点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 街の屋根やさん東京のブログ一覧

現場ブログ

2018/05/26 江東区で小波スレートカバー屋根の明り取り部を塞いで雨漏り対策 NEW
ブログタイトル

江東区の工場のお客様は屋根に小波スレートを使用していて、以前にガルバリウム鋼板で小波スレート屋根カバー工事を実施していたようですが、雨漏りにお困りでした。 カバー工事をしてしまった後の雨漏りは、原因箇所の特定が非常に難しいのですが、お客様の屋根の雨漏り箇所に共通しているのが「明り取り」の部分です。 今回はこの雨漏りを...続きを読む

2018/05/25 江戸川区|FRPルーフバルコニーのプカプカを修理する方法 NEW
ブログタイトル

ベランダやルーフバルコニーの床は防水処理がされています。種類もウレタン塗膜防水、アスファルト防水など種類がありますが、一般住宅ではFRP防水が主流ではないでしょうか。 江戸川区のお客様のルーフバルコニーもFRP防水になっております。築10年になるという事で屋根外壁塗装工事を行うことになったのですが、ルーフバルコニーの一部が...続きを読む

2018/05/24 江戸川区の屋根カバーの葺き替え工事終了しました
ブログタイトル

江戸川区でカバー済みの屋根からの雨漏りでお悩みのお客様の屋根葺き替え工事が終了いたしました。既存金属カバー屋根を解体しながら分かったことは、シッカリした施工の大事さです。 もともと雨漏りはしていなかった屋根に、金属屋根をカバー工事してあったのですが、この時点では防水シートも元気な状態であったために大きな影響はなかったのかも...続きを読む

2018/05/23 江戸川区でマンション斜壁防水対策の屋根材ヒランビー施工
ブログタイトル

江戸川区のお客様のマンション斜壁への防水対策で、屋根材のガルバリウム鋼板製ヒランビーを葺いています。粘着式ルーフィングをタイル面に敷設し、屋根材をビス固定するために墨だしを行います。 黄色のチョークラインで印をつけているのが、これから屋根材を固定するビスの場所であったり、軒先側の板金を固定する位置です。下地がタイル...続きを読む

2018/05/21 江戸川区の斜壁防水対策は屋根材ヒランビーで対応します
ブログタイトル

ALCにタイル貼りの外壁の雨漏りにお悩みでは無いでしょうか? 江戸川区のマンションオーナー様もALC構造でタイル貼りの斜壁部分の雨漏りにお悩みでした。 タイル用撥水塗料などもお試しになられたようですが、効果が長く続かずに抜本対策を考えたいらっしゃった様です。 そこで、いろいろな方法を検討した結果、屋根材を斜壁に...続きを読む

2018/05/19 江戸川区で雨漏りでお困りのお客様のカバー済み屋根を葺き替えます
ブログタイトル

江戸川区のお客様は最近になって雨漏りが気になりだしたそうです。そこで「街の屋根やさん」に心配で調査のご依頼を頂きました。 お客様に詳しくお話を伺うと、20年くらい前に屋根工事を行ったとの事で、その時の書類を見せていただいたのですが、工事内容が「1式」での表記だったため、カバー工事を行ったのは分かったのですが 細かい仕...続きを読む

2018/05/13 千代田区で雨の前に棟板金交換工事間に合いました
ブログタイトル

本日は、天気予報の通りに午後からしっかりとした雨が降りました。細かい工事を複数予定しておりましたが、何とか雨が降り出す前に終了することが出来て、ホッとしました。 千代田区のお客様の棟板金交換工事を行って参りました。前回調査、仮養生から少し時間が経ちましたが、仮養生も外れていなくてこれまた一安心。 本日は完全に交換して...続きを読む

