無題ドキュメント

稲城市で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん東京

稲城市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

稲城市で屋根のことなら街の屋根やさんにお任せください!

稲城市で屋根工事の依頼が初めての方へ

雨漏りにお困りの稲城市にお住まいの方へ雨漏り修理15000円~

稲城市で屋根工事をお考えの方各工事はこちらから

稲城市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 稲城市; ?>での屋根工事は東京

工事メニューと価格

工事メニューと価格

屋根葺き替え 屋根カバー 漆喰工事
屋根塗装・外壁塗装 棟板金工事 雨樋工事
防水工事 アパートマンションメンテナンス
火災保険 施工の流れ 瑕疵保険
無料点検

工事メニューと価格

工事メニューと価格

稲城市で屋根葺き替え 稲城市で屋根カバー 稲城市で漆喰工事 稲城市で屋根塗装・外壁塗装
稲城市で棟板金工事 稲城市で雨樋工事 稲城市で防水工事 稲城市でアパートマンションメンテナンス
稲城市で火災保険 稲城市で施工の流れ 稲城市で瑕疵保険 稲城市で無料点検

稲城市にお住まいの方へ

稲城市にお住まいの皆様、お住まいの屋根の点検やメンテナンスは定期的に行っていますでしょうか。屋根の点検やメンテナンスを定期的に行うことで、お住まいの雨漏りを事前に防ぐことが出来ます。
こちらのページでは、稲城市で行った工事の事例や、点検ブログ、実際に工事を行ったお客様の声を掲載しております。
ぜひ稲城市にお住まいの方はこちらのページを参考に、ご自宅のお住まいの点検、またはメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか、

稲城市で行った施工事例をご紹介

稲城市矢野口で平屋のセメント瓦葺き屋根をガルバリウム鋼板へ葺き替え

【施工前】
稲城市のビフォー写真

【施工後】
稲城市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
稲城市矢野口で屋根の葺き替え工事を行いました。築45年の平屋建ての屋根にはセメント瓦が葺かれているのですが、大分前から雨漏りしているそうです。セメント瓦の下には防水紙が葺かれていますが、寿命は20年~25年程度です。雨漏りしているというのがお問合せのきっかけで、瓦をどかすと防水紙がボロボロになっていました。これでは雨漏りするのは当然です。また、セメント瓦は重い屋根材の為に、経年によって劣化した下地がそれに耐えきれず、重さで沈んでいる部分もありました。骨組みの劣化は有りませんでしたので、下地から新しくするように葺き替え工事を行っていきます。合板を張る事で新しい屋根の下地を作ると共に、屋根の強度も高められます。防水紙(ルーフィング)を葺いてから新しい屋根材を葺きますが、使用したのはガルバリウム鋼板です。軽くて耐久性が高い屋根材ですので、建物への負担も軽くなり工事後のメンテナンスも殆ど必要無くなります。雨漏りも完全に止まり、お客様に大変喜んでいただけました。

【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
2日間
築年数
45年
平米数
50㎡

雨漏りしているセメント瓦葺き屋根

雨漏りで下地が傷み屋根が沈んでいます 踏み抜かない様にセメント瓦を剥がしていきます

平屋建てのセメント瓦葺き屋根は雨漏りしています。築45年の建物で、一度セメント瓦の塗装工事をおこなった事があるそうですが、それ以外は何もしたことが無いそうです。屋根は、屋根材と屋根の下に葺かれている防水紙(ルーフィング)によって雨漏りしない様にしていますが、雨漏りの原因はその防水紙の劣化に原因がありました。下地が傷んでいる為に瓦の重さによって屋根の真ん中あたりが沈んでしまいましたので、下地から新しくする葺き替え工事をおこない事になりました。

葺き替え工事を開始します

古い防水紙はボロボロになっています 足場を作りながらセメント瓦を剥がしていきます

葺き替え工事で古いセメント瓦を撤去していくと下に葺いてある防水紙(ルーフィング)が見えてきます。アスファルトを染み込ませた紙が葺かれていますが、あちこちで硬くなって切れていましたので、この状態では雨水が下地に回って雨漏りしてしまいます。

