無題ドキュメント

豊島区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

豊島区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

豊島区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

豊島区で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの豊島区にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

豊島区で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

豊島区は街の屋根やさん東京が対応致します

街の屋根やさん東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1

<?php echo 豊島区; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

豊島区で屋根葺き替え 豊島区で屋根カバー 豊島区で漆喰工事 豊島区で屋根塗装・外壁塗装
豊島区で棟板金工事 豊島区で雨樋工事 豊島区で防水工事 豊島区でアパートマンションメンテナンス
豊島区で火災保険 豊島区で施工の流れ 豊島区で瑕疵保険 豊島区で無料点検

豊島区にお住まいの方へ

豊島区で行った施工事例をご紹介

豊島区高松にて全体に錆が広がったトタン屋根を短工期・廃材撤去不要の屋根カバー工法でリニューアル

【施工前】
豊島区のビフォー写真

【施工後】
豊島区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
豊島区高松にてトタン屋根(瓦棒屋根)の屋根カバー工事を行いました。築33年、これまでメンテナンスを行ってこなかったために錆が全体に広がってしまっており、屋根材自体が耐久年数を超えてしまっているばかりか、腐食部分から雨漏りが発生するのではと大変心配されていました。 今回のリフォームにあたって他社様に屋根葺き替えの見積もりをご依頼されたとのことでしたが、ご提出いただいたお見積り内容が「葺き替え工事一式」となっており「どのような工事をするのか?」「どこまで対応してくれるのか?」「どのような材料を使用するのか?」等が不明瞭だったため高額な工事を依頼するにあたって不安を感じられたようです。 このような経緯があり弊社街の屋根やさんにも相見積もりをお願いできないかというご相談をいただき、現場調査を実施させていただいた上で現状をお写真や報告書にてお伝えした上で葺き替え、屋根カバー工法のお見積り・ご提案をさせていただきました。雹害による火災保険のご提案や、屋根だけではなく軒天や雨樋のメンテナンスなども含めてお住まい全体をどのように補修するのかといった詳細なお見積りやご提案内容にご納得いただき工事を承らせていただきました。

【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
6日間
築年数
築33年

 

どんな工事を、なぜ行うのか?をご理解いただくため、念入りな現場調査を行い、お見積りをご提出

三棟連なった錆びたトタン屋根のお住まい

ご自宅は三棟が連なる建物で、真ん中の平屋部分を挟むような形で二階建ての建物が建っています。築30年の時点で中古住宅として購入されたようで屋根に関してリフォーム、メンテナンスを行った形跡もなかったようです。中古住宅を購入し、段階的に修繕を行っていこうという計画をお持ちだったようですが、二階の窓からご自宅の屋根を改めて眺めてみると錆による腐食が相当進んでいるということもあり、どうしても屋根を最初にリニューアルしたいというご希望をお持ちになったようです。

トタン屋根の錆びたふき板 錆びた棟板金

使用されている屋根材はトタンです。被害が最も進行しているのは二階建ての建物の屋根です。屋根に上って間近で確認させていただきますと葺き板部分、凹凸の瓦棒部分、棟部分全てに錆が広がっています。トタンはその鋼板が、亜鉛メッキと塗膜とで保護されており、すぐには錆にまで発展しません。現状、錆びているということは経年劣化によって塗膜や亜鉛メッキが剥がれ、鋼板がむき出しになってしまっていることを意味します。このまま錆が進行すれば鋼板を貫通し、穴にまで発展してしまいます。そうなれば当然雨漏りの原因を作ってしまう事にもなりますね。

続きはこちらから

豊島区長崎にて台風で飛散した急斜面のコロニアル屋根の一部を葺き替えて部分補修

【施工前】
豊島区のビフォー写真

【施工後】
豊島区のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
豊島区長崎にお住いのk様のお宅の屋根の一部が台風15号の時の強風で被害に遭われました。 すぐにネット検索で「街の屋根屋さん」を探していただきお問い合わせを頂きました。 お話を伺うとコロニアル屋根材が二枚地上に落ちていて、お隣のマンションからも落ちた部分は確認されたそうです。 k様は火災保険にご加入だったので保険会社に修理見積を提出し承認されました。 修理は外れてしまったコロニアル屋根材の復旧です。急斜面屋根の一番端の腰折れの部分だったのでその上の屋根面を一度外し、コロニアル屋根を一部葺き直す工事を承る事になりました。

