無題ドキュメント

杉並区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

杉並区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

杉並区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

杉並区で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの杉並区にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

杉並区で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

杉並区は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 杉並区; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

杉並区で屋根葺き替え 杉並区で屋根カバー 杉並区で漆喰工事 杉並区で屋根塗装・外壁塗装
杉並区で棟板金工事 杉並区で雨樋工事 杉並区で防水工事 杉並区でアパートマンションメンテナンス
杉並区で火災保険 杉並区で施工の流れ 杉並区で瑕疵保険 杉並区で無料点検

杉並区にお住まいの方へ

杉並区で行った施工事例をご紹介

杉並区西荻北で雹害を受けたコロニアルネオのスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工前】
杉並区のビフォー写真

【施工後】
杉並区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 杉並区西荻北で屋根カバー工事をおこないました。お問合せのきっかけは屋根の板金が浮いている様に見える、という内容でした。築15年が経過していて、そろそろ屋根のメンテナンスを考え始めていたそうですが、棟板金も浮いている事と今後のメンテナンスを考えて屋根全体を直す事になりました。  スレート葺き屋根を調べていくと、屋根に白い斑点の様なものが付いています。何かがぶつかった様な跡が無数についていて、スレートの表面が削られている様です。これは、雹がぶつかった跡で雹痕といいます。大粒の雹が降った事によって、スレートと棟板金が被害を受けていました。  雹などの自然災害を建物が受けた時には、建物に掛けられている火災保険の風災が適用されます。雹(ひょう)や雪、強風などによって被害を受けた時には、元の状態に戻す為にかかる費用を保険会社が負担してくれます。  割れなどは出ていませんでしたので塗装工事でスレートの表面を保護する工事が保険の対象になりますが、屋根に葺いてあるスレートはノンアスベストのコロニアルNEOで、現在も割れが出ています。製品自体の耐久性に問題が有り、割れや崩れてしまう症状を止める事が出来ませんので、今回はガルバリウム鋼板製の屋根材でのカバー工事をおこなう事になりました。  使用するのはアイジー工業のスーパーガルテクトで、軽くて耐久性が高く断熱材が張ってある屋根材なので、カバーする事で今よりも室内の暑さ対策も出来ますので、お勧めの工事方法です。見た目も綺麗になって屋根の性能も上がり、お客様には大変喜んでいただけました。

【工事内容】
屋根カバー工法 スレート屋根カバー工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
7日間
築年数
15年
平米数
75㎡

スレート屋根の状態を調べます

表面が汚れただけの様に見えます 棟板金には雹痕があります

 スレート屋根は定期的に塗装工事が必要な屋根材です。塗装をおこなわないと表面の撥水性や防水性が落ちてしまうので、雨が降った時に雨水を吸ってしまう様になります。雨水を吸うと日光が当たりにくい北面はコケが付着し、日当たりの良い南面は表面が急激に乾いてしまうので、劣化の進行具合が異なってきます。

 ぱっと見はそれ程酷く無いようですが、調べていくと気になる点がありました。棟板金に黒い斑点が出来ていますが、これは雹(ひょう)がぶつかった跡です。

雹によってスレートの表面が傷ついています 白い斑点は雹がぶつかった跡

 スレートの表面は白い点が無数に入っていて、雹がぶつかった雹痕が出来ていました。大粒の雹がぶつかった事で、スレート表面やスレートそのものの基材ががえぐられてしまった部分です。

続きはこちらから

杉並区の雨漏り修理屋根カバー工事横暖ルーフ使用

【施工前】
杉並区のビフォー写真

【施工後】
杉並区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
杉並区のお客様より雨漏りしているとの事でお問い合わせいただき調査にお伺いいたしました。雨樋と屋根から流れる雨水が集中して排水される箇所から雨水が浸水し雨漏りとなっている状態でした。雨漏り修理として屋根カバー工事をご提案し工事のご依頼をいただき工事を行いまいた。

