無題ドキュメント

調布市で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

調布市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

調布市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

調布市で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの調布市にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

調布市で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

調布市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 調布市; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

調布市で屋根葺き替え 調布市で屋根カバー 調布市で漆喰工事 調布市で屋根塗装・外壁塗装
調布市で棟板金工事 調布市で雨樋工事 調布市で防水工事 調布市でアパートマンションメンテナンス
調布市で火災保険 調布市で施工の流れ 調布市で瑕疵保険 調布市で無料点検

調布市にお住まいの方へ

調布市で行った施工事例をご紹介

調布市西つつじヶ丘で劣化して傷みが進んだスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事

【施工前】
調布市のビフォー写真

【施工後】
調布市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 調布市西つつじヶ丘で屋根カバー工事をおこないました。スレート葺き屋根は定期的に塗装工事でのメンテナンスが必要ですが、塗装工事の効果が出るのはスレートの表面だけで、反りや割れが出ているのを元に戻す事は出来ません。また、スレートの下に葺いてある防水紙(ルーフィング)にも寿命があり、20年~25年程と言われています。今回工事をおこなった建物は築23年で、雨漏りなどの不具合は出ていませんでしたが、10年程の耐久性の塗料で塗装工事をおこなって次回のメンテナンスが築30年を超える事を考えると、雨漏りのリスクが非常に高くなりますので、今回のメンテナンスでは塗装工事はお勧めしませんでした。  塗装工事と比べて屋根カバー工事や屋根葺き替え工事をおこなう場合工事費用は高くなりますが、工事後のメンテナンスの頻度を考えると長期的にみて決して高い訳ではありません。工事をおこなうたびに必要な足場の費用も掛かりませんし、製品自体にメーカーの保証が付く屋根材もあります。  今回はアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事をおこないました。断熱材が付いている屋根材で、既存のスレート屋根の上に被せる事で断熱性能も上がります。屋根自体はカバーした事で重くなりますが、元々が非常に軽い屋根材ですので建物への負担も最小限に抑える事が出来ます。  カバー工事をおこなう際は既存の屋根の下地に問題ない事が条件になりますので、調査の段階でしっかりと確認する事も必要になります。  調布市西つつじヶ丘でおこなった屋根カバー工事により、建物の延命を図る事が出来ましたのでお客様も大変喜んでいらっしゃいました。これから暑くなりますので、効果も期待できます。  私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
23年
平米数
70㎡

屋根の状態を調べます

コケの付着 スレートは塗装でメンテナンス

 スレート葺き屋根です。スレートは塗装工事が必要な屋根材で、新築から10年程度では一度目の塗装工事をおこなう事をお勧めします。塗装工事の役割は見た目を綺麗にする事は勿論の事、表面の撥水性を維持する為に必要な工事です。表面の撥水性があれば雨が降った時に雨水がスレートの表面を流れていきますが、劣化して撥水性が落ちてしまうと雨水を弾かずに雨水を吸い込んでしまう様になります。

スレートの劣化

 オレンジ色に見えるのはコケです。これは、先程説明した撥水性が落ちてしまったためにスレートが濡れた状態になりやすく、コケやカビの発生が進んでしまう状態です。元々の色も剥がれてしまい基盤が白く見ているので、この状態ではどんどん劣化が進行してしまいます。