【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 屋根葺き替え スレート屋根葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクワッド
施工期間
屋根施工は1日間
築年数
8年
平米数
25㎡

【台風被害を受けた屋根】

隣のマンションから見たスレート屋根

台風15号の強風で被害を受けてしまった豊島区長崎のK様の家の屋根です。まだ新築から8年程度しか経っていないとのことでしたが台風の脅威は築年数では防ぎきれないというのが良くわかります。急斜面の屋根伝いに吹きあがったのでしょうか?コロニアル屋根の屋根材が二枚外れてしまっています。一枚は屋根の上に載っておりますがもう一枚はどこに行ってしまったのでしょうか?

スレートが外れた急斜面屋根 地面に落ちて割れたスレート屋根

コロニアル屋根材が剥がれた真上には水切りの板金が入っておりますが、変形しているのがわかります。かなりの力がかからないと曲がらない板金なので風の力がいかにすごかったのか想像できます。飛ばされた残りの一枚のコロニアル屋根材はお隣様の家の間に落下して粉々に砕けてしまっておりました。窓ガラスなどに当たらなくて不幸中の幸いです。

【屋根補修・一部葺き替え工事】

既存屋根はがし

続きはこちらから

豊島区で行ったその他の施工事例をご紹介

豊島区new!
豊島区施行事例、施工前
豊島区施行事例、施工後
施工内容
屋根補修工事 スレート屋根工事 屋根葺き替え スレート屋根葺き替え工事
使用材料
コロニアルクワッド

施工事例一覧をはこちら

豊島区で屋根工事を行ったお客様の声

豊島区で築15年のスレート屋根をサーモアイ4Fでメンテナンス

豊島区工事前お客様写真

【工事前】 豊島区工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
築15年ほどになり、劣化が激しくなる前に工事したいと考えていました。
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネット検索で調べました。
Q3.当社を知りすぐにお問い合わせをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
内容がとてもわかりやすいHPだったので、ご連絡をさせて頂きました。
Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
HPの親切な内容
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたか?
親切にアドバイスを頂き、安心してご相談することができました。
豊島区完工写真

【工事後】 豊島区工事後アンケート

Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
どの会社がよいかわからず、かといって沢山の会社に見積もりをお願いするのも大変なので、悩んでいました。
Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
HPがとてもていねいで詳しかったこと、又保険の適用のアドバイスなども具体的に頂けたので、信頼できました。
Q3.お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
特になし。
Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
見積りも3人のスタッフさんでていねいに行って頂き、説明もわかりやすかったので依頼を決めさせて頂きました。
Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
見た目もきれいになり、メンテナンスもしっかりできて安心しております。ご近所さんにも、キレイになりましたね!とお声がけ頂きました。

お客様の声一覧はこちら

豊島区での現場ブログをご紹介

豊島区で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2020/4/27 豊島区南長崎で瓦棒屋根の点検調査、錆などの経年による劣化症状が有りました 豊島区南長崎で瓦棒屋根の点検調査、錆などの経年による劣化症状が有りました

 豊島区南長崎で建てられてから50年以上経過しているトタン製の瓦棒屋根のお住まいのお客様よりメンテナンスをご相談を頂き、早速点検調査にお伺い致しました。これまでご自身で何度かお手入れをしてきたそうですが、ここ10年以上は殆どメンテナンスを行っていないとのお話でした。 トタン製の瓦棒屋根 ...続きを読む

2020/2/12 豊島区駒込で台風によるご被害の波板交換工事、火災保険を使用して修繕工事を行いました 豊島区駒込で台風によるご被害の波板交換工事、火災保険を使用して修繕工事を行いました

豊島区駒込で昨年の台風19号によるご被害でベランダの波板が飛ばされてしまい、火災保険を使用しての修繕工事のご相談をお受け致しました。現地調査、被災状況写真やお見積書のとりまとめ作成を経て火災保険を申請、約ひと月の承認期間が有りましたが、保険承認もおりて持ち出しが無く修繕工事を施工する事が出来ました。...続きを読む

