点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ

屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ

 

実録街の屋根やさんには こんなご相談をいただきます!屋根トラブル110番

 普段、普通に生活している限り、屋根のことで悩むことはほとんどないと思います。ましてや築浅のお住まいだったら、なおさらですよね。

 

 お庭に出てみても見えませんし、離れてみても今度は細かいところまでは見えません。視界に入っても、注意深く観察することはまずないと思います。立派な鬼瓦でも備えているのなら、鑑賞することもあるでしょうが、そのようなお住まいの方は少なくなりつつあります。
クリスマスシーズンであり、子供の頃ならそれこそ人が通れるくらいの大きな煙突を持ったお住まいの屋根を憧れて眺めることもあるでしょうが、お正月にもなればそんなことをしていたことも忘れてしまいます。
屋根を注意深く観察する機会は案外少ないのかも知れません。

普段見る機会の 少ない屋根ですが放置すると様々なトラブルに見舞われることも…

「見にくい」、「見えない」屋根だからこそ、普段はあまりに気にならないし、気にしないのではないでしょうか。屋根のことなど忘れて生活している方も多いと思います。したがって屋根の不具合に気づくのはトラブルが出てからということが多いのです。実際に街の屋根やさんに寄せられたトラブルを見ていきましょう。

街の屋根やさんに寄せられた屋根に関するトラブル

私たち街の屋根やさんにご相談のお電話をくださった方もほとんどはそのような方々です。普段の生活では屋根にご興味のない方も、あることがきっかけで注目せざるをえない自体になってしまいます。それは屋根に関するトラブルです。

庭木の手入れをしていたら普段は見えない部分の屋根が見えて苔のようなものが生えていてとても汚れていてビックリした。家に知らない業者が訪ねてきて今すぐ屋根を直さないと雨漏りで家がダメになってしまうと言われた。先日の強風の後屋根からバタバタ音がするようになった。豪雨の最中に突然雨漏りがはじまった。屋根の隅にある瓦が傾いていて今にも落ちそう。先日の台風の強風のせいで屋根から山状の金属の板が落ちてきた

たまたま脚立を使って 庭木の手入れをしていたら普段は見えない部分の 屋根が見えて苔のようなものが生えていてとても汚れていてビックリした

家に知らない業者が訪ねてきて今すぐ屋根を直さないと雨漏りで家がダメになってしまうと言われた

屋根の隅にある瓦が傾いていて今にも落ちそう先日の台風の強風のせいで屋根から山状の金属の板が落ちてきた

先日の強風の後屋根からバタバタ音がするようになった豪雨の最中に突然雨漏りがはじまった

補修費用、屋根のダメージ、心配が山積みになる前にメンテナンスをしましょう!

 日常では忘れられていることの多い屋根ですが、やはりトラブルが起きると心配になります。
屋根を含めたお住まいへのダメージはもちろんのこと、その補修費用やしっかりと工事をして直してくれる信頼できる業者かまで、心配ごとや悩みごと、解決しなければならないことが一気に山積みとなります。

屋根工事のご依頼がはじめてという方はこちらもご覧ください

屋根工事のご依頼がはじめてという方はこちらもご覧ください

屋根のトラブルというのは様々な不具合が同時多発的に発生して起こることがほとんどです!

雨漏りの場合

雨漏りの場合

釘の緩み板金の浮き

1.屋根の表面の屋根材に問題が発生し、その下へ雨水が浸入するようになる

放置すると

放置すると

棟板金の飛散・落下

2.雨水の浸入、または経年などによって防水紙が劣化し、室内へと雨水が浸入するようになる

棟板金の飛散・落下の場合

棟板金の飛散・落下の場合

釘の緩み板金の浮き

1.棟板金の浮きや固定している釘の緩みなどによって、貫板へ雨水が染み込みやすくなる

放置すると

放置すると

棟板金の飛散・落下

2.雨水が染み込みやすくなった貫板が腐食し、固定力が弱まり、棟板金の飛散・落下が発生する

 

