無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 狛江市岩戸南で強風で破損した3階建ての雨樋は火災保険で直しま.....

狛江市岩戸南で強風で破損した3階建ての雨樋は火災保険で直します

【施工前】
破損した雨樋

【施工後】
火災保険で復旧しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 狛江市岩戸南で雨樋交換工事をおこないました。
 強風によって3階建ての建物の雨樋が破損して反対向きになっており、雨が降ると外れた雨樋から雨水が落ちてきていました。被害を受けた原因は強風によるものでしたので、今回おこなった工事は火災保険の風災を適用して直す事になりました。
 火災保険は、建物が火災による被害を受けた場合以外にも、雪・風・雹(ひょう)・雷などの自然災害によって被害を受けた場合も対象になります。今回の様な強風によって雨樋が破損した場合は、火災保険の風災が適用になります。ご加入の保険内容によって保険が下りる金額などが違いますが、最大瞬間風速20m/秒以上の風が吹いた事によって被害を受けた場合は対象になりますので、建物が自然災害によって被害を受けた場合はご加入の保険会社へ確認する事をお勧めします。
 今回は火災保険の風災が適用になりましたので、元の状態に戻す為の復旧工事にかかる費用を保険会社が負担してくれましたので、自己負担なく直す事が出来ました。作業をおこなうために必要な足場も保険の対象になりますので、3階建ての雨樋交換で必要な足場と実際の雨樋交換工事の費用が対象となり、保険を使用して直す事が出来ました。
 反対を向いていて雨水が流れ落ちていた部分を直す事が出来ましたので、これで安心出来る様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 狛江市岩戸南で雨樋交換工事をおこないました。
 強風によって3階建ての建物の雨樋が破損して反対向きになっており、雨が降ると外れた雨樋から雨水が落ちてきていました。被害を受けた原因は強風によるものでしたので、今回おこなった工事は火災保険の風災を適用して直す事になりました。
 火災保険は、建物が火災による被害を受けた場合以外にも、雪・風・雹(ひょう)・雷などの自然災害によって被害を受けた場合も対象になります。今回の様な強風によって雨樋が破損した場合は、火災保険の風災が適用になります。ご加入の保険内容によって保険が下りる金額などが違いますが、最大瞬間風速20m/秒以上の風が吹いた事によって被害を受けた場合は対象になりますので、建物が自然災害によって被害を受けた場合はご加入の保険会社へ確認する事をお勧めします。
 今回は火災保険の風災が適用になりましたので、元の状態に戻す為の復旧工事にかかる費用を保険会社が負担してくれましたので、自己負担なく直す事が出来ました。作業をおこなうために必要な足場も保険の対象になりますので、3階建ての雨樋交換で必要な足場と実際の雨樋交換工事の費用が対象となり、保険を使用して直す事が出来ました。
 反対を向いていて雨水が流れ落ちていた部分を直す事が出来ましたので、これで安心出来る様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
竪樋60㎜
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
5m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
竪樋60㎜
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
20年
平米数
5m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン3階建て雨樋交換

強風で破損した雨樋

折れた雨樋が外れています

 台風の強風で破損した雨樋です。強風によって雨樋が折れてしまい反対側を向いていました。軒樋で受けた雨水を下の軒樋に流す為の竪樋が折れてしまい反対側を向いてしまいましたので、雨が降ると割れた竪樋から雨水が溢れだしていました。

折れた雨樋が反対側に向いています 外れた雨樋

 破損したのは3階建ての建物の一番高い部分で、梯子が届く高さではありません。破損した雨樋を修理するには足場を架ける必要があるのですが、今回の様な台風の強風による被害の場合は火災保険が適用になります。

 火災保険は火災だけではなく、雪・風・雹(ひょう)による自然災害によって建物が被害を受けた場合、元通りに復旧する場合に掛かる費用を保険会社が負担して直す事が可能です。足場に掛かる費用も対象になりますので、今回の被害は保険会社による費用負担で直す事になりました。

折れた部分を新しく交換します

銅線で縛ります 銅線で縛ります

 台風の強風により折れた雨樋を元通りに復旧します。一番高いところにある軒樋で受けた雨水を下の軒樋に流す這い樋という部分で、屋根の一番端の部分に固定してありました。この部分が強風で途中で折れてしまい、集水器部分から反対側を向いていました。外れない様に銅線を使って屋根に固定する必要があり、今までの状態よりも固定箇所を増やして風の影響を受けにくくします。

雨樋修理工事完成 屋根の上に雨樋を乗せます

 一番高い部分の屋根はそれ程の面積がありませんので、雨が降っても大量の雨水が流れる訳ではありませんが、ここが破損していると下の歩道にバシャバシャと雨水が垂れ流しの状態になってしまいますので、元の状態に戻す工事は必要です。

雨樋交換工事が完成しました

 雨樋の復旧工事が完了しました。雨水がスムーズに軒樋に流れる様になりました。雨樋は塩化ビニル製のため、紫外線によって劣化して固くなり割れやすくなりますので、今回交換した部分は屋根や外壁などの塗装工事の際に一緒に塗装工事をおこなう事をお勧めします。

雨樋の詰まりも解消します

雨樋から雨水が溢れています 雨水のあふれは詰まりが原因

 一階の屋根(下屋)にも雨樋が付いているのですが、詰まっている様で雨が降ると雨水が溢れてきます。どこかが破損している訳ではありませんので、この部分は火災保険の対象にはなりません。雨樋の詰まりを解消すれば溢れる事は止まりますので、この部分も一緒に作業します。雨が降っていましたので溢れている部分が一目瞭然で確認出来ました。

詰まって雨水が溜まっています

 軒先に吊ってある軒樋で集めた雨水を竪樋に落とす部分には集水器が取り付けてあります。雨樋の詰まりで多いのがこの集水器部分での詰まりです。集水器の中に葉っぱや枝などが引っかかる事でどんどん堆積し、雨水の流れを阻害してしまう事があります。

 その下の竪樋が詰まっている事が原因の場合もありますが、今回は集水器部分の詰まりが原因になっていました。

雨水の流れを復旧して工事完成です

詰まりを取り除いて雨水が流れます 雨樋の詰まりが解消

 集水器の中には腐葉土の様な泥が詰まっていましたので取り除くとあっという間に溜まった雨水が流れていきました。竪樋の詰まりはない事が確認出来ましたので、これで問題は解消です。

雨樋の詰まりが直りました

 まだ作業前と同じように雨が降っていますが、溢れていた雨水が完全に止まっています。破損した雨樋は火災保険を適用して雨樋交換で直す事が出来、気になっていた下屋の詰まりも解消する事が出来ましたので、これで回りに被害を広げる事が無く安心出来る様になりました。

 

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

【雨樋修理・交換】こんな場合は要注意!【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

1回分の足場代費用が節約できる?足場のお得な有効活用方法

1回分の足場代費用が節約できる?足場のお得な有効活用方法

【動画で確認「足場の活用」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください! ↓ ↓ ↓ 【動画で確認「足場の活用」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動…続きを読む
雨樋の修理・交換お任せください!費用と火災保険利用について

雨樋の修理・交換お任せください!費用と火災保険利用について

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメデ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          目黒区目黒本町にて雪で歪んでしまった雨樋の交換工事を火災保険を使用してご負担なく行わせていただきました!

          【施工内容】

          雨樋交換

          八王子市七国で根の影響を受けた竪樋交換工事

          【施工内容】

          雨樋交換

          目黒区柿の木坂にて既存雨樋からアーバントップΣ90への雨樋の交換工事を行わせていただきました

          【施工内容】

          雨樋交換

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る