古い杉板の下地は傷んでいます

続きはこちらから

稲城市で築16年目の化粧スレートに初めての屋根塗装

【施工前】
稲城市のビフォー写真

【施工後】
稲城市のアフター写真

【お問い合わせのきっかけ】
「屋根の色が部分的に変化し、色褪せてきたので不安を感じています。屋根塗装で何とかなるでしょうか…」、稲城市のI様から最初に寄せられた相談はこのような内容でした。詳しく話を聞くと、築16年でこれまでに屋根のメンテナンスは行ったことがないそうです。築16年間、ノーメンテナンスだったという屋根はどのようになっているのか大変、気にかかります。

【工事内容】
屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
1液ファイン4Fルーフ
施工期間
5日間
築年数
16年

【点検の様子】

スレート屋根の苔 スレート屋根材の反り

これまで全くメンテナンスをしたことがないという築16年目のスレート屋根です。屋根の汚れは築16年としたら平均的なものですが、苔が生えているとことほぼ生えていないところがはっきりと分かれているのが気になります。また、スレート屋根材には反りも出ていますが、塗装不可能なレベルではふりません。

 

釘の緩み 釘の緩み

環境や立地がいいのか、棟板金には浮きもなく、しっかりしています。ただ、経年による釘の緩みが見られますので、こちらは塗装する前にしっかりと打ち込みます。並の強風ならば、まだまだ飛散することもないでしょう。

続きはこちらから

稲城市で行ったその他の施工事例をご紹介

稲城市で屋根工事を行ったお客様の声

稲城市押立にて軒天の調査、W様のアンケート

【施工前】

稲城市工事前アンケート!

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
軒天の剥がれが雨樋の内部オーバーフローにより生じてしまった
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
HPにて
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
直ぐに電話しました
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
広域にわたりお仕事をされていると思った
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
大変感じの良い御対応で安心致しました

お客様の声一覧はこちら

稲城市での現場ブログをご紹介

稲城市で行われた日々の現場ブログをご紹介いたします。

2021/3/20 稲城市坂浜にて屋根の点検、屋根材にはコロニアルNEOが使われておりました。 稲城市坂浜にて屋根の点検、屋根材にはコロニアルNEOが使われておりました。

塗装のできない屋根材があります。  稲城市坂浜にて屋根と外壁の塗装をご検討中のお客様邸の現地調査に行ってまいりました。 まず屋根の調査を行ったのですが、屋根材にはコロニアルNEOという屋根材が使われておりました。コロニアルNEOとは旧クボタが製造、販売をしていたノンアスベストのスレートです。販売...続きを読む

2021/3/6 稲城市百村にて屋根の調査、屋根材にはニチハパミールが使われておりました 稲城市百村にて屋根の調査、屋根材にはニチハパミールが使われておりました

 稲城市百村にて屋根の塗装が剥がれてきているようなので見てほしいとのご依頼いただきましたので調査してまいりました。 屋根材にはパミールが使われておりました  早速屋根に登って調査をしてみると屋根の塗装が剥がれているのではなく、屋根材が剥離しておりました。この特徴的な劣化の仕方をする屋根材はニチハ...続きを読む

2021/1/20 稲城市向陽台にて雨漏りの点検を行ったのは屋根の勾配が緩いお宅でした 稲城市向陽台にて雨漏りの点検を行ったのは屋根の勾配が緩いお宅でした

屋根裏部屋にて雨漏りが発生していました。  稲城市向陽台にて屋根裏部屋から雨漏りしているので調査をしてほしいとのご依頼をいただきまして早速現地調査へ行ってまいりました。12年ほど前に増築され、その際に既存の屋根と新しい屋根をつなげる工事を行ったそうです。雨漏りの箇所は広範囲にわたり、ほぼ屋根裏部屋...続きを読む

2021/1/6 稲城市平尾で太陽光温水器を撤去してスーパーガルテクトで屋根カバー工事 稲城市平尾で太陽光温水器を撤去してスーパーガルテクトで屋根カバー工事

稲城市平尾で屋根カバー工事をおこなっています。 現在使用していない古い太陽光温水器が屋根の上に乗っていて、スレートの上に汚れが付着していました。現時点で雨漏りはしていませんでしたが、今後のメンテナンスの事を考えて屋根カバー工事をおこなう事になりました。 使用したのはアイジー工業のスーパー...続きを読む

