無題ドキュメント

HOME > 地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類.....

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

屋根リフォームの相見積もり、その必要性と正しい活用法

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。
実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。

【動画で確認「 スレート屋根へのカバー工法」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください!
 ↓ ↓ ↓
【動画で確認「 スレート屋根へのカバー工法」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。
動画で見たいという方は是非ご覧ください!

スレート屋根の屋根カバー工法で金属屋根は遠慮したいという方へ

現在、最も普及しているスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根、その屋根リフォームとして最も一般的なのが屋根カバー工法ではないでしょうか。

 屋根カバー工法はその名通り、屋根の上に屋根を被せてカバーする工法で、「重ね葺き」や「増し葺き」などとも言われます。
これまでの屋根に上に新たな屋根を重ねるわけですから、軽い屋根材の方がいろいろと有利なところが多く、ガルバリウム鋼板などの金属屋根材が選ばれがちです。
昔のトタンと較べると、現在の金属屋根材は遮音性や断熱性、耐久性にも富んでおり、様々な面で進化しています。しかし、「色が豊富ではない」、「表面がほぼ平らでツルっとしているので安っぽく見える」、「雨音がうるさそう」、「夏は暑そう」と思われている方が多いのも事実です。

誰にでもリフォームトラブルは起こりえます!

ハイブリッド瓦やアスファルトシングルでも屋根カバー工法が可能です!

塗膜が剥がれる

 実は屋根カバー工法って、金属屋根以外の屋根材も選べるということをご存知でしたでしょうか。
屋根カバー工法ではハイブリッド瓦やアスファルトシングルといった屋根材を選ぶことができるのです。
重厚感のある瓦屋根に憧れるという方は見た目がいぶし瓦とそっくりのROOGAシリーズ(ケイミュー株式会社)もいいでしょう。
彩り豊かでおしゃれな屋根にしたいという方はアスファルトシングルを選ぶこともできます。

 

日本家屋の様な重厚感と趣きのある瓦屋根にしたいと思うようになってきた方

→ ハイブリッド瓦による屋根カバー工法が可能です。

アスファルトシングルのグラデーションで屋根を彩りたいという方

→ アスファルトシングルによる屋根カバー工法が可能です。

ルーガ雅

 見た目は粘土瓦にそっくりだけど、重さは瓦の半分以下というのがハイブリッド瓦のROOGAシリーズです。
和風のお家によく似合うROOGA雅と洋風のお家にもマッチするROOGA鉄平がラインナップされています。

リッジウェイ

 アスファルトシングルは防水紙と屋根材が一体化したような屋根材で、防水紙の上に石粒が吹き付けられています。
アスファルトシングルによる屋根カバー工法はこれまでのスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根に貼り付けていく施工になります。

ROOGAシリーズについての詳細はコチラ

リッジウェイについての詳細はコチラ

お客様から寄せられたカバー工法に関するご質問にお答えします!

お客様からの疑問

街の屋根やさんから回答

 街中のお家を見てみれば分かるように、アスファルトシングルの屋根はかなり少ないですよね。
屋根専門店であっても「アスファルトシングルで施工したことがない」、または「施工した経験はあるけど、数回程度」というところは多いのです。こういったところにアスファルトシングルでの屋根カバー工法を頼むのはちょっと不安ですよね。
アスファルトシングルに精通していないことを自覚しており、良心的な屋根業者の場合は広く普及しており、施工経験も豊富な金属屋根材を薦めてきます。

アスファルトシングルは市場の供給量が圧倒的に少なく取り扱う業者自体が少ない

OOGAの施工には講習会受講瑕疵担保保険への加入や建設業許可の取得が必須のためそもそも取り扱えない業者も多い

 一方、ROOGAですが、こちらはケイミュー株式会社から認定が必要です。
ROOGAを取り扱うための講習会を受講することはもちろんのこと、瑕疵担保険の加入と建設業許可証の取得も義務付けられています。

また、ROOGAは粘土瓦を模した屋根材ですが、施工方法はかなり違います。棟の設置の仕方などは独自の工法となるので、やはり相応の施工経験が求められます。
ただやはり最大の理由は金属屋根材が最も軽量なので、お家に掛かる負担が最小限だということが挙げられます。

 


やはり屋根は軽い方がいい!

地震の際の屋根の揺れは屋根の重さにも左右されます。屋根が軽ければお家の重心も下がりますし、慣性の法則も小さくなりますから、揺れづらくなるのです。
屋根カバー工法はこれまでの屋根の上に新たな屋根を被せるため、当然のことながら、屋根の重量は増します。屋根は新しくなりますが、耐震性などの面ではマイナスなのです。屋根カバー工法を選んだ場合も屋根の重量増は最低限に留めるべきです。

やはり屋根は軽い方がいい!

