無題ドキュメント

HOME > ブログ > 雨漏りを放置すると潜む危険性3選をご紹介|早めの対処が重要な.....

雨漏りを放置すると潜む危険性3選をご紹介|早めの対処が重要な理由

更新日:2023年12月15日

 日本は年間3割程が雨天日であり、特に台風シーズンとなると雨漏りのお悩みも絶えることがありません(>_<)

 そこで気をつけたいのが雨漏りを放置してしまうリスクです!
 「強い雨の時に雨漏りが発生したけど、普段の雨なら特に問題ない」というケースでは、そのまま放置してしまいやすいのではないでしょうか?

 

 今回は雨漏りを放置してしまうリスクについて考えてみたいと思います(^▽^)/

雨漏りを放置するリスクとは?

雨漏りを放置する大きなリスク3選

 雨漏りを放置すると、建物にさまざまな危険が生じる可能性があります(-_-;)

●染みの発生と共にカビも繁殖しやすい

 まず、雨漏りによって建物の内部が濡れてしまうことで、壁や天井に黒ずみや湿気を好むカビが発生する恐れがあります。

 これによって室内の空気が悪化し、最悪の場合は健康被害を引き起こす可能性もあります。
 健康被害とまではいかなくとも、カビの臭いなどで快適に生活ができなくなることは避けたいですよね(>_<)

 

 また、伝ってきた雨水によってお部屋の壁紙が浮いてしまったり剥がれることも考えられます。その場合はクロス張替えも必要ですが、まずは原因となっている雨漏りの解消を検討しましょう(^▽^)/

クロスの剥がれ

●お住いの老朽化や被害に直結します!

 雨漏りが放置されると、建物の構造にも悪影響を及ぼします!

 

 雨漏りによって木材が腐食し、柱や梁が弱くなる可能性があります。これによって建物の耐久性が低下し、安全性が脅かされることもあります(-_-;)

 屋根裏や壁の内側の構造部は普段目に触れませんから、腐食に気付きにくいというのが大きな罠ですね(>_<)

雨漏りは金属部分にも悪影響を及ぼします

 木材だけではなく、雨水は鉄骨やビスなどの金属部分に錆を作る原因にもなり、お住いの強度が低下すると地震の際に思わぬ被害が発生する可能性もございます。

 

 また、雨漏りが放置されると、水が建物の内部に浸入し、電気設備や配管にダメージを与えることもあります。
 これによって火災や水漏れのリスクが高まります。

●シロアリやネズミなどが好む環境に・・・

 多湿な状態が続くと、食べやすくなった木材を目当てにシロアリが集まってしまいます。
 言わずもがな、シロアリはお住いにとって大きな脅威です(-_-;)

 知らない内に木材を始め、電線なども被害が及びますので、雨漏りの放置はシロアリ予防の観点からも好ましくないんです(>_<)

 

 また、ネズミも湿度のある環境を好み、屋根に棲みついて木材や断熱材にダメージを及ぼしてしまいます。

 かじられた断熱材はうまく機能せず、お住いの断熱性を下げることで冷暖房の効きを悪くし、光熱費が掛かる原因にもなりますので、雨漏りの放置がもたらす影響はあらゆる面に干渉することが分かりますね(>_<)

天井にできた雨染み

雨漏りは勝手には止まりません!

 台風時に雨漏りが発生したとしても、通常の雨ではなぜか漏水しないことがあります。
 強風が伴っていると横殴りの雨となり、お住いに吹き付ける箇所も変わる為、普段の雨では浸入されない箇所から雨水が入ってくる可能性があるのです。

 

 そこで放置したままだと、またいずれ雨漏りが発生しますし、単に雨量が少なくてお部屋まで届かないだけで、屋根裏や構造部には深刻なダメージが及び続けているかもしれません(-_-;)

 放置を選択せずに、まずは雨漏り点検をご活用ください(^▽^)/
 点検で雨漏りの原因を特定し、最適な工事をご提案させていただきます!

散水試験

 私たち街の屋根やさんでは、もし点検のみで雨水の浸入経路を確認できない場合は、別途散水試験(税込33,000円~)を実施する場合もございます!

 

 散水試験は雨漏りが疑われる箇所へあえて放水を行い、浸入経路を特定する方法です。 浸入経路は外壁のシーリングが傷んでいた高所部分であったりもしますので、意外と散水試験をしてみないと特定が困難な場面は多くあります!

まとめ

 以上のように、雨漏りを放置することは建物にさまざまな危険をもたらすことが分かります(-_-;)
 そのため、雨漏りが発生した場合は早急に対処することが重要です!

 

 防水紙の劣化や窓のサッシ周り、ベランダと外壁との取り合い部分など、雨漏りの要因は様々ですので、お問い合わせいただけましたら経験豊富なスタッフにて原因調査を行わせていただきます(*^^)v

 記事内に記載されている金額は2023年12月15日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

雨漏りを修理しないとどうなる?放置による6つの被害【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー) 詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。  「メンテナンスをしていたのに雨漏りした!」  一体なぜ雨漏りが起きてしまったのでしょ…続きを読む
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

八王子市諏訪町で破損したテラス屋根は、費用を抑えてポリカーボネートカバー工事で対応します!

【施工内容】

屋根補修工事、屋根カバー工法、雨漏り修理

三鷹市上連雀で屋根葺き替え工事!雨漏りで腐食した下地を直してキャンペーン価格で工事します!

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

調布市小島町で雨漏り箇所の部分葺き直しで、最小限の工事費用で雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る