2020/2/2 豊島区北大塚で台風被害で飛散してしまった棟板金の交換工事を行いました 豊島区北大塚で台風被害で飛散してしまった棟板金の交換工事を行いました

豊島区北大塚で台風のご被害により、棟板金が飛ばされてしまったとのご相談をお受けし修繕工事を行いました。現地の状況確認後、火災保険の申請を行い無事火災保険の承認が下りたところで工事の段取りを行い施工させて頂きました。 棟板金の交換開始   棟板金の交換工事を開始です。貫板は従来木材が使用され...続きを読む

2020/1/17 豊島区長崎で台風で飛んだコロニアル屋根の補修工事を行いました 豊島区長崎で台風で飛んだコロニアル屋根の補修工事を行いました

豊島区長崎のお客様は台風15号の強風でコロニアル屋根の一部を飛ばされてしまいました。屋根といっても壁の様に切り立った屋根の一番上の部分の数枚が飛ばされてしまっておりました。まだ築年数も浅いのですが自然の力にはかなわなかったようです。マンションが細い通りを隔てて建っているのですが、それも影響したのかも...続きを読む

2019/12/6 豊島区上池袋で台風で飛んだトタン瓦棒屋根にカバールーフを使用して屋根カバー工事を行いました 豊島区上池袋で台風で飛んだトタン瓦棒屋根にカバールーフを使用して屋根カバー工事を行いました

豊島区上池袋のお客様の屋根は台風で被災し、棟板金が飛ばされてしまっておりました。棟板金を火災保険を使って復旧工事をすることになったのですが、お話を伺うと「雨漏り」にもお困りだったことがわかりました。雨漏りはどうやら経年劣化しサビが酷くなったトタン瓦棒屋根面のどこかから発生しているようです。このような...続きを読む

2019/10/29 豊島区北大塚で台風被害により棟板金が飛散、ブルーシート養生を行いました。 豊島区北大塚で台風被害により棟板金が飛散、ブルーシート養生を行いました。

豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金が、台風15号による暴風の影響で屋根からめくれ飛散しそのまま敷地内に落下してしまいました。お客様からご相談を受け現地調査へ伺い、ブルーシート養生で応急処置を行いましたが、こう言った処置も火災保険の申請が行えます。 瓦棒屋根の棟板金が飛散し敷地内へ落下   この...続きを読む

2019/10/1 豊島区上池袋にて台風15号で棟板金を飛ばされた瓦棒屋根の調査に伺いました 豊島区上池袋にて台風15号で棟板金を飛ばされた瓦棒屋根の調査に伺いました

豊島区上池袋のお客様の瓦棒屋根の棟が台風15号で飛ばされてしまいました。板金だけではなく木材の貫板も飛ばされてしまっておりました。飛ばされた板金側は道路になっている為ちょうど強風の通り道になってしまったのかもしれません。マンションとビルのはざまでもあったことも影響していそうでした。木材の貫板が引きち...続きを読む

2019/9/8 豊島区長崎で雨漏り調査のために天井点検口を作成しました 豊島区長崎で雨漏り調査のために天井点検口を作成しました

豊島区長崎のお客様の家は三階建ての木造住宅です。築年数は17年ほどとのことですが10年ほど前から二階のリビング掃き出し窓の上枠から雨漏りが発生したとのことでした。家を施工された会社は倒産してしまって、困って「街の屋根やさん」にご相談を頂きました。雨漏りの解消になるかと考えて数年前に屋根外壁塗装と三階...続きを読む

2019/7/7 豊島区高松で屋根塗装工事をご検討のお客様へ!雹災の跡を見逃さないでください 豊島区高松で屋根塗装工事をご検討のお客様へ!雹災の跡を見逃さないでください

豊島区高松のお客様から屋根外壁塗装調査のご依頼を頂きました。豊島区や荒川区、北区、文京区は一昨年前の7月に大きな雹が降った地域です。屋根外壁塗装調査の際にはその被害の痕跡があるケースがあります。その場合は火災保険を申請して補修を行えます。屋根の補修工事や雨どいの補修工事には通常足場が絡んで参りますの...続きを読む

2019/5/31 豊島区長崎で台風で壊れた瓦屋根の調査、棟の積み直しをお勧めしました 豊島区長崎で台風で壊れた瓦屋根の調査、棟の積み直しをお勧めしました

豊島区長崎のお客様は台風の影響で屋根瓦が落ちてきてビックリしてご連絡をいただきました。ガレージがあるのですがその波板屋根を突き破ってきた様で、大きな音にさぞビックリされたでしょう。ガレージも現在は車の車庫としては使用されていなかったそうで二次災害もなく不幸中の幸いでした。ただ、一歩間違った方面に瓦が...続きを読む