 重い屋根の代表として瓦屋根は工法によっても違いますが、一昔前のお家で1㎡あたり50~60kgです。
現在、新築などで用いられる瓦は昔のものよりも軽くなり、1㎡あたり42~43kgです。具体的にどの重さまでなら大丈夫とは言えないのですが、やはり軽い方がいいに決まっています。
お家の地震に対する強さは1981年6月に施行された新耐震基準と旧耐震基準で大きく変わります。
古いお家の場合、安全性を考えて、お客様のご希望とは異なるものの、敢えて金属屋根を薦めてくる業者も存在します。

住まいの安全性を考慮し、お客様のご希望とは違っても 金属屋根をお薦めすることもあります

見た目、質感ともに金属屋根とは思えない金属屋根材も流通しています

 金属屋根材であっても、エコグラーニをはじめとするディーズルーフィングの製品は表面に自然砕石が吹き付けられており、見た目も、質感も金属屋根とは思えません。

現在はさまざまな建材が流通していますから、自分のお家とお好みに合わせて屋根材を選ぶことも可能なのです。
街の屋根やさんはROOGAやアスファルトシングルでの屋根カバー工法にも精通しておりますが、やはり金属屋根材をお薦めします。

 

ディーズルーフィングについての詳細はコチラ

スレート屋根へのカバー工法の選択肢まとめ

●金属屋根材の見た目が好みでないという人にはハイブリッド瓦やアスファルトシングルでの屋根カバー工法も可能

●屋根カバー工法で見た目を瓦屋根のようにしたいという方にはハイブリッド瓦、洋風のオシャレな屋根にしたいという方にはアスファルトシングルがお薦め

●アスファルトシングルを取り扱っている業者は少ないので金属屋根材が選ばれがち

●ハイブリッド瓦のROOGAの施工にはケイミュー株式会社から認定が必要なのでやはり金属屋根材が選ばれがち

●金属屋根は軽量なので建物への負担も少なく、地震にも強い

●自然砕石が吹き付けられた金属屋根材は見た目も、質感も金属屋根に見えず、高級感もあってお薦めです

関連するブログ一覧

  • 江戸川区江戸川にお住まいのK様、現地調査を行い屋根カバー工法をご提案しました

    コロニアル 欠け

     江戸川区にお住まいのK様様より屋根の点検のご依頼を頂きまして、点検の為にご自宅へお伺いさせていただきました。  K様のお宅は築30年で7~8年ほど前に屋根のメンテナンスを行ったとの事でしたが、屋根の塗装が気になり今回点検の依頼をされたとの事です。屋根材にはコロニアルを使用していました。コロニアル等のスレート屋根は10年に1度は塗装をすることが進められている商品ですので今回の屋根の点検はいいタイミ...続きはこちら

  • 横浜市戸塚区にて、経年劣化による屋根の汚れ 屋根のカバー工法を実施

     屋根の汚れが気になるとのご相談をいただき、横浜市戸塚区のK様邸にて現地調査を行いました。 実際に屋根に登って調査したところ、屋根材が劣化してしまっており、汚れの様に見えてしまっていました。   実際の屋根の様子  使用されていたのはスレートといって、一般的にはセメントに繊維素材を混ぜて作ったもので、防水性に乏しく、劣化が激しいため使用寿命は平均20~30年程度といわれています。 スレー...続きはこちら

  • 足立区神明でスレート屋根の点検調査、屋根カバー工法をご提案致します

    スレート屋根の劣化症状

     足立区神明で築30年のお住まいの屋根の点検調査を行いました。お客様よりそろそろメンテナンスを進めて行った方が良いのではないかとの意向で、先ずは点検調査を実施して、その上で工事提案をして頂きたいとのご相談でした。屋根材はスレートになり、全体的に年数から来る傷みの症状が見受けられる状況でした。 スレート屋根の変色と汚れの付着    屋根の色褪せや変色が発生していると共に、雨の流れによる水染みも見受け...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

    【施工内容】

    棟板金交換

    江戸川区北小岩でニチハのパミール製の屋根をスーパーガルテクトを使用しての屋根カバー工事

    【施工内容】

    屋根カバー工法 天窓工事

    足立区入谷で縦葺き屋根材スタンビーを使って過去に葺き替え工事を行っていたパミール屋根に屋根カバー工事を行いました

    【施工内容】

    屋根カバー工法 ガルバリウム鋼板

    関連するお客様の声一覧

    渋谷区元代々木町にて屋根調査、カバー工法をご提案

    【施工内容】

    屋根カバー工法

    【一言メッセージ】

    安心して相談させて頂きました。

    あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

     街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

    屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

    お問い合わせ・資料請求
    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    • 屋根リフォームの流れ
    • 徹底したお住まい調査
    • 不安ゼロ宣

言
    • 屋根のお役立ち情報
    • 当社のご案内
    • 屋根の資料請求

    点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

    株式会社シェアテック
    街の屋根やさん東京
    東東京支店
    〒132-0023
    東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    TEL :0120-989-936 
    E-mail : info@sharetech.co.jp
    品川支店
    〒141-0031
    東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
    多摩川支店
    〒182-0025
    東京都調布市多摩川3-68-1
    Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
    ページトップへ戻る