【工事内容】
屋根カバー工法 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
横暖ルーフハイブリット
施工期間
2日

【工事前の前】

688547ae c2f20cd0

75a3ad90 1f1fc80d

続きはこちらから

杉並区で行ったその他の施工事例をご紹介

杉並区で屋根工事を行ったお客様の声

杉並区阿佐谷南にて雨樋交換工事を実施、工事後のK様のアンケート

【施工後】

杉並区工事後アンケート

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
依頼者が実際に目で確認出来ない場所の工事であるためどこの企業もアピールはとてもすばらしい。しかし問題は担当者との信頼関係しだいで決まる。よって会社には優劣はつけられません。
Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
4社と比較しました。社名は公表しません。順位は劣→優の順で自分で勝手に決めさせていただき貴社が4社目となりました。
Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
4社目の最後が「街の屋根やさん」で時期、時間的に余裕がなかったのでお願いしました
Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
本来の屋根の修理が一番の目的だったのですが別件で出来ない事情が発生し諦めざるを得ませんでした。(ベランダの下に屋根修理とそれに伴うベランダの取りはずし/再取り付け)
Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
今の所特にありません

お客様の声一覧はこちら

杉並区での現場ブログをご紹介

杉並区で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2020/10/4 杉並区天沼で飛び込み業者から指摘された棟板金は異常ありませんでした 杉並区天沼で飛び込み業者から指摘された棟板金は異常ありませんでした

飛び込みの業者さんから棟板金が浮いていると指摘された  突然の飛び込み業者から「近くで工事をしていたらお宅の屋根の棟板金(むねばんきん)が浮いているのが見えた。飛んでしまうと危ないので、工事をしたほうが良い。」と言われ、本当かどうか確認してもらいたいとのご要望を受けて、現地を調査して参りま...続きを読む

2020/9/30 杉並区荻窪でガルバリウムの屋根を点検しました 杉並区荻窪でガルバリウムの屋根を点検しました

ガルバリウム鋼板で造られた金属屋根  一昔前の金属屋根と言えばトタンの屋根が主流で、今でも街でよく見かけるかと思います。おそらくトタンのイメージが強いせいか、金属屋根は錆びて穴が空いてしまうと考えている方が多いように感じます。今回調査した屋根はそんなトタンと同じ金属屋根であるガルバリウム鋼...続きを読む

2020/9/26 杉並区成田東で雹の被害で割れたバルコニーの波板は火災保険で直します 杉並区成田東で雹の被害で割れたバルコニーの波板は火災保険で直します

 杉並区成田東でバルコニーの波板張り替え工事をおこなっています。  大粒の雹が降った際に衝撃によってバルコニーの波板が割れてしまいました。ボロボロになってしまった部分は取り外してありましたが、他の部分にも穴が空いています。  雹(ひょう)による被害ですので火災保険の雹災が適用になりますの...続きを読む

2020/7/26 杉並区善福寺、外壁に苔が目立つようになってきたら塗装時期のサインです 杉並区善福寺、外壁に苔が目立つようになってきたら塗装時期のサインです

外壁の苔が目立つようになってきたら塗装の時期を知らせるサインです  外壁について何もメンテナンスしないまま築10年以上が過ぎ、気がつくと苔やカビが目立つようになってしまっている方は意外と多いのではないでしょうか。写真のお宅では庇で雨が当たらない部分と、そうでない部分とではっきりと苔の有無が...続きを読む

2020/7/25 杉並区善福寺でモルタルの外壁を調査しました 杉並区善福寺でモルタルの外壁を調査しました

モルタルの外壁  1990年頃までの外壁と言えば圧倒的にモルタルでした。モルタルはセメントに砂と水を混ぜて作る材料で、一軒ずつ職人が丁寧に塗っていく工法で造られています。そのため、手間や工期がかかりコストも高く、現在では主流から遠ざかってしまっています。現在主流な外壁といえばサイデイングで...続きを読む

