無題ドキュメント

文京区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

文京区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

文京区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

文京区で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの文京区にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

文京区で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

文京区は街の屋根やさん東京が対応致します

街の屋根やさん東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1

<?php echo 文京区; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

文京区で屋根葺き替え 文京区で屋根カバー 文京区で漆喰工事 文京区で屋根塗装・外壁塗装
文京区で棟板金工事 文京区で雨樋工事 文京区で防水工事 文京区でアパートマンションメンテナンス
文京区で火災保険 文京区で施工の流れ 文京区で瑕疵保険 文京区で無料点検

文京区にお住まいの方へ

文京区で行った施工事例をご紹介

文京区|昨年の雹害に火災保険を利用し補修メンテナンス

【施工前】
文京区のビフォー写真

【施工後】
文京区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
昨年の7月の雹災による破損の補修依頼を頂きましたのは、文京区のT様邸です。 雨樋の穴・網戸の破れ・屋根等に多数の被害があるという事ですので、まずは住宅全体の状態を確認させて頂き、メンテナンスのご提案をさせて頂きます。 今回は雹災、つまり自然災害による破損です。このような場合に火災保険を利用することも出来ますので、合わせてご紹介いたします。

【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 雨樋交換 屋根塗装
【工事詳細】

【点検の様子】

住宅点検 電化製品の故障

昨年の夏、急に大きな雹が降り、各地に大きな被害を残しましたね。

上空に寒気が流れ込むことによって雹は発生しやすい為、夏や冬の様に、地上と上空の気温差が出にくい季節よりも、初夏に発生しやすい傾向にあるようです。

こちらのお住まいでは当時、雹害・突風・落雷の影響であちこちに影響が出ました。

 

続きはこちらから

文京区で雹災に有った化粧スレート屋根のカバー工事を行いました

【施工前】
文京区のビフォー写真

【施工後】
文京区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
文京区のお客様も2017年7月の大粒の雹により屋根・庇波板・雨樋に被害を受けました。火災保険にご加入で、火災保険を使っての工事実績の多い弊社のホームページをみてご連絡を頂きました。実際に調査に伺わせていただいたのは雹が降った日から少し時間が経っていました。 調査を実施し、火災保険会社へ被災状況の写真、原状回復への工事お見積りを送っていただき、鑑定人による調査を経て、工事を行うこととなりました。 工期等を考慮し、屋根カバー工事を行いました。使用材料はKNルーフです。同時に穴の開いた波板と欠損してしまった雨樋も交換いたしました。

【工事内容】
屋根補修工事 屋根カバー工法 棟板金交換 雨樋交換 庇工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
KNルーフ
施工期間
4日間(仮設工事含む)
平米数
65㎡

【点検】

文京区雹災屋根破損調査001 文京区雹災屋根破損調査003

2017年の7月に文京区や豊島区で多くの被害を与えた雹災害ですが、文京区のお客様も同じく屋根、雨樋、庇波板に被害を受けました。

屋根一面には雹があたったことによる、白っぽい跡が無数に残されておりました。近寄って確認すると、屋根材の表面がえぐれてしまっているところも見られます。

文京区雹災屋根破損調査002 文京区雹災屋根破損調査004

屋根以外にも、庇の波板にも穴が開いてしまっていました。雹災で被害を受ける場所はやはり素材的に弱い部分が多いようです。雨樋も典型的な部分です。

続きはこちらから

文京区で行ったその他の施工事例をご紹介

文京区で屋根工事を行ったお客様の声

雨漏りにお困りだった、文京区のF様

【施工前】

文京区工事前アンケート!

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
屋上から階段の壁に雨漏りの染みと異臭がしたため
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
ネットで「屋根 雨漏り 文京区」と検索
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
サイトを見てなんとなくしっかりしてそうに思えたため。修理事例なども見て
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
丁寧で、しっかしりた分析と対処等についての説明がもらえ、安心できた

お客様の声一覧はこちら

文京区での現場ブログをご紹介

文京区で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2020/9/14 文京区千駄木でベランダの雨漏り調査を行いました 文京区千駄木でベランダの雨漏り調査を行いました

室内の雨漏り  文京区千駄木のお住いのお客様から雨漏りの原因を調べてほしいと私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせをいただき、新型コロナ対策を実施したうえで調査に伺って参りました。屋上バルコニー直下の部屋の角の方からの雨漏りでお困りとのことでした。 雨漏り部屋の直上は    雨漏...続きを読む