2019/4/30 豊島区巣鴨で陸屋根にウレタン塗膜防水工事を実施中、二層目を流しました 豊島区巣鴨で陸屋根にウレタン塗膜防水工事を実施中、二層目を流しました

豊島区巣鴨で三階建てビルの陸屋根屋上防水工事を実施中です。あいにく本日は雨で作業は休工となってしまいましたので昨日の作業であったウレタン塗膜防水工事の二層目の作業をお伝えいたします。防水工事は一日で進められる工程が少なく天候が安定しないときは気をもむ工事であります。一層目を流した後も雨が続き昨日にな...続きを読む

2019/4/26 豊島区長崎で台風で崩れた和瓦の棟の取り直し工事を行いました 豊島区長崎で台風で崩れた和瓦の棟の取り直し工事を行いました

豊島区長崎で台風で棟瓦が落下してしまったお客様の和瓦屋根の棟の取り直し工事を実施いたしました。火災保険を使用しての復旧工事となります。被害を受けたのは主に下り棟(隅棟)の二本でしたが、親棟も今後の安全対策として棟を取り直すことにいたしました。というのも、下り棟(隅棟)の棟瓦が外れた原因にもちろん台風...続きを読む

2019/4/13 豊島区巣鴨にて三階建てビル屋上で通気緩衝工法による防水工事を施工中 豊島区巣鴨にて三階建てビル屋上で通気緩衝工法による防水工事を施工中

豊島区巣鴨で三階建てビルの屋上防水工事を行っています。モルタル抑え防水を施されておりましたが一部で雨漏りも発生していたので全面的に防水工事をやり直して行くことになりました。工法はモルタル抑え防水への施工でスタンダードなウレタン塗膜防水、通気緩衝工法で行ってまいります。モルタル抑え防水をしてある場合に...続きを読む

2019/4/4 豊島区雑司ヶ谷で鳥が巣を作ろうとしている屋根の調査に伺ったら一部が剥がれていました 豊島区雑司ヶ谷で鳥が巣を作ろうとしている屋根の調査に伺ったら一部が剥がれていました

豊島区雑司ヶ谷のお客様の家はどうも鳥に好かれているようです。以前にも鳥が巣を作っているかもしれない、というお問い合わせをいただき、巣立っているのを確認後に侵入経路を遮断する工事を行いました。以前は穴の開いた雨どいに巣を作ってしまっていたのですが、今回は少し毛色が違うようです。昨年の台風はいろいろなと...続きを読む

2018/7/23 豊島区で屋根塗装をご検討の方は注意!雹災を受けた可能性あり! 豊島区で屋根塗装をご検討の方は注意!雹災を受けた可能性あり!

暑い日が続きますね。雨も全く降らず、どうしてしまったものか、と思ってしまいます。通常なら夕立の1つもあってもいいものですが・・。夕立と言えば昨年は雹が豊島区、文京区を中心に降りました。今年もないとは言えないですから気を付けたいところです。 雹が降ると屋根や雨樋、庇などにダメージを与えます。まだ...続きを読む

2018/4/29 豊島区のベランダ防水はウレタン塗膜防水通気緩衝工法で仕上げます 豊島区のベランダ防水はウレタン塗膜防水通気緩衝工法で仕上げます

豊島区でシート防水からの漏水改修工事をおこなっております。今回、再防水で行う工法は、ウレタン塗膜防水の通気緩衝工法です。 先日は下地処理を行いました。下地にカチオン系の下塗り材を塗布し、乾燥後にもう一度ケレンを行いました。と言うのも前々回の防水塗膜が若干浮いてきている所を再度均す為です。 ...続きを読む

2018/4/27 豊島区のシート防水剥がしてみると過去の状況が見えてきました 豊島区のシート防水剥がしてみると過去の状況が見えてきました

豊島区のお客様のシート防水ベランダからの雨漏り改修工事ですが、現在のシート防水のシートを剥がしていくと見えていなかったことが少しずつですが明らかになってまいりました。 原因の一端となっていたのは、シート防水の破損もありましたが、今までの雨漏りをしていた原因も見えてきました。 シー...続きを読む

