無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウ.....

足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 足立区鹿浜で工場を経営されているH様は工場の屋根からの雨漏りでお困りで私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。工場の屋根はポリカーボネイト製の波板で葺かれています。雨漏りが集中しているのは、エアコンの室外機が置かれている付近でした。鉄骨造の工場屋根の下地はC型チャンネルで構成されています。エアコン室外機はC型チャンネルに荷重がかかるようにアングルを使って置かれていましたが、経年劣化によって耐衝撃性に優れたポリカーボネートも耐えきれなかったことが考えられました。もともとポリカーボネイト製波板にしていたのは工場内に明るさが欲しかったからだそうです。雨漏りがしなくなるならポリカーボネイト製波板でなくてもよいかな?とやや諦めていた社長様にご提案したが、屋根の中心部はポリカーボネイト製波板を使用し、その他両サイドの部分はガルバリウム鋼板製波板を使って葺き替え工事を行う事でした。それなら明るさも丈夫さも大丈夫そうだ!という事でご契約いただき工事を承らせていただくことになりました。
 足立区鹿浜で工場を経営されているH様は工場の屋根からの雨漏りでお困りで私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。工場の屋根はポリカーボネイト製の波板で葺かれています。雨漏りが集中しているのは、エアコンの室外機が置かれている付近でした。鉄骨造の工場屋根の下地はC型チャンネルで構成されています。エアコン室外機はC型チャンネルに荷重がかかるようにアングルを使って置かれていましたが、経年劣化によって耐衝撃性に優れたポリカーボネートも耐えきれなかったことが考えられました。もともとポリカーボネイト製波板にしていたのは工場内に明るさが欲しかったからだそうです。雨漏りがしなくなるならポリカーボネイト製波板でなくてもよいかな?とやや諦めていた社長様にご提案したが、屋根の中心部はポリカーボネイト製波板を使用し、その他両サイドの部分はガルバリウム鋼板製波板を使って葺き替え工事を行う事でした。それなら明るさも丈夫さも大丈夫そうだ!という事でご契約いただき工事を承らせていただくことになりました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製波板厚さ0.5mm、ポリカ波板、ステンレス製ビス
施工期間
実工事1日間(仮設から解体まで1週間)
築年数
20年
平米数
24㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様工場
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製波板厚さ0.5mm、ポリカ波板、ステンレス製ビス
施工期間
実工事1日間(仮設から解体まで1週間)
築年数
20年
平米数
24㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様工場
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン工場アイコン屋根葺き替え雨漏り修

点検

ポリカ屋根室内側

 足立区鹿浜で工場を経営されているH様から、私たち「街の屋根やさん」に雨漏りの件でお問い合わせを頂きました。新型コロナウイルス感染拡大防止策を取ってH様の工場へ調査に伺いました。お話を伺うと雨漏りは主に屋根の上に置いてあるエアコンの室外機周辺から雨漏りをしているそうです。コーキングで仮補修を行っているようですが実際は止まっていないそうです。雨漏りをする部分の下には工場で使用する機械があるため困っているとのことでした。

ポリカやね全景 ポリカやね

 屋根の様子を見ていきます。屋根はポリカーボネイト製の波板で葺かれていました。よしずが敷かれているのは夏場の日差し除けの為だそうです。この屋根は10年ほど前にやはり葺き替えを行っているそうです。

工場屋根 エアコン室外機が乗った屋根

 工場を冷やすためのエアコンの室外機の為、かなりの重量がありそうです。アングルをかませて屋根下地の軽量鉄骨に荷重がかかるようにはなっておりますがポリカーボネイトの波板は厚さが0.7mmです。最初のうちはポリカーボネイトの特徴である丈夫さもあったとは思いますが経年劣化には耐えられなかったのかもしれません。H様のご要望を伺うと、全面がポリカ屋根材でなくともよいとのことでした。そこでご提案させていただいたのは、屋根の中心付近はポリカの波板にすることで採光を得ることが出来、その他部分はガルバリウム鋼板製の波板を使用することで堅牢性を持たせることが出来るプランです。やはり明るさが無くなってしまうのは困るという事で、今回のご提案を了承していただき、ご契約、工事を行わせていただくことになりました。