2020/7/19 杉並区上荻で塗膜が劣化してサビが出たアパートのトタンの瓦棒屋根を塗装工事でメンテナンス 杉並区上荻で塗膜が劣化してサビが出たアパートのトタンの瓦棒屋根を塗装工事でメンテナンス

 杉並区上荻で屋根の調査をおこないました。  アパートの屋根はトタンの瓦棒が葺いてあり過去に塗装工事をおこなった跡があります。トタン屋根は塗装をしっかりとおこなわないとサビが出てしまい、劣化が酷くなると穴が空いてしまう事もあります。今の所穴が空くまでは劣化していませんが、塗膜が剥がれてサビが広...続きを読む

2020/6/13 杉並区阿佐谷北で築10年のスレート葺き屋根を塗装工事でメンテナンスします 杉並区阿佐谷北で築10年のスレート葺き屋根を塗装工事でメンテナンスします

 杉並区阿佐谷北でスレート葺き屋根の調査をおこないました。  築10年の建物で昨年中古で購入されたそうです。今のところ不具合は出ていないとの事でしたが、屋根の状態を確認する事が出来ないのでお問合せいただきました。 スレート葺き屋根は塗装工事が必要です  調査で上ったスレート葺き屋...続きを読む

2020/4/26 杉並区方南で雨漏りしている瓦屋根は葺き替え工事で直します 杉並区方南で雨漏りしている瓦屋根は葺き替え工事で直します

 杉並区方南で雨漏りしている建物の調査をおこないました。  瓦葺き屋根は長持ちする屋根ですが、下地は定期的にメンテナンスをおなう必要がある屋根です。今回調査をおこなった屋根も雨漏りしている跡がありましたが、結構古い雨漏りの跡のようで、一度メンテナンスをおこなった形跡がありました。  瓦の...続きを読む

2020/3/4 杉並区上荻で塗膜が剥がれて反っているスレート葺き屋根はカバー工事をおこないます 杉並区上荻で塗膜が剥がれて反っているスレート葺き屋根はカバー工事をおこないます

杉並区上荻で屋根の調査をおこないました。築40年のスレート葺き屋根は、10数年前に塗装工事をおこなったそうですが、塗膜が劣化していてベロベロに捲れています。棟板金の下地の貫板も劣化しているので、固定するための釘が浮いたり抜けたりしていました。反りも全体に出ていますので、私たち街の屋根やさんでは、この...続きを読む

2019/12/21 杉並区永福にて台風で崩れた瓦屋根の棟を取り直し工事で元に戻します 杉並区永福にて台風で崩れた瓦屋根の棟を取り直し工事で元に戻します

杉並区永福で台風の被害を受けた屋根の調査をおこないます。瓦葺き屋根の棟瓦が台風の強風で崩れていました。崩れた瓦が屋根の上にまだ乗っているので、落ちて被害が広がる前に下ろしておきます。台風の強風による被害ですので、建物にかけてある火災保険の風災が適用になりますので、元に戻す為の費用を保険会社が負担して...続きを読む

2019/11/6 杉並区方南で台風で瓦が飛んで雨漏りしている屋根は葺き直し工事をおこないます 杉並区方南で台風で瓦が飛んで雨漏りしている屋根は葺き直し工事をおこないます

杉並区方南で屋根の調査をおこないました。台風の強風で屋根から瓦が飛ばされてしまい、大量の雨が室内に入りこんだそうです。築年数が経過している建物ですと、瓦の下に葺いてある防水紙が劣化してヒビ割れた切れている部分が出来てしまう為に、雨漏りの可能性が非常に高くなります。今回も瓦がズレてしまった事で、屋根材...続きを読む

2019/10/10 杉並区浜田山で台風の強風によって飛ばされた廃盤品のセキスイかわらU葺き屋根 杉並区浜田山で台風の強風によって飛ばされた廃盤品のセキスイかわらU葺き屋根

