無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区|築30年の2階建てのお家の雨漏り調査

江戸川区|築30年の2階建てのお家の雨漏り調査

更新日:2017年10月14日

1Fの雨漏りは解明困難

 

本日は築30年の2階建てのお家の雨漏り調査にお伺いしております。1F和室への雨漏りしているそうです。1Fへの雨漏りは2Fの雨漏りに比べ、原因がわかりにくいことがあります。雨漏り箇所の真上から漏っているわけではない場合があるからです。

江戸川区雨漏り調査 江戸川区雨漏り調査

和室の隣にキッチンがあるのですがキッチンの上のお部屋は後から増築したそうです。増築箇所は雨漏りの原因にもなりますが、屋根裏に入って雨の流れを確認しなければ断言はできません。

 

クラックも発生しておりました

江戸川区雨漏り調査 江戸川区雨漏り調査

壁面にクラックが発生しているということは壁の中に雨水が入り込んでいることが考えられます。コケが発生していることを考えると屋根材自体の防水性能が低下して雨水を吸ってしまっている状態です。吸い込んだ水が壁の内部に流れ込み、クラックを起こしてしまったと考えられます。

江戸川区雨漏り調査 江戸川区雨漏り調査

築30年で中古で購入されたそうですが、お客様が購入してからはメンテナンスをされていないそうです。購入前にメンテナンスをしたかはわからないそうですが、スレート屋根の屋根材と屋根材の隙間がない状態でした。これは縁切りという作業を行っていないことがわかります。縁切りをしないと屋根材の隙間に入り込んだ水が毛細管現象を起こしてしまいます。逃げ場を失った雨水が屋根の内部に入り込んで雨漏りの原因となります。

 

屋根材のコーキングは絶対ダメです

江戸川区雨漏り調査

屋根材と屋根材の間の溝、透湿性や通気性のために儲けられています。ここを埋めてしまうと、雨水の逃げ場が無くなってしまいので絶対にやってはダメです。雨漏りを止めるためには屋根カバーか屋根葺き替えが必須です。どちらにもメリット・デメリットはありますので一度街の屋根やさんまでご相談ください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

【施工内容】

狛江市元和泉にてスレートからエコグラーニへの葺き替え工事を行いました

【施工内容】

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタフモックを使用

【施工内容】

棟板金交換

葛飾区南水元で令和元年東日本台風による棟板金飛散のご被害、屋根カバー工事を施工し棟板金下地には樹脂製貫板を使用

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区松江でウッドデッキの交換工事を施工させて頂きました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る