無題ドキュメント

HOME > ブログ > 町田市のモニエル瓦からの雨漏り点検で屋根葺き替えに意匠性・吸.....

町田市のモニエル瓦からの雨漏り点検で屋根葺き替えに意匠性・吸音効果の高い自然石粒付屋根材をご紹介

更新日:2018年10月23日

町田市で瓦屋根からの雨漏りで補修依頼を承りました。恐らく台風の影響もあるようですがしばらく前にも雨漏りは起きていたとのことです。今回はメンテナンスが大変なモニエル瓦ですので、雨漏りの原因と補修方法のご提案をさせて頂きたいと思います。台風が原因で雨漏りが発生した場合は、お住まいでご加入されている火災保険や共済の補償を利用することも可能ですので、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。

【モニエル瓦からの雨漏り点検】

モニエル瓦からの雨漏り モニエル瓦の見分け方

形状は和瓦と同じですが粘土を焼いたものではなく、セメント瓦は塗装メンテナンスが必要になります。塗装が必要な瓦にはプレスセメント瓦(厚型スレート)とコンクリート瓦に分類されますが、その中でも乾式コンクリート・モニエル瓦と呼ばれるこちらの瓦は、スラリー層と呼ばれる着色塗膜がある為、しっかりとスラリー層を除去してからの塗り替えが必要です。屋根材の小口ででこぼことしている物がモニエル瓦の見分け方になりますので、住宅図面等に記載されていない場合でも点検時に確認することが出来ます。現在は販売がされていませんので、破損補修等で同じ瓦を探すのはほとんど不可能で、屋根葺き替え工事を行わなければいけません。

塗膜の経年劣化 漆喰の剥がれ

こちらは点検時のモニエル瓦ですが、瓦の耐久性を保つための塗膜は色褪せ、わずかに残っている塗膜もチョーキング現象を起こしてしまっていました。棟瓦付近にも漆喰の塊が落ちていたため、経年劣化によって雨水が入り込み雨漏りを起こしてしまったのでしょう。

雨漏りが起きていなければ屋根塗装メンテナンスが必須 アスファルトシングルでの屋根葺き替え

もし雨漏りが起きていなければ、漆喰補修と塗装メンテナンスで屋根材を使用することも出来たでしょう。しかし塗り替えで雨漏りは改善しませんので、いかに定期的な補修が非常に大切かが良く分かる屋根材ですね。雨漏りを起こした時点で補修方法は屋根葺き替えのみです。スレート屋根材は耐用年数が短く、金属屋根はシンプルな形状で雨音が気になる、少し違った屋根材を試してみたいというご相談から、今回はアスファルトシングルと石粒付金属屋根をご紹介させて頂きました。

アスファルトシングルの特徴

アメリカではほとんどのお住まいで使用されていますが、日本ではまだ5%程のシェアにとどまっているそうです。非常に薄く柔らかいシート状屋根ですが、軽量で高い耐久性を持っています。最大の特徴は、上に被せることが出来る屋根材であり上に被せられることも出来る屋根材で、どちらも施工が可能な屋根材はアスファルトシングルのみです。

エコグラーニ 自然石粒吹き付け仕上げ鋼板

自然石粒付鋼板の特徴

錆びにくく耐久性も高いジンカリウム鋼板に自然石粒を吹き付けて仕上げた鋼板を指します。屋根材の中でも1㎡当たり7㎏と、薄いアスファルトシングルよりも軽量です。ディーズルーフィングでは瓦のような形状のローマンやクラシックタイル、シンプルな形状のエコグラーニも取扱いがあります。

どちらも洋風な住宅で耐久性・意匠性・吸音効果を求めたい場合に最適です。お洒落な屋根材を使用したいとお考えの方はぜひ一度ご検討ください。

雨漏りの原因

普段生活していて、雨漏りを起こすかもしれないと思う方はほとんどいらっしゃらないと思います。しかし雨漏りは屋根の耐久性を著しく低下させる危険なトラブルです。その為、どの時点で気づいて補修するかというのが非常に大切です。雨漏りを起こした時点でまず屋根材と防水紙(ルーフィングシート)は交換をしなければなりません。屋根裏で雨漏りに気づけばいいのですが、室内天井に染みが出来てからやクロスが剥がれてからですと内装の補修まで行わなければなりません。雨音が気になる・ジメジメとした印象を感じる場合は何の不具合が感じられない場合も一度無料点検を行いましょう。築年数が経過するほどに雨漏りのリスクは高まりますので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

【施工内容】

雨漏り修理

狛江市西野川で雨漏りで落ちてしまったモルタルの外壁をガルバリウム鋼板でカバー工事

【施工内容】

雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事

町田市西成瀬で強風の被害を受けた瓦屋根をアスファルトシングルへ葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください 台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る