無題ドキュメント

世田谷区で屋根工事をお考えなら街の屋根やさん東京

世田谷区で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

屋根工事のメニュー

屋根葺き替え 屋根カバー工法 屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 漆喰工事 雨樋工事 屋根葺き直し 防水工事 その他工事

世田谷区の新着施工事例

世田谷区の施工事例new!
世田谷区施工前
世田谷区施工後
施工内容
屋根葺き替え、雨漏り修理
使用材料
コロニアルクアッド
築年数
25年
平米数
30㎡
世田谷区の施工事例new!
世田谷区施工前
世田谷区施工後
施工内容
屋根葺き替え
使用材料
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
平米数
100㎡

世田谷区の新着ブログ一覧

2020/01/19 三鷹市北野にて台風で被害を受けたアーバニー葺き屋根を屋根カバー工事で改修
世田谷区ブログタイトル

三鷹市北野で屋根の調査をおこないました。台風の強風によって屋根材が剥がれてしまったということで、火災保険の風災を適用して屋根の修理をおこないます。被害を受けた部分を元に戻す為に掛かる工事費を保険申請して対応します。屋根に葺いてあるのは廃盤品のアーバニーです。破損した場合、廃盤品の材料ですと破損した部分だけを直すことが出来ませんの...続きを読む

2020/01/13 世田谷区東玉川のテナントビルの雨漏りの原因は屋上防水の劣化です
世田谷区ブログタイトル

世田谷区東玉川で雨漏りしているテナントビルの調査をおこないました。雨漏りの原因は屋上の防水材の劣化にありましたので、適切な防水工事をおこなわないと被害が拡大してしまいます。シート防水の下に雨水が入り込んで防水材が膨れています。触ると中がタプタプとしていて雨水がたっぷり入っているのが分かりました。この様に入り込んだ雨水が抜けるのは...続きを読む

2020/01/7 世田谷区若林で雨漏りの原因特定の為に散水試験を実施します
世田谷区ブログタイトル

世田谷区若林で雨漏り調査をおこないました。雨量や風向きによって雨漏りする場合としない場合がありますので、雨水がどこから侵入したのかを調べる必要があります。室内のドア枠が雨漏りによって剥がれていて、常に湿った状態になっていました。雨漏りを放置していると建物の柱などが腐食して被害が拡大してしまいますので、早急に対処しなければなりませ...続きを読む

2019/12/23 世田谷区東玉川で雨漏りの原因調査の為に散水試験を実施しました
世田谷区ブログタイトル

世田谷区東玉川で雨漏りしている建物の原因調査をおこないました。雨水の浸入箇所の特定の為に、散水試験をおこないます。散水試験とは水をかける事で雨が降っている事を想定し雨漏りの原因を特定する作業を言います。雨漏りは雨が降った時におこりますが、実際の雨の時には全体に雨が掛かる為に浸入箇所の特定は非常に難しいのです。そのために散水試験で...続きを読む

2019/12/22 世田谷区野毛で雨漏りの原因になっていたドーマーを取り除いて葺き替え工事をおこないます
世田谷区ブログタイトル

世田谷区野毛で屋根の葺き替え工事が開始しました。室内のエアコンが取り付けてある壁と天井部分からの雨漏りが酷く、原因部分を特定して雨漏りを止める工事をおこないます。エアコンが設置されている部分の真上には『ドーマー』という鳩小屋の様なものが設置してあり、そのドーマーが雨漏りの原因になっていました。台風でスレートが破損した事も原因にな...続きを読む

その他の現場ブログ一覧→

世田谷区のお客様の声

世田谷区|H様|雪止め設置

世田谷区お客様の写真

世田谷区お客様の声スキャン画像

【施工前アンケート】
Q1.弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
屋根からの落雪による被害
Q2.何がきっかけでに弊社をお知りになりましたか?
インターネット検索
Q3.弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もし決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
知ってすぐではありませんが利用された方のコメントをやブログを見て最終的に連絡いたしました
Q4.何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
上に書いたように利用されや方の事例を見て(具体的には雪もちくんの設置)問い合わせをした
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
とても丁寧に対応していただきました。工事の内容を安請け合いする感じではなく、真摯に丁寧に対応していただける感じで好感がもてました。

世田谷区のお客様からのご質問

世田谷区のお客様からの質問

世田谷区のお客様からの質問

世田谷区|30代男性のお客様からのご質問

[屋根補修工事]

天窓を取り付けたいが、リスクは?

世田谷区のお客様からの質問・回答

世田谷区のお客様からの質問・回答

建物の構造を熟知した施工業者であれば何の心配もいりませんので、お気軽にお声かけ下さい。

世田谷区のお客様からの質問回答の続きはこちらから

世田谷区のお客様からの質問回答の続きはこちらから

世田谷区にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<世田谷区で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅耐震化助成
・非木造建築物耐震化助成
・特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成
・環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金

<各助成金に対する説明>
木造住宅耐震化助成には、無料耐震診断と診断後の改修等の助成があります。
無料耐震診断は、昭和56年(1981年)5月31日以前に着工された木造2階建て以下の住宅を対象に、無料で耐震診断が受けられる制度です。区登録の耐震診断士が派遣されます。
耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された木造住宅は、次のような改修等の助成が受けられます。助成対象は、補強設計、耐震改修工事、簡易改修工事、不燃化耐震改修工事、不燃化建替えです。
非木造建築物耐震化助成は、非木造の建物について耐震診断と補強設計と耐震改修の助成が受けられる制度です。
特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成とは、特定緊急輸送道路が災害時に建物の倒壊によって閉塞することを防ぐために、沿道の建物の耐震化を助成する制度です。条件を満たした建物は、補強設計や耐震改修、建替え・除却について助成を受けることができます。
環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金は、窓や屋根の断熱改修、太陽熱ソーラーシステムの設置、節水トイレの設置等の工事を対象に補助金を受け取れる制度です。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅の耐震改修等の助成を受けるには下記の要件を満たす必要があります。まず前述の無料耐震診断の対象要件を満たしていること、そして個人所有の住宅であること、区民税を滞納していないこと等です。助成を受けるには、契約の前に交付決定を受ける必要がある為、事前に窓口に相談することが必要です。また耐震改修工事を行うと、税金の減免等が受けられる場合があります。
非木造建築物耐震化助成を受ける場合も、区へ事前相談・申請が必要になります。
特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成の対象となるのは、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた、敷地が特定緊急輸送道路に接する建物です。また、建物から道路の境界線までの距離と道路の幅の2分の1の距離の合計に相当する高さの建物が対象です。
環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金を受けるには、区内に本店または支店等を置く施工業者と契約して施工する必要があります。

<お問い合わせ先>
防災街づくり担当部 防災街づくり課 耐震促進担当
住所:〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4-21-27
TEL:03-5432-2468 FAX:03-5432-3043

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
ページトップへ戻る