無題ドキュメント

大田区で屋根工事をお考えなら街の屋根やさん東京

大田区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

屋根工事のメニュー

屋根葺き替え 屋根カバー工法 屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 漆喰工事 雨樋工事 屋根葺き直し 防水工事 その他工事

大田区の新着施工事例

大田区の施工事例new!
大田区施工前
大田区施工後
施工内容
屋根補修工事
使用材料
ポリカーボネート波板、半月雨樋
築年数
35年
平米数
15㎡
大田区の施工事例new!
大田区施工前
大田区施工後
施工内容
屋根補修工事、スレート屋根工事、スレート屋根補修工事、棟板金交換

大田区の新着ブログ一覧

2020/01/15 大田区池上で共用廊下屋根からの雨水のあふれは雨樋の詰まりが原因です
大田区ブログタイトル

大田区池上で屋根の作業をおこないました。雨が降ると雨水が流れずにバシャバシャと溢れてしまいお困りの建物です。雨水が溢れるのは共用廊下に掛けられた波板製の屋根部分です。屋根はアルミフレームで作られていて、軒先部分に一体化されている雨樋が詰まっている事が原因になっていました。 何が原因になっているのかを正確に把握します ...続きを読む

2019/12/15 大田区大森東で台風19号で割れたスレート葺き屋根は火災保険で直します
大田区ブログタイトル

大田区大森東で屋根の調査をおこないました。10月の台風19号の強風で屋根材が剥がれ落ちてしまったそうです。下から屋根の状況を確認出来ないのですが、お隣りの方が剥がれているのを教えてくれたそうです。3階建てで高さがあるために下から梯子が届きませんので、バルコニーから脚立で屋根に上って調査をおこないました。 台風被害は火災保険の風...続きを読む

2019/12/10 大田区南六郷で台風で被害を受けた瓦屋根を火災保険の風災で直します
大田区ブログタイトル

大田区南六郷で台風の被害を受けた屋根の調査をおこないました。台風19号の強風によって瓦葺き屋根の棟が崩されていました。屋根全体を見てみると大分前から他の部分は被害を受けた跡がありましたが、今のところ雨漏りなどはしていない様です。台風などの強風による被害の場合は、火災保険の風災を適用して直す事が出来ます。被害を受けた部分を元に戻す...続きを読む

2019/12/4 大田区西蒲田で台風の強風で飛ばされた屋根の笠木は下地の防水処理が大切です
大田区ブログタイトル

大田区西蒲田で台風被害を受けた建物の調査をおこないました。台風19号の強風によって屋根の一番上に取り付けてある笠木(かさぎ)が飛ばされていました。笠木とはまっすぐに立ち上がった壁の上にかぶせる板金で、雨水の浸入を防ぐ役割があります。笠木が飛ばされてしまうと下地の木が剥き出しになってしまうので、雨漏りの原因になってしまいます。飛ば...続きを読む

2019/11/19 大田区池上で台風で被害を受けたアパートの波板はポリカーボネート製の波板に張り替えます
大田区ブログタイトル

大田区池上で台風被害を受けたアパートの廊下にかかっていっる屋根の工事をおこないます。雨除けの為に波板が張ってありましたが、紫外線による劣化で耐久性が落ちていて、台風の強風で煽られたことで割れていました。吹き上げる風がまともにぶつかってしまうので、風の力で割れてしまいます。画像の様に波板が割れて吹き上げる風の抜け道が出来るので、こ...続きを読む

その他の現場ブログ一覧→

大田区のお客様の声

大田区で屋根葺き替えを行ったM様からのお客様の声

大田区お客様の声スキャン画像

1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
雨漏りしていたので、一刻も早く改善したかった
2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
携帯のインターネットを使いました
3.街の屋根やさんを知りすぐにお問合せいただけましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
紹介とかではないので、ちゃんとした会社なのか心配でした。
4.何が決め手をなり屋根やさんにお問合せいただきましたか?
屋根の葺き替えだけでも沢山の施工をしているのが分かったのでお任せできると考えて問い合わせました。
5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
真面目な方で好印象でした。点検後の説明も分かりやすかったです。

大田区のお客様からのご質問

大田区のお客様からの質問

大田区のお客様からの質問

大田区|40代女性のお客様からのご質問

[外壁塗装][屋根塗装]

高圧洗浄で使う水は井戸の水でもよい?

大田区のお客様からの質問・回答

大田区のお客様からの質問・回答

規定外のPHであったら使用することはできなくなります。

大田区のお客様からの質問回答の続きはこちらから

大田区のお客様からの質問回答の続きはこちらから

大田区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<大田区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造建築物耐震化助成事業
・木造以外の住宅の耐震化助成事業
・住宅リフォーム助成事業
・高齢者自立支援住宅改修助成事業

<各助成金に対する説明>
木造建築物耐震化助成事業は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた木造建築物を対象に耐震化に関する助成を受けられる制度です。耐震化の内容は、耐震診断・耐震改修設計・耐震改修工事です。住宅の場合は2階建て以下で、延べ床面積の過半が住宅であるものが対象です。住宅以外の建築物は耐震診断のみ助成対象になります。
木造以外の住宅の耐震化助成事業は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物を対象に、耐震化に関する助成を受けられる制度です。
住宅リフォーム助成事業は、区内に本社がある中小事業者に発注し、住宅のリフォームを行う際に受けられる助成です。対象の工事は、バリアフリー化、環境への配慮、防犯・防災対策、住まいの長寿命化のための住宅リフォーム工事および吹付アスベスト除去工事です。
高齢者自立支援住宅改修助成事業は、高齢者の居住する住宅の改修に要する費用に助成が受けられる制度です。対象工事は、浴槽や流し、洗面台の取替えや、便器の洋式化等です。自己負担額は1~3割になります。

<助成金申請方法や注意点>
木造建築物耐震化助成事業を受けられるのは、住民税を滞納していない人です。助成を受けるにはまず事前の相談が必要です。まず耐震診断を受け、その結果Iw値が1.0未満と診断された場合、Iw値を1.0以上にする工事に助成が出ます。まず改修設計を行い、その後改修工事を行います。
非木造建築物耐震化助成事業の対象は、住宅の場合は一戸建て住宅および長屋、または二階建て以下の共同住宅です。マンションの場合は耐火建築物または準耐火建築物の3階以上の共同住宅が対象です。
住宅リフォーム助成を受けるには事前申し込みが必要です。
高齢者自立支援住宅改修助成の対象は、65歳以上の高齢者で介護保険によって要支援または要介護と認定された人です。助成を受けるには、身体状況等により住宅の改修が必要と認められる必要があります。

<お問い合わせ先>
・耐震化助成のお問い合わせ先
防災まちづくり課
TEL:03-5744-1349 FAX:03-5744-1526

・住宅リフォーム助成のお問い合わせ先
建築調整課
TEL:03-5744-1343 FAX:03-5744-1558

・区役所住所:〒144-8621 東京都大田区蒲田5-13-14

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
ページトップへ戻る