点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ

洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ

洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ

 洋瓦をご存知ですか。洋瓦はその名の通り、西洋由来の瓦です。「洋瓦なんて洋風の家以外似合わないよ」とお考えの方も多いでしょうが、実は純和風でも似合う洋瓦があるのです。現在、瓦屋根のお家にお住まいなら、洋風のお家の方はもちろんのこと、和風の家の方も洋瓦へ葺き替えを検討してみてください。絶対に素敵なお家になるはずです。
瓦屋根の葺き替えを考えている方は和瓦だけでななく、洋瓦もぜひ選択肢に加えましょう

洋風、それも欧州にあるようなお家に住んでみたい方にお薦めなのが洋瓦

誰もが一度くらいは洋風のお家に憧れたことがあるのではないでしょうか。洋風と言ってもアメリカ大陸からヨーロッパまで、その範囲は実に広くさまざまなものがあるのですが、日本で特に人気があるのは欧州の建物です。
その中でも代表的なのが地中海沿岸のなどの南欧風のもので、その建物の大きな特徴の1つとして挙げられるのが洋瓦になります。

日本で特に人気があるのは欧州の建物代表的なのが南欧風のもの

 大地のオレンジ色をそのまま瓦にしたようなS形瓦は日本でも珍しいものではありません。また、街中によく溶け込みつつも、さりげないモダンさを持つF形瓦のお家もよく見かけるようになりました。
ここでは日本でも使われることが多く、屋根葺き替えの際にぜひ選択肢に加えてもらいたい洋瓦をご紹介していきます。

日本でも使われることが多く屋根葺き替えの際に選択肢に加えたい洋瓦をご紹介いたします!

洋瓦とは

当初は西洋から輸入された屋根瓦のことを指していましたが、現在では生産国とは関係なく、西洋の瓦の外観と形状を持ったものがそう呼ばれるようになりました。元祖は明治時代に洋館を建設するために輸入されたフランス製の瓦で、後にフランス人技師が横浜で製造を開始したと言われています。
スペイン製の瓦が日本に輸入されたのは大正時代で大正モダンの中、大流行したようです。現在、フランス製の瓦はF形瓦として、スペイン製の瓦はS形瓦として改良を重ねたものが販売されています。

洋瓦と和瓦ではここが違う

 主な違いはその形状で、緩やかな波形の和瓦はJapaneseの頭文字をとってJ形瓦と呼ばれています。その土地で取れる土や粘土によって成分や色は異なりますが、製法はほぼ同じです。
土や粘土を成型して窯で焼いたものです。日本の瓦は高温で焼かれるのに対し、洋瓦は比較的、低温で焼かれると言われています。

画像は新東株式会社のJAPANESE-TYPE 和型防災瓦 (銀華GINKA)

和 瓦

洋 瓦

 

瓦屋根のメンテナンス方法ついて詳しくはコチラ

 

スペイン発祥のS形瓦

S形瓦

 オレンジとも赤とも取れるその色が特徴であり、非常にユニークな形状をしているのがS形瓦です。発祥地であるSpanishの頭文字を取ってS形瓦と呼ばれていますが、実はこの形状は日本で考案されたものだそうです。
部分によっては湾曲が強く、正面真横から断面を見るとS字型に近い形をしています。輸入されてやってきたものは後述の上丸瓦と下丸瓦でした。

画像は新東株式会社のセラム21(ユーロキャメル(窯変調色))

フランス発祥のF形瓦

F形瓦

 こちらも元々はフランスから輸入されたもので、元々は一目で長方形と分かるものでした。
現在、国内で流通しているものは日本で独自進化を遂げ、正方形に近い形をしています。F形型のFはFrenchではなくFlatのFで、それが示すように平らなのが特徴です。
見た目では屋根材と分からないような平たい板のような瓦もあります。

画像は新東株式会社のセラムFフラット(マーブルブラウン40)

F形瓦の進化とも、S形瓦の進化とも言われるM形(波形)瓦

M形瓦

 半円を重ね合わせた波型の瓦でM字型をしているのでM形(波形)瓦と呼ばれています。波型の形状はF形瓦の進化と言われることもあれば、S形瓦の進化と言われることもあります。日本の瓦の三大産地の一つである三州瓦ではF形Mタイプと呼ばれています。
近年まで海外から輸入され、販売されていたものにもこのような形状の瓦があります。

