無題ドキュメント

HOME > ブログ > 屋根塗装の乾燥時間はどう決まる?塗料メーカーの規定以外に関わ.....

屋根塗装の乾燥時間はどう決まる?塗料メーカーの規定以外に関わってくる要因とは

更新日:2023年11月24日

 屋根塗装は下塗り、中塗り、上塗りなど、何層かに分けて塗料を重ねるように塗っていきます(^▽^)/

 

 ただ、早く工事を終わらせようと次から次へ塗料を塗ってしまうと、その後の仕上がりがかなり悪くなってしまうため、屋根塗装では塗料の「乾燥時間」の確保が非常に重要になります!

屋根塗装の乾燥時間について

乾燥時間はどう決まっている?

 屋根塗装には塗料の乾燥時間が非常に重要です。

 塗料が十分に乾燥しないと、塗膜の耐用年数が短くなってしまう可能性があります(-_-;)

 

 冒頭でもお話しましたが、屋根塗装では、下塗り、中塗り、上塗りの3つの工程があり、それぞれの工程での乾燥時間が見た目の仕上がりやその後の耐用年数に大きく影響するんです!

 

 乾燥が不十分なままだと、乾ききっていない水分が上の塗膜に干渉して塗膜が形成されにくくなってしまうこともあります(>_<)

下塗り

 具体的な乾燥時間は、気温によって異なります。

 

 一般的に、気温が23℃の場合人気のあるパーフェクトシリーズの塗料は約3時間以上で乾燥します。
 
 夏であれば気温が高いため塗料も乾きやすいのですが、冬の寒い時期になると1日以上時間が掛かるようになります。

 

 メーカーが塗料ごとに乾燥時間(次の重ね塗りまでの時間)を提示してはいますが、気温によっても大きく左右される要素ですので、しっかりと現場で判断をする必要があるんです(^▽^)/

乾燥時間を取り過ぎても悪影響に繋がります!

ファインパーフェクトベスト

 ファインパーフェクトベストを例にしてみると、メーカーが提示する乾燥時間(23℃の場合)では、「3時間以上7日以内と記されています!

 7日以上放置することなど滅多にありませんが、上限が設けられていることにも意味があるのです。

 これは乾燥の度合いというよりも次の工程まで時間を空け過ぎることによって埃が乾燥した塗膜に数多く付着し、次の塗装に悪影響を及ぼしてしまうためなんです(-_-;)

中塗りを実施!

塗料が「半製品」と呼ばれる理由

 屋根塗装においては適切な乾燥時間を守ることが重要であることをご紹介させていただきました(^▽^)/

 実は塗料は『半製品』と呼ばれています。

 
 これは販売するだけでは製品として成り立たず、適切な環境で塗装することで初めて本来の目的を果たすためにそう呼ばれているのです(^^)

仕上がりの良い塗装にするために乾燥を守る

 

 ですので、屋根塗装の際にはしっかりと乾燥時間や気温などを考慮しながら工事を進めてくれる業者に依頼することが必要です!

 私たち街の屋根やさんでは、こうした乾燥時間などの塗装環境をしっかりと守り、塗装の仕上がりを良いものにいたします!

 屋根塗装は参考費用として税込415,800円~(60㎡のスレート屋根の参考価格)となっておりますので、どうぞお気軽にご相談ください(^_-)-☆

 記事内に記載されている金額は2023年11月24日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ   前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れ…続きを読む
必見!屋根塗装をお考えの方に知っておいてもらいたい屋根・外壁の塗料についての基礎知識

必見!屋根塗装をお考えの方に知っておいてもらいたい屋根・外壁の塗料についての基礎知識

 これまでの屋根塗装と外壁塗装の多くは家屋内部への浸水を防ぐ、美観を保持するといった理由が大半でした。近年、これに快適機能をプラスするという目的も加わりました。遮熱塗料で塗れば、夏を涼しく快適に過ごせます。光熱費の節約にもなります。耐汚染塗料で塗れば、お住まいが汚れにくくなります。汚れても降雨で洗い…続きを読む
どの塗料が一番いいの?屋根塗装のおすすめ塗料をご紹介

どの塗料が一番いいの?屋根塗装のおすすめ塗料をご紹介

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区南台にて、遮熱・断熱効果のあるダンネストを使用しての屋根塗装工事を行わせていただきました

【施工内容】

屋根塗装、遮熱塗料

小金井市貫井南町にて、遮熱・断熱効果のある「ダンネスト」という塗料で屋根の塗装工事を行わせていただきました!

【施工内容】

屋根塗装

豊島区千早にて棟板金交換工事と日本ペイントのファインパーフェクトベスト(色はブラウン)を使用した屋根塗装工事を実施

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る