2018/4/26 豊島区のお客様のベランダ雨漏り改修工事を始めました 豊島区のお客様のベランダ雨漏り改修工事を始めました

豊島区のお客様のベランダからの雨漏りを直すべく、本日からベランダ防水工事が始まりました。現在はシート防水仕様になっておりますがその下はどのようになって居るのかお客様も良くわからないそうです。 下地が分からないのは少々不安ではありますが、工事を進めながら雨漏りの根本原因をシャットアウトしていきた...続きを読む

2018/4/17 豊島区のお客様の雨漏りは樋のオーバーフローの可能性? 豊島区のお客様の雨漏りは樋のオーバーフローの可能性?

最近、雨漏り調査に伺っても屋根からでは無いケースも多くなっています。 本日お伺いした豊島区のお客様の雨漏りは、屋根からの雨漏りではない様子です。と言うのも屋根では無く雨漏りの箇所の上はルーフバルコニーから来た雨が流れ込む樋になっていました。 このようなケースの雨漏りは、特定の条件になると...続きを読む

2017/12/14 豊島区|屋根カバー工事がもうそろそろ完工いたします 豊島区|屋根カバー工事がもうそろそろ完工いたします

屋根カバー工事もうすぐ完工です 本日は現在屋根カバー工事を行っているお家の状況を確認しに行ってまいりました。屋根の工事は完了しており、残すは雨樋と軒天補修工事です。もともと瓦棒屋根でございました。そして3棟繋がった形をしていて真ん中が平屋です。 幸い雨漏りはしていなかったんですがお客...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

豊島区、お問い合わせから工事までの流れ

豊島区、お問い合わせから工事までの流れ

豊島区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<豊島区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅の耐震診断補助事業
・木造住宅の耐震改修補助事業
・非木造住宅の耐震診断補助事業
・住宅修繕・リフォーム資金助成事業
・エコ住宅普及促進費用助成金

<豊島区で各助成金に対する説明>
木造住宅の耐震診断補助事業では、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた2階建て以下の木造住宅を対象に、耐震診断の助成を受けられます。耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満だった場合、上部構造評点を1.0以上にするための補強設計に基づく耐震改修工事に助成が出ます。
非木造住宅の耐震診断補助事業の場合、助成額は費用の3分の2で上限は20万円です。
住宅修繕・リフォーム資金助成事業は、個人住宅および賃貸住宅を対象に、修繕工事やリフォーム工事について助成金を受け取れる制度です。対象となるのは、建築確認申請が不要の工事で、共有者や賃借人の同意が必要です。
エコ住宅普及促進費用助成金は、CO2削減に配慮した、住宅用の新エネルギー・省エネルギー機器等を導入する人を対象に、設置費用の一部が助成される制度です。助成対象となる機器は、太陽光発電システム、自然循環式太陽熱温水器、強制循環式ソーラーシステム、雨水貯水槽、エネファーム、住宅用エネルギー管理システム、断熱改修窓になります。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅の耐震診断補助事業の対象は、専用住宅部分が2分の1以上の住宅です。助成額の上限は15万円です。木造住宅の耐震改修補助事業の助成額は費用の3分の2で、上限は100万円です。
住宅修繕・リフォーム資金助成事業を受けられるのは、豊島区内に引き続き2年以上居住していて、住民税を滞納していない人です。また世帯の月額所得の制限があります。助成金の額は費用の30%以内です。修繕工事の上限は10万円で、リフォーム工事の上限は20万円です。助成を受けるには事前相談が必要です。その後、助成承認申請を行い、承認を受けてから工事の依頼を開始します。工事完了後に助成交付申請をし、交付決定を受けてから助成交付請求をして交付を受ける流れになります。
エコ住宅普及促進費用助成金を受けるには、事前の申請が必要です。交付が決定したら施工を開始し、完了後は完了報告をします。その後、助成金交付を受けられる流れになります。

<お問い合わせ先>
・豊島区役所コールセンター
TEL:03-3981-1111
・豊島区役所
住所:〒171-8422豊島区南池袋2-45-1

豊島区は街の屋根やさん東京が対応致します

街の屋根やさん東京は東京都江戸川区西一之江にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

<?php echo 豊島区; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

豊島区、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る