 割れは全然ありませんので、塗装工事をおこなおうと思えば可能な状態です。

続きはこちらから

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工前】
調布市のビフォー写真

【施工後】
調布市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
 調布市佐須町で屋根葺き替え工事をおこないました。屋根と外壁のメンテナンスを検討されている建物で、12年ほど前に屋根と外壁の塗装工事をおこなった事があるそうです。  屋根はスレート葺きで塗膜が劣化していてチョーキングが出ていました。塗料の顔料が劣化して粉状になる事をチョーキングというのですが、チョーキングが出ている状態では雨水の撥水性が落ちていますので、雨が降ると雨水を弾かずに吸い込む様になってしまいます。  スレートの状態を考えますと塗装が出来ない状態ではないのですが、一部雨漏りしている箇所が有るとういう事で小屋裏の状態を確認しました。屋根が入り組んだ部分で雨漏りにより下地の野地板が劣化していましたので、メンテナンス方法は屋根を剥がして下地を直してから新しい屋根材に直す、葺き替え工事をおこなう事になりました。  こちらの建物のスレートにはアスベストが含まれていますので、屋根カバー工事を提案したところもあったそうですが、下地の状態を考えるとカバー工事ではなく葺き替え工事が正しい選択になります。  スレート屋根から葺き替えた新しい屋根材は、アイジー工業のスーパーガルテクトです。断熱材が張ってある金属屋根で、塗膜や板金に製品保証が付く屋根材です。軽くて耐久性が高いので工事後のメンテナンスも殆ど必要なくなります。スレートと比べても屋根材自体の重量が軽いので、建物への負担も軽減されます。  調布市佐須町でおこなった葺き替え工事は、雨漏り箇所の下地交換もおこないましたので、工事後のメンテナンスや雨漏りの心配もなくなり安心です。  私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

【工事内容】
金属屋根工事 屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
23年
平米数
61㎡

現地調査

塗装工事をおこなった屋根 スレート屋根

 一度塗装工事をおこなった事があるスレート葺き屋根です。塗装してから年数が経過しているので塗膜が大分劣化しています。

 塗装工事をおこなうと表面に撥水性が出来ますので雨水を弾く事が出来ますが、劣化している為雨水を吸い込んでいる雨染みが出来ていました。

塗膜の劣化 チョーキングが出ています

 塗膜が劣化すると塗料の顔料が粉状に表面に出てくるチョーキングが発生します。外壁などでよく見ると思いますが、屋根にも出る症状です。屋根材に反りなどは出ていませんので一見塗装工事でのメンテナンスが可能かと思いますが、実際には雨漏りしている箇所があり、スレートの下に葺いてある防水紙の寿命も加味して、今回は葺き替え工事でメンテナンスをおこなう事になりました。

続きはこちらから

調布市で行ったその他の施工事例をご紹介

調布市new!
調布市施行事例、施工前
調布市施行事例、施工後
施工内容
屋根葺き直し 雨漏り修理
使用材料
既存瓦再利用,シルガード
調布市new!
調布市施行事例、施工前
調布市施行事例、施工後
施工内容
破風板・軒天部分補修
使用材料
カラーベニヤ(ホワイト)

施工事例一覧はこちら

調布市で屋根工事を行ったお客様の声

雨漏りが発生してしまった調布市深大寺北町のA様

【施工前】

調布市工事前アンケート!

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
雨もり
Q2.弊社をどのように探しましたか?
インターネット
Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
信頼できるかどうか。
Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
口コミがよかったから(ネット)
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
分かりやすく説明してくれた

お客様の声一覧はこちら

調布市での現場ブログをご紹介

調布市で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2021/5/24 調布市深大寺南町でパミールの劣化を確認いたしました 調布市深大寺南町でパミールの劣化を確認いたしました

見分けが簡単なパミールの屋根  調布市深大寺南町で屋根の調査をお願いしたいというお問合せをいただき、現地へお伺いして参りました。早速屋根に登ってみたところ、屋根材にはニチハのパミールが使われていました。パミールは1996年から2008年に製造された屋根材で、アスベストの建材への含有が問題視...続きを読む

2021/5/10 多摩市諏訪でオシャレなアスファルトシングルの屋根を点検しました 多摩市諏訪でオシャレなアスファルトシングルの屋根を点検しました

最近人気のアスファルトシングル屋根  調布市諏訪でアスファルトシングルで葺かれた屋根を調査いたしました。アスファルトシングルはアメリカではシェア率80%以上を誇るスタンダードな屋根材ですが、日本ではまだあまり普及しておらず見かける機会が少ない屋根材です。価格も比較的安く、重量が軽いことから...続きを読む

2020/11/15 調布市深大寺元町で下地が劣化し始めた瓦葺き屋根は葺き直し工事が必要です 調布市深大寺元町で下地が劣化し始めた瓦葺き屋根は葺き直し工事が必要です

