無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 大田区南六郷で雨漏りの原因になっているトップライトを撤去して.....

大田区南六郷で雨漏りの原因になっているトップライトを撤去して屋根葺き替え工事

【施工前】
雨漏りしているスレート屋根

【施工後】
トップライトを撤去して葺き替え工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 大田区南六郷で屋根の葺き替え工事をおこないました。
 お問合せのきっかけはトップライト(天窓)から雨漏りしているという事で調査に伺いました。トップライトは10年でシールやパッキンなどのメンテナンス、20年で交換が目安になっています。
 今回工事をおこなった建物は、築年数が10年程度しか経過していませんが雨漏りしていました。
トップライトは室内に明かりを取るために屋根に穴を開けてサッシを取り付けるので、屋根とサッシとの取り合い部分は雨仕舞いをしっかりとおこなっています。しかし、建物が動いた時に防水紙(ルーフィング)が切れてしまい屋根材の下の見えない部分で雨漏りしている事があります。
 トップライトからの雨漏りを止めるには、トップライトを新しい物に交換する必要がありますが、今回はトップライトが必要無いという事なので、撤去して穴を塞いでから屋根を葺き替える事になりました。
 屋根に何もない方が雨仕舞いはしっかっりと出来ますので、今回の葺き替え工事で雨漏りする心配も無くなりました。
 大田区南六郷で屋根の葺き替え工事をおこないました。
 お問合せのきっかけはトップライト(天窓)から雨漏りしているという事で調査に伺いました。トップライトは10年でシールやパッキンなどのメンテナンス、20年で交換が目安になっています。
 今回工事をおこなった建物は、築年数が10年程度しか経過していませんが雨漏りしていました。
トップライトは室内に明かりを取るために屋根に穴を開けてサッシを取り付けるので、屋根とサッシとの取り合い部分は雨仕舞いをしっかりとおこなっています。しかし、建物が動いた時に防水紙(ルーフィング)が切れてしまい屋根材の下の見えない部分で雨漏りしている事があります。
 トップライトからの雨漏りを止めるには、トップライトを新しい物に交換する必要がありますが、今回はトップライトが必要無いという事なので、撤去して穴を塞いでから屋根を葺き替える事になりました。
 屋根に何もない方が雨仕舞いはしっかっりと出来ますので、今回の葺き替え工事で雨漏りする心配も無くなりました。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
4日間
築年数
9年
平米数
20㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
4日間
築年数
9年
平米数
20㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
足場アイコン3階建て屋根葺き替え雨漏り修

雨漏りの原因はトップライト

雨漏りの原因になったトップライト トップライトの木枠に雨染みが出来ています

 お問合せのきっかけになっている雨漏りの原因は、屋根に設置されたトップライトにありました。

 室内へ明かりと取り込むのに有効なトップライトですが、定期的にメンテナンスをおこなわないとシールやパッキンが劣化したり、屋根との取り合い部分の防水紙が切れてしまい雨漏りしてしまう事があります。

 トップライトが設置されているという事は屋根に穴を開けて取り付けていますので、いくら雨水が浸入しない様に雨仕舞いをしっかりおこなっていても、築年数が経過すると共に雨漏りの危険性が高くなってしまいます。

 トップライトは10年でパッキンなどのメンテナンス、20年で交換が目安になっていますので、今回も交換する事は可能でしたが、あまり有効に活用していないという事と、今後のメンテナンスの事を考えてトップライトを撤去して屋根で塞ぐことになりました。