2018/05/12 江戸川区のアパートをあと10年持たせる修繕を考えます
ブログタイトル

本日は江戸川区のアパートオーナ様からのご相談で調査に伺って参りました。 何のご相談かと言うと、「築年数がかなり経ってきているのだが、あと10年は持たせたい。」という切実な物でした。 賃貸物件をお持ちのオーナー様は、経年劣化に伴う修繕からは逃れることができない現実をお持ちです。いまはやらなくとも必ずやらなくてはいけない...続きを読む

2018/05/11 台東区で外壁汚れと樋の関係を調査しながら外壁汚れ洗浄
ブログタイトル

お客様の屋根は二種類の勾配の屋根で構成されています。勾配が急な方のの軒先はシッカリと樋に水が流れるようになっています。ここは外壁も汚れておりませんでした。また、軒先の金物にスリットが入っております。このスリットは何の機能があるのかはよくわかりませんが、換気目的なのでしょうか?   かたや、勾配の緩やかな屋根の...続きを読む

2018/05/10 台東区で雨のち晴れの雨樋工事用部分足場掛け作業を行いました
ブログタイトル

寒い!五月も半ばに近くなっているのになぜだか寒い! 更にお昼前後は雷を伴った雨・・・。天気が安定しないですね・・・。 そんな中ですが、雨樋の交換補修工事の為の部分足場仮設工事を台東区で行って参りました。 何故雨樋を交換補修するのかと言いますと、雨樋の不具合によって、外壁に酷い汚れが出来てきてしまったからです。 ...続きを読む

2018/05/9 練馬区での雨樋の調査は保険対応用にメーカーと種類も要チェック
ブログタイトル

何故なんでしょうか・・・。今年はやたらと風が強い気がします。 本日も練馬区のお客様から、「雨樋が飛びかけている」というお問い合わせを頂き、雨の降る中でしたが調査に伺わせていただきました。 雨の中の為、さすがに屋根の上からは確認が出来ませんでしたが、既に雨樋は外れてしまったようで、建物の隅に片付けられていました。 ...続きを読む

2018/05/8 中央区の雨漏りは雹災によるポリカの割れが原因のようです
ブログタイトル

中央区のお客様から、サンルーム内で雨漏りが起きているので見て欲しい、と言うご要望を頂きまして調査を行いました。 サンルームには、いろいろな物を置いてあるらしく、雨漏りは非常に困るとの事です。 早速調査を行って参りました。 どうやら店舗のベランダ部分をサーンルーム化して物置としているようでした。食材などもあると確...続きを読む

2018/05/7 江戸川区で屋上ドーム型天窓からの雨漏り調査を実施
ブログタイトル

ゴールデンウイークもおおむね良い天気で終わりました。しかし、関東地方は本日、明日と天候が崩れるそうです。 江戸川区のマンション屋上にあるドーム型天窓からの雨漏り調査に伺って参りました。 通常の雨では漏らないそうなのですが、風向きと雨の強さによって漏ってきてしまうそうです。 通常、灯り取りの役割が強いドー...続きを読む

2018/04/29 豊島区のベランダ防水はウレタン塗膜防水通気緩衝工法で仕上げます
ブログタイトル

豊島区でシート防水からの漏水改修工事をおこなっております。今回、再防水で行う工法は、ウレタン塗膜防水の通気緩衝工法です。 先日は下地処理を行いました。下地にカチオン系の下塗り材を塗布し、乾燥後にもう一度ケレンを行いました。と言うのも前々回の防水塗膜が若干浮いてきている所を再度均す為です。 カチオン系下塗りを塗...続きを読む

2018/04/28 足立区のアパートの屋根は自然災害被害のデパートの様でした
ブログタイトル

本日は雨樋の様子がおかしい、と言う足立区のアパートオーナさまの屋根調査、雨樋調査に伺って参りました。 基本的に屋根の形状は切妻なのですが、瓦屋根の下に庇が来るような二重構造になっている屋根でした。そのため、雨樋の変形に気が付かなかったのでしょう。 都内の住宅は密集しているためなかなか屋根の上が確認できないのは仕方ない...続きを読む

