無題ドキュメント

国立市で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

国立市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

国立市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

国立市で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの国立市にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

国立市で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

国立市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 国立市; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

国立市で屋根葺き替え 国立市で屋根カバー 国立市で漆喰工事 国立市で屋根塗装・外壁塗装
国立市で棟板金工事 国立市で雨樋工事 国立市で防水工事 国立市でアパートマンションメンテナンス
国立市で火災保険 国立市で施工の流れ 国立市で瑕疵保険 国立市で無料点検

国立市にお住まいの方へ

国立市にお住まいの皆様、こちらのページでは国立市で行った工事の施工例や、日々の現場ブログ、点検ブログの他に、国立市で実際に工事を行ったお客様の感想をご紹介しております。
お住まいの屋根は普段あまり気にされる方は少ないかと思いますが、お住まいの中でも特に劣化のしやすい箇所が屋根になります。
屋根は定期的な点検やメンテナンスを行うことがお勧めです。
まずはこちらのページを参考に、ご自宅の屋根の点検を行ってみてはいかがでしょうか。

国立市で行った施工事例をご紹介

国立市にて台風で落下してきて車を直撃した棟板金の交換工事

【施工前】
国立市のビフォー写真

【施工後】
国立市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
台風で棟板金が剥がれてしまったというケースはよくあります。だいたいが剥がれかかったまま屋根に残っているか、もしくは敷地に落下してくるというケースです。敷地に落下してきしても、小さな植栽を植木鉢ごと壊したということがほとんどなのですが、何とN様は所有しているお車に直撃したらしく、引っかき傷がついていました。これは悲惨な二次災害です。

【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金(ガルバリウム鋼板)
施工期間
1日
築年数
14年

【点検の様子】

落下して変形した棟板金 車に付いた傷

都内はどこも住宅密集地で、国立市もその例外ではありません。悲惨なことに長尺で使われていた棟板金が剥がれて落下してきたようです。剥がれた時に曲がったのか、落ちてきたときの衝撃なのか、ぐにゃりと変形しています。しかも、落下してくる途中、車に当たったらしく、フロントにはその引っ掻き傷がついています。こうなる前にメンテナンスをしていれば、二次災害は防げたでしょう。

 

棟板金が剥がれたスレート屋根 釘が抜けきった棟板金

棟板金が落下してくる原因は2つあると言われています。まず、棟板金を固定している釘が緩んでしまうこと、そして棟板金を固定している貫板が腐食し、固定が保持できなくなることです。こちらのスレート屋根、片側には貫板が残されており、もう片側には貫板が残されていませんでした。このように同時に発生するケースも珍しくありません。他の屋根に残された棟板金ですが、釘が抜けきっている部分がかなりありました。今後のことを考えて全ての棟板金を交換します。

続きはこちらから

国立市で雨漏りの原因となっていたバルコニーへウレタン塗膜防水工事

【施工前】
国立市のビフォー写真

【施工後】
国立市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
洗濯物を干したり、そこでくつろいだり、日光を浴びたりとさまざまなことに役立つ上に生活を豊かにしてくれるバルコニーやベランダ。ところが年月を経るとだんだんと厄介者になってきます。極めて雨漏りの原因となれ安いからです。国立市のK様は以前からバルコニーの雨漏りに悩んでおり、最近は室内への雨水の浸入も酷くなってきたということです。

【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
施工期間
6日間
平米数
14.9㎡

【点検の様子】

壁紙の剥がれ 小屋裏の雨漏り跡

以前から室内への雨漏りがあったのですが、いよいよクロスも剥がれてきたということで、私達にご相談くださいました。壁紙の剥がれは一部ですが、このまま放置しておけば全面的に剥がれだすでしょう。バルコニー下の小屋裏も雨漏り跡が見て取れます。放ってはおけない状態です。

 

バルコニーの床面 大きなクラック

問題のバルコニーですが、床面のさまざまなところにクラックが走っていました。これではもっと雨漏りしていてもおかしくありません。バルコニーへ雨水が入り込みにくい立地なのでしょう。室内の被害が少ないのはラッキーでしたが、それだけ判断も遅くなってしまったということです。

続きはこちらから

国立市で行ったその他の施工事例をご紹介

国立市で屋根工事を行ったお客様の声

国立市で屋根工事を行ったK様

国立市工事後お客様写真

【工事後】 国立市工事後アンケート

Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
とくに悩まずきめてしまったが、結果良かったと思っている
Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
実績数、また同じ工事が家の近くでもやっていたので
Q3.お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
すぐ依頼した
Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
実績数、評判も悪くなさそうだったので
Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
かなり良心的な工事だった、家のことでいろいろ相談にものってもらえてよかった

