無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 立川市錦町で割れてしまったバルコニーの床をウレタン防水工事で.....

立川市錦町で割れてしまったバルコニーの床をウレタン防水工事でメンテナンス

【施工前】
破損したバルコニーの床

【施工後】
防水工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 立川市錦町でバルコニーの防水工事をおこないました。
 雨漏りでお困りになっているというお問合せをいただき現地調査をおこなっております。バルコニーの床面にヒビ割れが起きていましたがここからの雨水に浸入は無く、FIXサッシのガラスとビート(パッキン)部分から雨水が浸入し下の階のサッシ部分から雨漏りしている事が散水試験により確認出来ました。
 雨漏りの原因はサッシ回りでしたが、防水の劣化もそのままには出来ませんので、バルコニーの防水工事と併せてサッシ回りのビート交換を行いました。
 元々の防水層はFRP防水が施工されています。非常に硬くて耐久性が高い防水材なのですが、木造住宅の様な動きが大きな構造の建物ですと、固すぎるために力の逃げ道が無くなってしまい、ヒビ割れなどが起きやすくなってしまいます。 
 雨漏りも無く下地に傷みが出ておりませんでしたので、上からウレタン塗膜防水をおこなう工法ほとりました。ウレタン塗膜防水は塗料型の防水材で、柔軟性が高いので動きに追従しヒビ割れなどが起きにくくなります。塗料ですので施工も非常に容易で継ぎ目も出来ませんので木造住宅の防水材としてはお勧めです。
 サッシ回りのビートも交換ししっかりと雨漏りを止める事が出来ましたので、これで安心していただけます。
 立川市錦町でバルコニーの防水工事をおこないました。
 雨漏りでお困りになっているというお問合せをいただき現地調査をおこなっております。バルコニーの床面にヒビ割れが起きていましたがここからの雨水に浸入は無く、FIXサッシのガラスとビート(パッキン)部分から雨水が浸入し下の階のサッシ部分から雨漏りしている事が散水試験により確認出来ました。
 雨漏りの原因はサッシ回りでしたが、防水の劣化もそのままには出来ませんので、バルコニーの防水工事と併せてサッシ回りのビート交換を行いました。
 元々の防水層はFRP防水が施工されています。非常に硬くて耐久性が高い防水材なのですが、木造住宅の様な動きが大きな構造の建物ですと、固すぎるために力の逃げ道が無くなってしまい、ヒビ割れなどが起きやすくなってしまいます。 
 雨漏りも無く下地に傷みが出ておりませんでしたので、上からウレタン塗膜防水をおこなう工法ほとりました。ウレタン塗膜防水は塗料型の防水材で、柔軟性が高いので動きに追従しヒビ割れなどが起きにくくなります。塗料ですので施工も非常に容易で継ぎ目も出来ませんので木造住宅の防水材としてはお勧めです。
 サッシ回りのビートも交換ししっかりと雨漏りを止める事が出来ましたので、これで安心していただけます。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
タジマオルタックエース
施工期間
3日間
築年数
14年
平米数
14㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
保証年数
5年間
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
タジマオルタックエース
施工期間
3日間
築年数
14年
平米数
14㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
保証年数
5年間
3階建て防水工事

雨漏り箇所の確認

サッシの上から

 雨漏りはサッシの上枠部分から雨漏りしています。雨漏りによって枠が水を吸ってしまい膨らんでいました。枠とサッシの隙間部分からあ盛しているという事で、この上のバルコニー部分を確認していきます。

サッシの状態 床の防水

 床はFRP防水が施工されています。一部割れている所がありましたが、床面よりもサッシ部分が気になります。引き違いや開閉式のサッシの場合は、障子(ガラスの部分)と枠が別々になっていますが、嵌め込みサッシ(FIX)の場合は枠と障子が一体になっていますので、ここから入り込んだ雨水は壁の中に入ってしまいます。可能性がある部分は特定できましたので、散水試験をおこなって雨水の浸入箇所を特定してきます。散水試験は税込み33,000円から承っておりますのでお気軽にご相談ください。