2018/04/27 豊島区のシート防水剥がしてみると過去の状況が見えてきました
ブログタイトル

豊島区のお客様のシート防水ベランダからの雨漏り改修工事ですが、現在のシート防水のシートを剥がしていくと見えていなかったことが少しずつですが明らかになってまいりました。 原因の一端となっていたのは、シート防水の破損もありましたが、今までの雨漏りをしていた原因も見えてきました。 シートを剥がしてみたところ、現在の...続きを読む

2018/04/26 豊島区のお客様のベランダ雨漏り改修工事を始めました
ブログタイトル

豊島区のお客様のベランダからの雨漏りを直すべく、本日からベランダ防水工事が始まりました。現在はシート防水仕様になっておりますがその下はどのようになって居るのかお客様も良くわからないそうです。 下地が分からないのは少々不安ではありますが、工事を進めながら雨漏りの根本原因をシャットアウトしていきたいと思います。 ...続きを読む

2018/04/25 荒川区のお客様はトタン屋根の塗装の剥がれでお困りでした
ブログタイトル

荒川区のお客様からお問い合わせを頂きました。 内容は「雹のせいか、昨年の暮れぐらいから屋根の塗料が剥がれてしまって地面に落ちてきた。」「ベランダの波板にも穴が開いてしまった。」との事でした。 火災保険にも入られているとの事で、火災保険を使用して直したいというご希望でした。 荒川区は、昨年の雹で被害を受けた地域で...続きを読む

2018/04/17 豊島区のお客様の雨漏りは樋のオーバーフローの可能性?
ブログタイトル

最近、雨漏り調査に伺っても屋根からでは無いケースも多くなっています。 本日お伺いした豊島区のお客様の雨漏りは、屋根からの雨漏りではない様子です。と言うのも屋根では無く雨漏りの箇所の上はルーフバルコニーから来た雨が流れ込む樋になっていました。 このようなケースの雨漏りは、特定の条件になると発生しているのも特徴的です。こ...続きを読む

2018/04/16 江東区で強風からベランダ波板が飛散、火災保険修理調査を実施
ブログタイトル

塩ビやポリカの波板屋根は強風後の被害で多いものの代表のような場所です。ポリカ製の物は、波板自体が駄目になるというよりも固定しているフックボルトが破断してしまったりすることで外れてしまう被害が多いように思われます。 皆さんが、「丈夫そうだ。」と思われている網入りタイプの波板は塩ビ製のものが多く、経年劣化したものは比較的すぐに...続きを読む

2018/04/15 江戸川区のお客様の雨漏りは屋根からではなかった
ブログタイトル

今朝の暴風雨はすさまじかったですね。お昼前には晴れ間も出てきましたがみなさんのお宅は大丈夫でしたでしょうか。 こういう天候の時は、やはり「雨漏り」が発生しやすいですね。江戸川区のお客様から、突然の雨漏りで困っている、と言うお問い合わせを頂き調査に伺って参りました。 お客様にお話を伺ったところ、15年ほど前に屋根は雨漏...続きを読む

2018/04/14 千代田区|都市部でもあり得ます!棟板金の飛散
ブログタイトル

なんて風が強い日が多いのだろう!そう感じている花粉症の皆さん、私もその一人でございます。 今年は風邪が強い日が多いと、お客様とお話をしていても聞かれるフレーズです。 弊社の本社のある千葉県ではとにかく強風が吹くと、瓦やらスレートやら、トタンやらいろいろな物が乱れ飛びます。(少し大げさですが) 千葉県は太平洋に面...続きを読む

2018/04/11 江戸川区|塗装調査で発見!コロニアル屋根の破損
ブログタイトル

偶然の発見、と言うのは何の世界にもある物です。 江戸川区のお客様のお宅に屋根外壁塗装調査に伺った時の事でした。良くある、地上からは屋根が全く見えない状況のお宅だったもので、屋根にのぼって初めて確認することが出来たのです。 それは、化粧スレート屋根材の「破損」でした。 お客様も全く気が付かなかったとのこで、まさに...続きを読む