2020/12/15 稲城市平尾で調査した屋根はフルベスト20という屋根材が使われていました 稲城市平尾で調査した屋根はフルベスト20という屋根材が使われていました

調査した屋根は「フルベスト20」という屋根材でした  稲城市平尾にお住まいのお客様より屋根の無料点検のご依頼をいただき、調査して参りました。屋根に登らせていただくと、屋根材には「フルベスト20」という旧松下電工製の屋根材が使われていました。すでに廃盤品となっている屋根材ですが、どのような特...続きを読む

2020/12/11 稲城市平尾にて屋根の点検、棟板金が浮いていました 稲城市平尾にて屋根の点検、棟板金が浮いていました

棟板金が浮いていると指摘を受けた  稲城市平尾にお住まいのお客様より、訪問業者から屋根の傷みについて指摘を受けたとのご相談のお問い合わせをいただきました。詳しくお伺いすると、棟板金(むねばんきん)の浮きと、屋根のひび割れがあるとのことでした。屋根全体のカバー工事をご提案されたとのことで、本...続きを読む

2020/10/24 稲城市矢野口で雨漏りの原因になっている屋上防水の排水口を直します 稲城市矢野口で雨漏りの原因になっている屋上防水の排水口を直します

 稲城市矢野口で雨漏り調査をおこなった建物です。鉄骨造の3階建ての建物は、屋上防水の排水口の劣化によって室内に雨漏りしていました。排水口の回りの防水材に切れ目が出来ており、そこから草が生えていました。調査の際に原因は特定出来ましたが、草を抜いてしまうとそこから更に雨漏りが酷くなってしまう可能性が高い...続きを読む

2020/10/12 稲城市矢野口で屋上防水の排水口が劣化して雨漏りしている鉄骨造の建物 稲城市矢野口で屋上防水の排水口が劣化して雨漏りしている鉄骨造の建物

 稲城市矢野口で3階建ての建物の雨漏り調査をおこないました。  雨漏りしているのは3階のエアコンが取り付けてある壁の裏側から急に雨漏りしてきたそうです。以前に同じ壁面の違う部屋から雨漏りした時に補修工事をおこなわせていただきましたが、今回の雨漏りも原因は同じの可能性が高そうです。  鉄骨...続きを読む

2020/9/22 稲城市東長沼で調査した屋根はグリシェイドNEOの屋根でした 稲城市東長沼で調査した屋根はグリシェイドNEOの屋根でした

グリシェイドNEOの屋根  ご自宅の屋根に何という屋根材が使われているか、なかなかご存知の方はいらっしゃらないと思います。建設時の図面があれば屋根材の種類が書かれていることもありますが、ない場合は基本的に形状や築年数、劣化の症状などで判別していきます。今回調査に伺ったお住まいの屋根材は、「...続きを読む

2020/9/20 稲城市東長沼で調査した屋根はセメント瓦の屋根でした 稲城市東長沼で調査した屋根はセメント瓦の屋根でした

セメント瓦で葺かれた屋根  一見すると瓦屋根のように見えるこの屋根は、セメント瓦という屋根で葺かれています。瓦という名称が付いているので同じように感じるかもしれませんが、一般的な瓦とは異なる点が多々ございます。一般的に瓦と言われる屋根は粘土瓦と言われ、粘土を成形して焼き上げて作られています...続きを読む

2020/9/18 稲城市平尾で破損したバルコニーの波板屋根を調査しました 稲城市平尾で破損したバルコニーの波板屋根を調査しました

経年劣化で波板が崩れ落ちてしまったバルコニー  バルコニーの波板が劣化して剥がれてしまっているとのお問い合わせを受けて、現地を確認してきました。確かに波板が劣化により変色して、半分ほど崩れ落ちてしまっています。こうなると部分的に補修しても残りの波板も直ぐに破損してしまうので、全て交換とする...続きを読む