屋根の不具合は 同時多発するため工事費用も高くなってしまいます

 つまり、トラブルが発生してからの工事だと、どうしても補修しなければならない箇所が複数に渡るため、金額も余計にかかることになるのです。金額も余計にかかる…これは本当に厄介なことです。
例えば、数百円の雑貨やお菓子などは買う時に躊躇したり、決断が必要だったりすることはあまりないと思います(ダイエット中など別ですが)。これが数万円のものとなると「本当に必要な物なのか」、「買った後、その金額を使った後の影響」をしっかり考えることがほとんどでしょう。
何せ、現在日本で発行されている日本銀行券の最高額面の券を何枚も使うのだから当たり前です。
そして、屋根工事にはそれ以上のお金が必要になることがほとんどです。そのお金が大きければ大きいほど、前述の検討する時間が必要になります。

 さらに用意しなければならない資金が大きければ大きいほど、屋根の工事内容について検討しなければならないケースが増えるでしょう。
補修にするのか、それとも将来のことも考えて全面的な屋根リフォームにした方がいいのかなどを考える時間が必要になってきます。ご家族との相談や家族会議が必要となることも多いのです。
こういった要素を含めると決断までに結構な時間がかかることも多くなってきます。

部分補修かリフォームか、大きな資金が必要な問題は決断に時間がかかるものです

定期的なメンテナンスと被害が出てからの工事料金の比較。結果的に定期的なメンテナンスをしていたほうが費用を抑えられることが殆どです

 もちろん、弊社では決断や結論を急がせるような真似はいたしませんが、それを許さない状況も発生します。
天候の問題です。街の屋根やさんでは屋根のトラブルでお伺いした場合、できるだけの応急処置(養生)をいたしますが、あくまで応急処置です。通常の雨風程度なら凌げますが、台風などが上陸した場合、その部分の被害がさらに拡大してしまうこともあります。
そうなると、また余計に費用が掛かるようになりますから、また同じようなことで悩まなければいけなくなるのです。

 

定期的な点検とメンテナンスを行っていれば、不具合を発見した場合でも軽微であることがほとんどです。かかる費用も少ないでしょうし、どんな工事が最適なのかを悩む必要もないでしょう。家族会議が不要なことも多いのではないでしょうか。

定期的なメンテナンスと被害が出てから対処した場合の費用の違いはこちらをご覧ください

実録、どうして屋根点検やメンテナンスを先延ばしにしてしまったのか

実録、どうして屋根点検やメンテナンスを先延ばしにしてしまったのか

「家を建てた業者に点検とメンテナンスを頼もうと電話したら、電話番号が使われておらず、どうやら倒産してしまったらしい。代わりの業者を見つけなきゃと思っていたけど、先延ばしにしてしまった」

「家を建てた業者に点検とメンテナンスを頼もうと電話したら、電話番号が使われておらず、どうやら倒産してしまったらしい。代わりの業者を見つけなきゃと思っていたけど、先延ばしにしてしまった」

 点検やメンテナンスに対する意識は持っていたのですが、不幸にも以前、お世話になった業者さんがなくなってしまっていたというケースです。また同じところに頼みたくなるくらいですから、優良業者だったのでしょう。
優良業者の経営が健全であっても、取引先の都合などで連鎖的に倒産してしまうことがあります。風が吹けば桶屋が儲かるではありませんが、経済がグローバル化した現在、対岸の火事が飛び火してくるなんてことも珍しいことではありません。

業者さんが倒産してしまった

「家は建てたら終わりだと思っていた」「新築の際、その後のメンテナンスについてハウスメーカーから具体的な説明がなかった」

「家は建てたら終わりだと思っていた」「新築の際、その後のメンテナンスについてハウスメーカーから具体的な説明がなかった」

 お住まいは「一生に一度のお買い物」とよく言われます。確かにその通りだと思います。ただ「一度のお買い物」と言われると、購入し手に入れてしまえば、後は何もしなくても良いと考えてしまいがちなのではないでしょうか。
「新築の後のメンテナンスについて具体的な説明がなかった」というのは高級バックや高級財布のセールストークに似ていると思いませんか。「良い皮革を使用しているので、お手入れをしていれば、一生モノですよ」と説明を受けても、具体的に何をすればいいか分かりませんよね。

