無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 港区三田でヒビ割れと排水不良のバルコニーをウレタン防水で改修.....

港区三田でヒビ割れと排水不良のバルコニーをウレタン防水で改修工事

【施工前】
ヒビ割れた防水

【施工後】
ウレタン防水で綺麗に仕上がりました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 港区三田でバルコニーの防水工事を行いました。
 お問合せのきっかけは、バルコニーの床にヒビ割れがあり雨漏りしているのではないか。また、排水溝の金物が床より高くなっているので水はけが悪く雨水が溜まってしまうので、それも直したいというご希望でした。
 調査に伺うとバルコニーの床にはFRP防水が施工してありましたが、床面のヒビ割れが酷く剥がれているところもありました。FRP防水はポリエルテル樹脂に硬化剤を加えガラス繊維で補強した防水層で作られており、表面は防水層を保護するためのトップコートを塗って仕上げてあります。非常に硬い防水層が作られるので耐久性が高い反面、木造住宅などの動きがある建物の場合硬すぎることが逆にヒビ割れの原因になることがあります。トップコートだけのヒビ割れであればそれほど緊急性は高くありませんが、防水層までヒビ割れてくると雨漏りに繋がってしまうので早急な防水工事での対応が必要になります。
 調査の結果、ヒビ割れは無数に入っておりましたが雨漏りに繋がるヒビ割れではありませんでした。しかし、排水溝の金物が床面より高くなっていて雨水の排水が適切におこなわれない状態になっていましたので、排水口は直す必要があります。
 排水口の直すためには金物を剥がさなければならず防水層をカットすることになりますので、今回は排水口2カ所の改修作業と併せて床面の防水工事を行う事になりました。
 新たな防水はウレタン塗膜防水をおこない、弾力性のある防水層により下地の影響を受けにくくする工事をおこなっております。排水口も防水層と一体になる様に納めておりますので、雨水も問題なく排水されるようになりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 港区三田でバルコニーの防水工事を行いました。
 お問合せのきっかけは、バルコニーの床にヒビ割れがあり雨漏りしているのではないか。また、排水溝の金物が床より高くなっているので水はけが悪く雨水が溜まってしまうので、それも直したいというご希望でした。
 調査に伺うとバルコニーの床にはFRP防水が施工してありましたが、床面のヒビ割れが酷く剥がれているところもありました。FRP防水はポリエルテル樹脂に硬化剤を加えガラス繊維で補強した防水層で作られており、表面は防水層を保護するためのトップコートを塗って仕上げてあります。非常に硬い防水層が作られるので耐久性が高い反面、木造住宅などの動きがある建物の場合硬すぎることが逆にヒビ割れの原因になることがあります。トップコートだけのヒビ割れであればそれほど緊急性は高くありませんが、防水層までヒビ割れてくると雨漏りに繋がってしまうので早急な防水工事での対応が必要になります。
 調査の結果、ヒビ割れは無数に入っておりましたが雨漏りに繋がるヒビ割れではありませんでした。しかし、排水溝の金物が床面より高くなっていて雨水の排水が適切におこなわれない状態になっていましたので、排水口は直す必要があります。
 排水口の直すためには金物を剥がさなければならず防水層をカットすることになりますので、今回は排水口2カ所の改修作業と併せて床面の防水工事を行う事になりました。
 新たな防水はウレタン塗膜防水をおこない、弾力性のある防水層により下地の影響を受けにくくする工事をおこなっております。排水口も防水層と一体になる様に納めておりますので、雨水も問題なく排水されるようになりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
6日間(エアコン脱着含む)
築年数
12年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
I様邸
保証年数
3年
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
6日間(エアコン脱着含む)
築年数
12年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
I様邸
保証年数
3年
3階建て防水工事

現地調査

FRP防水の状態 ヒビ割れ

 バルコニーの状況を確認します。床面には防水工事が施工されていて、FRP防水で仕上げてあります。FRP防水はポリエステル樹脂をガラス繊維で補強した防水で、耐久性が高くバルコニーの床面などに良く使用されています。

 硬くて耐久性が高いので、建物動きの大きな木造住宅などでは力がかかりヒビ割れが出やすいというデメリットもあります。

割れた防水

 調査に伺ったバルコニーの床はあちこちにヒビ割れが入っており、欠けてはがれている部分もありました。ひび割れている場合でもどこでヒビ割れが起きているかで雨漏りに繋がるかどうかが変わってきます。

 防水層を保護するためのトップコートだけがひび割れているのであれば簡易的な補修工事も可能ですが、防水層までヒビ割れが出ている場合は早急になおさなければ雨漏りに繋がってしまいます。

