無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 国立市西でフクレが出ているバルコニーのウレタン防水工事

国立市西でフクレが出ているバルコニーのウレタン防水工事

【施工前】
バルコニーの防水

【施工後】
ウレタン防水完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 国立市西でバルコニーの防水工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは建物裏にある雨樋が破損してしまったのですが、足場が立てられないという内容でご連絡をいただきました。
 破損した雨樋は、建物とお隣との境界に囲まれていて外から足場を架けるのが困難な立地になっていました。調査に伺った際も室内を通って雨樋のところまで行ったのですが、作業をおこなう際には足場が必須になりますので、調査の際に搬入経路を確認していきます。お隣にアパートがあるのですが、そこの敷地内からであれば足場材の搬出入が可能でしたので、アパートの管理会社へお願いをしてご了解をいただけました。
 バルコニーはウレタン防水が施工されているのですが、何か所かフクレが出てしまっておりましたので、フクレの処理をおこなってから上からウレタン防水を被せていきます。雨漏りしている訳ではありませんでしたのが、膨れた部分が切れてしまうと雨漏りしてしまう事になりますので、今回の工事でしっかりと防水層が作れましたので、今後は安心していただけます。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 国立市西でバルコニーの防水工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは建物裏にある雨樋が破損してしまったのですが、足場が立てられないという内容でご連絡をいただきました。
 破損した雨樋は、建物とお隣との境界に囲まれていて外から足場を架けるのが困難な立地になっていました。調査に伺った際も室内を通って雨樋のところまで行ったのですが、作業をおこなう際には足場が必須になりますので、調査の際に搬入経路を確認していきます。お隣にアパートがあるのですが、そこの敷地内からであれば足場材の搬出入が可能でしたので、アパートの管理会社へお願いをしてご了解をいただけました。
 バルコニーはウレタン防水が施工されているのですが、何か所かフクレが出てしまっておりましたので、フクレの処理をおこなってから上からウレタン防水を被せていきます。雨漏りしている訳ではありませんでしたのが、膨れた部分が切れてしまうと雨漏りしてしまう事になりますので、今回の工事でしっかりと防水層が作れましたので、今後は安心していただけます。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン防水,角形雨樋
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
15年
平米数
5㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
保証年数
3年
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン防水,角形雨樋
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
15年
平米数
5㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
保証年数
3年
足場アイコン防水工事

バルコニーの防水工事

バルコニー

 バルコニーの床の状態です。

 現時点で雨漏りなどは起きておりませんが、ウレタン防水層の何か所かに不具合が出ています。

膨れた防水材 水は入っていません

 矢印部分はフクレが出来ています。雨水が入ってしまったり湿気によってフクレが出る事がありますが、雨水は入っておりませんでした。

フクレ

 ここが切れてしまうと雨水が入り込んで雨漏りに繋がりますので、膨れた部分を除去してから新しい防水材を上から被せる工事をおこないます。

防水工事開始

足場架け

 作業中の昇降用に足場を架けました。バルコニー内の作業自体には足場は必要ありませんが、材料を持って昇降する必要があり、なるべく室内を通らない様に外部から昇降して作業を進めます。

床の状態 カッターで切っていきます

 膨れた部分の処理をおこないます。

 膨れた部分をそのままには出来ませんので、カッターを入れて除去していきます。

浮いた部分を剥がします 剥がしていきます

 剥がしていくと中で硬化不良を起こしており、工事をおこなった際に厚くウレタン防水を塗りすぎていた可能性があります。

 明らかに浮いていたのは3カ所でしたが、全体を細かく見ていくと浮いた部分が結構あります。中には裂けている所もありましたので、雨漏りする前に補修工事を進められて良かったです。

剥がした防水材

剥がれたモルタル

 一番浮きが酷かった部分です。裏側にモルタルが張り付いていて、モルタルの表面ごと剥がれているのが分かります。

膨れた部分を撤去 剥がした部分の補修

 全体的に防水工事の施工があまり良くなかったようですが、上から新たな防水層を被せれば全く問題ありませんので、この後しっかりと防水工事をおこなっていきます。

ウレタン防水工事

オルタックエース

 新たな防水もウレタン防水です。各種メーカーが色々なウレタン防水材を販売しておりますが、今回使用したのは田島ルーフィングのオルタックエースです。主剤と硬化剤を混ぜ合わせて使用するのですが、撹拌不良による硬化不良が起きない様に、混ぜ合わせると色が変わって確認出来るのが特徴です。

端部のシール工事 ウレタン塗膜防水

 壁際のコーキング処理をおこなってから防水材を塗布していきます。しっかりと撹拌させていると鮮やかなブルーになります。床面と立上りに塗布して一体化していきます。

防水層が出来ました トップコート

 ウレタン防水の一番大きな特徴は弾力性がある事で、建物の動きが大きな木造住宅などではFRPなどの固い防水層ですとヒビ割れてしまう事があります。その点、ウレタン防水は伸縮性がありますので動きに追従し、ヒビ割れが出にくくなりますので防水層の不具合が出にくい材料です。

防水工事完成

 バルコニーの防水工事が完成しました。トップコート塗布だけの場合税込54,780円から承っております。

 新たなウレタン防水層でしっかりと保護しましたので、これで雨漏りの心配も無くなり安心です。

破損した雨樋修理工事

壊れた雨樋 破損した雨樋

 バルコニーの防水工事と一緒に雨樋の修理工事をおこないます。

 竪樋がぶら下がっているのですが、ドレン部分が破損していて下の軒樋に雨水を通すための竪樋が外れてしまっています。この状態では雨水がドレン部分からバシャバシャと落ちてきてしまいますので、ちゃんと雨水が雨樋に流れる様にしていきます。

外れた部分

 竪樋が割れてしまっているので、部分的に交換をおこないます。

しっかり接着します 破損した部分の交換

 ドレン自体に破損はありませんでしたので、竪樋と繋ぎ部分の交換工事をおこないます。しっかりと接着剤と付けて外れない様に取り付けしていきます。

雨樋交換完成 軒樋の中に入れます

 ドレンに繋いだ竪樋を下の屋根の軒樋に入る様に納めます。

 これで屋根からの雨水がしっかりと雨樋で受けられる様になりました。破損した部分も新しくなりましたので問題解消です。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 

 記事内に記載されている金額は2022年07月01日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

防水工事で雨漏り防止!陸屋根・屋上のチェックポイント【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やどの部分が雨樋なのかご存じですよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともな…続きを読む
ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

 バルコニーやベランダ、陸屋根(屋上)への防水対策として現在最も一般的なのが、ウレタン防水です。  「ベランダにウレタン防水をすすめられたけれどどんな工事なの?」  「ウレタン防水の耐久性は?見積りをもらったけれど費用は妥当?」  「他の防水方法と比べてどうなの?」 とお悩みではありませんか?  …続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          東大和市狭山で改修用ドレンでバルコニーの排水口改修工事

          【施工内容】

          雨漏り修理、防水工事

          港区南青山で雨漏りの原因部分を防水工事で直します

          【施工内容】

          雨漏り修理、防水工事

          江東区海辺にて工場の屋上の防水工法をウレタン防水密着工法で実施!ダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用致しました!(税込み3,440,000円)

          【施工内容】

          防水工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る