2018/04/8 江戸川区の雨漏り調査、散水検査でビックリ
ブログタイトル

以前から雨漏りにお悩みの江戸川区のお客様ですが、ある一定の条件が整うと雨漏りが発生するという、悩ましい状態です。 その一定の条件とは、南向きの暴風雨の時なんです。 一番わかりやすいのは、台風なのですが、どんぴしゃりのタイミングは一年の中でもほんの数日に限られるため再現性が低く該当箇所の見極めが非常に難しいケースとなっ...続きを読む

2018/04/7 葛飾区|遮熱塗料サーモアイなら助成金申請が可能です
ブログタイトル

春に入り急激に暖かくなってまいりました。こう暖かくなってくるとお客様からご相談を受けるのも「屋根の暑さ対策」が多くなってまいります。 屋根工事で一番手軽にこの暑さ対策が出来る事と言えば、遮熱塗料を使って屋根塗装を行うことではないでしょうか。弊社では日本ペイントさんのサーモアイシリーズを遮熱塗料としておすすめしております。 ...続きを読む

2018/04/5 千代田区のお客様の雨漏りはどこから?原因を探ります
ブログタイトル

建築物である以上、建物の雨漏りは避けられない事なのかもしれません。でも雨漏りは直すことが出来ます。 千代田区のお客様から雨漏りのご相談を頂きました。 お客様は建築の知識もお持ちだったので、原因となりそうな部分もご存じで、まずは可能性をつぶしていこう、という事で工事方針は決定いたしました。 屋根の形は、変形切妻形...続きを読む

2018/04/4 墨田区の雨樋工事で最後の確認は水を流して勾配チェック
ブログタイトル

建物の水平って実は結構難しいんです。なんでこんなお話をするかと言うと、雨樋の工事の場合にこの水平が関わってくるからです。 墨田区で雨樋交換工事を実施いたしました。雨樋を交換するときに必ずこの水平が関わってまいります。 雨樋は屋根から流れてきた雨水を受け止めて、集水器に集めて竪樋を通じて地面や地中の下水管に流す役割を担...続きを読む

2018/04/2 文京区で庇波板の交換、固定は金属製のフックボルトを使用しました
ブログタイトル

ベランダの屋根などに使用されている波板が有りますが、今回の文京区のお客様の様に雹で穴が開いてしまったり、風で捲れてしまって割れてしまったりと、トラブルが起こる物です。 ところで、みなさんはこの波板のことを気にしたことってありますでしょうか? 私たちの経験では、まず何か起きないと見向きもされない部分です(泣)。どのよう...続きを読む

2018/04/1 文京区|工期が早い屋根リフォームは屋根カバー工事です
ブログタイトル

屋根工事にもいろいろな種類がありますが、全体的な工事で工期も早いものが「屋根カバー工事」です。ただし、瓦屋根にはカバー工事はできませんのでご注意ください。 文京区で雹の被害にあわれたお客様の屋根も、この「屋根カバー工事」にて屋根リフォームをいたします。 工期が早いのは、工事の騒音や仮設工事などで、ご近隣の皆様にもご迷...続きを読む

2018/03/31 文京区で雹災にあった化粧スレート屋根をカバー工事でリフォーム
ブログタイトル

雹災からもうすぐ9カ月がたちますが、まだまだ被害にあわれたことに気が付かない方も多くいらっしゃいます。特に被害が多かった文京区、豊島区のお客様で三階建てのお客さまや隣地との間隔が狭く、屋根が見えないお客様は要注意です。ご近所で足場を架けて工事を行っているような場合は、もしかすると被害を受けているのかもしれません。 今回、雹...続きを読む

1 / 3012345...102030...最後 »

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
街の屋根やさん東京大田
〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
ページトップへ戻る