無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区千鳥でバルコニーのシート防水が劣化し、雨漏り発生

大田区千鳥でバルコニーのシート防水が劣化し、雨漏り発生

更新日:2020年3月19日

大田区千鳥にて雨漏り発生、修理を承り点検に伺いました。
クロスが剥がれ、木部には雨染みができています。

バルコニーの下にある箇所が雨漏り

雨漏り箇所の上にはバルコニーがあります。
まずはこのバルコニーを点検してみましょう。

バルコニー点検の様子

バルコニーの床にはシート防水が敷かれています。
一見平らに見えるバルコニーの床も水捌けをよくするために勾配が付けられています。
バルコニーに降った雨水は排水ドレンなどに流され、バルコニーに水が溜まらないようになっているのですがよく見ると排水ドレンがある箇所にはゴミや土が溜まってしまっています。
雨水が滞留してしまうと防水シートが劣化しやすくなりますし、もしすでに防水層に傷みや剥がれがあると雨漏りに直結してしまいます。

ゴミや土が詰まった排水ドレン 剥がれた防水シート

劣化した防水シート

バルコニー床を点検するとやはり防水シートが切れている箇所があります。
このような劣化部は何か所もあり、剥がれはじめているのも確認できました。
一か所ごとに見ると小さな劣化ですので部分補修することもできますが、
補修箇所が多いこと、防水シートを敷設して15年以上が経過していることを考慮して防水層を作り直す全面改修のご提案もさせていただきました。

バルコニーの雨漏り危険個所

こちらのバルコニーには防水層の劣化以外にも雨漏り原因と疑われる箇所があります。

笠木の板金が剥がれています 笠木と袖壁の取り合い部分の亀裂

バルコニーの手摺に被せられている笠木板金が剥がれています。
この板金の隙間から雨水が浸入し、内部の木部を腐食させていきます。
笠木と袖壁の取り合い部分にも亀裂が入っていますね。この部分も同じように浸水経路となり得ますので補修が必要です。

バルコニーは雨や紫外線にさらされますので劣化しやすく雨漏り原因となってしまうことが多い箇所です。
定期的にメンテナンスをして雨漏りを防ぎましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

 ゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシート防水であれば10年~20年程度の耐用年数が期待でき屋上防水で採用されることも多いシート防水。皆様のご自宅や所有されているマンション・建物の屋上(陸屋根)は前回の防水工事から何年経過されていますか?普段あまり立ち入らない屋上だからこそ意外と注意が向かず「…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

品川区中延で防水の劣化が雨漏りの原因でウレタン防水と笠木交換工事をおこないました

【施工内容】

雨漏り修理

江東区塩浜でベランダの防水工事、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事を行いました

【施工内容】

瓦屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください 台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る