無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 武蔵野市中町で雨漏りで腐食した玄関の庇をアルミ製の庇に交換工.....

武蔵野市中町で雨漏りで腐食した玄関の庇をアルミ製の庇に交換工事

【施工前】
工事前の状態

【施工後】
庇交換工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 武蔵野市中町で玄関庇の交換工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは、庇の瓦が落下して庇自体が落ちそうになっているので撤去して欲しいというお問合せをいただきました。
 現地の状況を確認すると、元々庇がなかったアールの外壁に、後から庇を作って取り付けたというお話でした。屋根の側面部分のケラバの瓦が脱落していて、庇自体が下がっている状況が確認出来、このままの状態ですと庇自体が落下してしまう危険がありますので、お客様のご要望通り撤去する事になりました。
 撤去する事は必須の工事ですが、玄関の上にやはり庇が必要という事で、新たにアルミ製の庇の取り付け工事も一緒におこないます。
 べニアと木で下地を組んでありましたが、雨水が入り込んで下地が腐食している状態で、外壁の中の木下地も一部腐食が見られました。新たな庇を取り付けるためには下地の補強工事が必要になります。
 木下地の補強を行い、アールの部分に真っすぐな庇を取り付けますので、下地の一部を平らになる様に加工してアルミ製の庇を取り付けていきます。
 外壁の仕上げがジョリパッドになっているので、庇を取り付け後モルタルで下地を作りジョリパッドで色合わせして部分的な補修工事をおこないました。
 脱落しかかっていた瓦葺きの庇が、軽くて耐久性の高いアルミ製の庇になりましたので、今後は雨も防げ脱落の心配も無くなりお客様に安心していただく事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 武蔵野市中町で玄関庇の交換工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは、庇の瓦が落下して庇自体が落ちそうになっているので撤去して欲しいというお問合せをいただきました。
 現地の状況を確認すると、元々庇がなかったアールの外壁に、後から庇を作って取り付けたというお話でした。屋根の側面部分のケラバの瓦が脱落していて、庇自体が下がっている状況が確認出来、このままの状態ですと庇自体が落下してしまう危険がありますので、お客様のご要望通り撤去する事になりました。
 撤去する事は必須の工事ですが、玄関の上にやはり庇が必要という事で、新たにアルミ製の庇の取り付け工事も一緒におこないます。
 べニアと木で下地を組んでありましたが、雨水が入り込んで下地が腐食している状態で、外壁の中の木下地も一部腐食が見られました。新たな庇を取り付けるためには下地の補強工事が必要になります。
 木下地の補強を行い、アールの部分に真っすぐな庇を取り付けますので、下地の一部を平らになる様に加工してアルミ製の庇を取り付けていきます。
 外壁の仕上げがジョリパッドになっているので、庇を取り付け後モルタルで下地を作りジョリパッドで色合わせして部分的な補修工事をおこないました。
 脱落しかかっていた瓦葺きの庇が、軽くて耐久性の高いアルミ製の庇になりましたので、今後は雨も防げ脱落の心配も無くなりお客様に安心していただく事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 庇工事
【工事詳細】
使用材料
アルフィン庇 ND2-N
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
12年
平米数
1カ所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理 庇工事
【工事詳細】
使用材料
アルフィン庇 ND2-N
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
12年
平米数
1カ所
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
足場アイコン雨漏り修庇工事

破損した玄関の庇

玄関の庇

 お問合せをいただいた玄関の庇の状態を確認しました。

 屋根の瓦が落ちて庇も落ちそうになっているので撤去して欲しいというお問合せをいただきました。側面のケラバ瓦が落ちていて、下地に傷みが出ているのが確認できます。庇自体も手前に下がっている状態になっています。

 この庇は元々無かったそうですが、後から玄関の上に庇が欲しいという事で建築会社に建物と同じ作りで庇を作ってもらった様です。

庇解体作業開始

庇の野地板 中に水が回っています

 足場を架けて作業を開始します。

 元々の外壁に後から取り付けてあるという事ですが、どの様に庇の下地が組まれているのか外からでは分かりませんでした。瓦を撤去して野地板を剥がすと下地が確認できたのですが、べニアなどを組み合わせて作ってあった下地に雨水が回っていて、べニアや木が腐食している状態でした。これでは重い瓦が乗っている事も有り外側に下がってしまうのも当然です。瓦が落ちた事で庇の不具合に気付かれたとの事でしたが、早めに気づけて良かったと言えます。