お客様の声一覧はこちら

国立市での現場ブログをご紹介

国立市で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2020/6/28 国立市谷保、1階の部屋で発生した雨漏りを調査しました 国立市谷保、1階の部屋で発生した雨漏りを調査しました

雨漏り箇所を確認    国立市谷保のお客様より、雨漏りの点検依頼をいただき現地を調査してまいりました。雨漏り箇所は1階のお部屋で、昔増築工事をした部分とのことです。雨漏りは2階の屋根から発生するようなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、外壁やバルコニーの取り付け部分などを原因として、...続きを読む

2019/11/2 国立市富士見台で雨漏りの原因はルーフバルコニーの防水の劣化でした 国立市富士見台で雨漏りの原因はルーフバルコニーの防水の劣化でした

国立市富士見台で雨漏りしている建物の調査をおこないました。台風の時に天井から大量の雨漏りしていてクロスが剥がれています。天井のボードにはカビが生えているので、水を吸ったボードの張り替えも必要です。ボードの劣化状況をみると、台風の前から雨漏りの症状は出ていた様です。天井からの雨漏りの場合、一旦断熱材が...続きを読む

2019/11/1 国立市西町で台風被害を受けた屋根は雨漏りしているので葺き替え工事で直します 国立市西町で台風被害を受けた屋根は雨漏りしているので葺き替え工事で直します

国立市西町で屋根の調査をおこないました。台風の後から室内の天井に雨漏りし始めたそうで、結構な量の雨水が流れ落ちていました。台風で被害を受けたのはスレート葺き屋根の棟板金で、一部が飛ばされていました。スレート自体も大分劣化していて下地の状態も良くありません。雨漏りを止めるには、スレートの下に葺いてある...続きを読む

2019/8/17 国立市富士見台で雨漏りしている瓦屋根を軽いガルバリウム鋼板製の屋根へ葺き替えます 国立市富士見台で雨漏りしている瓦屋根を軽いガルバリウム鋼板製の屋根へ葺き替えます

国立市富士見台で瓦屋根を調査しました。天井から雨漏りしているとの事で屋根の状態を調べましたが、下地の防水紙(ルーフィング)が劣化していて破れていました。ここから下地へ雨水が入り込んだ跡もありますので、原因は下地の劣化と断定しました。瓦自体には傷みは出ていませんが、下地の劣化は定期的にチェックして直さ...続きを読む

2019/7/30 国立市泉で塗装してあるスレート屋根をガルバリウム鋼板で屋根カバー工事します 国立市泉で塗装してあるスレート屋根をガルバリウム鋼板で屋根カバー工事します

国立市泉で屋根の調査をおこないました。築20年以上が経過していて加工に一度塗装工事をおこなった事があるスレート葺き屋根です。塗装工事をおこなってから年数が経っている様で、表面が大分劣化していました。スレート屋根は塗装工事でのメンテナンスが必要なのですが、何度も塗装できる訳ではありません。屋根材の下に...続きを読む

2019/5/31 国立市谷保で平屋建てスレート葺き屋根を塗装工事でメンテナンスします 国立市谷保で平屋建てスレート葺き屋根を塗装工事でメンテナンスします

国立市谷保で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの平屋は過去に一度塗装工事をおこなった事があるそうで、今回が2回目の塗装工事です。スレート葺きの屋根は塗装工事でのメンテナンスが必ず必要な屋根材で、塗装をしないとスレート自体の劣化が進んでしまいます。紫外線や風雨に曝されるのでどんどん劣化して表面の...続きを読む

2019/3/12 国立市西でフッ素塗料の一液ファイン4Fルーフを使った屋根塗装を実施 国立市西でフッ素塗料の一液ファイン4Fルーフを使った屋根塗装を実施

スレート屋根は定期的に塗装をする必要があります 本日ご紹介いたしますのは国立市西で行った屋根塗装の様子です。長年スレート屋根については特段メンテナンスをしていなかったという話で、現在は苔が生えて見た目的にも悪くなっているというのがお悩みでした。 スレート屋根は時間が経つと紫外線や水分の影響で塗膜...続きを読む

2019/2/28 国立市青柳にて雨漏りの原因だったのは瓦棒葺き屋根の軒先の箱樋でした 国立市青柳にて雨漏りの原因だったのは瓦棒葺き屋根の軒先の箱樋でした

国立市青柳で屋根の調査をおこないました。トタンの瓦棒葺き屋根は、サビが大分広がっていて穴が開きそうな状態になっていました。塗装工事をおこなった跡がありますが、塗膜が薄かった様で下地が透けているために、サビを止める事が出来なかった様です。トタン自体がベコベコになっているので、屋根のメンテナンスは葺き替...続きを読む