屋根葺き替え工事開始

棟板金を剥がした後はスレートを撤去します 一枚一枚釘を抜いていきます

 屋根の葺き替え工が開始しました。スレートを一本一本釘を抜いて剥がしていきます。

 屋根は雨樋が吊ってある軒先側から葺いていき、釘が隠れる様に上の段を被せて棟まで葺きますので、剥がす時には棟板金を撤去して上から撤去する事になります。

スレートの重なり部分に土ぼこりが詰まっています

 スレートを剥がしてみるとわかるのですが、重なり部分に土ぼこりが大分詰まっているのが確認出来ます。

 赤い線で記したところが上の段のスレートが重なっているところですが、土ぼこりが溜まり雨水が留まった跡が付いていました。

 スレートの重なり部分は雨水を逃がすための屋根にとって大切な隙間で、塗装工事などでここが埋まってしまうと雨漏りの原因になる事もあるので、縁切りしてわざと隙間を開けて塗装をおこなうくらい重要な部分です。塗料だけでなく今回の様に土ぼこりなどによっても雨水が溜まってしまう事がありますので注意が必要です。

トップライトを撤去します

下地に傷みは出ていません 雨水が回った形跡があります

 トップライトの回りは、雨水が浸入しない様に水切りを付けたりと、二重三重に雨仕舞いがしてあります。最初のうちは問題ありませんが、経年とともに防水紙も劣化し建物も常に動きますので、雨水が入り込んでしまいます。

トップライトの木枠に雨水が回った跡があります 雨仕舞いしてありますが劣化しています

 雨漏りの原因になっているトップライトは今回交換せずに塞ぐことにしましたので、枠をバラシながら撤去していきます。

開口部を塞いで屋根で覆います

トップライトを取り外しました

 トップライトを撤去しました。防水紙を立ち上げて雨水が入らない様にしてありましたが、部分的に防水紙が固くなり裂けているところもあります。木枠が腐食するまでにはなっていませんので、屋根で塞げるように下地を組んでいきます。

野地板を貼るために下地作り 下地を作ります

 新しい野地板を張って下地を作るのですが、トップライトの開口部は幅が有りますので、中間に下地を入れていきます。雨水で枠が腐っていると枠ごと取り外して交換しなければならないところでしたので、それほど大きな被害が出ていなくて不幸中の幸いでした。

新しい下地を作り屋根を葺いていきます

下地を作って開口部を塞ぎます 野地板を貼りかぶせます

 トップライトの開口部がふさがりました。室内側の天井も塞いでいきます。全体的に下地を作りましたので、これから新しい屋根材を葺いていきます。

新しい防水紙(ルーフィング)を葺きます 釘を打って葺いていき上の段を被せます

 防水紙(ルーフィング)も新しい物を全体に葺いていきます。屋根は、屋根材と防水紙によって雨水から建物を守っていますので、防水紙の役割がとても重要になります。新しい屋根材もスレートを葺きますので、軒先側から葺いていきます。スレート一枚に対して釘を4本打って固定し、釘が隠れる様に上の段のスレートを被せます。

屋根の側面には板金を取り付けます 屋根を葺き終えたら棟板金を取り付けます

 屋根の側面はケラバといい、専用の板金を取り付けてあります。ケラバにスレートを差し込んで下に回った雨水を雨樋にスムーズに流し込みます。

壁際の雨押え 屋根工事が完成です

 全体が葺き終えたら壁際の取り合い部分にも雨押えという専用の板金を設置します。棟板金を被せて完成です。

 屋根は雨水がどの様に流れるのかを考えて建物内に雨水が入り込まない様にしなければなりません。屋根の上を流れて雨樋に入る雨水だけでなく、スレートの下に回り込んだ雨水の事も考えて納める必要があります。

トップライトを撤去して屋根葺き替え工事が完了しました

葺き替え工事完成

 屋根葺き替え工事が完了しました。雨漏りの原因になっていたトップライトを撤去して屋根で塞ぎましたので、今までの屋根と比べても雨漏りの可能性が無くなりましたので、これで安心です。

 私たち街の屋根やさんでは、建物の被害状況をしっかりと調べて最適なご提案をさせていただきますので、建物でお困りの事がございましたら是非お問合せください。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      練馬区石神井町で雨漏りしているアーバーニーの屋根をコロニアルクアッドで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      目黒区柿の木坂にて既存雨樋からアーバントップΣ90への雨樋の交換工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      雨樋交換

      世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る