無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 板橋区蓮根にて棟板金を固定する釘の浮きや抜けがあったため、棟.....

板橋区蓮根にて棟板金を固定する釘の浮きや抜けがあったため、棟板金交換工事を行いました。

【施工前】
施工前棟板金

【施工後】
施工後棟板金

【お問い合わせのきっかけ】


担当:田中


 板橋区蓮根のH様邸にて行った棟板金交換工事のご様子をご紹介致します。「近くで工事をしているという業者に棟板金を指摘され、屋根に上らせてしまいお見積りを貰ったが値段が高く、詐欺の可能性があると思ったので調査をお願いしたい。」とのご依頼を受け調査に伺ったところ、棟板金を留める釘の抜けや、釘が浮いてきている箇所がありました。釘の抜けや、釘の浮きが起きてしまうと、隙間から雨水が浸入してしまい、棟板金内部の貫板という木材が水を吸収し、腐食してしまいます。また、他の業者が棟板金内部の貫板を見る際に、棟板金をバールのようなもので持ち上げて確認をしたらしく、その際に棟板金と屋根材の間に大きな隙間が出来てしまいました。棟板金と屋根の間に大きく隙間ができてしまうと、棟板金を留める釘と同様に隙間から雨水が浸入してしまい、貫板が腐食する原因になってしまいます。隙間が大きくできてしまった部分は他の業者が養生テープで補強をしていましたが、テープをしただけではすぐに剥がれてしまいますし、雨水の浸入を防ぐことはできません。
 新規棟板金は樹脂製の貫板を使用するため、腐食の心配が無いため施工後は安心して住むことが出来ます。また、棟板金交換工事をするうえで、屋根の勾配によっては足場の仮設が必要になるためご了承下さい。
 板橋区蓮根のH様邸にて行った棟板金交換工事のご様子をご紹介致します。「近くで工事をしているという業者に棟板金を指摘され、屋根に上らせてしまいお見積りを貰ったが値段が高く、詐欺の可能性があると思ったので調査をお願いしたい。」とのご依頼を受け調査に伺ったところ、棟板金を留める釘の抜けや、釘が浮いてきている箇所がありました。釘の抜けや、釘の浮きが起きてしまうと、隙間から雨水が浸入してしまい、棟板金内部の貫板という木材が水を吸収し、腐食してしまいます。また、他の業者が棟板金内部の貫板を見る際に、棟板金をバールのようなもので持ち上げて確認をしたらしく、その際に棟板金と屋根材の間に大きな隙間が出来てしまいました。棟板金と屋根の間に大きく隙間ができてしまうと、棟板金を留める釘と同様に隙間から雨水が浸入してしまい、貫板が腐食する原因になってしまいます。隙間が大きくできてしまった部分は他の業者が養生テープで補強をしていましたが、テープをしただけではすぐに剥がれてしまいますし、雨水の浸入を防ぐことはできません。
 新規棟板金は樹脂製の貫板を使用するため、腐食の心配が無いため施工後は安心して住むことが出来ます。また、棟板金交換工事をするうえで、屋根の勾配によっては足場の仮設が必要になるためご了承下さい。


担当:田中


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
3日間 足場仮設・撤去工事含む
築年数
25年程
平米数
棟13.5m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
保証年数
1年
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
3日間 足場仮設・撤去工事含む
築年数
25年程
平米数
棟13.5m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
保証年数
1年
足場アイコン棟板金交換

調査の様子

棟板金を固定する釘の浮き  棟板金を固定する釘の浮き

 屋根に上り調査を進めていくと、棟板金を固定する釘の浮きが多数見られました。この釘が浮いてきてしまうと釘穴の隙間から雨水が浸入し、棟板金内部の貫板という木材が雨水を吸収してしまうので貫板が腐り、雨漏りの原因となってしまいます。

棟板金が養生テープで補強されていました

棟板金の様子  棟板金を固定する釘の抜け

 棟板金の一部が養生テープで補強されていました。前述にもある通り、他の業者が棟板金内部の貫板を確認する際にバール等で棟板金を持ち上げてしまったらしく、棟板金と屋根の間に大きな隙間が出来てしまいました。こちらも棟板金を固定する釘と同様に、隙間から雨水が浸入し貫板が腐る原因となります。養生テープで補強をしても雨水の浸入を完全に防ぐことはできませんし、固定力が弱いため時間が経つと剥がれてしまいます。また、棟板金を固定する釘が抜けている箇所がありました。こちらも他の業者が貫板の状態を確認する際に外してしまったのだと考えられます。屋根の上はお客様が確認することが難しいので、工事の契約を取るためにこのようなことをする業者が居ます。飛び込み業者から屋根の異常を指摘されても屋根には上げないようにしましょう。

屋根全体の写真

 調査の報告をH様にしたところ、この際に樹脂製の貫板を使った棟板金に交換したいとのことだったので、棟板金交換工事のご依頼を頂きました。樹脂製の貫板は水分を吸収しないため、木製の貫板のように雨水の影響で腐ることはありません。

