無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区北沢で散水試験で雨漏り箇所特定し、漏水個所と一緒に修.....

世田谷区北沢で散水試験で雨漏り箇所特定し、漏水個所と一緒に修復工事

【施工前】
工事前

【施工後】
天井復旧工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 世田谷区北沢で雨漏り修理工事をおこないました。
 室内の天井3か所から雨漏りしており、原因調査と併せて修理工事をおこないました。雨漏りの原因箇所は建物の外部にあるのですが、3階建ての建物で梯子での作業が出来ませんので、足場を架けてから散水試験をおこないました。
 キッチンからの雨漏りは直ぐ上にあるバルコニーに出入りするサッシ回りである事が特定できましたので、劣化したシール部分のコーキングの打ち換え工事で雨水の浸入を防ぎます。
 リビングの天井部分は、外壁面から3m近く離れていることと、上の階に洗面所と浴室の水回りがあることから老衰の可能性も考えました。雨染みが酷い部分の天井を剥がすと直ぐ上の給湯配管からジワジワと水漏れしていることが分かりましたので、ここは劣化した給湯配管を部分的に交換する事になりました。
 最後にトイレの天井部分からの雨漏りですが、天井部分と壁と床の隙間からも雨漏りしているそうで、天井裏を確認しながら外部から散水試験をおこないました。鉄筋コンクリート造(RC造)の建物で、木造とは違う雨漏りの仕方をすることがありますので、念入りに散水試験で調査をおこないました。
 外壁面には不具合はなく、上の階のサッシなど可能性があるところを1か所ずつ確認していきます。散水試験の結果、換気扇のフードからの雨水の浸入であることが確認出来ました。通常の雨は上から下に降りますので、換気フードから雨が浸入する事はありませんが、建物が密集しており強風の場合は風が吹き上げる様に降りますので雨水が入り込んでしまった様です。
 また、換気フードですので換気ダクトが繋がっているはずですが、実際にはダクトが繋がっておらず入り込んだ雨水がそのまま天井裏や壁の裏側に回っていました。繋がっている方も破損して穴が開いているのでここから雨水がボタボタと落ちてきていましたので、雨水の浸入を防ぎ破損したダクトの修復作業もおこなって雨漏りを止める事が出来ました。
 雨漏りしていたために天井が濡れて汚損していましたので、天井の張替え工事も併せておこないました。
 雨漏り修理工事は原因個所の特定が重要になりますので、しっかりとした調査とそれに併せた修復工事をおこなう事で雨漏りをしっかりと止める事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 世田谷区北沢で雨漏り修理工事をおこないました。
 室内の天井3か所から雨漏りしており、原因調査と併せて修理工事をおこないました。雨漏りの原因箇所は建物の外部にあるのですが、3階建ての建物で梯子での作業が出来ませんので、足場を架けてから散水試験をおこないました。
 キッチンからの雨漏りは直ぐ上にあるバルコニーに出入りするサッシ回りである事が特定できましたので、劣化したシール部分のコーキングの打ち換え工事で雨水の浸入を防ぎます。
 リビングの天井部分は、外壁面から3m近く離れていることと、上の階に洗面所と浴室の水回りがあることから老衰の可能性も考えました。雨染みが酷い部分の天井を剥がすと直ぐ上の給湯配管からジワジワと水漏れしていることが分かりましたので、ここは劣化した給湯配管を部分的に交換する事になりました。
 最後にトイレの天井部分からの雨漏りですが、天井部分と壁と床の隙間からも雨漏りしているそうで、天井裏を確認しながら外部から散水試験をおこないました。鉄筋コンクリート造(RC造)の建物で、木造とは違う雨漏りの仕方をすることがありますので、念入りに散水試験で調査をおこないました。
 外壁面には不具合はなく、上の階のサッシなど可能性があるところを1か所ずつ確認していきます。散水試験の結果、換気扇のフードからの雨水の浸入であることが確認出来ました。通常の雨は上から下に降りますので、換気フードから雨が浸入する事はありませんが、建物が密集しており強風の場合は風が吹き上げる様に降りますので雨水が入り込んでしまった様です。
 また、換気フードですので換気ダクトが繋がっているはずですが、実際にはダクトが繋がっておらず入り込んだ雨水がそのまま天井裏や壁の裏側に回っていました。繋がっている方も破損して穴が開いているのでここから雨水がボタボタと落ちてきていましたので、雨水の浸入を防ぎ破損したダクトの修復作業もおこなって雨漏りを止める事が出来ました。
 雨漏りしていたために天井が濡れて汚損していましたので、天井の張替え工事も併せておこないました。
 雨漏り修理工事は原因個所の特定が重要になりますので、しっかりとした調査とそれに併せた修復工事をおこなう事で雨漏りをしっかりと止める事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
変性シリコンコーキング,防水テープ,ビニールクロス
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
25年
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
変性シリコンコーキング,防水テープ,ビニールクロス
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
25年
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
足場アイコン3階建て雨漏り修

