無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区尾山台で雨漏りしている瓦葺き屋根は葺き直し工事をおこ.....

世田谷区尾山台で雨漏りしている瓦葺き屋根は葺き直し工事をおこないました

【施工前】
雨漏りしている瓦葺き屋根

【施工後】
下地を直して雨漏りを止めました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


世田谷区尾山台で雨漏り修理工事をおこないました。
瓦葺き屋根の雨漏りの場合、瓦が問題無くても下地が原因になっている事が有りますので、瓦屋根が葺かれている時は下地の状態を確認する事が必須となります。
調査の時に調べたところ、瓦の下に葺いてある防水紙が劣化していてボロボロになっていました。切れて下の木が剥き出しの部分もありましたので、これでは雨漏りしてしまいます。
通常瓦自体は殆ど劣化しない材料なので、メンテナンスをしなくても良いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は今回の様に下地の劣化は進行してしまいます。今回工事した瓦屋根は瓦自体も大分割れが出ていましたので、新しい瓦の差し替えも一緒におこないました。
瓦屋根の工事は工事中に瓦が割れてしまう事もありますので、予備の瓦も用意して工事に臨む必要があります。
今回は、雨漏りしている部分のみを直すご希望でしたので、部分的な葺き替え工事をおこないました。部分的といっても軒先から棟までは葺き直す必要がありますので、棟瓦も一旦剥がして積み直す取り直し工事も一緒におこないました。
全体的な劣化を考えると他の部分も同じように雨漏りする可能性がありますが、築年数を考えて大掛かりな工事をお望みではありませんでしたので、部分的な葺き直し工事をおこないました。
世田谷区尾山台で雨漏り修理工事をおこないました。
瓦葺き屋根の雨漏りの場合、瓦が問題無くても下地が原因になっている事が有りますので、瓦屋根が葺かれている時は下地の状態を確認する事が必須となります。
調査の時に調べたところ、瓦の下に葺いてある防水紙が劣化していてボロボロになっていました。切れて下の木が剥き出しの部分もありましたので、これでは雨漏りしてしまいます。
通常瓦自体は殆ど劣化しない材料なので、メンテナンスをしなくても良いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は今回の様に下地の劣化は進行してしまいます。今回工事した瓦屋根は瓦自体も大分割れが出ていましたので、新しい瓦の差し替えも一緒におこないました。
瓦屋根の工事は工事中に瓦が割れてしまう事もありますので、予備の瓦も用意して工事に臨む必要があります。
今回は、雨漏りしている部分のみを直すご希望でしたので、部分的な葺き替え工事をおこないました。部分的といっても軒先から棟までは葺き直す必要がありますので、棟瓦も一旦剥がして積み直す取り直し工事も一緒におこないました。
全体的な劣化を考えると他の部分も同じように雨漏りする可能性がありますが、築年数を考えて大掛かりな工事をお望みではありませんでしたので、部分的な葺き直し工事をおこないました。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き直し 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
改質アスファルトルーフィング、シルガード
施工期間
5日間
築年数
45年
平米数
15㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
【工事内容】
屋根葺き直し 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
改質アスファルトルーフィング、シルガード
施工期間
5日間
築年数
45年
平米数
15㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
足場アイコン雨漏り修

雨漏りの状況を調べていきます

和室の天井から結構な量の雨漏りがしています

 雨漏りしているのは和室の天井です。天井からの雨漏りの場合、まず原因として疑うのは屋根です。屋根の不具合は雨漏りに直結してしまうので、定期的に劣化の状態を点検する必要があります。天井の上に断熱材が乗せてありますので、少量の雨漏りの場合は断熱材が吸い込んでしまい、室内に症状が現れない事もありますので、定期的な点検は大切なんです。

下地の劣化は雨漏りに直結します

瓦葺き屋根は結構割れています 割れやすくなっている瓦

 瓦葺き屋根は、瓦自体が長持ちする屋根材の為メンテナンスが必要無い屋根と思われているかもしれませんが、実際には棟瓦の漆喰が剥がれたり、下地が劣化してしまうので手直しをおこなわなければなりません。

