無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区|軒天が剥がれていたお家の再調査を行いました

葛飾区|軒天が剥がれていたお家の再調査を行いました

更新日:2017年8月28日

以前ブログに書かせていただいた軒天が剥がれてしまっているお家の再調査にお伺いいたしました。今回の内容は1Fの雨漏りの原因を探るための調査になります。こちらのお家は大屋根と下屋根がある造になっており、瓦葺きの屋根になります。大屋根の瓦をめくると防水紙が無く、野地板が見えてしまうような状態でした。その為、雨水が屋根裏に浸入してしまい、内側から軒にまわり軒天を剥がしてしまったのが原因でした。内側からさらに壁をつたい1Fの雨漏りにも繋がっていると考えましたが、下屋根も見てみることにしました。

葛飾区天井雨漏りの原因

下屋根も大屋根と同じように防水紙がありませんでした。1Fの雨漏りは大屋根からの雨水が浸入して内側からまわったのではなく、下屋根の雨水が直接天井裏に浸入していることが判明しました。

葛飾区天井雨漏りの原因 葛飾区天井雨漏りの原因

そしてこのお家は1Fの雨漏りしている天井の上にベランダがあるのですが、ベランダに大屋根の雨漏りした雨が溜まってしまうとのことです。その溜まった水はどこに流れるのでしょうか?下屋根ですね。ですので直接の雨漏りとベランダに溜まった雨水の二重被害となります。

葛飾区天井雨漏りの原因 葛飾区天井雨漏りの原因

ここまでになってしまうと下屋根も葺き替えをすることをご案内させていただきました。雨漏りに大変お困りになっておりましたので屋根葺き替えでお客様のお悩みを解決できれば幸いです。屋根のことで不安やお困りごとがあればお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。 そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天で…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

【施工内容】

雨漏り修理

江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区東小岩でベランダ波板屋根の破損に伴い修繕工事を行いました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る