無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区永福で割れたスレートの差し替えと税込み6,050円/m.....

杉並区永福で割れたスレートの差し替えと税込み6,050円/m~で棟板金交換工事

【施工前】
工事前の状況

【施工後】
屋根修理工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 杉並区永福で屋根修理工事をおこないました。
 以前に別の建物の工事をおこなわせていただいたお客様からご自宅の屋根の修理工事をご依頼いただきました。スレート葺き屋根と瓦棒葺き屋根が合わさった建物で、横から見ると『へ』の字の屋根形状になっています。
 急勾配の屋根に葺いてあるスレートの一部が落ちそうになっているので直してほしい、というのがお客様のご要望でした。
 スレートは、軒先側から棟に向かって重ねながら葺いていきますので、破損したりしたスレートを新しいものに取り換える場合は、重なりの上から剥がしてくる必要があり、棟から剥がさなければならなくなります。
 今回破損していたスレートは棟板金のすぐ横でしたので、剥がスレートは破損した一枚だけで済みました。棟板金は再利用できませんので、新しい棟板金へ交換工事をおこないます。
 棟板金の下地には木が使われていましたが、経年によって腐食しており釘が大分緩んでいました。交換する際には下地に木ではなく樹脂製の貫板を使用してビスで固定しますので、傷みにくくなりました。
 破損したスレート屋根を交換して棟板金も下地から新しく直しましたので、脱落する心配も無くなり安心できる状態になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 杉並区永福で屋根修理工事をおこないました。
 以前に別の建物の工事をおこなわせていただいたお客様からご自宅の屋根の修理工事をご依頼いただきました。スレート葺き屋根と瓦棒葺き屋根が合わさった建物で、横から見ると『へ』の字の屋根形状になっています。
 急勾配の屋根に葺いてあるスレートの一部が落ちそうになっているので直してほしい、というのがお客様のご要望でした。
 スレートは、軒先側から棟に向かって重ねながら葺いていきますので、破損したりしたスレートを新しいものに取り換える場合は、重なりの上から剥がしてくる必要があり、棟から剥がさなければならなくなります。
 今回破損していたスレートは棟板金のすぐ横でしたので、剥がスレートは破損した一枚だけで済みました。棟板金は再利用できませんので、新しい棟板金へ交換工事をおこないます。
 棟板金の下地には木が使われていましたが、経年によって腐食しており釘が大分緩んでいました。交換する際には下地に木ではなく樹脂製の貫板を使用してビスで固定しますので、傷みにくくなりました。
 破損したスレート屋根を交換して棟板金も下地から新しく直しましたので、脱落する心配も無くなり安心できる状態になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事 棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド,ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
1日
築年数
15年
平米数
4m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
屋根補修工事 棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド,ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
1日
築年数
15年
平米数
4m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
棟板金交換

現地調査

破損したスレート 歪んだ雨樋

 お問合せが有った屋根の不具合の確認です。

 スレートが一枚落ちかかっているので直したい、というのがお客様からのお問合せの内容です。左上のスレートが一枚斜めになっているのが確認出来ました。片側はまだ固定されている様ですが、このままでは落下してしまう危険性がありますので、早急に対処する必要があります。

歪んだ雨樋

 軒樋も外側に歪んでしまっており、調査に伺ったときは雨が降っていたのですが、雨水が竪樋の方に流れずに外側からバシャバシャと落ちている状態でした。

 落ちそうなスレートを交換するには棟板金を外す必要がありますので、スレートの交換と棟板金交換、一緒に歪んだ雨樋の修理工事をおこなう事になりました。

屋根修理工事開始

スレートの破損 斜めになっているスレート

 屋根はスレート葺きの面と緩い勾配の瓦棒屋根になっていて横から見ると『へ』の字になっている屋根です。作業は瓦棒葺き部分からおこなっております。

 まずは落ちそうになっているスレートを撤去するのですが、棟板金を取り外さないと剥がせないため棟板金の撤去をおこなっていきます。

棟板金を外して 下地の劣化

 棟板金を剥がすと下地になっている貫板が見えます。屋根を葺いた後に貫板を打ち付けて棟板金を被せて釘で固定されています。

 経年や雨によって貫板が腐食してしまう事で、棟板金を固定している釘が緩んで抜けてしまう事もあります。今回の工事中でも釘が効いておらず手で簡単に抜けてしまうところもありました。

ボロボロの貫板

 棟板金のジョイントや釘穴、瓦棒などの場合は屋根からの跳ね返りの雨水で貫板が腐食してしまう事もあります。今回も一部手で触るとボロボロと崩れてしまう傷みのところもありましたので、交換のタイミングとしては良かったかもしれません。

