無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 昭島市宮沢町にて、過去に曲がってしまった棟板金の交換工事を行.....

昭島市宮沢町にて、過去に曲がってしまった棟板金の交換工事を行いました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 昭島市宮沢町にお住いのM様よりご依頼いただきまして、屋根の調査を行ったことが工事のきっかけでした。

 お話をお伺いすると以前、風災を受けて棟板金が浮いてきてしまったので火災保険の申請を行ったとのことでしたが、少額しか下りなかったとのことで工事を断念したそうです。それから何年か経って浮きが広がってきたので心配になり、工事に踏み切ったそうです。

 屋根の形は片流れの屋根になっておりまして、棟板金の破風側は特にビスなどで留められておらず、コーキングでくっつけているだけの状態でした。

 破風にかかっている部分で周りに大きな建物もなく、風の影響を受けやすい部分でしたので今回のような浮きが生じたのだと思います。

 M様のご希望もございまして、リフォームローンを使用して工事を行いました。街の屋根やさんではご希望のお客様に工事の際に使用できるイオンプロダクトファイナンスさんのリフォームローンのご提案もさせていただいております。

 金利の高いとされているリフォームローンの中でも比較的低金利になっておりまして、審査や手続きも簡単ですので、気になるという方はお気軽にお問い合わせください。

 今回、新規の棟板金を施工するにあたって破風側にも貫板を取り付けて、しっかりと固定できるようにいたしました。また、貫板にも樹脂製のものを使用しましたので腐食でビスが抜けてしまう心配もございません。

 完了後、M様にもご確認いただき、しっかりとやってくれていたので安心できたとのお言葉をいただきました。
 昭島市宮沢町にお住いのM様よりご依頼いただきまして、屋根の調査を行ったことが工事のきっかけでした。

 お話をお伺いすると以前、風災を受けて棟板金が浮いてきてしまったので火災保険の申請を行ったとのことでしたが、少額しか下りなかったとのことで工事を断念したそうです。それから何年か経って浮きが広がってきたので心配になり、工事に踏み切ったそうです。

 屋根の形は片流れの屋根になっておりまして、棟板金の破風側は特にビスなどで留められておらず、コーキングでくっつけているだけの状態でした。

 破風にかかっている部分で周りに大きな建物もなく、風の影響を受けやすい部分でしたので今回のような浮きが生じたのだと思います。

 M様のご希望もございまして、リフォームローンを使用して工事を行いました。街の屋根やさんではご希望のお客様に工事の際に使用できるイオンプロダクトファイナンスさんのリフォームローンのご提案もさせていただいております。

 金利の高いとされているリフォームローンの中でも比較的低金利になっておりまして、審査や手続きも簡単ですので、気になるという方はお気軽にお問い合わせください。

 今回、新規の棟板金を施工するにあたって破風側にも貫板を取り付けて、しっかりと固定できるようにいたしました。また、貫板にも樹脂製のものを使用しましたので腐食でビスが抜けてしまう心配もございません。

 完了後、M様にもご確認いただき、しっかりとやってくれていたので安心できたとのお言葉をいただきました。


担当:木下


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金:GL板金、貫板:樹脂製貫板
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築12年
平米数
棟板金6.4m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証3年
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金:GL板金、貫板:樹脂製貫板
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築12年
平米数
棟板金6.4m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証3年
棟板金交換

棟板金が浮いてきておりました

 昭島市宮沢町にお住いのM様より棟板金が浮いてきてしまっているので交換を検討しているとのご依頼をいただきまして調査したことがきっかけでした。

 今回のような場合ですと火災保険の申請を行えるので、ご提案をしたところ過去に同じ箇所で申請をしたとのことでした。その際には少額しか保険金が下りずに工事を断念したとのことでした。しかし、段々と浮きが広がってしまい心配になってきたので今回お問い合わせいただきました。

棟板金が浮いております

 現地にお伺いさせていただき調査を行いました。既存の屋根は片流れの屋根で、3階相当の高さがありましたので梯子をかけることはできませんでしたので、バルコニーに脚立を立てて屋根に登らせていただきました。ドローンでの調査も考えたのですが、飛行制限のかかっている近くの地域でしたので直接の調査をさせていただきました。

