりと外に排出できなければそのまま内部に水が廻って雨漏りを引き起こしてしまいます。はね出しのバルコニーならともかく、直下がお部屋の場合直接雨漏りの影響を受けてしまいますのでご注意ください。

隙間のあるつなぎ

 本来であれば散水試験を実施させていただき、原因箇所の特定を行った後に工事のご提案をさせていただくのですが、お客様のご要望で建物自体も今までメンテナンスしていないので原因になりそうな部分は一通りやってほしいとのことでした。そのため外壁塗装、ルーフバルコニーの防水工事、笠木の交換を実施させていただきました。なお、散水試験に関しては最低金額税込33,000円から承っております。散水箇所や条件によっては足場など必要になる場合がありますので詳しくはお問い合わせください。

 今回はその中でも笠木交換工事の様子をご紹介いたします。

笠木交換を行っていきます

 まずは既存の笠木を撤去していきます。笠木を覆う板金を剥がしてみると一部分大きく腐食している部分がございました。雨漏りの発生個所の直上でもありましたので、原因箇所で間違いないと思われます。

 本来笠木を納める際には天板に防水紙を巻いてあげることが理想です。しかし、古い建物の中には下地にそのまま板金をかぶせて納めていることもあります。今回のケースも後者で、防水紙が巻かれている様子がありませんでした。

笠木の撤去

 他の部分でも下地が水を吸って傷んでしまっておりました。写真のように下地は上から釘で押さえるようにとまっています。そのため、笠木の内側に水が入ってしまいますとその釘を伝って内部に水が廻ってしまうのです。

傷んだ天板

 既存の天板を撤去して新しく下地を取り付けました。下地には厚さ12㎜の構造用合板を使用しました。

天板の交換 新しいものに

 構造用合板は厚さの種類が多くございますが、住宅で使用されるのは12㎜厚の物が一般的です。

厚みは12mm

 下葺き材(防水紙)には田島ルーフィングのニューライナールーフを使用しました。ニューライナールーフの特徴としては、とにかく耐久性に優れており、穴に対するシール性能が優れているという点です。その耐用年数は30年とも言われ、改修工事においては非常にお勧め度の高い防水紙です。

ニューライナールーフ

 防水紙を天板にタッカー留めした後は板金の施工に移っていきます。今回の笠木の納めとしては縦ぶきの金属屋根でよく用いられる「掴み」を駆使して行いました。

 まずは天板に対して板金を打ち付けていきます。この際に万が一雨水が侵入してきたことを考慮して返しを付けてあげます。

天板に防水紙を巻いて 万が一中に水が入らないよう、返しを付けます

 その後、上から打った釘穴をシール材で埋め、2枚の板金の間の部分を防水テープでふさぎました。

ビス穴と端部の処理をします

 これで下準備完了です。

板金をかぶせて掴みで固定して完成!

 続いて板金を上からかぶせていくのですが、この掴みで納めるメリットはここからにあります。通常の納め方をするとどうしても以前納めのように釘が露出した状態になりますので、いくら内部に防水紙を施工したとしてもその釘穴からの侵入は防ぎきることができません。もちろんその際には釘に対してシールを打っていきますが、直射日光が当たる部分にはなりますので、どうしても劣化はしていきます。定期的に打ち換えるか、塗装をしてあげるかの対応が必要になります。

掴み固定 綺麗に仕上がりました

 一方で今回のように掴みで納めた場合、釘が外部に露出しません。水の侵入口を減らしてあげることで雨漏りのリスクを軽減することになりますので、非常に有用な仕上げだと思います。

板金取り付け 端部のシール処理

 最後に壁との取り合い部分にはシールを打って納めました。

完成

 工事が終了して何度か激しい雨が降りましたが、雨漏りが再発することはありませんでしたので一安心です。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとございましたら安心してご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2022年07月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

 お住まいの天敵である雨漏り。雨漏りというと「屋根から」というイメージをお持ちの方が大半だと思いますが、実はベランダやバルコニーから、さらには笠木が原因となり雨漏りが発生することが意外に多いということをご存じでしたでしょうか?建物から外面に張り出した形で存在しているベランダやバルコニーの手すり壁に天…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      杉並区成田西でトップライトのガラス回りからの雨漏りをシール工事で直します

      【施工内容】

      雨漏り修理、天窓工事

      調布市仙川町で雨漏りしている玄関庇の防水改修工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事、庇工事

      港区南青山で撥水剤でタイル面からの雨漏り修理工事

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区北沢にて雨樋の交換工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      雨樋交換

      渋谷区千駄ヶ谷にて破損した波板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      目黒区目黒にて屋上のウレタン防水工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      陸屋根工事 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る