点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > リフォーム瑕疵(かし)保険のご案内

台風18号接近中、お気をつけください

台風18号接近中、お気をつけください

リフォーム瑕疵(かし)保険のご案内

リフォーム瑕疵(かし)保険とは

 「瑕疵(かし)」、聞きなれない言葉だとは思いますが欠点や欠陥を指す言葉です。外壁リフォーム、外壁塗装や屋根塗装では「契約と異なる工事をされた」、「工事完了後、早々に雨が染みこんできた」が瑕疵にあたります。
 この瑕疵を保証してくれるのがリフォーム瑕疵(かし)保険です。国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人より派遣された建築士が工事中や工事完了後に欠陥がないかを「検査」し、確認します。

リフォームしたばかりなのにまた雨漏りをしている、契約と違う工事をされた、どうしよう困った

街の屋根やさん東京は安心のリフォーム瑕疵保険登録業者です

 当社は登録事業者として「国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人 株式会社 日本住宅保証検査機構」と「一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会」のホームページに掲載されていますので、ご覧ください。

不安を安心に変える

第三者検査と安心ダブル保証

街の屋根やさん自慢の工事品質と施工保障+第三者機関による検査と保証=ダブルの保証で安心

街の屋根やさん自慢の工事品質と施工保証に
第三者機関による検査と保証でダブルの安心

 弊社は工事に絶対の自信を持っています。だから、第三者機関による検査も自信を持って受けられます。分かりにくい工事の内容もプロの第三者の公正な目で検査するとなれば、お客様もより安心していただけるのはではないでしょうか。プロのチェックを受けたとなれば、街の屋根やさん自慢の長期保証にもご納得いただけると思います。万が一、瑕疵が発生したとしても、その補修費用の80%の相当額が保険で賄えます。

 そして万が一施工業者が倒産しても瑕疵補修費用の80%の相当額がお客様へ直接支払われます。

【保険金の支払限度額】
 最高1,000 万円
 請負金額に応じて100万円~1,000万円まで選択できます。詳細については保険の支払い対象と保険料金をご覧ください。

お客様のご要望に応じて私たちが加入します

 リフォーム瑕疵保険は任意保険です。お客様のご要望に応じて、私たち街の屋根やさん東京が工事ごとに加入手続きをします。保険料は工事代金総額の4~5%です。詳細は横浜外壁塗装工房スタッフまで、お気軽にお尋ねください。

リフォーム瑕疵保険手続きからご利用までの流れ

①工事とリフォーム瑕疵保険加入の依頼②保険へ加入③工事④引き渡し自社検査⑤お客様と一緒にお引渡し前にチェック⑥第三者の建築士が検査

リフォーム瑕疵保険手続きからご利用までの流れ

①瑕疵発生②補修の請求③事故の通知④保険金の請求⑤保険金の請求⑥保険金の支払い

業者が倒産などの場合

 業者が倒産した場合などはお客様と株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)との間で直接、保険金の請求・支払いが行われます。

信頼できる業者選びのポイント

リフォーム瑕疵保険への登録・未登録も業者選びのポイントです

 リフォーム瑕疵保険へ加入する事業者は保険法人へ事業者登録することが義務付けられております。当然のことながら、事業者登録にも審査があり、基準を満たせない場合は登録できません。
登録事業者は住宅瑕疵担保責任保険法人のホームページで公開されており、保険証券発行の回数なども分かります。ここに掲載されている事業者は一定の信頼があると考えて良いでしょう。プロの第三者の公正な目で検査されることを意識して施工している登録事業者の方が未登録事業者よりも安心感がありますよね。
そして、良心的とも考えられますよね。いくら保証制度が充実してても、その会社が倒産してしまったのでは意味がありません。万が一の時にも「お客様には迷惑をかけられない」という思いから、事業者登録してるところも少なくないのです。お客様のご負担は増えてしまいますが、弊社は必ずリフォーム瑕疵保険のご利用を勧めいます(一概には言てえませんが、前述のようなお客様を第一に考えている会社は理念だけでなく、経営も健全です)。