画像は三州野安株式会社のセラマウント(シャドーライト)

洋瓦の元祖、丸瓦(上丸瓦と下丸瓦)

洋瓦の元祖

 半円の雨樋のような下丸瓦を桟に沿って並べて、隣接する縁の上に上丸瓦を被せるという方法で葺いたもの。
これが元祖のスパニッシュ瓦です。
沖縄の赤瓦と似たような葺き方をしているのが特徴です。

沖縄の赤瓦

意外なことに和瓦でも洋瓦でも施工方法はほぼ共通

意外なことに和瓦でも洋瓦でも施工方法はほぼ共通

和瓦であっても、洋瓦であっても、屋根の葺き方はほぼ同じです。野地板に防水紙を張り、桟木を設置してここに固定していきます。つまり、現在のお住まいが瓦屋根ならば、和瓦から和瓦への葺き替えと同じように洋瓦の施工もできるのです。

防水紙を張る

矢印

桟木を設置

矢印

桟木に瓦を固定

 

屋根葺き替えについて詳しくはコチラ

 

 

瓦屋根葺き直しについて詳しくはコチラ

 

湿度が多い日本でも安心、現在の洋瓦はほぼ日本産

 現在、日本の家屋の建材やその原料は輸入されたものが多く、屋根材も輸入されています。洋瓦ももちろん輸入されていますがごく少量で、市場に出回っているのは国内生産のものがほとんどです。
生産は主に日本の三大瓦の産地である三州(愛知県西部)、淡路(兵庫県淡路島)、石州(島根県西部)で行われています。
それぞれが歴史を持つ産地で、日本の気候に合わせて造られていますから、安心です。

現在の洋瓦は日本の気候に合わせて造られている日本産のものが多い

貴方の家に似合う洋瓦はどれ? 形状別マッチング

前述のように一口に洋瓦と言っても、さまざまなものがありますし、釉薬で色をつけられるので色も様々です。貴方のお家に合うものを選び、屋根葺き替えによるイメージチェンジを成功させてください。

洋風のお家ならS形瓦がお薦め

洋瓦の中で最も洋風の色が濃いのがS形瓦となります。土や粘土を成型し、そのまま焼いた素焼きのものが主流で、赤みがかった土色は素朴ながらも大地の力強さを感じさせます。
お住まいの外壁がモルタルやジョリパッドでコテ跡や模様を描いた建物なら、絶対にお似合いになるはすです。また窯業系サイディングで洋風のデザインや意匠を持ったものとの相性もいいでしょう。

洋風のお家ならS形瓦がお薦め

和洋折衷ならM形(波形)瓦

S形瓦に較べると凹凸が少なく、ちょっと控えめな印象を受けるのがM形(波形)瓦です。どんなお住まいにも似合うという形状で、日本の戸建てに一番多いとされる和洋折衷の建物にマッチするでしょう。
色さえ間違えなければ、平屋で軒の出が大きく、外壁の下半分が板張りで漆喰などの塗り壁にも似合います。貴方のお家に合う色を選んであげてください。

和洋折衷のお家ならM形(波形)瓦がお薦め

純和風でも全く問題なしのF瓦

F瓦には全く飾り気のないプレーンなものからラインや凹凸を施したものまでさまざまなものが存在します。このうち、全く飾り気のないプレーンなものを屋根に葺くと水平のラインが強調されることになります。こちらは好き嫌いが分かれるので、注意が必要です。
ラインや凹凸を施したものは和風のお家にもしっかりとマッチしますし、モダンなデザインの建物にも似合います。

和風・モダンのお家ならF形瓦がお薦め

混ぜ葺きといった遊び心溢れる葺き方も

敢えて微妙に色が違う瓦を混ぜて葺いていくのが混ぜ葺きです。屋根はほとんどものが一色で構成されています。色が違うものを混ぜて屋根を造ることによって躍動感が出てきてとてもおしゃれな屋根になります。
混ぜ葺きは化粧スレートなど、他の屋根材でも行われていることです。ちょっと想像ができないという方は画像をご覧になってください。