 棟板金交換工事の費用につきましては棟の長さが20m程ですと¥154,000(税込み)が料金の目安となっております。使用する材料や棟の長さにより料金が変動致しますので詳しくは私たち街の屋根やさんまでお気軽にお問い合わせください。

施工の様子

棟板金撤去の様子  棟板金撤去の様子

 まずは既存の棟板金を撤去します。撤去の際は専用のバール等の工具を用いて行います。撤去を行う際に屋根材が割れてしまう可能性があるため慎重に作業を行います。

棟板金撤去の写真

 既存の棟板金の撤去が完了致しました。棟板金を撤去したことにより、既存の貫板が見えるようになりましたが、貫板が全体的に腐食しているのが分かります。貫板が腐食すると棟板金を固定する釘が留まらなくなるため、強風などの際に棟板金が外れてしまう可能性があります。よってメンテナンスのタイミングとしては最適だったと言えます。

貫板撤去の様子  貫板撤去の様子

 貫板撤去の様子です。こちらもバール等の工具を用いて撤去を行っていきます。貫板撤去の際も棟板金の撤去と同様に屋根材が割れないように慎重に作業をします。

貫板撤去の写真

 貫板の撤去が終わりました。撤去の際に既存の貫板を固定していた釘や貫板の破片が出るため、清掃を行ってから次の工程に進みます。

新規貫板の取り付け

新規貫板の設置  

 新規貫板設置の様子です。貫板を棟の長さにカットして取り付けを行います。既存の貫板は木製のものでしたが、新規貫板は樹脂製のものであり、水分を吸収しないためとても腐りにくいです。木製の貫板の耐用年数は10~15年ですが、樹脂製の貫板は25年~30年程の耐用年数があります。

貫板取り付け完了の様子

 貫板の取り付けが完了致しました。貫板の取り付けにはSUSビスを使用致しました。SUSビスはステンレス製で錆に強く、固定する力も強いので耐久性に優れています。

新規棟板金の取り付け

新規棟板金取り付けの様子  新規棟板金取り付けの様子

 新規棟板金はガルバリウム鋼板製の物を使用致します。ガルバリウム鋼板は耐久性が非常に高く錆びにくい板金となっております。棟板金の取り付けも、貫板と同様に、SUSビスを使用して取り付けを行います。SUSビスはねじ込み式になりますので釘よりも外れにくく、強風などの影響を受けにくくなっております。

繋ぎ目のコーキング処理

コーキング処理の際の養生  棟板金の繋ぎ目のコーキング処理

 棟板金の取り付けが完了しましたら、繋ぎ目の隙間をコーキングで埋める作業になります。余計な場所にコーキングが付かないよう、マスキングテープで養生を行ってからコーキング処理を行います。

繋ぎ目のコーキング処理完了の様子

 このコーキング処理が甘く、繋ぎ目の隙間が空いたままだと雨水が浸入し雨漏りの原因になってしまうため隙間が空いていないか最後に何度も確認を致します。

棟板金交換工事が完了致しました!

棟板金交換工事完了の様子

 棟板金交換工事が完了致しました。貫板は樹脂製のものを使用し、棟板金はガルバリウム鋼板製を使用しておりますので、雨や風の影響を受けにくいとても耐久性の高い棟板金になりました。希望通りの工事が出来たとお客様も大変満足されていました。

 記事内に記載されている金額は2023年09月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

工事を行なったH様のご感想をご紹介いたします

H様のアンケート

【工事前】

工事前お客様写真

工事前アンケート

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
スレート屋根の棟板金の浮き
Q3.弊社をどのように探しましたか?
インターネットのホームページ。
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。棟板金の交換費用。(修理、見積額)
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
修理費、見積額。貫板が樹脂であったことと、棟板金とのセットだったこと。
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
親切、丁ねいで説明してくれたこと。

【工事後】

工事後アンケート

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
希望どうりの交換修理ができることを期待しました。
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
特になし。
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
棟板板金の交換費用と見積額です
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
工事期間が順調にいったことです。
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
親切、丁ねいで屋根の構造もくわしく説明してくれました。

H様のアンケートを詳しく見る→

板橋区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

外壁塗装, 屋根塗装

お問い合わせ内容

板橋区のY様
築10年経過しお住まいのメンテナンスをご検討中とのお問い合わせをいただきました。日本ペイントのパーフェクトシリーズを使用し屋根・外壁塗装工事を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら …続きを読む
棟板金の交換・修理ガイド【事例・費用】も豊富にご紹介

棟板金の交換・修理ガイド【事例・費用】も豊富にご紹介

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるのが、「棟板金の交換・修理」に関するお問合せです。  「屋根の上から異音がする」  「屋根のてっぺんが浮いている」 など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?  台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      街の屋根やさん多摩川
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          板橋区栄町にて棟板金交換工事を¥200,000(税込み)で行いました(^^ゞ

          【施工内容】

          棟板金交換

          葛飾区水元にて樹脂製の貫板を使用した棟板金交換工事(税込473,000円)を実施!

          【施工内容】

          棟板金交換

          世田谷区鎌田で棟板金交換工事、樹脂製貫板を使用して税込み490,000円で実施しました!

          【施工内容】

          棟板金交換

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る