無題ドキュメント

HOME > ブログ > 町田市でモニエル瓦の屋根を葺き替えて雨漏り改善、使用した化粧.....

町田市でモニエル瓦の屋根を葺き替えて雨漏り改善、使用した化粧スレートの特徴と補修方法をご紹介

更新日:2018年11月9日

町田市にて雨漏りを起こしてしまったモニエル瓦の屋根葺き替え工事を行いました。台風がきっかけで雨漏りを起こしてしまった為、火災保険を利用しながら軽量なスレート屋根材への葺き替えです。スレート屋根材に変更したことによるメリット・デメリットと、今後のメンテナンス方法をご紹介していきたいと思います。

【屋根葺き替え工事で雨漏り改善】

モニエル瓦からの雨漏り 瓦撤去

40年前から使用されているモニエル瓦ですが、セメントで出来ていますので和瓦同様に非常に重たく仕上がりますが、瓦と同じ厚みですので遮音性・断熱性に優れた屋根材です。瓦の補修と塗り替えを行わなければならず、補修用瓦の在庫もほとんど残っていない為、現在は雨漏りを起こしたタイミングで葺き替え工事をされることがほとんどです。施工方法は瓦と全く同じですので、瓦と桟木を取り外し葺き替え工事に備えます。

野地板増張り コロニアルでの葺き替え

野地板増張り補修を行ってから防水紙(ルーフィングシート)を葺き、今回はコロニアルやカラーベストと呼ばれるスレート屋根材を葺いていきます。メーカーに言われるがままにスレート(コロニアル・カラーベスト)屋根を使用しているお住まいも多く、メンテナンスはどうすれば良いの?とお悩みの方もいらっしゃいますので、スレートのメリット・デメリット、補修方法をご紹介致します。

 

コロニアルでの屋根葺き替え工事

スレート屋根材のメリット

どの住宅にも合わせやすいように豊富なカラーバリエーション・シンプルな形状になっていますが、セメントと繊維質を0.6㎜程度に固めて形成していますので耐久性にも優れています。以前はアスベスト含有の有無や割れやすい・捲れる等問題の挙がった屋根材もありましたが、現在はそのような問題は改善されているため瓦よりも定番の屋根材です。モニエル瓦よりも軽量ですので耐震性の向上を図ることも出来ます。安価な屋根材ですので、お客様の負担を軽減することも出来ます。

スレート屋根材のデメリット

主成分はセメントですので、モニエル瓦同様に塗装による表面保護が必要になります。薄い形状の為、踏み割れも起こしやすい傾向にありますので、シーリング材での補修も必要になります。耐用年数は屋根材の中では比較的短く25~30年ですので、今後どのようにメンテナンスをしていくか、引っ越しや建て直しの時期を検討しながら使用すると良いでしょう。今回モニエル瓦からスレート屋根材に葺き替えたことで、瓦のメリットであった遮音性や断熱性能は低下することが考えられます。以前よりも室内が寒くなった・暑くなった等の変化に合わせて、断熱材の見直しを行いましょう。

【今後のメンテナンス方法】

屋根塗装メンテナンス 屋根カバー工法

スレート屋根材は今後、3つのメンテナンス方法を選択することが出来ます。劣化が軽微なうちは屋根塗装で表面保護を行いましょう。およそ10年前後(フッ素仕上げを選択された場合は15年前後)での塗り替えが推奨されています。劣化が進行し雨漏りを起こしてしまった場合は、屋根カバー工法か葺き替え工事を行います。屋根カバー工法はスレートやアスファルトシングルの薄く軽量な屋根材ならではの補修方法で、補修費用を軽減させることが出来ますのでぜひご検討ください。

町田市にて雨漏り補修依頼、屋根材の特徴や今後のメンテナンス方法等に関するご質問がありましたら、街の屋根やさんへご相談ください。屋根材にはそれぞれメリット・デメリットがあります。お客様のお悩みを解決できるようご提案をさせて頂きますので、現在何を改善したいのか、今後どのような住空間を求めているのかをお聞かせください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市仙川町で雨漏りしているバルコニーをウレタン塗膜防水で止めました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

【施工内容】

雨漏り修理

狛江市西野川で雨漏りで落ちてしまったモルタルの外壁をガルバリウム鋼板でカバー工事

【施工内容】

雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

その他の施工事例一覧→

町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事

町田市西成瀬で強風の被害を受けた瓦屋根をアスファルトシングルへ葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風16号接近中、台風への備えは出来ていますか? 台風16号接近中、台風への備えは出来ています>か?
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る