散水試験で浸入箇所の確認

床の劣化部分

 散水試験をおこないます。床の防水の割れ目に水をかけましたが全く雨漏りの兆候はありません。

 散水試験では可能性が高い部分に1カ所ずつ水をかける事が出来ますので、雨の時の様に全体が同時濡れてしまう事で特定しにくい、という状況になりません。

サッシ回りに水をかけます 散水試験

 一番可能性が高いと思われるFIXサッシ部分にかけていきます。

 水をかけて直ぐ出る場合と時間がかかる場合がありますが、今回はサッシに水をかけて数分で水が出てきました。

水が出てきました

 サッシを固定しているビス穴周りから水が垂れてきました。直ぐに水をかけるのを止めて様子を見ます。

 サッシ回りが原因であることが分かりましたので、アルミの枠とガラス部分からの雨水の浸入を防ぐ工事をおこないます。床の防水の破損も今のところ雨漏りしておりませんが、今後雨漏りの可能性があり放置は出来ませんので、防水工事も同時におこないます。

防水工事開始

床の状態

 床の防水工事開始です。

 黒い部分がヒビ割れしている所で、調査から工事までのあいだの仮補修です。まずは汚れを落とす作業から始めます。

汚れを落とします プライマー塗布

 汚れをアセトンでふき取ります。油膜を落として表面をきれいにした後はプライマーを塗って防水材の密着性を高めていきます。

プライマー

 プライマーの塗布が完了です。オープンタイムという乾燥時間を空ける事で付着性が高まります。乾燥時間を空けてから次の作業に取り掛かります。

ウレタン塗膜防水

端部のシール工事 ウレタン防水材

 防水工事に入る前に端部のシール工事をおこないます。下地になる元々のFRP防水の影響が出に工する必要がりますので、角部分にしっかりとシールを打っていきます。

 使用する防水材はタジマのオルタックエースです。

ウレタン塗膜防水 塗料型の防水材
 
 ウレタン防水層は2層作ります。ウレタン防水は塗料型の防水材で仕上がりに弾力性がありますので下地の影響を受けにくくなります。

ウレタン1層

 ウレタン防水の1層目がj完了しました。ブルーの防水材で、床面と立上り部分に均一に塗布されている事を確認します。ヒビ割れ部分はシール処理をおこなっており、その上から防水材を塗布していますので影響を受ける事が無くなりました。

ウレタン2層目 ウレタン防水層

 乾燥後2回目の塗布をおこなっていきます。塗装工事と同じで基本的には2回塗りとなります。塗りムラを無くし、しっかりとした防水層を造るためには適切な施工方法を順守して進める必要があります。仕上がると1回塗ったのか2回塗ったのかわかりませんが、工事後の耐久性に関わりますのでしっかりとした施工をおこないます。

保護材塗布 トップコートで仕上げ

 最後にトップコートを縫って完成です。防水層自体は紫外線に弱いため、紫外線保護のために最後にトップコートを塗布します。バルコニーの床などグレーに仕上がっていると思いますが、これはトップコートの色です。

 工事後は、定期的にトップコートを塗布する事で防水層の劣化の進行を遅らせる事が出来ますので、次回の外装メンテナンスの際にはトップコート塗布のみで大丈夫です。

ガラス回りのビート交換

ビート取り付け ビートをはめ込みます

 最後に今回の雨漏りの原因になっていたFIXサッシのガラス回りの工事をおこないます。

 アルミ製の枠の中にガラスが入っているのですが、ビート(ゴム)というパッキンを挟み込んでガラスをはめ込みます。このビートも経年によって劣化して止水性能が落ちてしまいますので、新しいものに交換していきます。

シール打って完成

 ビート交換の後はガラスと枠部分にコーキングを打って完成です。

 コーキングが乾いた後に再度散水試験による確認をおこない、雨漏りが完全に止まった事を確認しました。風当たりの強い立地のため、今後ガラス面に吹き付ける雨が降ることがありますが、今回の工事で今後は安心していただける様になりました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年10月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

 バルコニーやベランダ、陸屋根(屋上)への防水対策として現在最も一般的なのが、ウレタン防水です。  「ベランダにウレタン防水をすすめられたけれどどんな工事なの?」  「ウレタン防水の耐久性は?見積りをもらったけれど費用は妥当?」  「他の防水方法と比べてどうなの?」 とお悩みではありませんか?  …続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

 普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している方はほとんどいないでしょう。また新築を建てる際、デザインや内装にこだわる方は多くても、メンテナンス性を重視して屋根材を吟味される方は少ないと思います。  しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。 …続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

青梅市新町でRC造の2階建て屋上をウレタン通気緩衝工法で防水工事

【施工内容】

防水工事

台東区日本堤にてマンション屋上の陸屋根防水工事を実施、ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて施工致しました

【施工内容】

防水工事

調布市仙川町で雨漏りしている玄関庇の防水改修工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事、庇工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る