 調布市深大寺元町で瓦葺き屋根の調査をおこないました。  お問合せのきっかけは漆喰が剥がれ落ちている様なので見て欲しいという内容でしたが、実際に屋根に上ってみると漆喰は剥がれているところは有りませんでした。  色が変わって黒ずんでいるとこがあり、そこが下から見ると漆喰が剥がれているように...続きを読む

2020/11/5 調布市多摩川でテナントビルの外壁は雨漏りで塗膜が剥がれていました 調布市多摩川でテナントビルの外壁は雨漏りで塗膜が剥がれていました

 調布市多摩川で塗装を検討中のテナントビルです。塗装が大分傷んでしまい見た目が悪いので綺麗にしたいというご要望です。  鉄筋コンクリート造のテナントビルでヒビ割れもあり塗膜が全体的に傷んでいました。塗膜が浮いている部分も結構ありますので、そのまま塗装工事をおこなっても古い塗膜ごと剥がれてしまう...続きを読む

2020/11/2 調布市深大寺北町で雹の被害に遭った波板を調査しました 調布市深大寺北町で雹の被害に遭った波板を調査しました

雹による被害を受けた波板  昨年のゴールデンウィークに東京で雹が観測されましたが、今回はそちらの被害に遭った波板の調査です。調布市深大寺北町にお住まいのお客様より、波板が雹でボロボロになっているから調査してほしいとのご依頼をいただき、現場を見させていただきました。 ヒビや穴を確認しました...続きを読む

2020/9/19 調布市調布ヶ丘で歪んでしまった雨樋の交換工事をおこなっています 調布市調布ヶ丘で歪んでしまった雨樋の交換工事をおこなっています

 調布市調布ヶ丘で雨樋交換工事をおこなっています。  雨樋が歪んでしまい雨が降るたびにバシャバシャと溢れてしまっていました。歪んだ原因は雪が降った後に屋根から落ちる際に雨樋を曲げてしまった事でした。この様な雪による雨樋の破損は火災保険が適用になります。雪・風・雹(ひょう)によって建物が被害を受...続きを読む

2020/9/13 調布市国領町で足場を架けられない倉庫の雨樋交換は高所作業車でおこないます 調布市国領町で足場を架けられない倉庫の雨樋交換は高所作業車でおこないます

 調布市国領町で雨樋交換工事をおこないました。  倉庫の雨樋が外側に歪んでしまい、雨が降るたびにバシャバシャと溢れてしまうので直したい、というご相談でした。  大きな倉庫の屋根に取り付けてあり、屋根の角度も急勾配の為雨が降ると勢いよく流れてきますので、雨樋が歪んでいると雨を受けられずにそ...続きを読む

2020/9/12 調布市多摩川で軒天の剥がれを調査しました 調布市多摩川で軒天の剥がれを調査しました

軒天がバラバラと剥がれている状態が見えた  地上から家の屋根を見たときに、軒天(のきてん)が剥がれていることがわかったので調査してほしいとのお問い合わせをいただき、現地を確認して参りました。たしかに屋根を見上げると、赤い丸の部分で軒天が剥がれていることがわかります。軒天が剥がれて穴が空いて...続きを読む

2020/9/12 調布市深大寺で雨漏りの原因はガルバリウム鋼板の屋根と木製サッシでした 調布市深大寺で雨漏りの原因はガルバリウム鋼板の屋根と木製サッシでした

 調布市深大寺で雨漏りの調査をおこないました。  雨漏りの状況は、強い雨が降るときに起こるそうでお客様ご自身でも何度か補修工事をおこなっているとの事でした。雨漏りはどこから雨水が入り込んでいるのかを特定する事が重要になりますので、原因調査をしっかりとおこないます。  雨漏りしている上は屋...続きを読む

