無題ドキュメント

HOME > プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ|街の屋根やさん東.....

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

屋根のメンテナンスがなぜ必要なの?必要があれば補修を行うことでやねそのものの寿命を延ばすことができます

割れてしまった瓦、雨漏りで腐食した屋根下地

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。
春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。
「うちは大丈夫・・・」 いえいえ決してそんなことはありません。少しでもご心配があればまずは無料点検を受けてください。

 年間数千軒のお住まいや建物を点検していますが、本当に工事が必要と判断し、実際に工事を引き受けるお宅は3~4割程度です。

不具合をすぐにお手入れをすれば、屋根の寿命は延びる

定期的な点検と早期メンテナンスが大切!

 屋根単体でのリフォームは、雨漏りがなければ基本的に必要ありません。但し、年中日ざらし・雨ざらしの屋根ですから定期的な点検はしておきましょう。

棟板金打ち直しのイメージ

棟板金の釘打ち直し

スレートのコケ

スレート屋根に苔が繁殖

 スレート(カラーベスト・コロニアル)の屋根の場合、棟板金の釘の緩みや屋根表面の色褪せ、苔が繁殖していないかを点検してあげましょう。

瓦屋根、漆喰の剥がれ

漆喰の剥がれ

瓦のズレ

瓦のずれ

 瓦屋根の場合は漆喰(しっくい)が剥がれ落ちたり、瓦がずれ落ちたりしている場合は要注意です。軽度の症状でしたら比較的早期にメンテナンスしてあげて下さい。
不具合があればすぐに手入れをすることで、屋根の寿命が延び非常に経済的です。

出来るだけ経済的な屋根のリフォームをするには?

費用のかかる足場、リフォーム工事をまとめてお得!

 屋根のリフォームをする場合に足場を架ける場合と、足場が必要でない場合があります。コロニアル屋根の板金の補修や釘の打直し等には通常足場は必要ありません。
瓦屋根の漆喰詰めなおし工事や棟瓦の積み直し等も足場が要らないケースが多いと思います。

足場の様子

安全と作業効率確保のため
足場が必要な工事も

足場を設置するなら最大限活かしたい

足場を1度設置したら
最大限に活用したい

ところが、屋根全体を塗装したり葺き替えたりした場合は殆どのケースで足場が必要です。
その場合は屋根単体の工事よりは、「雨樋の掃除」や「軒天の塗装」「外壁リフォーム」などと一緒にリフォームしたほうが経済的にも無駄が省けます。

リフォームを別々に行った場合 足場+屋根リフォーム 足場+足場が必要なほかのリフォーム・外壁塗装・雨どい工事・軒天補修・シーリング補修など 工事の都度足場を設置するため足場費用が工事回数分かかる! リフォームをまとめた場合 足場+屋根リフォーム+足場+足場が必要なほかのリフォーム・外壁塗装・雨どい工事・軒天補修・シーリング補修など リフォーム工事をまとめると足場設置の回数が減るので足場費用を節約!トータルでお得です!

リフォームを別々に行った場合 足場+屋根リフォーム 足場+足場が必要なほかのリフォーム・外壁塗装・雨どい工事・軒天補修・シーリング補修など 工事の都度足場を設置するため足場費用が工事回数分かかる! リフォームをまとめた場合 足場+屋根リフォーム+足場+足場が必要なほかのリフォーム・外壁塗装・雨どい工事・軒天補修・シーリング補修など リフォーム工事をまとめると足場設置の回数が減るので足場費用を節約!トータルでお得です!

屋根の修理には火災保険が適用できるケースがあります!

台風

竜巻

ひょう

豪雨

雪

雷

関連するブログ一覧

  • 世田谷区赤堤にて雹で穴が開いてしまった波板の点検を行いました

    多くのお問い合わせをいただいております

    雹で穴が開いてしまった波板の点検を行いました  世田谷区赤堤にお住いのお客様より先日の雹で波板に穴が開いてしまったので波板の交換をご検討中とので調査へお伺いさせていただきました。  雹は雷雲で形成されて地上に降ってくるもので、時期としては5月~7月の初夏に降ることの多いものです。大きいものでは1cm以上のものがはるか上空から降ってくるわけですから何かにぶつかるとかなりの勢いが生じます。  古くから...続きはこちら

  • 練馬区中村にて飛散した波板をガラスネットから長寿命のポリカへ交換

    波板飛散

     練馬区中村にお住まいのお客様より「強風でベランダの波板が飛散した」とのご連絡をいただき点検に伺いました。「波板(なみいた)」というと「塩ビ(塩化ビニール)波板」がよく知られており、昔からDIYや身近なところで多く使われてきました。今回は、風災害により飛散した波板の交換工事についてご報告します。 現地調査へ    ベランダ屋根に使用されていたのは「塩ビ網入り波板」でした。「ガラスネット波板」と呼ば...続きはこちら

  • 多摩市愛宕にてパラペットの笠木が飛ばされてしまったお宅の調査を行いました

    笠木の板金が飛んでしまっておりました

    笠木の板金が飛んでしまっておりました  多摩市愛宕にお住いのお客様よりパラペットの笠木板金が風で飛んで行ってしまったようなので調査をしてほしいとのご依頼を受けまして現地へ行ってまいりました。  パラペットとは陸屋根になっているビルの立ち上がりの部分や、三角屋根の正面に取り付けて建物をキューブ上に見せるというデザイン性の向上の目的で取り付けられる部材です。パラペットが取り付けられる目的としては雨水の...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    小平市花小金井にて破損した塩ビの波板をポリカーボネートの波板に交換いたしました

    【施工内容】

    その他の工事

    三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

    【施工内容】

    金属屋根工事 屋根葺き替え

    中野区上高田にて火災保険を使って破風板の交換工事を行いました

    【施工内容】

    破風板・軒天部分補修

    あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

     街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

    屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

    お問い合わせ・資料請求
    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    • 屋根リフォームの流れ
    • 徹底したお住まい調査
    • 不安ゼロ宣

言
    • 屋根のお役立ち情報
    • 当社のご案内
    • 屋根の資料請求

    点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

    株式会社シェアテック
    街の屋根やさん東京
    東東京支店
    〒132-0023
    東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    TEL :0120-989-936 
    E-mail : info@sharetech.co.jp
    品川支店
    〒141-0031
    東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
    多摩川支店
    〒182-0025
    東京都調布市多摩川3-68-1
    Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
    ページトップへ戻る