2020/5/31 文京区本駒込でポリカ波板の交換工事、若葉色の新しい波板が鮮やかでした 文京区本駒込でポリカ波板の交換工事、若葉色の新しい波板が鮮やかでした

 文京区本駒込で、カーポートの波板が雹災害で破損した為、火災保険の申請を行い、適用を受けたので保険を使用しての修繕工事を行いました。ポリカと呼ばれるポリカーボネートの屋根材を使用しての施工でしたが、いくつかの色のバージョンが有り、こちらのお宅ではグリーン(若葉色)の屋根を選択され交換致しました。 ...続きを読む

2020/5/10 文京区本駒込で雹災害による波板の点検調査、火災保険の適用期限は3年以内です 文京区本駒込で雹災害による波板の点検調査、火災保険の適用期限は3年以内です

 文京区本駒込のお客様で波板の老朽化に伴い交換をしたいとのご相談を受け現地調査にお伺い致しました。現場を確認すると所々、石粒大の穴がありこれは典型的な雹によるご被害と判断出来ます。2017年7月に発生した雹によるご被害となると、既に3年を経過しようとしている状況ですが、火災保険のご使用期限としては発...続きを読む

2020/4/10 文京区白山で棟板金の飛散をきっかけに屋根カバー工事を施工、樹脂製貫板に棟板金を取り付け 文京区白山で棟板金の飛散をきっかけに屋根カバー工事を施工、樹脂製貫板に棟板金を取り付け

文京区白山で令和元年房総半島台風、及び東日本台風のご被害で棟板金が離脱、落下してしまうご被害に遭われたお住まいで、お客様より年数も経過している事から屋根全体の施工をしたいとのご相談から、屋根カバー工法により全体工事を施工する事となりました。施工にあたり今後同様のご被害を防ぐべく仕上げの棟板金の加工に...続きを読む

2020/3/8 文京白山で築30年を過ぎたお住まいのスレート屋根をカバー工事、スーパーガルテクトを使用しました 文京白山で築30年を過ぎたお住まいのスレート屋根をカバー工事、スーパーガルテクトを使用しました

文京区白山で建てられてから30年を超えたお住まいの棟板金が房総半島台風によるご被害で飛散落下してしまいました。今回火災保険の申請を行い、承認を経て工事を施工する事になりました。棟板金の交換施工は部分とは言え足場設置が必要となります。 棟板金が飛散し雨対策養生   都心ならではの隣接するお住...続きを読む

2019/8/29 文京区本駒込で屋根葺き替え工事、道路に足場が出てしまう際は関係機関への届け出が必要です 文京区本駒込で屋根葺き替え工事、道路に足場が出てしまう際は関係機関への届け出が必要です

文京区本駒込で屋根葺き替え工事を施工致しました。屋根工事の場合は当然周囲を囲む足場が必要となります。但し東京地区の場合お住まいと道路との幅が広くないケースが多々あり、そう言った御現場で足場を設置する際には、各関係機関への届け出、承認が必要となります。 大型幹線道路沿いの現場、建物と正面道路の幅も広...続きを読む

2019/7/17 文京区本駒込で表面塗膜が剥がれたFRPテラスにトップコートを施工 文京区本駒込で表面塗膜が剥がれたFRPテラスにトップコートを施工

文京区本駒込のお客様は二年前の雹災の時に屋根のカバー工事をさせていただいてからお家の事で何かあった場合はご相談を頂いているお客様です。今回は屋上テラスの床の表面塗装がパラパラと剥がれて来てしまった、ということでご相談を頂きました。FRPで施工されている床の表面がお客様のおっしゃる通り剥がれてしまって...続きを読む

2019/6/9 文京区本駒込でガルバリウム鋼板波板での葺き替え工事を行いました 文京区本駒込でガルバリウム鋼板波板での葺き替え工事を行いました

文京区本駒込で築年数約60年の日本瓦のお住まいで、長く手を入れてないので雨漏りの心配もあり、瓦は重いので地震の際の安全対策をしたいとのご要望で、波板タイプのガルバリウム鋼板の屋根の葺き替え工事を行いました。 瓦屋根の下の杉皮も年数と共に防水機能を失っていきます   日本瓦を撤去に入ります。...続きを読む

2019/6/8 文京区千駄木で傷んだ霧除け屋根をガルバリウム鋼板でカバー工事しました 文京区千駄木で傷んだ霧除け屋根をガルバリウム鋼板でカバー工事しました

文京区千駄木で傷んできた霧除けトタン屋根を改修する工事を行いました。どのように改修したかといいますと、サビに強い鋼板であるガルバリウム鋼板を使用して既存霧除け屋根をカバー工事する方法で実施いたしました。一階部分と二階部分に霧除け屋根が付いている為、足場を建物の前面に仮設しての工事となっております。 ...続きを読む