登録事業者になるためには、厳正な審査を通過しなければなりません。

事業登録するには→原生な審査を通過して→事業者登録できる

万が一、事業者が倒産してしまった後に工事部分に不具合が起こっても、保険期間内であれば発注者様から保障費用をJIOに直接請求できます

保険の支払い対象と保険料金

仮住居費用と転居費用も支払い対象です

 保険の支払い対象は実際の補修費用の他、補修内容や金額を確定するための調査費用、調査や補修工事中に一時的な転居を余儀なくされた場合の仮住居費用と転居費用にも適用される場合がございます。
保険期間は対象部分によって変わりますので、あらかじめ保証内容をご確認ください。リフォーム瑕疵保険は、お客様からご依頼いただいた案件ごとに、工事着工前のお申し込みが必要です。

保証対象部分とその期間

保険対象部分とその期間

1.構造 2.防水 3.その他
保険
対象部分
①構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさないこと ②雨水の浸入を防止する部分が防水性能を満たさないこと 上記①②以外の部分が、社会通念上必要とされる性能を満たさないこと
保険
期間

5年間 ただし、事故となる事由の③に起因した損害については1年

1年間

木造(軸組工法)戸建住宅の例

 下図の部分に対して実施したリフォーム工事部分に瑕疵があった場合が事故の対象になります。

①構造耐力上主要な部分・屋根板・小屋組み・柱・斜材・横架材・壁・床板・土台・基礎②雨水の浸入防止する部分

JIOリフォームかし保険料金

 保険契約1件あたりの料金は、保険料と検査料の合計金額です。
 工事の内容により、選択できる保険金の支払限度額や必要な検査回数が異なります。

保険料+検査料+保険契約料金

保険料(非課税、単位:円):リフォーム工事のみ行う場合

検査名 条件 検査料
工事中検査 リフォーム工事部分に
①構造②防水の
工事を含む場合に実施します
13,500円

※リフォーム工事部分の保険料は、リフォーム工事部分の請負金額(増築工事部分を除く)により選択した保険金の支払限度額によって変わります。
・リフォーム工事部分の請負金額が1,000万円を超える場合でも保険金の支払限度額は1,000万円です。
※増築工事*を実施する場合は、別途増築工事専用の料金設定がございます。
 増築工事部分の床面積により保険料が異なります。
*増築工事:対象住宅の基礎の外周部の外側に基礎の新設を伴う工事

検査料1

●リフォーム工事に指定の構造耐力上主要な部分(構造)または雨水の浸入を防止する部分
(防水)の工事が含まれる場合は、工事完了検査のほかに工事中検査を行います。

リフォ-ム工事部分 保険金の支払限度額

100万円 200万円 300万円 600万円 1,000万円
請負金額 100万円以下 18,200円 22,900円 27,500円 33,000円 40,000円
100万円超
200万円以下
200万円超
300万円以下
300万円超
600万円以下
600万円超

検査料2

●リフォーム工事を行うすべての物件で工事完了後に工事完了検査を実施します。

検査名 条件 検査料
工事完了検査 リフォーム工事
部分の請負金額
100万円以下 12,200円
100万円超
300万円以下
14,100円
300万円超
1,000万円以下
15,800円
1,000万円超 19,400円

※リフォーム工事部分の完了時の検査です。
※増築工事とリフォーム工事の両方がある場合は、リフォーム工事部分の請負金額による検査料を適用します。

工事内容による検査料の組合せ

工事内容 既存住宅のリフォーム工事部分
指定の構造・防水部分の工事
含む 含まない
検査料 検査料1と検査料2 検査料2のみ

工事と料金の例

リフォーム
工事の例
請負金額 保険金の
支払限度額
検査回数 料金
保険料+検査料
外装
(屋根・外壁)
の全面改修工事
下地材を含む
180万円 200万円 2回 50,500円

全てはお客様の安心と満足のために

 未だに淘汰されない一部の悪徳業者のために、屋根工事・屋根塗装に限らずお住まいのリフォームというと不安を抱く方も多いようです。私たち街の屋根やさんはお客様のそのような不安を少しでも解消することができたらとリフォーム瑕疵保険登録事業者になりました。

 街の屋根やさんと工事品質と施工保証、第三者機関による検査と保証、石橋を叩いて渡る体制です。保証やリフォーム瑕疵保険についての詳細はスタッフまで、お気軽にお問い合わせください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
街の屋根やさん東京大田
〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
ページトップへ戻る