無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 大田区東糀谷で強風で一枚剥がれたスレート屋根は火災保険を適用.....

大田区東糀谷で強風で一枚剥がれたスレート屋根は火災保険を適用して復旧工事します

【施工前】
剥がれたスレート屋根

【施工後】
部分葺き替え工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 東京都大田区東糀谷で屋根葺き替え工事をおこないました。
 3階建ての建物で強風が吹いた後に建物の回りにスレートの欠片が落ちているのを発見して、屋根に被害が出ている事に気付かれたそうです。3階建てのため下から梯子が架かりませんので、バルコニーから屋根に上って被害の状況を確認しました。
 屋根はスレート葺きで寄棟になっているのですが、一部角度が変わっているところがあり、剥がれていたのはその先の部分でした。スレートは軒先から葺いていき上の段のスレートを重ねて葺きますので、軒先が部分が破損していた場合は逆に剥がさなければなりません。屋根の一番高い部分の棟板金を剥がして棟に近い部分から下に向けて剥がしていって、やっと破損した軒先部分にたどり着く事が出来ます。
 一枚破損した場合にはその分だけ新しいスレートに差し替えすることもありますが、その場合の固定方法は接着しかありませんので、施工後の雨漏りのリスクなどを考えてお勧めできる施工方法ではありません。
 強風によってスレートが破損してしまいましたので、火災保険の風災が適用になります。火災保険は火災以外にも雪・風・雹(ひょう)・雷などの自然災害によって建物が被害を受けた時にも対象になりますので、今回は風によって被害を受けたスレートを元の状態に戻す工事が対象になります。作業するうえで必要な足場も対象になりますので、工事費は全額保険会社の負担によって復旧工事をおこなう事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 東京都大田区東糀谷で屋根葺き替え工事をおこないました。
 3階建ての建物で強風が吹いた後に建物の回りにスレートの欠片が落ちているのを発見して、屋根に被害が出ている事に気付かれたそうです。3階建てのため下から梯子が架かりませんので、バルコニーから屋根に上って被害の状況を確認しました。
 屋根はスレート葺きで寄棟になっているのですが、一部角度が変わっているところがあり、剥がれていたのはその先の部分でした。スレートは軒先から葺いていき上の段のスレートを重ねて葺きますので、軒先が部分が破損していた場合は逆に剥がさなければなりません。屋根の一番高い部分の棟板金を剥がして棟に近い部分から下に向けて剥がしていって、やっと破損した軒先部分にたどり着く事が出来ます。
 一枚破損した場合にはその分だけ新しいスレートに差し替えすることもありますが、その場合の固定方法は接着しかありませんので、施工後の雨漏りのリスクなどを考えてお勧めできる施工方法ではありません。
 強風によってスレートが破損してしまいましたので、火災保険の風災が適用になります。火災保険は火災以外にも雪・風・雹(ひょう)・雷などの自然災害によって建物が被害を受けた時にも対象になりますので、今回は風によって被害を受けたスレートを元の状態に戻す工事が対象になります。作業するうえで必要な足場も対象になりますので、工事費は全額保険会社の負担によって復旧工事をおこなう事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
8年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
8年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン屋根葺き替え

被害を受けた状況を確認します

三角形の屋根部分が被害を受けています 剥がれたのは軒先の一枚

 お問合せのきっかけになったスレートが剥がれた部分です。屋根は寄棟といって4面で構成されている屋根なのですが、被害を受けたのはその一面です。三角の屋根の角度が変わっているのですが、折れ曲がった先の部分のスレートが一枚剥がれています。