色が違う瓦を混ぜて葺くことでおしゃれな印象の屋根になります

洋瓦は現在の外壁の主流である窯業系サイディングとの相性もバッチリです

年々、瓦屋根のお家は減っていると言われていますが、それでも半分以上は瓦です。外壁に注目してみますと、窯業系サイディングのシェア率は7割以上です。

洋風の意匠を持った窯業系サイディングの外壁にJ形瓦(和瓦)の屋根という建物も多いのです。外壁と屋根とのマッチングに不満がある方は洋瓦による屋根リフォームを検討してみることをお薦めします。

シェア率7割の窯業系サイディングと洋瓦の相性もバッチリ

窯業系サイディングの外壁にJ形瓦(和瓦)の屋根という建物も多い

同じ洋瓦に葺き替えるならしっかりとしたものを選びましょう!

 洋瓦に葺きかえるのだったら、おしゃれや美観だけじゃなく、お手入れが楽で地震や台風にも負けない強い屋根にしてみませんか。
瓦屋根から瓦屋根への葺き替えであっても、メンテナンス性をアップさせ、災害に強い屋根にすることができるのです。

洋瓦に葺きかえるなら・お手入れが楽・地震や台風に強い屋根にしてみませんか

メンテナンス性のアップ

セメント瓦よりも粘土瓦を選びましょう

洋瓦にはセメントから造られたものも存在します。セメント瓦は塗装が必要な瓦で、塗り替えをしないと美観だけでなく、強度も落ちてしまいます。それに対し、粘土瓦は塗装を全く必要としない瓦です。
洋瓦でも粘土瓦を選択すれば、屋根塗装の手間が省けますし、その分のコストも節約できます。

セメント瓦 セメント瓦は塗装が必要メンテナンスを怠ると強度も落ちる

粘土瓦は塗装を全く必要としないメンテナンスコストも節約できる

 

セメント瓦とモニエル瓦のメンテナンスについて詳しくはコチラ

 

災害に対して強い屋根へ

お薦めは地震に強く、強風にも強い防災瓦

現在、防災瓦というものが製造されており、こちらは従来の瓦とは違い、1つ1つをビスなどで固定し、瓦同士をかみ合わせているため、地震時にも落下する心配がありません。
また、強風時に飛散することもありません。こういった屋根にしておけば、いざという時も安心です。

瓦1枚1枚をビスで固定

瓦同士をかみ合わせ固定するロック構造

防災瓦は従来の瓦よりも軽いから地震時にも有利

1㎡の重さが約5~6kgの金属屋根に較べると瓦は重量があるので、どうしても地震時には不利なことは否めませんが、それでも防災瓦は固定されていない従来の瓦に較べれば、落下してくる確率は大幅に低減できます。
また、防災瓦は重さにも気を配っているので、従来の瓦より軽いものがほとんどです。概ね、重量は1割程度軽くなっています。1割と聞くと瓦1枚で数百グラム程度ですが、100㎡(約30坪)の屋根の場合、実に400kg近くの軽量化になります。

1㎡当たりの重さ比較

 

防災瓦について詳しくはコチラ

 

雨漏りしにくい

瓦の下に雨水が入り込みにくい瓦もあります

瓦の下端の形状を工夫し、雨水の流れと切れをよくした瓦もあります。緩い勾配(傾斜角の少ない)の屋根に開発されたものですが、普通の勾配の屋根でももちろん、それ以上でも使用可能です。
屋根材の下に雨水が入り込まなければ、雨漏りしにくいだけでなく、防水紙の寿命も延びますからいいこと尽くめです。

雨水拡散を考慮したデザイン新東株式会社陶器瓦のCERAM-F2

雨風浸入防止機能のついた三州野安株式会社のセラマウント

洋瓦の実際の施工例

J形瓦からF形瓦へ
エンジから黒へ屋根をカラーチェンジ、葺き替えで落ち着きのある佇まいへ

使用材料 鶴弥スーパートライ110 タイプI

施工前施工後

 施工前の画像を見ると臙脂色をした釉薬瓦のように見えますが実はこれ、粘土瓦の色褪せがきになり、塗装してこの色にしたそうです。数年前に塗装したそうですが、既に塗膜が剥がれだして来ており、見栄えが悪くなっています。また、漆喰も傷んできていることや地震などのことも考えて、軽量の防災瓦に葺き替えることにしました。