 今回工事をおこなった瓦葺き屋根は、瓦自体も大分劣化していてあちこちで割れが出ていましたので、割れた瓦の差し替えもおこないます。

下地が大分劣化しています 下地が見えているので雨漏りしてしまいます

 瓦を何枚か剥がして下地の状態を確認すると、劣化していてボロボロになっていました。屋根は屋根材と屋根材の下に葺いてある防水紙によって雨水から建物を守っていますが、防水紙(ルーフィング)にも寿命があり、目安は20年~25年といわれていますので、25年を超えた建物は防水紙が劣化していると考える必要があります。

防水紙が劣化していて野地板が剥き出しです

 築40年が経過した建物で一度も屋根全体のメンテナンスを行っていないそうなので、防水紙(ルーフィング)が劣化して切れているところもあり、下地の木が剥き出しになっていました。完全に防水紙が切れているところをみると、下には『とんとん』という木を薄くしてシート状に網合わせた物が使用されていますが、とんとんも劣化しているので雨水を防げなくなっていました。

 全体的にこの様な下地の状態ですので、お勧めするのは下地から直す葺き替え工事ですが、築年数を考えて出来るだけ雨漏りしている部分だけを直したいという事でしたので、雨漏り箇所の葺き直し工事をおこなう事になりました。

雨漏り箇所の下地を直します

防水紙が劣化しいるので棟まで新しくします 新しい防水紙の上に瓦桟を固定します

 雨漏りを止めるには劣化してボロボロになっている下地を直さなければなりません。今回は雨漏り箇所を部分的に直す工事という事で、雨漏り箇所の周囲を軒先から棟部分まで葺き直し工事をおこないます。

 瓦を一旦どかして下地の防水紙(ルーフィング)を新しくしていきます。ルーフィングがしっかりとしていれば雨漏りする心配はありませんので、しっかりと雨水が軒先まで流れる様に棟部分まで新しいルーフィングを葺いていきます。

瓦桟には溝があるので雨水をせき止めません

 日本瓦は、瓦桟という屋根に対して横向きに打ち付けた木に引っかけて固定するのですが、防水紙(ルーフィング)の上に固定して瓦桟によって流れてきた雨水が止まってしまい、瓦桟を腐食させてしまう事があります。その様にならない為に雨水を流す溝が切ってあるので、雨水の流れを阻害せずにすみます。

割れた瓦は新しい物に差し替えます

瓦桟に瓦を引っかけて葺いていきます 作業中に割れてしまう瓦もあります

 工事前の時点で割れていた瓦が何枚もありましたが、瓦自体が大分脆くなっているので作業中にも割れていしまうものもあります。そのために差し替え様の瓦を用意して、割れた瓦と交換します。

使用出来る瓦は再利用します

 これは棟部分に積んである瓦です。熨斗(のし)瓦といって、平らな瓦を何段か積んだ上に丸い瓦を乗せて銅線で固定していきます。棟瓦も割れて再利用できないものが有りましたの、新しい瓦へ交換して積んでいきます。

棟瓦を積み直して今回の工事は完了です

棟を積み直していきます 棟瓦を積んで工事が完成します

 屋根の平らな面の桟瓦を元通りに葺き直した後は、棟瓦を積み直して今回の雨漏り修理工事は完成です。棟瓦の積み方には風や地震に強くするためのガイドライン工法というものもありますが、今回は元通りの積み方で戻しています。

割れた部分を差し替えて工事完成

 色が変わっている部分が何か所もあると思いますが、これが新しい瓦へ差し替えた部分です。同じ瓦が有りませんでしたので、形状が同じ瓦での差し替えのため色が違っています。

 今回はお客様のご希望もあり、雨漏り箇所の部分的な葺き直し工事をおこないました。割れている瓦は全体的に差し替えましたので、今までよりは雨漏りのリスクを減らす事が出来ました。全体的には下地の防水紙(ルーフィング)の劣化が出ていますので、今後何か不具合が出た時には葺き替え工事をおこなう事をお勧めします。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

目黒区緑が丘で雨漏りしているルーフバルコニーの防水工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

世田谷区八幡山で雨漏りの原因になっている排水管の交換工事

【施工内容】

雨漏り修理

府中市清水が丘で雨漏りしているマンションの排水口の防水工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る