家は一生モノですよ…メンテナンスの具体的な説明がない

「これまでに戸建てを所有・住んだことがなかった」

「これまでに戸建てを所有・住んだことがなかった」

 これまでマンションなどの集合住宅にお住まいになっていた方によくあるケースです。管理費や積み立て修繕費としては徴収されていたために「リフォームの計画や実行は自分でやるもの」という意識が薄かったのでしょう。
戸建ての場合、その建物の維持・管理をするのは家主の勤めです。集合住宅から戸建てに移り住んだ場合、その意識をしっかりと持ってください。

初めての戸建で知らなかった


実録、お住まいのメンテナンスを しっかりとしている方

実録、お住まいのメンテナンスを しっかりとしている方

「新築の購入前に『家は買ってからもお金がかかるものだ』と学んでいたので購入計画やローン計画と平行してメンテナンスとリフォーム計画を立てていた」

「新築の購入前に『家は買ってからもお金がかかるものだ』と学んでいたので購入計画やローン計画と平行してメンテナンスとリフォーム計画を立てていた」

 「賃貸と自己所有、どちらが得なのか」、それについては様々な議論がありますが、資産という意味では自己所有に軍配が上がることは間違いないでしょう。その自己所有の資産価値を維持する場合、お住まいとしての機能を保持しなければならないことは言うまでもありません。
将来的に住み続ける・貸す・売却すると様々な選択肢がありますが、いずれの場合も定期的に修繕をしていた方がトータルでの費用を抑えられます。

資産価値維持のため定期的にメンテナンスをしています

「息子の代になっても、この土地で暮らしてほしいので、 家は定期的にメンテナンスして健全な状態で引き継いでもらいたい」

「息子の代になっても、この土地で暮らしてほしいので、 家は定期的にメンテナンスして健全な状態で引き継いでもらいたい」

 郷土愛にあふれた立派な方ですね。現在、日本では限界集落や自治体破綻などが大きな問題になっております。その理由は少子化による人口の減少や産業構造の変化による人口の流動性にあります。
それを食い止めるためには、ある程度の人口をその地域に固定することです。そのためには、それを防ぐための住を確保することも重要になります。

家の寿命を延ばし息子の代まで引き継ぎたい

屋根とお住まいを長持ちさせる 正しい屋根工事の詳細はこちらもご覧ください

快適なお住まいを維持するため、定期的なメンテナンスを行いましょう

お住まいは築年数に応じて劣化していくもの。大きな被害がなくても定期的なメンテナンス計画をオススメします。

 屋根のトラブルは突発的や偶発的なできごと、「竜巻が発生してその被害に遭った」や「強風で飛来してきた何かが屋根を破損させた」でもない限り、その原因となる病状は徐々に、そして静かに進行していたことほとんどです。
そして、その原因は定期的な点検や早目の修繕によって防ぐことができます。前述のとおり、計画的な点検とメンテナンスを行えば、費用もトータルコストもお安くなることがほとんどです。
「定期的な点検とメンテナンスを考えているけど、何から手をつけていいか分からない」という方は街の屋根やさんにご相談ください。
建物全体の無料点検を行った上で、屋根を含めてトータルでの定期的なメンテナンス計画をご提案いたします。

屋根のメンテナンスサイクルの詳細はこちらをご覧ください

屋根のメンテナンスサイクルの詳細はこちらをご覧ください

無料点検でどんなメンテナンスが必要かをご判断いたします

 「定期的な点検とメンテナンスを考えているけど、何から手をつけていいか分からない」、「今年こそはお家のメンテナンスをしようと思っていたけど、もう年末近い…」、このような方って以外に多いですよね。街の屋根やさんではいつでも無料で屋根とお家の点検を受け付けています。「どこからメンテナンスしていけばいいか分からない」という方、ぜひ、ご利用ください。建物全体の無料点検を行った上で、屋根を含めてトータルでの定期的なメンテナンス計画をご提案いたします。

お住まいの無料点検の詳細はこちらをご覧ください

お住まいの無料点検の詳細はこちらをご覧ください

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
街の屋根やさん東京大田
〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
ページトップへ戻る