杉並区浜田山で屋根の調査をおこないました。今週末に台風19号が接近していますが、調査に伺った建物は台風15号で被害を受けていました。屋根材が台風15号の強風によって落下して割れていたそうで、お向かいのマンションから確認すると、確かに屋根の上にズレている部分が確認出来ました。屋根材はセキスイが販売して...続きを読む

2019/10/10 杉並区成田東で調査した軒天の破損は屋根からの雨漏りが原因です 杉並区成田東で調査した軒天の破損は屋根からの雨漏りが原因です

杉並区成田東で屋根の調査をおこないました。築年年数が大分経過した木造住宅ですが、外装は綺麗に仕上げてあります。何度かメンテナンスをおこなている様です。お問合せの内容は『軒天が落ちてきた』というものでした。建物を調べてみると確かに屋根の一番端の部分が落ちかかっていました。外壁の仕上げは、モルタルを塗っ...続きを読む

2019/9/29 杉並区善福寺で火災保険を使って台風15号で飛ばされた棟板金を直します 杉並区善福寺で火災保険を使って台風15号で飛ばされた棟板金を直します

杉並区善福寺で屋根の調査をおこないました。台風15号が直撃した翌日に、屋根から金属の板が落ちていたそうです。落ちたのは屋根に取り付けてある棟板金で、スレート葺きの屋根には必ず取り付けてあります。スレートを葺いた後に貫板という木を打ち付けて固定するのですが、経年によって木が腐食してしまい棟板金を固定し...続きを読む

2019/9/19 杉並区善福寺でスレート屋根を塗装工事でメンテナンスします 杉並区善福寺でスレート屋根を塗装工事でメンテナンスします

杉並区善福寺で屋根の塗装工事が始まりました。スレート葺き屋根で初めてのメンテナンスをおこなう建物です。スレート屋根は塗装工事が必要な屋根材で、定期的に塗装工事をおこなって表面を保護しなければ、反りや割れが出てしまいます。まだ劣化の状態は酷くありませんので、メンテナンス方法は塗装工事で問題ありません。...続きを読む

2019/9/3 杉並区阿佐谷南で棟板金が浮いてスレートが割れた原因を調査します 杉並区阿佐谷南で棟板金が浮いてスレートが割れた原因を調査します

杉並区阿佐谷南で屋根の調査をおこないました。2件隣りで工事をおこなっていたという業者から、棟板金の浮きを指摘されたそうです。屋根に上って画像を見たそうですが、風による被害であれば火災保険を使って直したい、という事でお問合せいただきました。屋根の状態を見てみると、確かに棟板金が浮いていてスレートも割れ...続きを読む

2019/8/30 杉並区善福寺でスレートと下地が傷んでいるアパートの屋根を葺き替え工事します 杉並区善福寺でスレートと下地が傷んでいるアパートの屋根を葺き替え工事します

杉並区善福寺で屋根の工事をおこないます。アパートの屋根にはスレートは葺かれていますが、大分ボロボロな状態になっていました。築30年以上の建物で一度もメンテナンスをしたことがないそうで、下地の傷みも大分酷くなっていました。下地に傷みが出ていなければ上から屋根材を被せる屋根カバー工事が可能ですが、下地に...続きを読む

2019/6/26 杉並区成田西でズレ始めた瓦屋根の棟を取り直し工事します 杉並区成田西でズレ始めた瓦屋根の棟を取り直し工事します

杉並区成田西で瓦屋根の調査をおこないました。天井から雨漏りしているという事で屋根に上って確認したところ、瓦の下の防水紙に傷みが出ている事がわかりました。瓦自体は何十年も持つ屋根材ですが、下地は劣化していきますのでメンテナンスが必要です。下地に傷みが出ている所を部分的に葺きなおす事で雨漏りは止める事が...続きを読む