2020/9/16 稲城市坂浜で破損した雨樋を調査しました 稲城市坂浜で破損した雨樋を調査しました

竪樋が破損して外壁に水がかかってしまっている  雨樋が破損しているので調査・見積りをお願いしたいというお問い合わせを受けて、現地を調査してきました。まず目に入って来たのが写真の竪樋です。半分近くが割れてしまい、樋に流れてきた水がそのまま外壁を伝っているのでしょう、放射状に雨樋が割れた部分か...続きを読む

2020/6/16 稲城市東長沼でひび割れが酷いスレート屋根に屋根カバー工事のご提案 稲城市東長沼でひび割れが酷いスレート屋根に屋根カバー工事のご提案

 稲城市東長沼で屋根の調査をおこないました。築15年ほどで一度もメンテナンスをした事が無いそうで、塗装工事を検討中とお問合せをいただきました。  屋根の状態を確認する為に上ってみるとスレートの表面には汚れが付着していました。これは、表面の撥水性が落ちてしまう事で雨を弾かなくなり、雨が降るたびに...続きを読む

2020/5/29 稲城市矢野口でおこなっている屋上の防水工事は下地の傷みを確認して直します 稲城市矢野口でおこなっている屋上の防水工事は下地の傷みを確認して直します

 稲城市矢野口で防水工事を着工中の建物です。  雨漏りしている屋上の防水を直すのですが、下地が大分傷んでいましたので防水材を剥がしています。タイルの上にウレタン防水が施工してありましたが、タイルの下も古い防水材が残っています。  FRP防水の上にタイルが張ってあったので殆ど付着しておらず...続きを読む

2020/5/27 稲城市矢野口で雨漏りしている屋上防水を下地から作り直します 稲城市矢野口で雨漏りしている屋上防水を下地から作り直します

 稲城市矢野口で防水工事が始まりました。屋上はルーフバルコニーになっていますが、雨漏りの為に下の階の天井が被害を受けています。屋上の床は下地が腐食していて沈んでいるので、雨が降ると雨水が溜まり更に雨漏りが酷くなっていました。  屋上の防水工事をやり直すのですが、古い防水材を剥がして下地から作り...続きを読む

2020/5/19 稲城市平尾で太陽光温水器が乗っている屋根をガルバリウム鋼板で屋根カバー工事 稲城市平尾で太陽光温水器が乗っている屋根をガルバリウム鋼板で屋根カバー工事

 稲城市平尾で屋根の工事をおこないます。4年程前に雪で雨樋が歪んでしまい火災保険を適用して工事をおこなわせていただいたお客様で、そろそろ屋根を直したいという事でご連絡いただきました。  私たち街の屋根やさんでは、調査にお伺いする際にはアルコール消毒をおこないマスクを着用しております。新型コロナ...続きを読む

2020/5/17 稲城市矢野口で屋根の箱樋からの雨漏りが原因で軒天が剥がれ落ちました 稲城市矢野口で屋根の箱樋からの雨漏りが原因で軒天が剥がれ落ちました

 稲城市矢野口で剥がれた軒天の調査をおこないました。  私たち街の屋根やさんでは、調査にお伺いする際にはマスク着用・アルコール消毒をおこなっております。新型コロナウイルス対策をおこなっておりますのでご安心ください。  さて、軒天が剥がれているのですが、下地の木が腐食していてケイカル板が剥...続きを読む

2020/5/16 稲城市坂浜で台風の被害を受けたバルコニーの波板をポリカーボネートで張り替えました 稲城市坂浜で台風の被害を受けたバルコニーの波板をポリカーボネートで張り替えました

 稲城市坂浜で台風の被害を受けたバルコニーの屋根を直します。台風19号(令和元年東日本台風)の下から吹き上げた強風によって、バルコニーの屋根に葺いてある塩化ビニル製の波板が割れて飛ばされていました。  アルミ製のフレームは被害を受けていませんでしたので、波板を新しくする工事をおこないます。元々...続きを読む

2020/5/8 稲城市矢野口で雨漏りしているルーフバルコニーの下地を天井裏から確認します 稲城市矢野口で雨漏りしているルーフバルコニーの下地を天井裏から確認します

