無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 港区三田で雨漏りしている瓦葺き屋根をコロニアルで葺き替え工事.....

港区三田で雨漏りしている瓦葺き屋根をコロニアルで葺き替え工事

【施工前】
雨漏りしている瓦葺き屋根

【施工後】
葺き替え工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 港区三田で屋根の葺き替え工事をおこないました。
 工事を行ったのは玄関上の下屋部分で、2階の屋根は以前に葺き替え工事を行ったそうです。今回お問合せいただいたのは、玄関の天井部分に雨漏りしているという事で調査にお伺いいたしました。
 瓦葺き屋根は一見問題なさそうですが、これは陶器瓦自体が何十年も持つ材料であるからで、実際には適切なメンテナンスを定期的に行う必要があります。
 瓦屋根のメンテナンスでお聞きになったことがあるかと思いますが、漆喰(しっくい)工事です。棟瓦を積む際に土を土台にするのですが、土が雨で削られないようにするために漆喰を詰めて土を保護します。しかし、経年によって漆喰がひび割れたり剥がれたりしてしまうので、定期的に漆喰の詰め直し工事が必要になります。その際には、古い漆喰の上に新しい漆喰を詰めるのではなく、必ず古い漆喰をはがしてから工事をおこないます。
 見た目には不具合がないように見えても実際には土から浮いていることもありますし、漆喰が棟瓦の外側に寄りすぎてしまうと内側に雨水を呼び込む様になってしまうために、適切な漆喰工事が必要になります。
 もう一つは下地の工事です。瓦自体は長持ちしますが下地の防水紙(ルーフィング)や瓦をひっかける瓦桟は劣化が進んでしまいます。今回の雨漏りの原因も下地の劣化によるもので、一部瓦がずれているところもありました。
 この様な状態の場合のメンテナンス方法は2種類あります。瓦を再利用して下地を直す葺き直し工事か、全く別の屋根材に変える葺き替え工事です。今回は2階の屋根と同じように思い瓦屋根から化粧スレートへの葺き替え工事を行うことになりました。
 葺き替え工事の際には下地の合板や防水紙も新しくなりますので、雨漏りの可能性が無くなります。唯一メンテナンスが残っていた部分の工事が終わり雨漏りも止める事が出来ましたので、お客様に大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 港区三田で屋根の葺き替え工事をおこないました。
 工事を行ったのは玄関上の下屋部分で、2階の屋根は以前に葺き替え工事を行ったそうです。今回お問合せいただいたのは、玄関の天井部分に雨漏りしているという事で調査にお伺いいたしました。
 瓦葺き屋根は一見問題なさそうですが、これは陶器瓦自体が何十年も持つ材料であるからで、実際には適切なメンテナンスを定期的に行う必要があります。
 瓦屋根のメンテナンスでお聞きになったことがあるかと思いますが、漆喰(しっくい)工事です。棟瓦を積む際に土を土台にするのですが、土が雨で削られないようにするために漆喰を詰めて土を保護します。しかし、経年によって漆喰がひび割れたり剥がれたりしてしまうので、定期的に漆喰の詰め直し工事が必要になります。その際には、古い漆喰の上に新しい漆喰を詰めるのではなく、必ず古い漆喰をはがしてから工事をおこないます。
 見た目には不具合がないように見えても実際には土から浮いていることもありますし、漆喰が棟瓦の外側に寄りすぎてしまうと内側に雨水を呼び込む様になってしまうために、適切な漆喰工事が必要になります。
 もう一つは下地の工事です。瓦自体は長持ちしますが下地の防水紙(ルーフィング)や瓦をひっかける瓦桟は劣化が進んでしまいます。今回の雨漏りの原因も下地の劣化によるもので、一部瓦がずれているところもありました。
 この様な状態の場合のメンテナンス方法は2種類あります。瓦を再利用して下地を直す葺き直し工事か、全く別の屋根材に変える葺き替え工事です。今回は2階の屋根と同じように思い瓦屋根から化粧スレートへの葺き替え工事を行うことになりました。
 葺き替え工事の際には下地の合板や防水紙も新しくなりますので、雨漏りの可能性が無くなります。唯一メンテナンスが残っていた部分の工事が終わり雨漏りも止める事が出来ましたので、お客様に大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
35年
平米数
14㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
保証年数
8年間
【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
35年
平米数
14㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
保証年数
8年間
足場アイコン平屋アイコン屋根葺き替え雨漏り修

雨漏りの原因調査

天井の雨漏り箇所

 雨漏りでお困りになっているという事で状況を確認したところ、木目の天井に雨染みが出来ていました。雨漏りしているのは玄関を入ったところの天井で、この上は屋根になっています。建物は2階建てで、2階部分は以前に瓦から化粧スレートへ葺き替え工事をおこなったそうで、そちらは雨漏りの症状は出ていません。