排水不良も一緒に直します

排水口 排水口の周りに水が溜まっています

 現時点では雨漏りしていませんが、お客様から排水口の周りに雨水が溜まってしまって流れにくい、というご相談もいただきました。バルコニーの左右の床に排水口が取り付けてありますが、片側の排水口の周りが水溜りの様になっています。

ルーフドレン

 床から飛び出す様に鋳物の排水ドレンが取り付けてあるのですが、そもそもこの排水ドレンはFRP防水用ではありません。アスファルト防水などに使用する物のため、床から持ち上がっていて雨水が排水されずに周りに溜まっていました。

 この部分は交換して雨水が排水されるようにしなければなりませんので、排水口の改修作業と併せて床面の防水工事をおこなう事になりました。

床の防水工事開始

FRP防水が浮いた部分を剥がします 出っ張ったドレンを撤去します

 防水工事開始します。FRP防水のヒビ割れが浮きが出ていましたので、表面を研磨していきます。この研磨の目的はもう一つあり、新たな防水材の付着性を良くするためにおこないます。表面を削り排水ドレンを撤去します。

取り外した排水ドレン

 錆びてボロボロになっていましたが、このプレートが床の上に乗っているために雨水が排水されずに溜まっていました。使用する部材がそもそも違っていましたので、防水をやり直す際には適切な材料を使用してスムーズに雨水が排水されるようにしていきます。だいぶ前から劣化していたのが錆びの状況から想定できます。

ウレタン塗膜防水

ウレタン防水材 プライマーを塗布します

 新たな防水にはウレタン防水を使用します。ウレタン防水は塗料型の防水材で、ローラーや鏝などで均一に塗布していきます。打ち継ぎ目やジョイントなどもできないために、複雑な形状のところにも問題なく防水をおこなう事が出来ます。

 バルコニーの床面は複雑ではありませんが、木造住宅であることと施工後のメンテナンスを考えてウレタン塗膜防水で仕上げることになりました。

コテで均一に仕上げていきます

ウレタンは2回塗ります ウレタンを金鏝で伸ばします

 ウレタン防水は、プライマーを塗布して密着性を高めた後に、ウレタンを2層作っていきます。中塗りと上塗りとしておりますが、ウレタンの1層を塗布したあとすぐには2回目の塗布は出来ません。必ず適切な乾燥時間を設けなければ硬化不良をおこし、めくれや浮きに繋がってしまいます。そのため、防水工事は面積が狭かったとしても工事に日数が必然的にかかります。

均一に伸ばしていきます 塗料型の防水材

 塗料型の防水材ですので防水層の厚みにムラが出来ない様に金ゴテで均一に均していきます。コテは力の入れ方が難しく均しているつもりでもムラが出来てしまいますので、職人さんの技術の高さに感心します。

ウレタン塗膜防水工事が完成

防水材で仕上げる 取り外したエアコンを復旧

 バルコニーの防水工事が完成しました。ヒビ割れだらけだった床面がウレタン防水によって綺麗に仕上がりました。工事を行う際にエアコンの室外機を取り外しましたので、ウレタン防水層が乾いてから復旧して完成です。

改修用ドレンを入れて納めています

 排水口回りも別の防水に使用する排水ドレンが設置されていて雨水が溜まる状態になっていましたが、専用の改修用ドレンを設置してスムーズに雨水が排水されるようになりました。

 ヒビ割れもなくなり排水も問題なく出来る様になり、お客様に大変喜んでいただけました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーで起こる雨漏りの原因と補修方法を解説

ベランダ・バルコニーで起こる雨漏りの原因と補修方法を解説

 皆さんのお住まいのバルコニーやベランダはどのような形状になっていますか?周りを見渡してみると外壁よりも外側に張り出した形状であったり、建物の内側に引っ込むようにある形状だったりしますよね?それぞれメリット・デメリットはありますが、どちらも雨水や太陽光の影響を受ける場所ですので、メンテナンスが必要な…続きを読む
バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

 お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に近年は狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニーをガーデニング等で活用しているお住まいも多く見られます。しかし防水工事の必要性を知らずメンテナンスを怠ると、…続きを読む
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      西東京市富士町で下地が腐食しているバルコニーの床を下地から直して防水工事

      【施工内容】

      防水工事

      八王子市みなみ野で防水工事とシール工事で雨漏り修理工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      調布市仙川町で雨漏りしているバルコニーをウレタン塗膜防水で止めました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      港区と近隣地区の施工事例のご紹介

      品川区旗の台にて強風で破損した塩化ビニル製の波板を火災保険を使ってポリカーボネート製の波板に交換いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      江東区大島で強風被害によるポリカ波板の交換工事、火災保険を活用して施工致しました

      【施工内容】

      屋根補修工事

      江東区森下で令和元年東日本台風のご被害による棟板金の交換工事、火災保険を活用して修繕致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る