無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区東伊興で令和元年東日本台風の被害を受けたセメント洋瓦屋.....

足立区東伊興で令和元年東日本台風の被害を受けたセメント洋瓦屋根のケラバ部分を板金工事で復旧しました

【施工前】
セメント洋瓦ケラバ破損

【施工後】
ガルバ鋼板ケラバ水切り

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 足立区東伊興のY様から令和元年東日本台風で屋根に被害を受けたという事で私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。お話を伺うと瓦屋根で屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったとのことでした。点検の日程をお打合せさせていただき現地調査に伺うと、瓦は瓦でもセメント系の洋瓦をお使いになっている住宅でした。セメント系の洋瓦は現在、部材を入手することはなかなかに難しく、入荷できるとしてもかなりの日数を要してしまう事をお伝えしてご要望をお聞きしたところなるべく簡単に直したい、というのが本音のようでした。火災保険は共済での加入とのことでしたので修理に対する補償は全額は出ない状況だったため屋根全体の葺き替えという事は現実的ではありませんでした。そこでガルバリウム鋼板を加工した板金にて屋根の袖部分(ケラバ)を囲う修繕方法をご提案し工事を承る事になりました。
 足立区東伊興のY様から令和元年東日本台風で屋根に被害を受けたという事で私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。お話を伺うと瓦屋根で屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったとのことでした。点検の日程をお打合せさせていただき現地調査に伺うと、瓦は瓦でもセメント系の洋瓦をお使いになっている住宅でした。セメント系の洋瓦は現在、部材を入手することはなかなかに難しく、入荷できるとしてもかなりの日数を要してしまう事をお伝えしてご要望をお聞きしたところなるべく簡単に直したい、というのが本音のようでした。火災保険は共済での加入とのことでしたので修理に対する補償は全額は出ない状況だったため屋根全体の葺き替えという事は現実的ではありませんでした。そこでガルバリウム鋼板を加工した板金にて屋根の袖部分(ケラバ)を囲う修繕方法をご提案し工事を承る事になりました。


担当:渡辺


【工事内容】
瓦屋根工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製板金0.35mm板
施工期間
延べ4日(仮設設置解体含む)
築年数
25年
平米数
8メートル
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はおつけしておりません
【工事内容】
瓦屋根工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製板金0.35mm板
施工期間
延べ4日(仮設設置解体含む)
築年数
25年
平米数
8メートル
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はおつけしておりません
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン

 足立区東伊興のお客様は令和元年東日本台風の際に屋根に被害を受けて瓦が落ちてきたとのことで私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせをくださいました。落ちてきた瓦は屋根の袖部分のようです。お客様と現場調査の予定日をお打合せさせていただき調査を行いました。

調査の様子

落ちた瓦

 落ちてきていた瓦がお客様の駐車場に置かれていました。屋根の袖の部分に使われているケラバ瓦のようです。形状と質感を見るとモニエル瓦かセメント瓦の洋瓦のようです。一緒に木材も置かれておりました。これは袖瓦を固定するために屋根に設置されていた木材のようです。これだけの瓦の落下がありながら隣家や壁に二次被害が無かったのは不幸中の幸いとも言えます。

ケラバ 落ちそうな瓦

 瓦が落ちてきたという屋根の袖部分を見てみると、何やら出っ張っている物が見えました。カメラをズームして確認すると落ちかけている袖瓦のようです。

ケラバの様子 ケラバの様子

 屋根に登らせていただいての調査を行っていきます。地上から見えたのは袖瓦の一部でほぼ取れかかっている状態でした。地上に置いてあった木材は瓦の落下に伴って落ちたものである事もわかりました。ケラバ部分の瓦の落下は、比較的台風や強風があった後にご相談いただくことの多い症状です。普段は気が付きにくいのですが、知らず知らずのうちに雨水が浸入しケラバ瓦を固定してある木材が腐食を起こしていて、強風にあおられて外れてしまうという事が多いようです。その証拠に同様の症状の屋根のほとんどで固定する木材の腐食や欠損を確認することが出来ます。