瓦屋根の問題部分

瓦屋根の問題部分

瓦屋根の問題部分

釉薬瓦はほとんど色褪せしませんが、いぶし瓦は時とともに色褪せしてきます。色褪せが気になって瓦を塗装したということから、おそらくいぶし瓦だったのでしょう。粘土瓦を塗装するための塗料もありますが、塗装してしまうと定期的に塗り替えなければならないので、あまりお勧めはできません。漆喰も崩れてきています。

瓦屋根の問題部分

 屋根を保持していく上で、漆喰の崩れもそうですが、瓦の下にも問題がありました。桟木が折れてしまっていますので、瓦を留めていく力も弱くなっているでしょう。しっかりと直さなければなりません。

日本瓦から洋瓦(軽量防災瓦)への葺き替え

日本瓦から洋瓦(軽量防災瓦)への葺き替え

日本瓦から洋瓦(軽量防災瓦)への葺き替え

これまでの瓦の撤去
これまで使用していた瓦を取り外し、撤去していきます。瓦を取り除いた後には葺き土や防水紙、桟木が残りますから、こちらも撤去しつつ、清掃を行います。

野地板の増し張り

野地板の増し張り

野地板の増し張り
古いお家だったようで、野地板はバラ板が使われていました。通気性が高いという利点があるのですが、現在では防水紙の性能も上がりましたので、バラ板ではなく構造用合板が使われています。バラ板の上に構造用合板を増し張りしていきます。細いバラ板の上に構造用合板を増し張りしたので、屋根の強度も上がりました。

防水紙(ルーフィング)の敷設と桟木の設置

防水紙(ルーフィング)の敷設と桟木の設置

防水紙(ルーフィング)の敷設と桟木の設置
続いては防水紙を敷いていきます。防水紙にはタディスホワイトを使用しました。タディスホワイトは釘周りのシーリング製に優れ、引っ張りや引き裂きにも強い優れた防水紙です。

瓦の屋根の上への搬入

瓦の屋根の上への搬入

瓦の屋根の上への搬入
クレーンを使って瓦を屋根の上へと搬入します。この瓦を載せているパレット、屋根の勾配に合わせて水平になる仕組みがあるとても便利な物です。

瓦の設置と棟側の設置

瓦の設置と棟側の設置

瓦の設置と棟側の設置
今回使用する瓦は瓦の三大産地三州(愛知県西三河地方)で生産された軽量防災瓦です。鶴弥スーパートライ110 タイプIという製品でF形の洋瓦になります。瓦はビス止めされ、瓦同士がフックで連結されるため、防災瓦の名の通り、地震にも台風にも強い屋根になります。棟瓦もなんばんで固定された芯木にビス止めます。

日本瓦から洋瓦(軽量防災瓦)への葺き替え、竣工

竣工

 どうでしょうか、この落ち着きのある雰囲気。純和風の日本家屋に使用したとしても、違和感はありませんし、似合いますよね。しかも軽くて地震にも、台風にも強い瓦屋根です。こちらは釉薬瓦なのでほとんど色落ちしません。

洋瓦のまとめ

●洋瓦は西洋が発祥の瓦です

●スペイン発祥のS形瓦、フランス発祥のF形瓦、それらの進化形と呼ばれるM形(波形)瓦があります

●意外なことに和瓦(J形型)も洋瓦も施工方法はほぼ一緒です。

●輸入されている洋瓦もありますが、現在の洋瓦はほぼ国産です

●洋瓦の形状によって似合うお家も違います

●純和風のお家にも似合う洋瓦はあります

●混ぜ葺きはお家のお洒落度がアップします

●洋瓦へ葺き替えるならメンテナンスの手間が減り、災害に対しても強い防災瓦などを選びましょう

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
ページトップへ戻る