無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 青梅市新町でRC造の2階建て屋上をウレタン通気緩衝工法で防水.....

青梅市新町でRC造の2階建て屋上をウレタン通気緩衝工法で防水工事

【施工前】
工事前

【施工後】
防水工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 青梅市新町で屋上の防水工事をおこないました。
 築40年を経過した建物で、屋根と外壁の塗装を検討されているというお問合せの内容でした。調査にお伺すると建物は平らな屋根(陸屋根)になっていて、建物の構造が鉄筋コンクリート造(RC造)であることが確認出来ました。過去に2回ほどメンテナンスをおこなった事があるそうですが、屋上はおこなったかどうかわからないという事でした。
 梯子を架けて屋上の状態を確認すると、過去に防水工事でのメンテナンスをおこなった形跡はありますが、防水層は大分劣化している状況でした。今のところ雨漏りしている訳では無いそうですが、外装と併せて屋上防水工事をおこなう事になりました。
 屋上部分とバルコニーにわかれているのですが、どちらもウレタン防水が施工されています。今回もウレタン防水をおこなうのですが、通気緩衝工法で防水工事をおこないます。通気緩衝工法とは、防水層の下に通気緩衝シートという湿気の通り道が出来ているシートを敷く事で、階下から上がってきた湿気の影響を受けにくくなり、フクレなどの劣化を防止する事が出来ます。下地とも防水層の縁が切れますので余程現在の防水層が傷んでいなければそのまま施工をおこなう事が出来ます
 何か所か膨れている部分がありましたのでそこだけカットして下地補修をおこない、その上から通気緩衝工法でウレタン防水を施工しました。
 湿気を逃がす脱気筒を設置していますので、密着させる工事方法よりも防水層の耐久性が変わりますので、この様な下がお部屋になっているケースには最適な施工方法です。
 雨漏りしていた訳ではありませんでしたが、陸屋根の為下から全く見えない部分ですので、これで安心できるとお客様に大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 青梅市新町で屋上の防水工事をおこないました。
 築40年を経過した建物で、屋根と外壁の塗装を検討されているというお問合せの内容でした。調査にお伺すると建物は平らな屋根(陸屋根)になっていて、建物の構造が鉄筋コンクリート造(RC造)であることが確認出来ました。過去に2回ほどメンテナンスをおこなった事があるそうですが、屋上はおこなったかどうかわからないという事でした。
 梯子を架けて屋上の状態を確認すると、過去に防水工事でのメンテナンスをおこなった形跡はありますが、防水層は大分劣化している状況でした。今のところ雨漏りしている訳では無いそうですが、外装と併せて屋上防水工事をおこなう事になりました。
 屋上部分とバルコニーにわかれているのですが、どちらもウレタン防水が施工されています。今回もウレタン防水をおこなうのですが、通気緩衝工法で防水工事をおこないます。通気緩衝工法とは、防水層の下に通気緩衝シートという湿気の通り道が出来ているシートを敷く事で、階下から上がってきた湿気の影響を受けにくくなり、フクレなどの劣化を防止する事が出来ます。下地とも防水層の縁が切れますので余程現在の防水層が傷んでいなければそのまま施工をおこなう事が出来ます
 何か所か膨れている部分がありましたのでそこだけカットして下地補修をおこない、その上から通気緩衝工法でウレタン防水を施工しました。
 湿気を逃がす脱気筒を設置していますので、密着させる工事方法よりも防水層の耐久性が変わりますので、この様な下がお部屋になっているケースには最適な施工方法です。
 雨漏りしていた訳ではありませんでしたが、陸屋根の為下から全く見えない部分ですので、これで安心できるとお客様に大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
プルーフロン
施工期間
5日間
築年数
40年
平米数
70㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
保証年数
5年間
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
プルーフロン
施工期間
5日間
築年数
40年
平米数
70㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
保証年数
5年間
足場アイコン防水工事

現地調査

屋上防水の状態

 RC造の建物の屋上防水工事をおこないました。

 屋根ではなく平らな陸屋根になっているので、下からでは屋上の状況を確認する事が出来ません。以前にメンテナンスをおこなった事はあるそうですが随分前の事のようですので、劣化状況を調べて適切な工事のご提案をおこなわせていだきました。

