無題ドキュメント

HOME > ブログ > 武蔵野市緑町で凍害でボロボロな瓦は葺き替え工事で直します

武蔵野市緑町で凍害でボロボロな瓦は葺き替え工事で直します

更新日:2021年05月13日

武蔵野市緑町で屋根の調査をおこないました。屋根からポロポロと何かの欠片が落ちてくるので見て欲しい、というお問い合わせでした。瓦葺きの屋根で上から何かが落ちてくるときは、漆喰(しっくい)の欠片の事が多いのですが、屋根に上って確認してみると、漆喰も剥がれていますが瓦の表面がボロボロになっているのがわかりました。瓦のこの症状は『凍害(とうがい)』といって瓦の中の水分が冬場に気温が下がって凍る事で膨張して瓦を割ってしまいます。屋根全体に凍害が出ていて、下地の防水紙も破れていて雨漏りしていますので、葺き替え工事をおこなって直す必要があります。

【何が屋根から落ちてきたのか調べます】

瓦屋根の状態を調査します 瓦自体も劣化して破損します

瓦葺きの屋根は、漆喰(しっくい)が剥がれて落ちてくる事がありますが、今回は漆喰以外にも落ちてきたものがあります。

【瓦の表面が剥がれる凍害(とうがい)の被害が出ています】

剥離してボロボロの瓦

落ちてきた欠片は瓦の欠片です。土が原料の陶器瓦は通常何十年も持つ屋根材ですが、場合によっては画像の様な症状が出てしまいます。これは凍害(とうがい)といって、瓦の中の水分が気温が下がる冬場に凍結して膨張し、瓦を内側から破損してしまう状態をいいます。表面が剥離する症状ですが、瓦を割ってしまう事もあります。

【下地の防水紙の劣化は雨漏りに直結】

凍害で瓦の表面がボロボロになっています 防水紙(ルーフィング)が切れています

凍害は防ぎ様がありませんので、この様な症状が出たら瓦を新しくしなければなりません。瓦の下に葺いてある防水紙も劣化してボロボロになっていますので、この状態では雨漏りに直結します。

【小屋裏から雨漏りの状態を確認します】

小屋裏から雨漏りを確認します

自然に曲がった丸太をそのまま使う『丸太梁(まるたばり)』が特徴的な小屋裏です。棟から軒先まで垂木を流してその上に野地板が張られています。野地板が屋根の下地になっていますが、武蔵野市緑町の建物は、杉板を横向きに貼り並べたものを使用していて、隙間から防水紙が見えています。防水紙もボロボロになっているために、あちこちに雨漏りの跡がありました。野地板も大分腐食していますので、野地板から新しくして耐久性の高いガルバリウム鋼板製に屋根材へ葺き替え工事をおこなう事になりました。雨漏りも止まり屋根も軽くなりますので、建物にとっては非常時良い状態に変わります。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

武蔵野市ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

34717-SR15F

工事種類

その他の工事

お問い合わせ内容

武蔵野市のA様
雨漏りで大変お困りの状況とのことでご相談をいただきました。お客様のお悩みを解決できるよう、雨漏り修理として2階サッシ・外壁目地周りのシール工事等を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

屋根葺き替えで雨漏り解決!メリット・デメリットを解説!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根・瓦・漆喰の凍害を防ぐ!たった2つの方法

屋根・瓦・漆喰の凍害を防ぐ!たった2つの方法

 水が凍ることによって起こるのが凍害(凍て割れ)です。  建材に吸水された水はそこで凍ることによって、屋根瓦や漆喰、外壁などにクラックやひび割れを発生させます。それが繰り返されることによって、やがて建材は破壊されてしまうのです。  大切なお住まいを凍害から守る方法をご案内します。お住まいを長持ちさ…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

立川市富士見町で雨漏りしている瓦棒葺き屋根を税込み380,000円で実施しました!

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

多摩市連光寺にて棟の取り直しと屋根の部分葺き直し工事を税込420,000円で行わせていただきました

【施工内容】

瓦屋根工事

小金井市中町で破損したスレート補修工事を税込み33,000円で実施しました!

【施工内容】

屋根補修工事

その他の施工事例一覧→

武蔵野市と近隣地区の施工事例のご紹介

小金井市緑町にてスーパーガルテクトを使用して屋根のカバー工事を税込1,400,000円で行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根工事

練馬区早宮にて屋根の葺き替え工事を税込258万円(足場込み)にて行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根工事

三鷹市大沢にてアスベスト含有スレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を税込235万円でおこないました(※足場代別途、屋根面積95㎡)

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る