 稲城市矢野口で雨漏りしているルーフバルコニーの防水工事をおこないます。  防水工事をおこなう前にルーフバルコニーの床下地の腐食状況を調べる為に室内から天井裏を確認します。バルコニーの床が雨漏りで沈んでしまい、雨が降るたびに水たまりが出来ているので更に被害が広がってしまいます。防水工事と一緒に...続きを読む

2020/4/12 稲城市矢野口で下地に傷みが出て雨漏りしている瓦屋根は葺き替え工事で直します 稲城市矢野口で下地に傷みが出て雨漏りしている瓦屋根は葺き替え工事で直します

 稲城市矢野口で雨漏りしている瓦葺き屋根の調査をおこないました。  瓦葺き屋根はメンテナンスが要らないと思われている事が多いのですが、実際はそうではありません。瓦は何十年ももつ非常に耐久性が高い屋根材ですが、下に葺いてある防水紙は経年によって劣化してしまいます。  屋根は屋根材と防水紙で...続きを読む

ブログの一覧はこちら

お問い合わせから工事までの流れ

稲城市、お問い合わせから工事までの流れ

稲城市、お問い合わせから工事までの流れ

稲城市にお住まいの方へ助成金制度のご紹介

<稲城市で対応しているリフォーム助成金の一覧>
・木造住宅耐震診断助成金
・木造住宅耐震改修助成金
・マンション改良工事助成制度
・家庭用燃料電池システム導入支援事業

<各助成金に対する説明>
木造住宅耐震診断助成金は、地震による建物倒壊を防ぐため、木造住宅の耐震診断に助成を受けられる制度です。対象となる建物は、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた木造住宅または木造共同住宅です。用途が複数ある場合は、延べ面積の過半が住宅として使われていなければなりません。
木造住宅耐震改修助成金は、助成を受けて耐震診断を行った結果、倒壊の可能性があると診断された住宅の改修に対する助成金です。耐震改修後の評点が1.0以上となる工事が対象です。
マンション改良工事助成制度とは、分譲マンションを改良・修繕する管理組合に対して助成が出る制度です。分譲マンションの維持管理の促進が目的とされています。対象となる工事は外壁塗装や屋上防水、バリアフリー化、そして耐震改修工事などの改良工事です。
家庭用燃料電池システム導入支援事業はエネファームなどの設備設置にかかる費用に対する補助金です。

<助成金申請方法や注意点>
木造住宅耐震診断助成金を受けるには、対象住宅の所有者全員が市税を滞納していないことが条件になります。診断機関は指定されていて、一般社団法人東京都建築士事務所協会南部支部に所属する建築士事務所または、東京都木造住宅耐震診断事務所登録制度実施要綱に基づく耐震診断事務所として登録を受けた建築士事務所、または市内にその営業の本拠を置く事業所に所属する者のうち、一般財団法人日本建築防災協会が実施する耐震に関する講習を修了した者に該当しなければなりません。助成の対象になる診断は一般診断か精密診断です。
木造住宅耐震改修助成金を受け取りたい場合は市へ事前相談する必要があります。そして、見積もり後助成金の交付申請をして、決定したのちに工事が行われます。工事後、完了報告書を提出し、助成金の交付額が確定したら交付請求書を提出して助成金受領という流れになります。 マンション改良工事助成制度を利用するには、管理組合が都内に所在している必要があります。そして、住宅金融支援機構の「マンション共用部分リフォーム融資」を受け、さらにマンション管理センターの債務保証を受けることが必要です。
住宅用創エネルギー機器等導入促進事業補助金を受けるには、窓口での申請が必要になります。

<お問い合わせ先>
稲城市 都市建設部 都市計画課
東京都稲城市東長沼2111番地
TEL:042-378-2111 FAX:042-377-4781

稲城市は街の屋根やさん多摩川が対応致します

街の屋根やさん多摩川は東京都調布市多摩川にあります。直接のご来店によるご相談も大歓迎です。
お気軽にご来店ください。

街の屋根やさん多摩川
〒182-0025 東京都調布市多摩川3-68-1

<?php echo 稲城市; ?>での屋根工事は東京

お問い合わせフォーム

街の屋根やさん東京では、お住まいの点検・調査・お見積り・ご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

稲城市、お問い合わせはこちらへ

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る