雨漏りの原因調査開始

天井の雨染み 1点に集中して雨漏りしています

 室内の雨漏り箇所は、リビング・キッチン・トイレの3か所です。それぞれ場所が離れていますので、原因も別にあります。そのためにはそれぞれで原因調査が必要になりますので、1カ所ずつ確認していきます。

 まずはリビングです。雨漏りの多くは外壁面に近いところで起こる事が多いのですが、リビングの天井に出来た雨染みは外壁面から2m以上離れたところに出ています。しかも一点に集中して染みが出来ていましたので雨漏りでは無い可能性が高そうです。

給湯配管の破損

 雨染みが出来ている天井の一部を剥がすと、天井裏に配管が見えました。真上の部屋には洗面所とユニットバスがあり、そこに向かっている給湯配管でした。

 洗面所でお湯を出していただくと、ジワジワと水(お湯)が染み出してきました。リビングの天井にできた雨染みは、雨漏りでは無く給湯配管の破損であることが分かりましたので、こちらは破損した給湯配管の交換工事のご提案となります。

キッチンの散水試験

コーキングの劣化 サッシの真下

 キッチンの天井では、天井に埋め込まれたダウンライトから雨漏りしてしまうそうです。通常の雨の時には雨漏りしないそうですが、雨量の多い時に雨漏りするそうです。

 真上はバルコニーになっていて部屋からの出入り用のドアが設置されていましたので、こちらに雨を再現するために散水試験をおこなって原因個所を特定していきます。

サッシのシール部分 水が出てきました

 コーキングが劣化していて隙間が空いている部分があちこちにありましたので、この部分に水をかけていきます。水をかけ始めて10数秒程で水が流れてきました。赤い丸で囲った部分の上から水が流れてきており、この真上はドアになりますので、ここも原因個所の特定が出来ました。

 ここで気を付けなければならないは、雨水の浸入箇所は1か所とは限らないという事です。室内側の雨漏りは1か所だけであったとしても、外部の浸入箇所は何か所もある事がありますので、散水試験では可能性があるところには全て水をかけて調べる事が重要になります。

トイレの散水試験

トレイの天井 3階のサッシ

 トレイの調査をおこないます。

 天井は雨漏りによってクロスが歪んでいて、壁と床の隙間から水溜りになるくらいの雨漏りがあるそうです。

 外壁面も散水試験をおこなっていくのですが、上の階にはトイレが有り取り付けられたサッシがありましたので、ここから散水試験をおこなっていきます。

 サッシ回りや換気ダクトのフードやエアコンの配管カバーなどに上からかけていましたが、全く何も症状が出てきません。

エアコンの配管回り 換気ダクトからの浸入

 通常の雨では雨漏りしないそうで、風が強い暴風雨の際に雨漏りしてしまうとの事です。建物が隣接していることもありますので、上からではなく下から吹き上げる様に降る事がありますので、散水試験でもその状態を再現してみました。

ダクトの接続不良

 天井裏の状況を確認しながら散水を進めていますが、画像の様に水が入り込んだ状況を再現するとダクトの繋ぎ部分が外れている所からボタボタと雨水が流れてきました。2カ所並んでいる換気フードの片方はダクトが全く繋がていないため、吹き込んだ水は大量の雨漏りとして表れてしまいます。

バシャバシャと流れてきました ダクトが繋がっていません

 また、外れていた方の換気ダクトはトイレの換気扇で、最初から繋がっていなかった事も判明しました。

 トイレの雨漏りは換気フードからの吹込みである事が確定しましたので、雨水の浸入を防ぎ入り込みにくい状態にする必要がります。

キッチンの修理工事開始

新しくコーキングを打ちます 除去した古いコーキング

 キッチンの雨漏りの原因はサッシ回りのコーキングの劣化でしたので、打ち換え工事をおこないます。

 古いコーキングを撤去していくと、中は硬化不良を起こしていてグズグズな状態になっていました。中に雨水が溜まっている状態が長く続いてい多様ですので、今回のメンテナンスでしっかりと直していきます。