割れたスレートの差し替え

外したスレート 釘穴周りが割れています

 割れたスレートを剥がしました。

 スレートは一枚の幅が約90センチで、4本の釘を打って固定しています。今回は一番端の方で幅と高さをカットして合わせてありましたので、釘は2本打って固定されていた様です。

 右側は釘穴もしっかりと残っていますが、左側の釘が打ってあったと想定できる部分が割れています。幅が既成のサイズでは無かった為に釘穴を新たに開けて打っていた様で、その周りが完全に欠けて無くなっていました。そのため右側の釘を支店に左側は下がっていた様です、

張り付けます 一枚交換

 割れていたのは1枚だけですので、同じサイズにカットして葺いていきます。釘穴周りにコーキングを打って新しくカットしたスレートを乗せて釘で固定します。

新しいスレート

 下穴を開けてから固定しましたので、割れる心配も無さそうです。スレートの交換が終わりましたので、新しい棟板金を取り付けしていきます。

棟板金工事

貫板の固定 樹脂製の貫板

 新しい棟板金を取り付ける際にも元々の状態と同じように下地の貫板を取り付けていきます。

 棟板金のサイズに合わせて貫板の取り付け位置が決まりますので、棟板金を被せながら固定していきます。

貫板を瓦棒に固定

 元々は木材の貫板が使用されていて経年や雨水によって劣化していましたが、新しい棟板金の貫板には樹脂製の物を使用します。

 木材とは違いますので雨による腐食もありませんので、腐食により固定が緩んでしまう心配もありません。また、釘を打って固定されていましたが、全てビス(ネジ)によって固定していきますので、更に抜けにくくなります。

棟板金の加工

棟板金を加工します カットして

切り落として 折り曲げます

 端から端まで1本の棟板金になる訳ではありませんので、必ずジョイントが出来ていきます。また、一番端の部分は折り曲げて挟み込むなどの加工が必要になってきますので、現場の合わせてカットしたり折り曲げていきます。

棟板金を被せていきます ジョイントから雨水が入らない様に

 重なる部分には先にコーキングを打っておき、ジョイント部分からの雨水の浸入を防ぎます。

棟板金を被せます ビスで固定

 しっかりとはめ込んだ後は釘ではなくビスを打って固定していくのですが、古い貫板は厚みが薄いものも多く、元々釘が斜めに打たれていたり固定が甘い部分もありましたが、樹脂製の貫板は厚みもありますので打ち損じも無くしっかりとした固定が出来ます。

パッキン付きのビス

 パッキン付きのビスを使用する事で、ビス穴からの雨水の浸入を防ぐことが出来ますし、ビスですので釘とは違い抜けたり緩む心配も無くなります。

棟板金交換工事完成

交換工事完成 しっかり固定されています

 棟板金の交換工事が完成しました。

 古い貫板を撤去して新しい樹脂製の貫板を使用しており、棟板金も貫板も固定には全てビスを使用しました。強固な固定になりましたので、多少の風には全く問題ない状態にすることが出来ております。棟板金交換工事は、税込み6,050円/m~承っておりますので、建物の大きさや長さによって適切なお見積もりをお出し致します。

掃除して完成

 最後に屋根の上の掃除をおこなって完成です。

 今回の工事では、棟板金の加工はハサミでおこなっていますので、鉄粉などが出る作業はございません。しかし、棟板金の固定の際には多少の切り粉の様なものが出てしまい、放置するとサビの原因にもなりますので、工事の最後は綺麗に屋根の上を清掃して完成となります。

歪んだ雨樋の補修

歪んだ雨樋 歪みを直した雨樋

 歪んでいた雨樋は半月といって断面が半月からの雨樋で、下から金物で支える固定方法になっています。歪んでしまった原因は金物が下がってしまったことにより雨樋が外側に傾いている事でした。

 歪みや割れなどの破損が出てしまうと交換工事が必要になりますが、今回は歪み調整で直せる範囲までの作業をおこなっております。吊り金具の歪みを直したことで雨水が竪樋に流れ込むようになりましたので、暫くは安心です。

屋根修理工事完成

綺麗に納まりました

 屋根修理工事が完成しました。

 割れたスレートの交換と棟板金交換、一緒に雨樋の歪み調整もおこないましたので、これで安心できる状態にすることができ、お客様にも大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年04月08日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

【施工内容】

棟板金交換

杉並区宮前で下地の劣化により浮いてしまった棟板金を樹脂製貫板で棟板金交換工事

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る