無題ドキュメント

HOME > ブログ > 三鷹市深大寺で漆喰劣化から南蛮漆喰を使った棟取り直し工事を実.....

三鷹市深大寺で漆喰劣化から南蛮漆喰を使った棟取り直し工事を実施

更新日:2019年2月13日

漆喰剥がれから様々な問題に発展する可能性がある

三鷹市深大寺のお客様より棟の漆喰が剥がれているとお問い合わせをお受けいたしました。瓦屋根の漆喰はどうやら20年以上経っているそうで、地上から見ても屋根の上に漆喰の破片があるのが見えるそうです。
漆喰が剥がれてしまうとそこから雨水が入って雨漏りする危険もありますが、棟の土台部分の土が流出すると棟自体が崩れるといった問題に発展します。今回はこれらの問題を解決するため棟を一旦解体して作り直す棟取り直し工事を行うこととなりました。

 

漆喰が劣化し、もろくなって剥がれている

三鷹市深大寺 劣化した棟の漆喰 三鷹市深大寺 剥がれた漆喰が屋根に転がっている

まずは点検時の様子です。屋根の漆喰がボロボロになっており(左写真)、触っただけでも剥がれてしまうほどもろくなっています。苔の発生もあり見た目も汚してしまっています。剥がれた漆喰が屋根に落ちているのも見つかりました(右写真)。

 

古い棟を解体して作り直す棟取り直し工事

三鷹市深大寺 棟取り直し工事 古い棟の解体 三鷹市深大寺 棟取り直し工事

棟取り直し工事はまず既存棟を解体します。元々は棟の土台に土が使われていましたが、今回は土を使わず南蛮漆喰だけで施工します。今まで使っていた土は土嚢袋に入れて撤去し、清掃を行います。
土台部分から熨斗瓦を積み、冠瓦を乗せて銅線で固定します(右写真)。

三鷹市深大寺 棟取り直し工事完了

導線は飛来物が引っかかったりしないように、末端を綺麗に丸めて処理しておきます。また、漆喰分部も綺麗に形を整え、漆喰が乾けば工事は完了です。
漆喰はもちろん、棟も積み直して綺麗な状態に戻すことができました。(棟取り直し工事についての詳細はこちら
瓦屋根はとても長持ちするイメージを持っている方が多いですが、屋根材は何十年ともっても漆喰は10数年で交換する必要があります。今回のような漆喰剥がれや苔の発生などは、かなり劣化が進んだ状態ですので、もう少し早めに対処することが望ましいです。その場合は棟取り直し工事でなく、漆喰を詰め直す工事だけで済み時間も費用も抑えることができます。
なにより、劣化が進むと雨漏りで建物の躯体を傷めてしまうことにも繋がり、それによって建物の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。そうならないためにも定期的なお住まいの調査を行うようにしましょう。街の屋根やさんでは無料点検を承っておりますので、年数が経っている場合は一度弊社の無料点検を受けてみてはいかがでしょうか?

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

【施工内容】

狛江市元和泉にてスレートからエコグラーニへの葺き替え工事を行いました

【施工内容】

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る