 この下はお隣りとの境界部分なのですが、この様なスレートが剥がれ落ちて何かにぶつかったら非常に危険ですので、早急に直さなければなりません。

釘が見えています

 スレートは一枚に対して釘を4本打って固定しており、その釘が隠れる様に上の段のスレートを重ねて葺いていきます。今回剥がれてしまった為に釘が見えていますので、雨漏りする前に直していきます。剥がれたのは軒先部分で、下に見えているのはスターターという段差を調整する材料です。釘を打つという事は、屋根材の下に葺いている防水紙(ルーフィング)を貫通させていますので、通常であれば雨漏りしませんが、釘が丸見えの状態ですと雨水が下地に回って雨漏りに繋がる可能性が非常に高くなります。

 今回の被害は強風によってスレートが割れて落ちてしまいましたので、火災保険の風災を適用して元の状態に復旧工事をおこなう事になりました。

部分的な葺き替え工事開始

釘を抜いて剥がしていきます 築年数が浅いのでルーフィングに傷みはありません

若干雨水が回った跡があります 屋根材と棟板金を剥がします

 火災保険の適用になるのは、被害を受けた部分の工事費はもちろんですが、作業する為に必要な足場も対象になります。

 作業する面の面積は小さいのですが、作業は葺き替え工事の時と殆ど変わりません。スレートは軒先側から葺いていき、上の段のスレートを重ねて葺きあげていきますので、剥がす際には上から順番に剥がす必要があります。今回は作業範囲は小さい面積でしたが、大きな面の屋根の軒先部分が被害を受けていた場合は、上の段を半分ずらして葺いていますので棟部分に向かって逆三角形の形状でスレートを剥がす事もあります。

 棟板金も絡みますのでまずは棟板金の撤去から始めます。棟板金を剥がした後は一番高い部分のスレートの釘を1本1本抜いていきます。全て剥がしたあとに新しいスレートを葺いていくことになります。

剥がした屋根材は再利用出来ません

使用する材料

 築年数も浅いので、屋根材などは再利用出来そうな気がしますが、実際には釘を抜く際に傷が付いたり割れたりしてしまいますので、剥がした材料を再利用する事は出来ません。棟板金も同様に釘を抜く際に板金を破損させてしまうため新しい材料に交換をおこないます。

 そのため、新しいスレート・貫板・棟板金とコーキングや釘・ビスなどの副資材も一式用意しました。

スレートを葺きました 同じ様に葺いていきます

 軒先部分から新しいスレートを葺いていきます。雪止めも新しい物に交換しました。面積は小さいので作業は順調に進みます。

 葺き替える面の形状は三角形になっていますので、端のスレートは斜めにカットして葺いていくのですが、この部分は斜めにカットしただけでは雨水が切れずにスレートの下に呼び込んでしまいますので、斜めにした先をカットして雨水が下に切れる様にする必要があります。

ここは棟板金を取り付けてしまうと見えなくなる部分ですが、雨仕舞いとして大切な部分ですのでしっかりとおこないます。

棟板金を取り付けて工事完了

棟板金の取付 コーキングを中に打ちます

 元々ある棟板金と新しく葺き替えた部分の棟板金は3方集まるところが有ります。三又に分かれている部分の斜めの2本が今回交換するところで、板金を加工して上手く納めていきます。

コーキングを見せない納めかた

 コーキングは雨水の浸入を防ぐ役割を持っていますが、露出した納めですとコーキングが紫外線に劣化してしまい硬化してヒビ割れたり剥がれてしまいますので、出来るだけコーキングは露出させない納め方をしていきます。

 屋根の納め方として、コーキングだけに雨水の浸入を頼る事の無いように考える必要があります。

部分葺き替え工事が完成しました

部分葺き替え完成

 大田区東糀谷でおこなった屋根の部分葺き替え工事が完成しました。

 強風の被害を受けたため火災保険の風災を適用し、自己負担なく元の状態に戻す事が出来ました。築年数は浅い建物でしたので、スレート以外の部分には不具合も出ておらず問題無く工事が完了しております。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東京都狛江市西野川で散水試験で雨漏り箇所特定して葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風16号接近中、台風への備えは出来ていますか? 台風16号接近中、台風への備えは出来ています>か?
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る