無題ドキュメント

HOME > ブログ > パミール(ニチハ)は層間剝離と釘の劣化に要注意、塗装が出来な.....

パミール(ニチハ)は層間剝離と釘の劣化に要注意、塗装が出来ないノンアスベスト屋根材です

更新日:2023年02月16日

多くのお住まいで使用されている化粧スレートは皆さんご存じの通り、築10年程度で塗装による塗膜保護が必要になります。しかし中には屋根を確認した時点で「塗装が出来ない」と指摘を受けた方はいらっしゃいませんか?築年数はそれほど経過しておらず雨漏りもしていないのにどうして?と困惑したかと思います。実は化粧スレートの中でも塗装はできない、塗装を行ってもすぐに不具合を起こす屋根材というものが存在します。その中にはニチハのパミールも含まれます。どのような屋根材なのか、また適切なメンテナンスはどういったものなのかを今回ご紹介したいと思います。

ニチハのパミール屋根

 

ニチハのパミールってどんな屋根材?

パミールというのは製品名になりますが屋根材メーカーとして有名なニチハが開発し1996年から2008年まで販売されていた化粧スレート屋根材です。ちょうどパミールが販売され始めたころ、建材に含まれているアスベストの飛散による健康被害が挙がり、アスベストの含有量を制限する動きがありました。このアスベスト(石綿)、健康には非常に害のある物質なのですが、耐久性の高い建材を作るうえでは非常に優秀な物質でしたので、アスベストの代用になるものがなかなかありませんでした。それでもノンアスベスト屋根材としてニチハが開発したパミールは一気に多くのお住まいで使用され始めたのですが、施工後から10年後、ある問題が発生してしまいました。

1. 層間剥離

パミールの層間剥離 飛散したパミールの屋根材
ニチハのパミールは薄い屋根材がミルフィーユのように何層も重ねたような屋根材です。本来何層にも及ぶ屋根材が強度を発揮する予定だったのですが、経年劣化によって徐々に表層からはがれ始めるという問題が起きました。表面が剥がれてしまえば屋根材の素地は露出した状態ですので雨水や太陽光によってたちまち劣化してしまいます。
これは屋根塗装に欠かせない高圧洗浄でも層間剥離が起き、塗装が出来る状態を維持できないのです。また台風等の強風時に表層が一気に剥がれるといった事態も起きてしまったのです。

点検時に屋根材の表面が剥がれており白い部分が何か所も確認できる場合、それはニチハのパミールである可能性が非常に高いため、屋根業者にしっかり確認しましょう。

2. 釘の劣化

ラスパート釘の劣化 パミールのラスパート釘
層間剥離と同じく問題になったのが、釘の劣化です。ニチハのパミールにはラスパート釘と呼ばれる釘が使用されておりました。通常は釘の表面にメッキ処理を施しているため錆びにくいのですが、ラスパート釘には一部メッキ処理が薄い釘が混入されていたとして問題になりました。メッキ処理が薄いと当然錆も早く屋根材が落下してしまった住まいもあります。このため、仮に層間剥離が軽度な住まいでも屋根塗装メンテナンスを行うのは非常に危険だという認識が高まったのです。

パミールのメンテナンス方法は?

上記の点を踏まえ、ニチハのパミールの特性を知っている業者は屋根塗装メンテナンスを決して進めません。

パミールへの屋根カバー工法 パミールへのカバー工事
私たち街の屋根やさんでは屋根カバー工法もしくは屋根葺き替え工事をご提案させていただいております。屋根カバー工法のメリットは葺き替えよりも既存屋根材撤去分の費用が掛からずコストパフォーマンスに優れていること、また屋根材を二重に仕上げることで遮音性・断熱性を高めることが可能です。
対して屋根葺き替え工事では新たに屋根材を葺き直すことで下地の補修を含めたリフォームが可能です。また屋根葺き替え工事で懸念されるのはアスベスト含有量です。アスベスト(石綿)は解体時に飛散し害を及ぼすことが知られているため専門業者でしか扱えず処理費用も高くなります。しかしニチハのパミールで問題が挙がっているのは全てノンアスベスト屋根材ですので、アスベストの撤去・処分費用等は掛かりません。

 

ニチハのパミール以外にも注意したい屋根材があります

ニチハのパミールはノンアスベスト屋根材の先駆けに販売されましたが、同様に各種屋根メーカーでもノンアスベスト屋根材が開発され、クレームが発生した事例が存在します。例えば松下電工(現パナソニック)から販売されたレサスやシルバスは屋根材に大量のクラックが入り、割れやすいといった欠点があります。塗装業者が屋根上で作業を行うだけでパキパキと割れてしまいますので、こちらもニチハのパミール同様塗装をお薦めしておりません。

塗装できない屋根材アーバニー 問題のノンアスベスト屋根材アーバニー

またクボタのアーバニーと呼ばれる屋根材もレサス・シルバス同様の問題が生じますが、屋根材が厚い分割れるとそのまま人が落下してしまう危険性もあります。アーバニーだと判断できる業者は上らず調査を行う場合もありますが、安全性を確保した上での判断ですのであらかじめご了承ください。

まとめ

ニチハのパミールには要注意

簡単に他の屋根材もご紹介させていただきましたが、塗装が出来ない屋根材というのが存在します。特にニチハのパミールは経年劣化によってどんどん表層が剥がれ、雨漏りを起こすリスクも高まりますので、塗装を考えず早い段階で屋根カバー工法、屋根葺き替え工事を検討するようにしましょう。また大事なのはその屋根材の特徴を把握している屋根業者にリフォームをお願いするということです。誤ったメンテナンスを行った上、二度手間にならないよう図面を確認したり、点検写真を確認し適切な工事を提案する屋根業者を見極めましょう。

 記事内に記載されている金額は2023年02月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

工場・倉庫の屋根修理は屋根カバー工法がお得!【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

その業者、本当に大丈夫?2023年10月1日より資格が必須となる工事前アスベスト調査・報告義務を徹底解説!

その業者、本当に大丈夫?2023年10月1日より資格が必須となる工事前アスベスト調査・報告義務を徹底解説!

 スレート屋根の塗装やカバー工法、または葺き替え工事などを行う場合、業者は建材がアスベストを含んでいないかどうかを事前に調査する義務があるのですが、2023年10月より、法改正の影響でアスベスト事前調査を行うには国によって定められた資格を持っていなければならなくなりました。  これは業者だけではな…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
アスベスト含有スレート屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

アスベスト含有スレート屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

 戸建て住宅などの建築において最後にアスベスト入りの屋根材、スレート(カラーベスト・コロニアル)が使われてから十数年が経過しようとしています。屋根葺き替え・屋根カバー工法などの大規模な屋根リフォームをそろそろ検討しなければならない時期に来ていると言っていいでしょう。 有害と言われるアスベスト、…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。 高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。 寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重み…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区奥戸にて、スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)を使用した屋根カバー工事を1,400,000円(税込み・足場含む)にて施工いたしました!

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区北小岩にて、スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用した屋根カバー工事を適正価格にて行いました(^_^)/

【施工内容】

屋根カバー工法

立川市柴崎町で重い瓦屋根から耐久性が高くて軽い金属屋根への葺き替え工事!税込み1,097,800円から実施します!

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る