養生 修理範囲

 外れかかっていたケラバ瓦の上側は比較的しっかりとしておりましたので、それ以下の部分より雨水が浸入していたと考えられます。工事までの間、野ざらしと雨漏りを防ぐために防水紙を使用して養生を行いました。お客様のご希望としては全体的な修理は考えていらっしゃらないという事でしたので部分的に直していく工事を行っていきます。ただし、この種類の瓦の入手がかなり難しくなってきているので代替案として、ガルバリウム鋼板を加工した板金にて補修を行う事になりました。これにはケラバ瓦の落ちてしまっていた部分の木材だけではなく野地板の端の部分の腐食もあったためです。地上に落ちていた木材に固定することでケラバ瓦は安定していましたが、その木材を打ち付けてあった場所は野地板の端の部分なります。そこが弱くなっている為再度木材を固定しても瓦の重量に耐えられないという判断もありました。板金での補修は棟から軒先の部分までを実施していきます。

工事の様子

 梯子では作業が出来ないため、建物側面に部分足場を組んで作業を行っていきます。ケラバ部分全体に板金処理を行うので、落下せずに残っていたケラバ瓦の撤去を行います。棟の端の瓦も取り外します。棟際から板金を差し込んでいく必要があるためです。

 

 板金を固定するための木材の桟を設置して行きます。前述したとおり野地板の端に腐食が見られ「点」では桟がしっかりと固定できないので「面」で桟を固定し強度を保ちます。

 

 破風板の面にも桟を入れていきます。これは被せる板金をしっかりと固定させるためです。事前に採寸して作成していたガルバリウム鋼板製の水切り板金を屋根のケラバ部分に被せ、ステンレスビスにて下地木材の桟に固定し、必要箇所にコーキング処理を行って作業は終了となります。

完成

 今までのケラバ瓦よりも屋根側に板金を広げて施工しています。セメント洋瓦の谷が2つ分隠れる範囲です。これによりケラバ部分に雨水が浸入するのを防ぎます。

 ケラバ瓦のあった部分もすべてガルバリウム鋼板製板金で改修いたしました。これからが台風シーズンとなりますがお客様にも安心していただくことが出来ました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、例えば台風や強風が吹いた際に、最も多くの補修や点検のご依頼をいただくのが実は瓦屋根のお住まいなのです。 こ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。 現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店の各エリアの待ち状況と工事のお申し込みをいただいてから着工までの目安をお伝えします。 …続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。7月から10月にかけてが最も多く、私たち屋根業者としても毎年この時期になると台風によって被害を受けたお客様と接するた…続きを読む
洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ

洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ

 洋瓦をご存知ですか。洋瓦はその名の通り、西洋由来の瓦です。「洋瓦なんて洋風の家以外似合わないよ」とお考えの方も多いでしょうが、実は純和風でも似合う洋瓦があるのです。現在、瓦屋根のお家にお住まいなら、洋風のお家の方はもちろんのこと、和風の家の方も洋瓦へ葺き替えを検討してみてください。絶対に素敵なお家になるはずです。 瓦屋根の葺き替えを考えている方は和瓦だけでななく、洋瓦もぜひ選択肢に加えましょう 目次【非…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受けたみたいだ」というご相談をいただいております。 「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよかった」、「来年…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 目次【非表示表示】 ●台風後や地震後の屋根にはその後の災害便乗商法を含めて危険がいっぱい ●台風…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

目次【非表示表示】 ・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について ・坪単価と平米(㎡)単価と施工項目  -主な屋根材の費用 ・瓦屋根の構造について  -瓦の豆知識  …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

    お住いの台風対策はお済みですか?       台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!       ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!   問題があった方は要注意…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      葛飾区東立石で令和元年東日本台風による玄関庇屋根の損壊に伴い、火災保険を活用し交換施工を行いました

      【施工内容】

      庇工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る