2019/2/25 国立市富士見台で強風により捲れた、片流れの棟板金を交換しました 国立市富士見台で強風により捲れた、片流れの棟板金を交換しました

国立市富士見台にお住いのS様より、「新築1年の家ですが屋根の板金が一部分剥がれました」とご不安のお問合せがございました。「上から見ると長方形で斜めな屋根をしている」とのことでしたので、恐らくは片流れという形の屋根であると考えられます。   【屋根の形の中で一番シンプルな片流れ】 ...続きを読む

2019/2/21 国立市石田にて化粧スレート屋根は屋根材以外に棟板金のメンテナンスも必要 国立市石田にて化粧スレート屋根は屋根材以外に棟板金のメンテナンスも必要

化粧スレート屋根のメンテナンスと言えば、化粧スレートや金属部の劣化を防ぐための塗装が最も代表的ですが、それ以外にもメンテナンスが必要なところがございます。それは棟板金の固定です。棟板金は板金内部にある貫板という木材が傷むことにより、固定している釘が抜けてくることがあります。化粧スレートや金属部であれ...続きを読む

2019/2/6 国立市青柳でバルコニーの排水口の周りが原因で雨漏りしている建物調査 国立市青柳でバルコニーの排水口の周りが原因で雨漏りしている建物調査

国立市青柳で雨漏りしている建物の調査をおこないました。調査してみると1階の天井部分から大量の雨漏りをしていて、天井の下地が大分腐食しているのが分かります。天井の上はバルコニーになっていて、床のモルタルがヒビ割れだらけになっているのが見て直ぐにわかります。調査に伺った建物の様なルーフバルコニーの場合、...続きを読む

2019/2/6 国立市谷保で雨漏りしている屋根の瓦を外して下地を調査 国立市谷保で雨漏りしている屋根の瓦を外して下地を調査

「以前から雨漏りしていのは分かってはいたが、最近特に酷くなってきた」とご不安のご相談がございましたのは、国立市谷保にお住いのI様からでした。国立市谷保I様のお宅は平屋で日本瓦を使用した屋根でしたが、いつも同じところから雨漏りしていたが、最近は他のところからも雨漏りしてきて滴る水の量も増えているそうで...続きを読む

2019/1/29 国立市青柳で屋根葺き替え、同時に雨漏りしているトップライト(天窓)も撤去します 国立市青柳で屋根葺き替え、同時に雨漏りしているトップライト(天窓)も撤去します

国立市青柳で調査した屋根はスレート葺きで雨漏りしています。築23年で屋根全体のメンテナンスは今回が初めてです。雨漏りしている部分を確認すると、屋根に設置されているトップライト(天窓)が雨漏りの原因になっていました。トップライトは室内に明かりを取り込むために屋根に穴を開けて取りつけています。雨水が張り...続きを読む

2019/1/24 国立市国保で劣化してボロボロになったスレートはニチハのパミールでした 国立市国保で劣化してボロボロになったスレートはニチハのパミールでした

国立市国保で屋根の調査をおこないました。屋根が大分劣化してきたので直したいというお問い合わせで、屋根に上って傷みの状態を確認しました。スレート葺きの屋根は上から見てもボコボコと波打っているのが分かりますが、これは、ニチハというメーカーの『パミール』が使われているからです。ノンアスベストのスレート材で...続きを読む

2019/1/18 国立市青柳で雨水によってコケが生えたバルコニーの防水工事をおこないます 国立市青柳で雨水によってコケが生えたバルコニーの防水工事をおこないます

国立市青柳でバルコニーの調査をおこないました。バルコニーの床には防水が施工されていますが、伺った建物は防水層の上に防水層を保護する為のモルタルが塗ってあります。保護モルタルには撥水性がありませんので、塗れた状態になればどんどんコケも付着してしまいます。モルタルの下にある防水層がどの様な傷みなのかを確...続きを読む

2019/1/13 国立市谷保でアパートの折板屋根に遮熱塗料での屋根塗装をおこないます 国立市谷保でアパートの折板屋根に遮熱塗料での屋根塗装をおこないます

国立市谷保で屋根の調査をおこないました。アパートの屋根で金属の折板屋根が葺いてあります。折板屋根とは板金を山と谷状に折り曲げた屋根材で、工場や倉庫などの大型の建物に良く使われている屋根材です。金属ですので経年によってサビが出てしまいますので、サビ止めを塗って塗装工事をおこなう必要があります。 【屋...続きを読む

