無題ドキュメント

HOME > ブログ > 降雹被害 ベランダやカーポートの被災も火災保険適用対象です

降雹被害 ベランダやカーポートの被災も火災保険適用対象です

更新日:2022年6月7日

 この度の雹災により被害を受けられました皆さまに、心からお見舞い申し上げます。関東甲信地方では6月6日より梅雨入りとなりました。まだまだ大気が不安定なこともあり、ゲリラ豪雨や雹(ひょう)が発生する可能性があると予想されています。今回は、雹災など火災保険に関する内容を簡単にご紹介します。

6月3日の降雹

雹

 6月3日に発生した降雹により、ベランダカーポートの波板や樹脂パネル等が破損してしまったというご連絡を多くいただいております。お問合せいただくお客様の中には、ご加入されている火災保険が使用できることをご損じない方もいらっしゃいます。

 私たち街の屋根やさんでは、火災保険を使用した災害復旧工事も数多く対応させていただいております。屋根にもヒビや欠けなどの被害が発生している可能性もありますので、併せて点検させていただくことも可能です。まずは、お気軽にお問合せ下さい。点検・お見積りまで無料で承っておりますのでご安心ください。

火災保険

基本補償
火災保険

 火災保険は、火災や自然災害(地震は別)などによって建物に損害を受けた場合、原状回復にかかる費用に対し保険金が支払われます。高額になりがちな足場仮設代も補償対象となりますので安心です。

 保険期間内であれば利用回数制限はなく、損害を受ければ何度も申請が可能ですまた、自動車保険とは異なり「等級により割引率が変わったり、保険金を受け取ると次年度の保険料が高くなる」ということは無く、保険金が支払われた場合でも次年度以降の保険料は変わりませんので安心です。

 火災保険の「雹災害」は「風災・雹災・雪災」で基本補償に含まれているのが一般的です。最近は、細かく補償を設定できるタイプも出てきているようですので、まずはご契約内容を保険会社へ問合せされることをおすすめします。

 火災保険は、損害を受けた建物や家財を、原状回復するための費用が補償されるため、見栄えを良くしたり、既存の部品や製品よりも高品質の製品を用いたりして行うリフォーム工事は対象外です。また「経年劣化」によるものと判断された場合も対象外です。

火災保険を使用した工事の流れ

波板破損
足場

点検・見積もりのご依頼・・お問合せの際、火災保険のご使用を希望されていることをお伝えください
現地調査・・保険使用を踏まえた点検、写真撮影(通常の点検時も写真撮影を行っています)を行います
見積提示・・保険会社提出用のお見積り、写真をお客様へご提出します
火災保険会社へ申請書類を提出・・お客様にて保険会社へ書類をご提出いただきます
火災保険会社による審査・・見積内容について見積り作成業者(担当)へ問合せがある場合もございます
保険会社より結果報告・・保険の審査結果が(お客様へ)届きます
(経年劣化と判断された場合は、保険金が出ません)
保険金の入金・・保険会社からお客様の口座へお振込みとなります
工事の依頼・・お客様より施工業者へ工事依頼

  私たち街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルス感染予防対策として、手指消毒の徹底やマスク着用で訪問させていただいております。 

 

 記事内に記載されている金額は2022年06月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

1回分の足場代費用が節約できる?足場のお得な有効活用方法

1回分の足場代費用が節約できる?足場のお得な有効活用方法

【動画で確認「足場の活用」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください! ↓ ↓ ↓ 【動画で確認「足場の活用」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動…続きを読む
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介

カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介

 このところ台風による甚大な被害が非常に目立ちましたね。記憶に新しい所では2019年9月の台風15号(令和元年房総半島台風)、同年10月の台風19号(令和元年東日本台風)、2018年8月の台風21号(平成30年台風第21号)が挙げられますが、いずれも被害総額が500億円を超え、令和元年東日本台風に至…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市緑が丘で劣化により剥がれた幕板の張り替え工事

【施工内容】

練馬区上石神井にて訪問業者に棟板金の浮きの指摘を受けたお住まいの棟板金補強工事

【施工内容】

練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る