無題ドキュメント

HOME > ブログ > 港区芝にて水溜まりのできたFRP防水の床と盛り上がった形状の.....

港区芝にて水溜まりのできたFRP防水の床と盛り上がった形状の排水口の点検

更新日:2021年11月1日

 港区芝にてベランダの床のひび割れと、排水口付近に雨水が溜まっているので一度見に来てほしいとのことで、お伺いしました。 ご相談のあったベランダは2階部分です。建物自体はとても綺麗なお宅です。室内はただいま改装中とのことです。

ベランダ入口

現場の状況

ベランダ西側

ベランダ東側

 ベランダの床はFRP防水で防水層を作ってあり、東側、西側の端にそれぞれ室外機と排水口がしつらえてあります。ベランダの真ん中付近から東側西側の排水口に向かってそれぞれゆるい下り勾配がついていますが、東側の排水口付近に排水されていない水が若干残っています。

水溜まりのできた排水口付近

水溜まりのできた排水口付近

 水たまりができている排水口の形状は盛り上がっている形状で、現状ある程度水が溜まらなければ水が流れない状況です。本来であればこのタイプの排水口は上まで水が溜まらなくても下から排水はされるのですが、下部分に泥などが詰まっている可能性があるため排水されていないのかもしれません。ちなみに排水口の上に取り付けられているのは「ストレーナー」と呼ばれる蓋で、これがゴミが入り込むのを防いでいます。

 そもそも排水口部分の排水管と防水材の取り合い部分は違う材料同士の接合となります。この部分に隙間が空いて内部が劣化してしまうと雨漏りに繋がってしまいます。また排水口付近がプールのように雨水が溜まっている状況をよく見かけるかと思いますが、本来ベランダの防水はプールのように水を溜めるようにはできていません。プールのようになっている時、防水層が劣化していた場合はそこから水が浸入し雨漏りの原因になってしまいます。排水口から雨水が排水されず、水たまりができている方はこまめな掃除を心がけ、プールのような状態になってしまっている方は雨漏りの危険性がありますので、ぜひ早急にご相談ください。

ひび割れたFRP防水の床

FRP防水が剥がれている様子
FRP防水がひび割れている様子

 ベランダ床の防水はFRP防水で表面にヒビ割れが起き、剥がれている個所見受けられます。この状態はFRP防水の防水層が役目を果たせなくなっています。

 FRP防水は、そもそも最も防水性が高い防水方法と言われています。最強と言われるFRP防水も、その伸縮性がほとんどないという特性から木造住宅には不向きとされています。木造の建物は変形量が多いためです。こちらのお宅のひび割れも、そういった理由から引き起こされたのです。

 FRP防水のメンテナンス方法としては7~10年ごとに表面のトップコートを塗り替えることで寿命は25年ほどになります。この表面の状態が重要で、表面の状態さえ良好でしたら寿命を迎えた場合でもその上から再度、FRPの防水層を作ることが可能になります。

改修工事のご提案

 まず、床全体の防水は木造住宅のような変形量の多い住宅でも問題なく使用できる「ウレタン」にて防水工事を行います。問題の起きている排水口部分は、排水口入口にあるドレンを外し、新しくできた防水層に改修用ドレンを埋め込んで排水口部分の水たまりを解消します。出来上がりは防水層に直接排水用の穴が空いているイメージです。今回はこれらの工事をお客様にご提案させていただきました。

ベランダの点検・補修はお任せください!

 わたしたち「街の屋根やさん」ではベランダのみならず、お住まい全体の点検も行っております。今回の記事にあったように「ベランダの床がひび割れている…」「排水口付近に水たまりができている…」「ベランダから雨漏りしているかも…」など雨漏りに関して気になる部分はどんな些細なことでご相談ください。雨漏りのプロが無料点検にて原因を特定し、お客様に最適なプランをご提示させていただきます。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

 また現在、私たち「街の屋根やさん」では、新型コロナウイルス対策として点検・工事等でお伺いする際は、マスクの着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様の安心・安全に配慮しております。もしご対面でのお打ち合わせに不安を感じるようでしたら「zoom」によるお打ち合わせも承っております。ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

 一般的な戸建て住宅で雨漏りの原因として意外と多い部分がベランダやバルコニーです。街の屋根やさんで雨漏りの原因を調べていると、ベランダやバルコニーが水の浸入口となっているケースはかなり多いのです。ベランダやバルコニー、陸屋根はほぼ勾配がなく、しかも四方を壁に囲まれていることがほとんどで、構造的にも排…続きを読む
屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

 一般的な戸建て住宅で雨漏りの原因として意外と多い部分がベランダやバルコニーです。街の屋根やさんで雨漏りの原因を調べていると、ベランダやバルコニーが水の浸入口となっているケースはかなり多いのです。ベランダやバルコニー、陸屋根はほぼ勾配がなく、しかも四方を壁に囲まれていることがほとんどで、構造的にも排…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市富士町で下地が腐食しているバルコニーの床を下地から直して防水工事

【施工内容】

防水工事

八王子市みなみ野で防水工事とシール工事で雨漏り修理工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

港区三田でヒビ割れと排水不良のバルコニーをウレタン防水で改修工事

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

港区と近隣地区の施工事例のご紹介

品川区旗の台にて強風で破損した塩化ビニル製の波板を火災保険を使ってポリカーボネート製の波板に交換いたしました

【施工内容】

その他の工事

江東区大島で強風被害によるポリカ波板の交換工事、火災保険を活用して施工致しました

【施工内容】

屋根補修工事

江東区森下で令和元年東日本台風のご被害による棟板金の交換工事、火災保険を活用して修繕致しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る