 玄関上は瓦葺き屋根になっていて一部瓦がずれているところがありましたが、全体的にはひどい状態には見えません。しかし、陶器瓦が葺かれている瓦屋根は瓦自体は非常に長持ちする耐久性の高い屋根材ですが、経年によって劣化する部分は他にもあります。
 
 瓦屋根で劣化するのは漆喰(しっくい)と下葺き(防水紙・ルーフィング)です。

瓦葺き屋根 瓦がずれています

 漆喰には剥がれは見られませんが、屋根の側面ケラバ側の瓦がずれています。こちらの陶器瓦は瓦桟に引っ掛けて葺いているのですが、強風などによって外れてしまうこともあります。下地の劣化が原因のこともありますので、瓦をはがして下地の状態を確認します。

劣化した下地

瓦の下

 瓦を剥がすと下葺きが見えます。とんとんという薄く裂いた木を編み合わせた物が下葺きに使用されています。古い瓦屋根などには下葺きとして使用されていることがありますが、敬遠によって劣化してしまうので割れたり避けたりして穴が開いてしまいます。

 とんとんの下は野地板になっていますので、とんとんが劣化するとすぐに雨漏りにつながってしまうことになります。

瓦桟に土などが溜まっています 穴が開いています

 瓦をひっかけて葺いていく瓦桟は、屋根の流れ方向に対して垂直に固定しますので、雨水の流れを阻害したりゴミやほこりが堆積してしまう事があります。今回雨漏りしている建物も川乱には土埃やゴミが溜まっていて雨水が溜まった形跡もありました。

 とんとん自体の劣化もあって割れて穴が開いているところが結構ありましたので、雨漏りを止めるためには下葺きを直す必要があります。この様な場合のメンテナンス方法は2種類あり、瓦を再利用して下地を直す葺きなおし工事か、瓦を撤去して他の屋根材に変える葺き替え工事です。今回は、建物の築年数を考えてなるべく屋根を軽くしたいというご希望と、2階の屋根を以前化粧スレートに葺き替えをおこなっているので、同じように葺き替え工事を行うことになりました。

屋根葺き替え工事開始

とんとん葺き 瓦の下はボロボロになっていました

 葺き替え工事開始です。

 まず屋根材を撤去していきます。瓦の下はとんとん葺きとバラ板の野地板のため、垂木の上に乗らないと踏み抜いてしまうので注意が必要です。

 とんとん葺きが固くなっているので、ボロボロと剥がれていきますので注意が必要です。

剥がした屋根材を処分

 剥がした屋根材は産廃として処理します。瓦は重い屋根材の為、それほど大きな面積ではありませんが、結構な重量になります。古くて廃番になっている瓦などは、剥がした際に補修用として少しストックしておく場合もあります。

新しい下地を葺いていきます

野地板を張り被せます 防水紙(ルーフィング)

 バラ板とでは新たな屋根の下地として使用できませんので、葺き替える面全体に合板(野地板)を張っていきます。合板は屋根の流れ面と平行に入っている垂木にしっかりと固定します。野地板を葺いた後は防水紙を葺きます。瓦屋根に限らず屋根は屋根材の下に雨水が回ってしまいますので、非常に重要になります。

壁際の処理もしっかりおこないます

雨仕舞をしっかりと 壁際の雨押え

 葺き替えをおこなっているのは1階の屋根で、外壁にぶつかっているところがあります。屋根との取り合い部分には板金が入っていて、雨水が壁の中に入り込まない様にしてあるのですが、板金が外壁の中で立ち上がっている作りになっているので、もともとの板金は活かして新たに上から壁際の板金を取り付けていきます。

 仮に雨水が入っても屋根材の下の防水紙で雨水を受けられるように納めていきます。

棟板金を取り付けて葺き替え工事が完成

棟板金を取り付けます 棟板金取り付け

 スレートを葺き終わった後は棟板金を取り付けます。屋根面と屋根面が合わさった部分から雨水が中に入り込むのを防ぐため、棟板金を取り付けて雨水の侵入を防ぎます。

工事完了

 屋根葺き替え工事が完成しました。

 重い瓦屋根は下地の劣化によって雨漏りしていましたが、葺き替え工事を行うことで下地から新しくなり、瓦よりも軽いスレートへの葺き替え工事で雨漏りも止まり、これで安心できるとお客様に大変喜んでいただけました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      町田市鶴川で雨漏りでボロボロな庇を下地から作り直しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、庇工事

      調布市仙川町で雨漏りしているバルコニーをウレタン塗膜防水で止めました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      港区と近隣地区の施工事例のご紹介

      品川区旗の台にて強風で破損した塩化ビニル製の波板を火災保険を使ってポリカーボネート製の波板に交換いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      江東区大島で強風被害によるポリカ波板の交換工事、火災保険を活用して施工致しました

      【施工内容】

      屋根補修工事

      江東区森下で令和元年東日本台風のご被害による棟板金の交換工事、火災保険を活用して修繕致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る