工事着手

足場仮設

 足場で建物を囲ませていただき、工事を行っていきます。波板の長さが約4mの長尺である事、水上側が雨押え板金が絡むこと、エアコンの室外機のつり上げが必要なことなどから足場を掛けさせていただきました。

エアコン室外機の吊り上げ

室外機つり上げユニック 室外機つり上げ後

 人力で持ち上げることはどうにかできたとしても、それを吊り下げておくことが出来ないため、ユニック車を使用して工事の間はエアコン室外機は吊り上げたままの状態にしておきます。

既存ポリカ波板の撤去

フックボルト外し フックボルト撤去後

 ポリカ波板と下地のC型チャンネルは鉄製のフックボルトで固定されています。ポリカ波板を外すにはこのフックボルトを外していきます。外してみて分かったのですが、フックボルトの刺さっていた部分が非常にもろくなっており、場所によっては裂けてしまっている箇所もありました。なぜだろう?と職人ともいろいろと原因を考えていた所、お客様から工場はかなりの熱気が発生するとの情報を頂きました。ポリカは高温にも低温にも強い素材ですが厳しい環境では耐久性はかなり下がるという事がわかります。

新規ガルバリウム製波板の敷設

既存撤去 ガルバ波板

 全てのポリカ波板を撤去して、新しいガルバ波板を仮設置して行きます。建物の奥側(水上側)を合わせてきっちり収まるかどうかの確認も兼ねています。ズレたまま固定してしまうと貼り終わりの方でうまく収まらなくなってしまう事があります。屋根材の長さがあるので少しのズレも終点では大きなズレにつながります。

立上り作成 雨押え下から

 波板の壁際の部分は工具を使用して立ち上げておきます。縦葺きの屋根材の場合はこのような処置を施し雨水の浸入を防ぎます。雨押え板金は既存の物を使用していきます。ガルバ波板をこの板金の下に差し込んでいきます。

ガルバリウム製波板とポリカーボネイト製波板のコラボ

波板厚さ 波板工事

 今回使用したガルバ鋼板波板の厚みは0.5mmです。先ほどポリカ波板の厚みは0.7mmとお伝えしましたがポリカより薄いという事になります。しかし一般的に販売されているガルバ波板の厚みは0.27mmです。それを考えると倍近い厚みがあります。この厚みにしたのは、エアコン室外機を置くことを考慮したためです。

波板敷設 仮置き

 合計10枚の波板で構成される屋根のうち、中心部の3枚を明り取り用のポリカ波板で葺いています。

波板ビスで固定

面戸入れ 墨だし

 屋根全体の仮置きを行い、ポリカ波板を建物のセンターに配置できるように波板の重ねを調整したりと細かい作業を終えた後は屋根材をC型チャンネルに固定していきます。C型チャンネルの位置が分かるようにチョークラインで墨だしを行っていきます。壁際の雨押え板金の下側には波板の波にかたどられた面戸を差し込み雨水の吹き込みを防ぎます。

波板固定傘付きビス 波板固定

 新しい波板を固定するのは、波板ビス、というビスを使用します。波板の山の部分に合う傘が付いたビスです。パッキンも付いているのでビスが差し込まれた穴から浸水することはありません。今までのフックボルトのサビが多かったこともあり、今回使用するビスはすべてステンレス製ビスを使用して工事を行いました。

工事終了

真ん中に明り取りを付けた屋根

 軒先側は非常に細かく波板ビスを打ち込んでいます。これは屋根が風で影響を受ける場所はだいたい軒先からだからです。

屋根葺き替え

 工事が終わった後、お客様にも屋根に登ってもらいましたが、今までとは違って非常に丈夫になったと、喜んで頂く事が出来ました。最初は3枚のポリカ屋根では明るさが心配と思われていたそうですが、実際は明るさも十分で満足していただけました。明り取りのポリカ部分はまた10年くらいで交換しなければいけなくなるかもしれませんが、ガルバ波板部分は相当の長期間帰る必要もなく、エアコンが壊れてしまって室外機交換の必要が出た時も安全に作業ができることでしょう。

 

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。ベランダやバルコニー屋…続きを読む
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を迎え…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る