無題ドキュメント

HOME > ブログ > 狛江市岩戸南で漆喰(しっくい)が剥がれて棟瓦が崩れ始めていま.....

狛江市岩戸南で漆喰(しっくい)が剥がれて棟瓦が崩れ始めています

更新日:2019年2月4日

狛江市岩戸南で屋根の調査をおこないました。棟瓦の漆喰(しっくい)が剥がれていて屋根の上に転がっていました。漆喰(しっくい)が剥がれてしまうと、棟瓦を支えている土が削れてしまい崩れる原因になります。屋根から何かの欠片が落ちてきたら一度屋根の上を確認してみましょう。伺った建物の屋根も漆喰(しっくい)が剥がれている所が結構ありましたので詰め直しが必要ですが、若干棟瓦が外側に広がり始めていましたので、棟瓦の取り直し工事をおこないましょう。他にも劣化している部分が無いかと屋根全体を調べたところ、瓦の下に葺いてある防水紙(ルーフィング)が劣化している事がわかりました。とんとん葺きが劣化してボロボロになっているので、葺き替え工事をおこなう事になりました。

【白い欠片は屋根から落ちてきた漆喰(しっくい)です】

漆喰が剥がれると棟が崩れてしまいます 銅線が垂れています

瓦葺きの屋根には棟瓦に漆喰(しっくい)が詰めてあります。画像の白い物が漆喰(しっくい)で、棟瓦の下地になっている土を雨から守る為に詰めてあります。木造住宅は建物に動きがありますので、漆喰が剥がれたり見た目は問題なさそうでも土から離れて浮いている事もあります。今回お問合せのきっかけになった白い欠片は、この漆喰(しっくい)が剥がれた物でした。

浮いた部分と剥がれた部分 漆喰が剥がれて下地の土が見えています

漆喰の裏側は土があり、この土を土台として棟瓦が積まれています。土が剥き出しのままですと、雨水によって土が削れてしまい支えが無くなった棟瓦が崩れてしまう原因になります。

【棟瓦が外側に広がってきました】

銅線が切れていて一番上の瓦が傾いています 若干ズレ始めた棟瓦

漆喰(しっくい)が剥がれた事と、銅線が劣化して切れているので、だんだんと棟かわっらが外側に広がり始めています。この状態を放置してしまうと、完全に棟瓦が崩れてしまい被害が広がってしまいます。

【瓦の下も劣化しています】

瓦の下の劣化状態

棟瓦に関しては一旦取り外して下地を直してから積み直す、取り直し工事をおこなう必要があります。他の部分は問題なさそうですが、あまりメンテナンスをおこなっていないとの事なので、瓦の下の状態を確認してみました。日本瓦は瓦桟に引っ掛けて固定しているだけなので、屋根の中間の一枚を剥がす事が出来ます。瓦をどけて確認するといつ雨漏りしてもおかしくない状態でした。とんとん葺きという大分劣化した材料が防水紙になってるのですが、材質は木ですので経年劣化で切れたり穴が開いていました。瓦の裏側に回った雨水がこの劣化した部分から雨漏りしてしまう事になります。狛江市岩戸南で調査した屋根は今のところ雨漏りしていないそうですが、このままですと雨漏りして被害はどんどん広がってしまいますので、屋根全体を葺き直し工事で直す事になりました。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

 近年は耐震性を考慮し軽量な屋根材を選ばれる、葺き替える方が非常に多い印象を受けますが、一方で重厚感、耐久性、断熱性等の高さから「やはり瓦屋根が良い!」という方も多いですよね。 和瓦・陶器瓦とよばれる瓦は吸水性が低いため塗装の必要性もなく、一定の周期でメンテナンスを行うことで半永久的に使用…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

練馬区石神井町で雨漏りしているアーバーニーの屋根をコロニアルクアッドで葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

狛江市と近隣地区の施工事例のご紹介

世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

【施工内容】

棟板金交換

調布市上石原にてニチハパミールからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行わせていただきました

【施工内容】

スレート屋根工事

世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る