2018/12/10 国立市富士見台で傷みが出始めたスレート屋根を金属屋根でカバー工事 国立市富士見台で傷みが出始めたスレート屋根を金属屋根でカバー工事

国立市富士見台へ屋根の調査に伺いました。スレート葺きの屋根で一度もメンテナンスをした事がありません。スレート屋根は新築で葺いた後に必ず塗装のメンテナンスが必要になりますが、塗装工事をおこなわないとスレート表面の撥水性が落ちていき、雨が降っても雨水を弾かずに吸い込んでしまいます。その様になると、塗れた...続きを読む

2018/12/9 国立市で屋根調査、築年数と屋根材の傷み具合によっては屋根葺き替えが適切な場合もあります 国立市で屋根調査、築年数と屋根材の傷み具合によっては屋根葺き替えが適切な場合もあります

国立市E様より「屋根の金属部品が落ちてきてしまったので直してほしい」とお悩みのご相談がございましたので、さっそく調査にお伺いしました。金属部品とは棟板金のことでしたが、棟板金が取り付けてある屋根そのものが傷んでおりました。築年数が長いことと屋根材の傷み具合によっては屋根葺き替え工事が妥当な場合もござ...続きを読む

2018/12/7 国立市で7屋根調査、老朽化した建物を放置すると不具合が起こったときに費用が高くなりやすい 国立市で7屋根調査、老朽化した建物を放置すると不具合が起こったときに費用が高くなりやすい

お住まいになられている建物はご自身やご家族の方がおられるので、建物不具合に気が付きやすいと思いますが、お住まいになられていない建物は不具合に気が付きづらい傾向があります。どうしても普段から意識がいかないのかと思います。それでも1年や2年に1回でも良いので思い出して様子を確認しておいたほうが良いと思い...続きを読む

2018/11/27 国立市でスレートの劣化と棟板金の浮きを解消するため屋根カバー工事をご提案 国立市でスレートの劣化と棟板金の浮きを解消するため屋根カバー工事をご提案

国立市で屋根の調査をおこないました。一度もメンテナンスをした事が無い屋根という事で、状況をみて適切な工事の提案をご希望されています。傷みの度合いによってメンテナンスの方法が変わって来ますので、しっかり状況の調査をおこないます。スレート葺きの屋根は一度もメンテナンスをおこなった事が無いと伺っていたので...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

国立市、お問い合わせから工事までの流れ

国立市、お問い合わせから工事までの流れ

国立市にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<国立市で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅耐震診断費用助成
・木造住宅耐震改修費用助成
・分譲マンション耐震診断費用助成
・国立市住宅省エネルギー化補助制度

<各助成金に対する説明>
木造住宅耐震診断費用助成は、木造住宅の耐震化の促進のために、耐震診断についての助成を受けられる制度です。耐震診断では家の強度を調査・測定することができます。
木造住宅耐震改修費用助成は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された木造住宅が対象です。助成を受けて行った耐震診断の結果、改修の必要があると評価された住宅の改修費用について受けることができます。
分譲マンション耐震診断費用助成は、分譲マンションの管理組合を対象に耐震診断について費用の助成が出る制度です。
国立市住宅省エネルギー化補助制度は、地球温暖化対策の一環で、住宅の断熱工事や断熱窓の設置、高反射率塗料(遮熱塗料)の塗装を行う費用に補助が出る制度です。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅耐震診断費用助成の流れは次の通りです。まず調査会社を決めます。市の指定機関に連絡し、調査にかかる費用の見積もりを受けます。次に、市へ助成金を申し込みます。そして、市から連絡を受けて耐震診断へと進みます。その後、市役所に助成金を請求すれば受け取ることができます。診断機関は、東京都木造住宅耐震診断事務所として登録された事務所、および社団法人東京都建築士事務所協会立川支部正会員事務所になります。
補強改修工事の流れは次の通りです。まず、助成金の交付申請をします。助成金の交付が決定したら、改修工事を実施します。そして工事が完了したら完了報告をして、助成金を請求します。助成の対象になるのは、床面積の2分の1以上が住宅として使われている建物です。また、助成を受ける人が市税等を滞納していないことも条件になります。
分譲マンション耐震診断費用助成を受けるには、耐火建築物または準耐火建築物である必要があります。また、1000平方メートル以上で地上3階以上建ての建物である必要があります。 国立市住宅省エネルギー化補助制度を受けるには下記の条件を満たす必要があります。まず、市内の住宅が対象で市税の滞納がない人が対象です。また、必ず工事の着手前に申請をして市の交付決定を受ける必要があります。そして該当の住宅が販売や譲渡、賃貸を予定している場合は受けることができません。また、省エネのアンケートに回答する義務もあります。

<お問い合わせ先>
都市整備部 都市計画課 都市計画係
住所:〒186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(50番窓口)
TEL:042-576-2111 FAX:042-576-0264

国立市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川は東京都調布市多摩川にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

国立市、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る