溝に雨水が溜まっています バルコニー

 屋上にはウレタン防水工事が施工されておりますが、部分的に傷みが出ていて膨れている所がありました。外周部は少し下がっていて雨水が流れる溝が作られていましたが、不陸が出ていて一部雨水が溜まっている状態でした。バルコニーにも同様にウレタン防水が施工されていますが、こちらは元々タイルが貼ってあった部分の上からウレタン防水を施工しているので、縦横にタイルの目地部分で筋が出来ています。バルコニーはフクレが出ておりませんでしたので、全体的なメンテナンスとしては防水工事で問題ありません。

足場を架けて作業開始

足場

 作業に際し足場をかけていきます。戦場に寄り汚れを落としますので、周囲に飛散しない様に足場の外側にメッシュシートを張って養生してから作業します。

傷んだ部分の補修作業

フクレをカット フクレを除去しました

 ウレタン防水の一部に腐食があります。雨水が入っている訳ではありませんでしたが何か所かフクレが出ています。そのままで上から防水工事を施工しても下からフクレが出てしまう事になりますので、膨れた部分は補修工事をおこなっていきます。

 膨れた部分を除去してウレタン防水層を剥がしていきます。

穴埋め補修 補修跡

 このままでは剥がした部分がへこんでしまいますので、樹脂モルタルを使用して剥がした部分を埋めていきます。前提で10数か所の補修部分がありましたがこれで下地調整工事は完了です。

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

プルーフロン

 新しい防水層もウレタン塗膜防水をおこないます。日本特殊塗料のプルーフロンというウレタン防水材です。

通気緩衝シート 改修用ドレン

 今回はウレタン防水工事の通気緩衝工法で施工します。元々の防水層にウレタンをそのまま塗布する密着工法と、下地の影響を受けない様にする通気緩衝工法があります。通気緩衝工法は文字の通りで、湿気を逃がす通気層があり下地の影響を受けない様にするための緩衝材として通気緩衝シートを敷いてからウレタンを塗布していきます。

 また、防水工事で一番雨漏りの原因になりやすいのが排水口の回りです。そのために排水溝と防水層が一体になる様に改修用ドレンの設置もおこないます。

改修用ドレンと通気緩衝シート

改修用ドレン 脱気筒部分

 改修用ドレンは鉛のプレートと蛇腹状の排水管が一体になった部材です。既存の排水口に排水管を差し込んで、一体になっている鉛シートの上にウレタン防水を塗布する事で、劣化しやすい防水層と排水管の取り合いが無くなり雨漏りしにくくなります。

 通気緩衝シートは湿気が通る様になっていますので、湿気を逃がす設備が必要になります。

脱気筒

 これは脱気筒と言って通気緩衝シートの下を通った湿気を外に逃がす作りになっています。湿気を逃がすことで防水層が膨れたりする事を防いでくれます。脱気筒は一つの屋根に2カ所以上設置し25~100㎡に1カ所が基準となります。

ウレタンを流します

通気緩衝シート敷き ウレタン1層目

 通気緩衝シートの上にウレタンを流していきます。ウレタンは2回塗りで仕上げます。ウレタン防水は塗料型の防水材で複雑な作りのところにも容易に施工する事が可能です。また、弾力性が高い防水層が形成されますので動きが大きな木造住宅などのバルコニーの防水材としても最適です。

ウレタン防水 トップコート

 防水層はそのままの状態ですと紫外線に弱いので、最後に保護材のトップコートを塗布していきます。トップコートが正常に機能しているのであれば防水層の傷みが進みませんので、工事後のメンテナンスはトップコートの塗り重ねが基本になります。トップコートの塗布だけであれば税込み55,000円から承っておりますが、今回様に大きな面積の場合は実際の現地調査をおこなってからお見積もりをお出し致します。

ウレタン防水工事が完了しました

ウレタン防水完成

 屋上のウレタン塗膜防水が完了しました。

 傷んだ部分の補修作業をおこない、下地の影響を受けない様に通気緩衝工法で仕上げましたので、工事後は膨れたりする心配も無くなりました。

防水工事が完成しました

 大きく不陸調整は行っておりませんが今迄の様に水溜りが出来る事が無くなりました。

 下からでは見えない部分だからこそしっかりとした工事をおこなう必要がありますので、工事画像でお客様にご報告し安心していただく事が出来ました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年10月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

立川市錦町で割れてしまったバルコニーの床をウレタン防水工事でメンテナンス

【施工内容】

防水工事

台東区日本堤にてマンション屋上の陸屋根防水工事を実施、ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて施工致しました

【施工内容】

防水工事

調布市仙川町で雨漏りしている玄関庇の防水改修工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事、庇工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る