2020/8/25 調布市深大寺北町でセキスイかわらUの屋根を調査しました 調布市深大寺北町でセキスイかわらUの屋根を調査しました

セキスイのかわらUで葺かれた屋根  1970年から2007年まで販売されていたセキスイのかわらU。瓦の形状でありながら瓦よりも軽量で、当時としては珍しいカバー工事が可能な屋根材として全国50万棟もの住宅に採用された屋根材ですが、問題の多い屋根材として有名です。発売当初のかわらUはアスベスト...続きを読む

2020/8/8 調布市布田で劣化したスレート屋根を調査しました 調布市布田で劣化したスレート屋根を調査しました

築15年で劣化したスレート屋根  築15年となれば、スレート屋根のメンテナンスを考えなければならない時期になっていると言えます。状態に応じて、塗装、カバー工事、葺き替え工事の3種類の中からご提案することになりますが、今回調査したスレート屋根は「コロニアルNEO」という屋根材で、ある特徴から...続きを読む

2020/8/2 調布市飛田給でラバーロック工法が施された屋根を調査しました 調布市飛田給でラバーロック工法が施された屋根を調査しました

ラバーロック工法とは  いろいろな瓦屋根を見ていると、時折瓦の間にコーキング処理を施した写真のような瓦を目にします。写真の瓦は、白いコーキング材が瓦の隙間に施工されていますが、これはラバーロック工法といって、一昔前に流行った施工方法です。元から施工するわけではなく既存の瓦屋根に新たに施工で...続きを読む

2020/8/1 調布市東つつじが丘で鉄骨造3階建ての雨漏りの原因調査に伺いました 調布市東つつじが丘で鉄骨造3階建ての雨漏りの原因調査に伺いました

 調布市東つつじが丘で雨漏りしている建物の調査をおこないました。鉄骨造の3階建ての建物で3階部分の壁部分から雨漏りしていました。雨漏りしたのはつい最近かで和室の塗り壁部分が濡れて染みが広がっています。  雨漏りしている部分の上は億女の防水になっているのですが、排水口がうまく出来ておらず排水口の...続きを読む

2020/7/28 調布市多摩川の工場で波板スレートを調査 調布市多摩川の工場で波板スレートを調査

工場などでよく使われている波板スレートの屋根  スレート屋根と聞くと戸建てのスレートの屋根を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、今回取り上げるのは工場などの屋根でよく見かけるスレートの波板です。とても丈夫で耐用年数が長いため広く使われてきたスレート波板ですが、2004年よりも前に製造され...続きを読む

2020/7/1 調布市調布ヶ丘で歪んだ雨樋は火災保険で修理します 調布市調布ヶ丘で歪んだ雨樋は火災保険で修理します

雨樋の歪みを確認  調布市調布ヶ丘で歪んだ雨樋を調査してきました。昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の後に歪んでしまったとのことで、遠目に見ても歪みがはっきりと確認できる状態でした。  雨樋は屋根に降り注いだ雨を一か所にまとめて排水する役割がありますが、あまり重要性を感じていない...続きを読む

2020/6/24 調布市上石原で雹で穴が開いた波板を調査しました 調布市上石原で雹で穴が開いた波板を調査しました

雹の被害で複数個所に穴が開いた波板  調布市上石原のお客様より、2階のバルコニーの波板がひどく傷んでいるので調査してほしいとのご依頼をいただきました。現地にお伺いすると、塩化ビニール製の波板に、複数の穴が開いている状態が確認できました。どうやら昨年の5月に降った雹の影響で、いたるところに穴...続きを読む

2020/6/23 調布市上石原で塗装を検討中のコロニアルNEOの屋根には屋根カバー工事のご提案 調布市上石原で塗装を検討中のコロニアルNEOの屋根には屋根カバー工事のご提案

 調布市下石原で屋根の調査をおこないました。  私たち街の屋根やさんでは、調査でお伺いする際にはマスクを着用し新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、ご安心ください。  調査をおこなった屋根はスレート葺きで、塗装工事を検討中の建物です。スレート屋根は定期的に塗装工事をおこなう事で...続きを読む