2019/6/1 文京区本駒込で霧除けに腐食が発生した為、板金カバー工事を行いました。 文京区本駒込で霧除けに腐食が発生した為、板金カバー工事を行いました。

文京区本駒込の建てれてから約60年のお住まいで、庇の部分が腐食してしまって崩れてきているとのご相談から、現地へ状況確認を行いガルバリウム鋼板による霧除けカバー工事をご提案しました。 霧除け(庇)は水が溜まりやすく、傷みが出やすい場所です。   このように霧除けの先端の軒先部分を中心に、経年...続きを読む

2019/5/22 文京区本駒込のガルテクトでカバーした屋根の年次点検に伺いベランダトップコートのお見積り依頼をいただきました 文京区本駒込のガルテクトでカバーした屋根の年次点検に伺いベランダトップコートのお見積り依頼をいただきました

2017年7月の雹災を受けた文京区本駒込のお客様の屋根カバー工事後の年次点検に伺ってまいりました。工事前の屋根の状態はすさまじいもので、化粧スレート屋根がくぼみだらけになっておりました。それもスッカリキレイになってお客様も大満足されていらっしゃいます。使用した屋根材はIG工業のスーパーガルテクトで色...続きを読む

2019/5/20 文京区本駒込で築50年の瓦屋根を点検調査、ガルバリウム鋼板の葺き替えのご提案 文京区本駒込で築50年の瓦屋根を点検調査、ガルバリウム鋼板の葺き替えのご提案

文京区本駒込で建てられてから50年以上のお客様より、瓦屋根の葺き替え工事についてご相談があり、現地確認にお伺いしました。 瓦屋根は重量があるので地震などの際にズレなどが生じます 瓦屋根と言うと重厚感も有り、更に塗装等のメンテナンスが不要と言われ、古来より日本の家屋で多く使用されてきました...続きを読む

2019/5/13 文京区千駄木で20年前に塗装をされたコロニアル屋根の点検を行いました 文京区千駄木で20年前に塗装をされたコロニアル屋根の点検を行いました

文京区千駄木のお客様は20年ほど前にコロニアル屋根塗装を行ったそうですが、最近塗装が剥がれて来てしまったようでご心配になってご相談の連絡を下さいました。文京区千駄木辺りは一昨年前の大きな雹が降った地域に該当しております。もしかするとコロニアル屋根の塗装の剥がれも原因の一端になっているかもしれないと思...続きを読む

2019/4/24 文京区駒込のお宅で屋根材を剥がしてみるとその下に防水シートが貼ってありませんでした 文京区駒込のお宅で屋根材を剥がしてみるとその下に防水シートが貼ってありませんでした

文京区駒込で、屋根の葺き替え工事を行う事となりました。建てられてから約20年を経過しており、屋根材はアスファルトシングルと言う素材。6年ほど前に屋根外壁塗装工事を行っており、施主様としてもお手入れを直ぐには考えていない頃合いでした。ところが、お向かいのお宅様から屋根がへこんでいますよ。とのお話しを受...続きを読む

2019/4/9 文京区本駒込でヒランビーを使った屋根葺き替えが竣工 文京区本駒込でヒランビーを使った屋根葺き替えが竣工

文京区本駒込でアスファルトシングル屋根材で葺かれていた斜壁屋根をガルバリウム鋼板屋根材ヒランビーで葺き替える工事が終了いたしました。葺き替えの原因となったのはもともと野地板に防水紙を施工していなく屋上の縁をまわしてある笠木との取り合い部分から浸水し屋根が陥没してしまっておりました。コロニアル屋根材を...続きを読む

2019/4/8 文京区本駒込にて斜壁屋根をガルバリウム鋼板屋根材ヒランビーで葺き替え工事中 文京区本駒込にて斜壁屋根をガルバリウム鋼板屋根材ヒランビーで葺き替え工事中

文京区本駒込で実施しているアスファルトシングル材の貼ってある斜壁屋根葺き替え工事ですが、ボロボロになっていた野地板をすべて撤去し、下地鉄骨の錆止め塗装を行いながら新たな野地板を施工しています。なかなか想定外のことが重なり大変でしたが下地まで作り上げてしまえば、もう安心です。ペースを上げて完工に向かい...続きを読む

2019/4/6 文京区本駒込で窪んでしまったアスファルトシングル斜壁屋根面の葺き替え工事 文京区本駒込で窪んでしまったアスファルトシングル斜壁屋根面の葺き替え工事