コーキングの打ち換え

 古いコーキングを除去してから濡れた部分を乾燥させます。プライマーという接着性を高める材料を塗布してからコーキングを打ちます。コーキングの密着性はプライマーに左右されますので、むらなく丁寧に塗布していきます。

 コーキングを隙間に充填してから空気を抜くように専用のコーキングヘラで押さえて完成です。

トイレの修理工事

雨の吹込み 換気扇のカバー

 トイレの雨漏り修理工事開始です。

 原因は換気フードからの吹込みでしたので、ここからの雨水の浸入を防いできます。上からの雨水にはフードの上に雨がかかるので問題ありませんが、吹込みを防がなければなりません。

使用していないフード カバーからの浸入防止

 換気フード2カ所のうち1カ所は繋がていませんでしたので、外部から雨水が入らない様に塞いでしまいます。アルミテープとコーキングで隙間を埋めましたのでこれで雨水の浸入を止める事が出来ます。フードの上部分にも念のためコーキングを打っていきます。

破損した部分を直す アルミテープ

 今度は室内側からの雨漏り修理を行います。

 向かって右側は室内側で繋がっていませんでしたので、先ほど外部側で塞いだ換気フードです。左側は繋がっているのですが、蛇腹状の換気ダクトとの接合部分に隙間が空いていましたのでここを塞ぎます。

 建物は鉄筋コンクリート造で、換気ダクトが通る様に最初からパイプをコンクリートの中に埋め込んでいるのですが、パイプが室内側に若干角度がついてしまっているために、入り込んだ雨水は室内側に流れてしまいます。

 パイプの接合部分を直す際に出来る限り換気ダクトに角度をつけていきます。穴が開いた部分にアルミテープを巻いていきます。

ダクトを直しました

 防水テープを貼って換気ダクト部分の補修工事が完成しました。

 普段見る事が出来ない部分での不具合でしたが、原因を止める事が出来ましたのでこれで安心です。

リビングの給湯配管修理工事

配管の状況確認 クロスを剥がします

 最後にリビングの配管工事をおこないます。

 天井をもう少し大きく開口して劣化した配管を交換するスペースを確保します。

天井を剥がします 古い給湯配管

 横から通ってきた給湯配管が真上の洗面所や浴室に向かっているためにこの部分が一番低くなっています。上の階で給湯器を使用するとジワジワと漏水していきましたので、破損したところを部分交換します。

 古い配管の為銅管が使用されていましたが、新しいものはポリ管を使用します。

カタログからクロスを選びます 新しい給湯配管

 併せて、天井の張替え工事もおこないますので、張り替えるクロスの打合せも進めていきます。もともとのクロスは現在製造されておりませんので、カタログから一番近いクロスを選択します。

新しい給湯配管

 ピンク色の部分が新しく交換した給湯配管です。雨漏りしていたのは一部でしたが、今後の事を考えて交換できる部分は併せて一緒に行う事になりました。

 配管を交換した後は注水して検査をおこない全く漏水していないことが確認出来ました。

天井の復旧工事をおこないます

天井の下地 天井を張っていきます

 雨漏り修理工事が全て終わりましたので、開口した天井部分を塞いでいきます。

 石膏ボードを開口したところに張っていき下地を作ります。仕上げはクロス張りですが、ボードのジョイント部分にパテを詰めて平らにする下地調整工事をおこなっていきます。

クロスの張替え クロス張り

 下地を平らにしないと、クロスは薄い材料ですので貼った時に段差が出来てしまいます。微妙な段差でも光の当たる角度によっては目立ってしまいますので、丁寧な下地処理が必要です。

 照明器具や換気扇など一旦取り外してからクロスを貼って再取り付けして完成です。

内装復旧工事完成

天井復旧が完了

 クロスの貼り替え工事が完成し今回の雨漏り修理工事は完了致しました。

 若干クロスの柄が今までと違いますが、違和感なく納まりお客様にも大変喜んでいただけました。

雨漏り修理工事は原因個所の特定が非常に重要になりますので、私たち街の屋根やさんでは、しっかりとした調査と適切な修理工事の提案は行わせていただいております。

 新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年01月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りの原因を徹底追究、散水検査

雨漏りの原因を徹底追究、散水検査

 このページをご覧頂いているみなさんももしかしたら雨漏りで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。雨漏りに関しては当社に雨漏り診断のできるアドバイザーが多数在籍しております。今までの経験と日々の研鑽により雨漏りを突き止めることに長けているスタッフが細かい調査をいたします。なぜ散水試験が必要なの?そ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

狛江市東野川でひび割れたバルコニーの防水を下地から直してFRP防水で仕上げました

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る