2020/6/23 調布市小島町のアパートで、外階段の錆を調査しました 調布市小島町のアパートで、外階段の錆を調査しました

外階段の塗装が劣化し、錆が出ています    調布市小島町のアパートオーナー様より、アパートの外階段の錆が目立ってきたので調査してほしいとのご依頼をいただきました。現地へお伺いすると、2棟あるアパートの双方に外階段があり、いずれも錆が出ている状態でした。  建物が部分的に錆びる症状は珍し...続きを読む

2020/6/8 調布市上石原で台風被害を受けたアパートのスレート屋根を調査します 調布市上石原で台風被害を受けたアパートのスレート屋根を調査します

 調布市上石原で屋根の調査をおこないました。  2階建てアパートの屋根には化粧スレートが葺かれているのですが、昨年の台風によって屋根が被害を受けてしまいました。スレート葺き屋根は定期的に塗装工事をおこなう必要があり、こちらのアパートも塗装工事をおこなった形跡がありましたが、塗膜がベロベロと剥が...続きを読む

2020/6/3 調布市多摩川で雨漏りが止まらない瓦屋根を、ガルバリウム鋼板へ葺き替えます 調布市多摩川で雨漏りが止まらない瓦屋根を、ガルバリウム鋼板へ葺き替えます

雨漏りが止まらない瓦屋根の瓦を撤去しました    調布市多摩川にて葺き替え工事を行った時の模様をお伝えいたします。  一見すると特に問題を感じない瓦屋根ですが、ここ数年雨漏りに悩まされていました。何度か別の業者に修理を依頼されたそうですが、改善が見られなかったそうです。解決方法を探していた...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

調布市、お問い合わせから工事までの流れ

調布市、お問い合わせから工事までの流れ

調布市にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<調布市で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅の耐震化助成
・分譲マンションの耐震化助成
・特定緊急輸送道路 耐震化促進事業

<各助成金に対する説明>
木造住宅の耐震化助成には、耐震アドバイザー派遣・耐震診断・耐震改修の三種類があります。いずれも昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された木造住宅が対象で、耐震アドバイザー派遣では簡易耐震診断を無料で受けることができます。本格的な耐震診断とそれに基づく耐震改修では、条件を満たすと費用の一部が助成されます。
分譲マンションの耐震化助成には、分譲マンション耐震アドバイザー派遣・耐震診断・補強設計・耐震改修があります。これらは条件を満たすと費用の一部の助成が受けられます。対象となるのは、2以上の区分所有者が存在し、人の居住の用に供する専有部分がある共同住宅です。また昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された3階以上の建物である必要があります。造りは鉄筋コンクリート造、鉄骨造又は鉄骨鉄筋コンクリート造で、耐火建築物又は準耐火建築物である必要があります。助成を受けられるのは分譲マンションの管理組合です。
特定緊急輸送道路 耐震化促進事業は、災害時に主要な道路沿いの建物が倒壊して緊急車両が通れなくなることを防ぐための制度です。特定緊急輸送道路に指定されている道路に接している建物で、道路の幅の約2分の1以上の高さで、昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された建物は耐震改修等に助成を受けることができます。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅の耐震化助成を受けられるのは、一戸建ての居住用住宅です。実施機関は指定されており、耐震アドバイザーの派遣機関は一般社団法人東京都建築士事務所協会南部支部の建築士です。耐震診断の調査機関は一般社団法人東京都建築士事務所協会南部支部、または東京都木造住宅耐震診断事務所登録制度に登録している事務所です。いずれも事前の相談や申請が必要になります。
分譲マンションの補強設計の助成では、耐震診断の結果Is値が0.6未満だった場合、安全性を確保するための改修方法を検討する際に助成を受けられます。さらに耐震改修を行う際は、適切な工事監理のもとで施工する必要があります。
特定緊急輸送道路として指定されているのは、中央自動車道、甲州街道、三鷹通り、東八道路、鶴川街道、鶴川街道から品川通りを経由して市庁舎までの道路、スタジアム通りです。

<お問い合わせ先>
都市整備部 住宅課 住宅支援係
住所:〒182-8511 東京都調布市小島町2-35-1
TEL:042-481-7545 FAX:042-481-6800

調布市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川は東京都調布市多摩川にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 調布市; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

調布市、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る