無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区|天井に雨染み、防水紙の劣化が原因

葛飾区|天井に雨染み、防水紙の劣化が原因

更新日:2017年10月29日

天井に雨染みが広がり歪みが出ております

本日は葛飾区のお家に雨漏りの調査にお伺いしてまいりました。築40年で過去に屋根のメンテナンスといえば漆喰を詰め直ししたことがあるだけというお家です。天井に雨染みが出来てひどいときにはポタポタ落ちてくるそうです。押入に天袋がありますので屋根裏の様子を拝見してみました。

葛飾区雨漏り調査 葛飾区雨漏り調査

野地の隙間から光が見えます。築年数の経っている瓦屋根ではこういったことが見受けられます。瓦の下に防水紙を引いてあるのですが、劣化によって切れてしまったことで隙間ができてしまうのです。雨が瓦の下を流れるときに屋根裏に侵入してしまうのは当然ですね。

屋根の上からも防水紙をチェック

葛飾区雨漏り調査

屋根に登って状態を見てみます。瓦自体はキレイです。ところどころ欠けていたり、ひびが入っていたりしますが踏んだらすぐに割れてしまうような状態ではありませんでした。漆喰も詰め直しているだけあって崩れていませんでした。

葛飾区雨漏り調査 葛飾区雨漏り調査

問題の防水紙を見てみましょう。雨漏りしている真上の瓦を外してみました。防水紙が切れていますね。これが雨漏りの原因です。今回の調査からお客様には屋根葺き替え工事をご案内いたしました。屋根を金属性のものに変えることで軽量化ができ、建物自体の耐震性が向上できます。お客様も瓦は重たいと前々から懸念されておったそうです。耐震性の向上と雨漏りの解決ができてお客様も喜んでくださいました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

  早速ですが、皆さんのお住まいはなぜ雨漏りをしないのでしょうか?そして何がきっかけで雨漏りを起こさなかった住宅で雨漏りを起こすようになるのでしょうか? メンテナンス?屋根は屋根材の種類にかかわらず築10年程度で点検・メンテナンスが推奨されています。そして2回目以降は以前実施したメンテナンス内容に…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区中野で雨漏りしている店舗の瓦棒葺き屋根は葺き替え工事で直します

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

世田谷区喜多見で雨漏りの原因になっているトップライトの交換と一緒に葺き替え工事

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理、天窓工事

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタフモックを使用

【施工内容】

棟板金交換

足立区青井で棟の取り直し工事、漆喰材はシルガードを使用して施工致しました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

葛飾区南水元で令和元年東日本台風による棟板金飛散のご被害、屋根カバー工事を施工し棟板金下地には樹脂製貫板を使用

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る