バルコニーから脚立を立てて登りました 屋根にソーラーパネルが設置されておりました

 屋根にのぼらせていただくと、一面に太陽光パネルが設置されておりました。勾配も7寸に近い勾配でしたので、気を付けながら調査を行っていきます。

 既存の棟板金は屋根の部分のみに貫板が取り付けられておりました。破風の部分にかかったところはコーキングで抑えているだけでしたので浮きが生じてもおかしくはないといった状態でした。

 M様ともお打ち合わせさせていただき、弊社の提携しているリフォームローンを使用しての工事を行うこととなりました。工事をしたいけどまとまったお金が準備できないとお困りのお客様にはリフォームローンのご紹介もしております。金利が高いイメージのあるリフォームローンですが、比較的低い利率の金利になっておりますし、複雑な手続きもありませんので気になるという方がいらっしゃいましたらお気軽にお申し付けください。

既存の棟板金を撤去していきます

 まずは既存の棟板金を撤去していきます。貫板には木材が使用されておりましたが、それほど腐食している状態ではありませんでした。ですので今回浮きが生じたのは破風側の固定の問題という事が明らかになりました。

既存の棟板金を剥がしていきます 抜き板が見えてきました

 貫板もコーキングが打っておりましたので切り取って貫板を撤去していきます。

 貫板にビスが埋まっておりましたので少しずつ取り外しを行いました。

棟板金の設置を行っていきます

 新しい貫板には樹脂製のものを使用しました。樹脂製なので腐食をしないためビスの抜けなどが起こりにくくなりますし、強度もありますので折れてしまったり曲がってしまったりする心配もなくなります。

 屋根側と破風側に貫板を設置していきます。今回施工するにあたって現状と同様の施工を行ってしまうと同じように棟板金の浮きを生じてしまう恐れがありましたので、破風側にも貫板を設置してそこに新規の棟板金を固定するようにいたしました。

貫板を固定していきます

 貫板の設置が終了しました。この後は板金をかぶせていきます。

破風側も貫板を取り付けていきました

 棟板金を設置する際、ケラバの部分にかかる部分は少し加工が必要になります。そのままかぶせてしまうと隙間から雨水が侵入し、野地板などの腐食につながってしまいます。板金の加工はその場で行いますので職人さんの腕が光ります。

 加工前の板金を合わせて墨出しを行っていきます。墨出しとはどの部分で折り曲げるかや切断するか、どういった角度で取り付けるかなどを書いていく作業です。雨樋の設置の際にも軒樋の傾斜をつけるために墨出しを行ったりします。

板金の加工をしていきます

 端の部分の納まりです。既存のケラバ板金に掴んで固定し更にビスで固定しました。

 また、棟に取り付ける板金もそれぞれ嚙合わせるように加工を行いました。

 棟板金の設置が終了したら、交換をしなかった部分との取り合い部分や、ビスの頭にシール材を打っていきます。隙間やビス頭をそのままにしてしまいますとそこから雨水が侵入し最悪の場合雨漏りにつながってしまいますのでしっかりとシール材で埋めてあげましょう。

 シール材を打ったら成形して終了です。

棟板金の取り合い部分もしっかりとコーキング処理を行います

棟板金工事終了

 これで棟板金の交換工事が終了です。太陽光パネルがあった分設置に時間がかかってしまいましたが、問題なく終了いたしました。

 破風の部分も貫板を設置して固定してありますので以前のように浮いてしまう心配もなくなったかと思います。

横面も貫板を打ったのでしっかりと固定されています

 M様にもお写真でご確認いただきまして、これで安心できるとほっとされておりました。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。また、手指のアルコール消毒やソーシャルディスタンスの遵守等も行い、お客様とスタッフの安全を考慮して調査および工事を行わせていただいておりますので何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介

あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介

普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いです…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタフモックを使用

【施工内容】

棟板金交換

板橋区東新町にて釘が浮いている棟板金のメンテナンス、樹脂製の貫板を使用した棟板金交換工事を実施

【施工内容】

棟板金交換

江東区森下で令和元年東日本台風のご被害による棟板金の交換工事、火災保険を活用して修繕致しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る