2019/6/25 杉並区西荻北でヒビ割れたコロニアルNEOをガルバリウム鋼板で屋根カバー工事します 杉並区西荻北でヒビ割れたコロニアルNEOをガルバリウム鋼板で屋根カバー工事します

杉並区西荻北で屋根の調査をおこないました。築15年で初めてのメンテナンスを検討中の建物です。外壁は5年程前に塗装工事をおこなっていますが、その時には屋根は何もおこなわなかったそうです。新築から15年間何もしなかったスレートは、大分劣化が進んでしまいます。調査した屋根は特に劣化が酷くなっており、全体に...続きを読む

2019/6/22 杉並区久我山で保護材のトップコートを塗装して防水の劣化を防ぎます 杉並区久我山で保護材のトップコートを塗装して防水の劣化を防ぎます

杉並区久我山でバルコニーのメンテナンスをおこないます。アルミ製の後付けのバルコニー出ない場合は、建物と一体化したバルコニーで防水工事が施工してあります。屋根や外壁と同じでバルコニーの防水も定期的にメンテナンスが必要です。紫外線によって劣化してしまうと、ヒビ割れが出たり捲れが出て雨漏りしてしまう事にな...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

杉並区、お問い合わせから工事までの流れ

杉並区、お問い合わせから工事までの流れ

杉並区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<杉並区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・旧耐震基準木造住宅等の耐震化に関する助成制度
・新耐震基準木造住宅の耐震化に関する助成制度

<各助成金に対する説明>
旧耐震基準木造住宅等の耐震化に関する助成制度は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された木造住宅を対象に、耐震化の助成を受けられる制度です。具体的には、簡易診断・精密診断・耐震改修に関する助成が受けられます。簡易診断は無料です。精密診断は、上限を10万円として助成を受けられます。耐震改修は、改修費用の2分の1が助成されます・改修後の上部構造評点(Iw値)が1.0未満の場合は上限が50万円で、1.0以上の場合は上限が100万円です。
新耐震基準木造住宅の耐震化に関する助成制度は、昭和56年(1981年)6月1日から平成12年(2000年)5月31日に建築された2階建て以下の木造住宅を対象に、耐震化の助成を受けられる制度です。対象者は65歳以上の人や介護保険認定者、身体障害者手帳所持者、愛の手帳所持者、または対象建物について地震保険に加入している・加入予定の人です。

<助成金申請方法や注意点>
旧耐震基準木造住宅等の耐震化に関する助成制度では、まず簡易診断を受ける必要があります。簡易診断の流れは、まず申し込みをして、派遣通知書の送付と木造耐震診断士からの連絡を待ちます。その後、調査を行い、結果が郵送されます。簡易診断の結果総合評点が9以下だった場合は精密診断の助成を受けることができます。区精密診断と特定精密診断のいずれかを選び申し込みをします。精密診断の結果に基づき耐震改修を行い、助成を受ける場合は、工事の契約・着工前に助成申請を行う必要があります。助成金交付決定通知を受けたら契約し、工事着工することができます。工事中は中間検査を、工事完了後は完了検査を行い、終了後に完了実績報告をします。その後助成額が確定し助成を受けることができます。対象となるのは住民税を滞納していない人です。
新耐震基準木造住宅の耐震化に関する助成を受けるには、まず無料の新耐震簡易診断を受ける必要があります。その結果、「専門家による検証が必要」という判定が出た場合、精密診断の助成を受けることができます。さらに精密診断の結果、Iw値が1.0未満だった場合、耐震改修助成を受けることができます。耐震改修の助成額の上限は100万円です。

<お問い合わせ先>
都市整備部市街地整備課耐震改修担当
住所:〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1-15-1
TEL:03-3312-2111 FAX:03-3312-2907

杉並区は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川は東京都調布市多摩川にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 杉並区; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

杉並区、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る