【大きく窪んでしまった屋根の一部】 文京区本駒込のお客様はご近所の方に「屋根が窪んでるよ」と教えてもらって屋根の異変に気が付いたそうです。陸屋根の屋上にはお客様のご趣味の植栽が多くあり、お客様自身は異変には全く気が付いていなかったそうです。笠木と屋根の隙間には野地板が見えてしまっています。...続きを読む

2019/2/7 文京区でアパート階段の庇波板をポリカ波板で交換工事を実施 文京区でアパート階段の庇波板をポリカ波板で交換工事を実施

文京区でアパートを所有されているオーナー様から庇屋根の波板交換工事をご依頼いただき実施して参りました。当初、台風被害と言うことで伺ってましたが、地域的に、二年前の雹災にもあっているような状態でした。ご加入の火災保険にて修理費用を認めてもらい工事を行いました。ポリカ波板も昨年の台風の影響から入荷がしば...続きを読む

2019/2/3 文京区千駄木で棟板金の無い瓦棒屋根からの雨漏り修理 文京区千駄木で棟板金の無い瓦棒屋根からの雨漏り修理

文京区千駄木で屋根塗装工事を行ったお客様の瓦棒屋根からの雨漏りのご連絡を受けて急ぎ訪問いたしました。瓦棒屋根の塗装の際は、凸部のカッパと言われる部分と凹部のドブと言われる部分の境目に塗料が詰まってしまうと、雨漏りを起こすことがあるからです。天井内部の雨漏りの様子を確認すると、塗料の詰まりによる物では...続きを読む

2019/1/17 文京区千駄木で台風被害の塩ビ波板屋根を丈夫なポリカ波板に貼り換え工事 文京区千駄木で台風被害の塩ビ波板屋根を丈夫なポリカ波板に貼り換え工事

文京区千駄木で台風で破損してしまった塩ビ波板屋根を火災保険で修理をすることになりました。塩ビ製の波板は経年によって「粘り」が無くなり、少しの衝撃でも割れてしまいます。その為、台風のような強風だったり、雹が降ったりすると砕け散ってしまったり、ポッコリ穴が開いてしまいます。今回の工事では、塩ビ波板より「...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

文京区、お問い合わせから工事までの流れ

文京区、お問い合わせから工事までの流れ

文京区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<文京区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・耐震改修工事助成(木造住宅・非木造住宅・分譲マンション)
・高齢者等住宅修築資金助成

<各助成金に対する説明>
耐震改修工事助成は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた建物を対象に、耐震化の費用の助成を受けられる制度です。助成の種類には、木造住宅耐震化助成、非木造住宅耐震改修工事助成、分譲マンション耐震改修工事助成等があります。それぞれ助成金額は、対象工事費の2分の1以内です。木造住宅の上限金額は120万円、非木造住宅の上限金額は300万円で、分譲マンションの上限金額は2000万円になります。
高齢者等住宅修築資金助成は、高齢者または障害者を含む世帯を対象に、住宅部分の修繕工事について助成を受けられる制度です。対象となる工事は、住宅内での段差の解消や手すりの設置、その他バリアフリーのために行う修繕工事、または浸水による被害の軽減のための防水板設置等の浸水対策工事や、罹災した住宅の復旧工事です。

<助成金申請方法や注意点>
耐震改修工事助成を受けるには、事前の相談が必要です。工事の契約は助成金交付決定があってから行う必要があります。その後、工事に着手する流れになります。工事が完了したら、報告書を提出します。助成金額の確定通知書が来たら、助成金請求書を提出し、交付を受ける流れになります。
対象となる木造・非木造住宅・分譲マンションは、延べ面積の2分の1以上を住宅として使っている必要があります。非木造住宅は、共同住宅を含みます。対象となるのは建物の所有者です。共有している場合は、すべての所有者の同意書が必要になります。また、分譲マンションの場合は総会等で工事の実施に関する議決が必要になります。建物と土地の所有者が異なる場合は、土地所有者の同意書が必要です。
高齢者等住宅修築資金助成を受けるには、事前の申請が必要です。対象者は、65歳以上の高齢者または心身障害者の生活する世帯です。また、住民税を滞納していないことが条件になります。助成費用は10%で、上限は20万円です。


<お問い合わせ先>
・耐震改修工事助成のお問い合わせ先
地域整備課耐震担当
TEL:03-5803-1846 FAX:03-5803-1376

・高齢者等住宅修築資金助成のお問い合わせ先
住環境課管理担当
TEL:03-5803-1374 FAX:03-5803-1376

・区役所住所:〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

文京区は街の屋根やさん東京が対応致します

街の屋根やさん東京は東京都江戸川区西一之江にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

<?php echo 文京区; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

文京区、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る