壁下地の補強作業

モルタル

 元々仕上げてあった外壁に庇を取り付けしておりますので、撤去すると外壁のジョリパッドが見えました。色が変わっているのはべニアの灰汁が染みついてしまったからです。

モルタルを剥がします 下地の状態

 壁の下地が気になるのでモルタルにカッターを入れて剥がしていくと、まず外壁の構造用合板が腐食しているのが確認出来ます。

表面が傷んでいます 腐食した下地

 木下地も腐食しておりましたが、傷んでいたのは外側のみで室内側までは腐食は広がっておりませんでした。全部だめになると下地の交換が必要になり、室内側の壁なども剥がして直さなければなりません。

下地補強

 傷んだ部分を撤去して新たな木下地で補強していきます。庇を後付けて作った事により雨水が回っていましたが、外壁がちゃんと仕上がっていれば雨漏りの心配はありません。

壁の下地を作ります

庇の取り付け下地 下地を作ります

 古い庇を撤去して新しい庇を取り付けるのですが、新しいものはアルミ製の庇を取り付けます。外壁がアールになっておりますので、取り付け部分の下地が真っすぐになる様に加工していきます。

 透湿防水シートとべニアで壁の下地が完成です。

透湿防水シート

 取り合い部分にシールを打って雨水の浸入を防ぎます。壁の下地が出来ましたので、次は庇の取り付けに取り掛かります。

アルミ製庇の取り付け

取り付け金具の取り付け 庇を組み立てていきます

 真っすぐにした壁下地にアルミ製の庇を取り付けていきます。まず最初に取り付け用のブラケットを固定していき、そこに庇本体を差し込んで固定します。

庇のつり込み

 軒先部分の水切りを取り付けて本体部分の取り付けは完了です。今までの瓦が乗った庇の方が建物と同じ作りでしたのでマッチする外観にはなりますが、後から作った事で雨仕舞が上手く出来ておらず今回の被害になってしまいました。アルミ製の庇は非常に軽く作られておりますので、落下の心配もありません。

庇と壁の取り合い 水切りの取り付け

 壁際に専用のカバーを取り付けしましたので、この後は外壁の補修作業に進んでいきます。

外壁補修作業

ラス下 ラス網を張ります

 他の部分の外壁がジョリパッド仕上げになっていますので、復旧する外壁も同じようにジョリパッド仕上げにしていきます。

 モルタルで壁の下地を作りその上にジョリパッドで仕上げますので、まず下地部分に金網を取り付けていきます。この金網にモルタルが食いついて外壁の下地を形成していきます。

壁のモルタル モルタル下地

 モルタルで壁の下地を作るのですが、アールの外壁に真っすぐな庇を取り付けていますので、壁際のカバー部分が上手く納まる様に金ゴテでモルタル下地を仕上げていきます。

外壁はジョリパッド仕上げ

乾燥後壁の仕上げ プライマー

 モルタルが乾燥した後は外壁を仕上げていきます。ジョリパッド仕上げになるのですが、元々の部分は大分色もくすんでしまい元々の色とはだいぶ違っておりますので、その点も考慮して一番近い色合いで仕上げていきます。プライマーを塗布して密着性を高めます。

ジョリパッド仕上げ 壁の仕上がり

 ジョリパッドを2回塗って仕上の完成です。1回では色の違いがはっきりわかりますが、2回塗布する事でそこまで回りと違和感なく仕上げる事が出来ました。

庇取り付け完成

 壁際だけの固定でも大丈夫なのですが、壁際の納め方が通常とは違うやり方をおこなっておりますので、上吊りポールもオプションで付けております。今回使用した玄関庇は、アルフィン㈱のAD2という製品です。庇専門のメーカーで色々な種類の庇を作っています。今回はシンプルな形状を選びました。庇交換工事は税込み132,000円から承っております。足場の有無やどの様な庇を取り付けるかで変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

庇交換工事が完成

工事完成

 玄関庇の交換工事が完成しました。

 今迄の庇と比べるとボリューム感は小さくなってしまった印象ですが、スッキリとコンパクトに納まっておりますので、建物の外観には違和感なくマッチしてくれました。

 お客様にもこれで安心できると大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年12月02日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

目黒区緑が丘で雨漏りしているルーフバルコニーの防水工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

世田谷区八幡山で雨漏りの原因になっている排水管の交換工事

【施工内容】

雨漏り修理

府中市清水が丘で雨漏りしているマンションの排水口の防水工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る